「セスティナ・アルタフォルテ」を詠む

GW4日目。連日真夏日のようなGWのなか、今朝は曇り空となった。
黄砂で喉に違和感をおぼえていただけに、今朝の湿り加減がありがたい。

昨日は、噂の「LECT」見学。本好きにはありがたいスポットができた。
蔦谷書店の文化複合施設「T-SITE」。選りすぐったライフスタイルを中心にショップと融合した書店という立ち位置。
神社のお祭りで賑わう出店的雰囲気もある。



それはさておき、昨日気になったエズラ・パウンドの詩を詠んでみよう。



エズラ・パウンドの詩集「ペルソナ」から「セスティナ・アルタフォルテ(Sestina: Altaforte)」(壺齋散人訳)より



  くそ! ここはなにもかも平和の臭いがするぞ
  出て来いパピオール 音楽だ!
  俺がよみがえるのは戦いを見るときだ
  数々の軍旗が黄色や紫にはためき
  その下に広がる野原が血の色に染まる
  そんなとき心は半ば狂乱し 俺は喜びの雄たけびをあげるのだ





c0352790_12132373.jpg






  灼熱の夏が俺は好きだ
  嵐が地上に吹き荒れ
  イナビカリが暗黒の空を赤く染め
  雷鳴が轟々たる唸り声をあげ
  雲を吹き飛ばす風が気違いじみた声を立て
  空一面に神の剣が打ち合う そんな季節が好きだ





c0352790_12134916.jpg






  さあ 剣を振りかざせ 戦いが始まったぞ
  軍馬のいななきが戦場にひびき
  兵士らの鎧と鎧がぶつかり合う
  一年の平和より一時間の戦いがどれほど充実していることか
  売春宿のワインもか弱い音楽もくそ食らえ
  真っ赤な血に勝るワインはない







c0352790_12134209.jpg







  俺は太陽が血のように赤く昇るのを見るのが好きだ
  その光線は闇を貫き
  俺の心を喜びで満たしてくれる
  俺は音楽に酔いしれて口を大きく開き
  太陽がこの世の平和を嘲笑するところを見る
  俺は孤独な力が闇と戦うところを見るのが好きだ







c0352790_12142157.jpg






  戦いを恐れてしゃがみこむような奴は
  赤い血など流れておらず
  勝者の栄光や剣のきらめきとは無縁な
  女々しい平和が似合っている
  そんな奴はさっさとくたばるがいい
  俺の音楽で空気を満たしてやるから








c0352790_12135455.jpg







  パピオル パピオル 音楽だ!
  剣同士がかちあう音ほどいい音はない
  戦場の雄たけびほど心ときめく音はない
  俺たちの剣先から赤い血を滴らせ
  豹のようにしなやかに駆け回ろう
  平和を称える奴などくそ食らえだ








c0352790_12145119.jpg






  剣の奏でる音楽で大地を赤く染めろ!
  剣と剣がかち合う音を聞け!
  平和を称える奴などくそ食らえだ!








c0352790_12141928.jpg














☆☆☆やんジーのつぶやき
エズラ・パウンドがアメリカ軍にとらえられ、ピサの収容所に入れられていた時期に書かれた「ピサ詩編」を詠んでみたいと思った。
キャントーズの中でももっとも迫力あるものだという。






































































































[PR]

by my8686 | 2017-05-06 12:15 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://my8686.exblog.jp/tb/26639171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。