「内田樹の混沌の正体 2017衆院選」を読み解く

渋滞の続く雨の月曜日。
カオス化する衆院選が気にかかる朝でもある。


その状況に対して哲学者の内田樹氏のコメントに耳を傾けてみよう。

北朝鮮問題で政権の支持率が回復し、野党第1党の民進党が弱体化しているのを好機と見て、安倍晋三首相は国会を解散しました。ところが、思いがけなく小池百合子・東京都知事の新党が登場し、そこに民進党が合流することになり、自民党は主導権を奪われた。




c0352790_17004116.jpg




このカオス的状況を歓迎する気分にはなれません。

民進党の議員たちは「安保法制反対・改憲反対」を捨て百八十度逆の立場に立たなければ公認されない「踏み絵」を踏まされようとしています。自民党以上に新自由主義的で排外主義的な新政党が「受け皿」として登場しようとしている。



c0352790_17005550.jpg





ただし、日本だけの特殊事情ではありません。

世界中で、仲間うちの利益だけを優先する「身内ファースト」的な政治勢力が支持を得つつあります。英国のEU離脱も、トランプ米大統領の登場も同じ文脈の出来事だと解釈しています。





c0352790_17011980.jpg




けれども、これは地殻変動的な変化が理解できないゆえの退行的な選択です。外界の出来事に目を閉じ耳を塞いで、「変化なんか起きていない」と自分に言い聞かせている。

変化とは、国際政治における超覇権国家の衰退や、中東やアフリカで広がりつつあるように「国民国家」が液状化し世界がいくつかの「地域帝国」に再編される潮流のことです。




c0352790_17013430.jpg




特に日本は少子・高齢化も直撃している。21世紀末の推定人口は5千万人程度。産業構造・社会制度の変化への危機感はほとんど共有されておらず、政府もまったくの無策です。

その危機の中で、安倍政権は森友・加計学園問題に象徴されるようなネポティズム(縁故主義)にすがりついている。イエスマンだけを登用し、限られた国民資源を仲間に優先的に分配している。「身内ファースト」という世界的な政治的退廃の日本版です。





c0352790_17015165.jpg




小池新党も「身内ファースト」であることに変わりはありません。



民進党との「合流」プロセスで明らかなように、小池氏の軍門に下ったのは、政策の一貫性を振り捨てても議席確保を優先させる人たちばかり。




c0352790_17022161.jpg





政策の一貫性や論理性よりも、「明日の米びつ」を優先的に配慮する政治家たちが、文明史的な転換に対応できる能力があると私は考えません。

日本はしばらくカオス的状況が続くでしょう。世界中どこも程度の差はあれ同じことです。「他の国もひどい」と言われて心がなごむものではありませんが。








☆☆☆GGのつぶやき
日本にもついにカオス波動が地響きを立ててやってきた。
「身内ファースト」に徹した政治などでこの日本は国難を乗り越えられるのか。












































































[PR]

by my8686 | 2017-10-02 17:02 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://my8686.exblog.jp/tb/27803673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。