「暗殺計画、ドイツ兵ら逮捕 難民に寛容な政治家狙う?」を読み解く

ドイツの捜査当局は11日までに、ガウク前大統領やマース法相の暗殺を企てたとして、連邦軍兵士ら男3人を逮捕した。
ドイツメディアによると、3人は極右思想の持ち主で、難民受け入れに寛容な政治家を暗殺する狙いだったとみられ、衝撃が広がっているという。



c0352790_17563774.jpg





あらためて、この内容を読み解いてみよう。



逮捕されたのは連邦軍兵士2人と大学生1人。兵士のうち1人はシリアからの難民を装って難民申請をしており、暗殺実行で反難民感情を高める狙いだったとみられる。また、この兵士は以前に人種差別をうかがわせる内容の論文を執筆していたことも判明し、連邦軍は「危険信号を見落とした」と非難されている。




c0352790_17565777.jpg




今回の逮捕を受けて、ドイツ政府は連邦軍兵士を対象に、極右思想の広がりについて調査に乗り出した。
メルケル首相は「十分な調査が行われると信じている」と話した。





c0352790_17570816.jpg




ドイツ連邦軍(独: Bundeswehr ブンデスヴェーア)は、ドイツ連邦共和国の陸軍、海軍、空軍および戦力基盤軍、救護業務軍の総体を指す。

かつてドイツには、ヴァイマル共和政下のライヒスヴェーアやナチス・ドイツ時代のヴェーアマハトなどの軍隊があった。

しかし、ドイツ連邦軍は自らをこれらの後継組織とはみなしておらず、プロイセン軍など以前のあらゆるドイツの軍隊の伝統も引き継いでいない。現在のドイツ連邦軍の公式な「伝統」は、大きく次の3つに基づいている。

 ①19世紀初頭の軍隊の改革者(ゲルハルト・フォン・シャルンホルスト、アウグスト・フォン・グナイゼナウ、カール・フォン・クラウゼヴィッツら)


c0352790_17574343.jpg





 ②アドルフ・ヒトラーの支配に対し暗殺計画などで抵抗した軍人たち(クラウス・フォン・シュタウフェンベルク、ヘニング・フォン・トレスコウら)



c0352790_17580013.jpg






 ③1955年の創設以来の独自の伝統



c0352790_17581352.jpg





ドイツ連邦軍の国籍マーク(主権紋章)としては、ナチス時代の旧国防軍が採用していた幅が同じのバルケンクロイツではなく、黒十字の先端が末広がりになっているドイツの伝統的なタッツェンクロイツを採用した。



c0352790_17583319.jpg



第二次大戦で「人道に反する犯罪行為」を拒否しえなかった理由として挙げられた、上官の命令に絶対服従(忠誠宣誓)という伝統は否定された。

戦後のドイツ基本法及び軍人法には“軍人もまた市民であり基本権を保持する”という規定(軍人法第17条)、「抗命権」及び発動された場合の不利益処分(降格など懲戒)禁止が明文規定されている(軍人法第11条)。




c0352790_17584324.jpg


また労働組合的性格も持つ職場団体「軍人連盟」、反戦軍人の会「ダルムシュタット・シグナル」(日本でいえば反戦自衛官)が構成されている。

1990年のドイツ再統一後、東西ドイツ政府と米英仏ソ連合国との2プラス4条約により、ドイツ連邦軍は37万人まで削減された。かつての東ドイツ軍である国家人民軍は解散し、その兵員の一部と軍備のごく一部が連邦軍に引き取られた過去がある。

ドイツ連邦軍は、その国家の人口と経済力を反映し、NATO内のみならず世界でも有数の先進的な技術力や確固たる補給力を誇っているが、冷戦終結後の西側諸国の例に漏れず、統一ドイツの国防予算は削減傾向にある。
国防費のGDP比は1%台前半で推移しており、日本やスペインおよびカナダよりは高いが、オランダなどと並んでNATOでも低めである。

アメリカ合衆国とニュークリア・シェアリングを行っているため、自国領土が核戦争の舞台になるリスクと引き換えに、核開発に予算をかけることなく核抑止を可能としている。





☆☆☆やんジーのつぶやき
核開発に予算をかけることなく核抑止を可能としているドイツ流のやり方は、一目置く必要があろう。
自国の治安レベルをどこまで引き上げるべきなのか。
今一度真剣に議論すべき時であろう。






































































































[PR]

by my8686 | 2017-05-12 17:59 | ヘビーな話は、謹んで | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://my8686.exblog.jp/tb/26654836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。