「東証、21年ぶり高値 海外経済が堅調 終値2万881円」を読み解く

11日の東京株式市場で日経平均株価は7営業日連続で値上がりした。




c0352790_13341243.jpg



終値は前日比57円76銭(0・28%)高の2万0881円27銭と、2012年12月に第2次安倍政権が発足してからの高値を上回った。

1996年12月5日(2万0943円90銭)以来、約20年10カ月ぶりの高値水準だ。証券業界は今後の株価上昇に期待するが、北朝鮮情勢など先行きのリスクは多い。



c0352790_13342998.jpg




安倍政権発足後のこれまでの高値は、2015年6月24日の2万0868円03銭だった。


日経平均は昨秋の米大統領選でトランプ氏が勝利し、円安ドル高となってから上昇基調。海外経済の堅調で上向きな企業業績も株高を支える。最近は北朝鮮の核・ミサイル疑惑で伸び悩んだが、ややリスクは後退している。

証券会社トップは11日、「中長期的に2万5千円を目指す展開」(野村ホールディングスの永井浩二最高経営責任者)などと強気のコメントを出した。



c0352790_13344577.jpg



しかし、日本銀行が日経平均などに連動する上場投資信託(ETF)を買い、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株式投資比率を引き上げるなど、公的な資金が株価を支える面も大きい。

総選挙後の政治情勢は見通せず、北朝鮮問題も解決の糸口は見えない。「市場が不安定になる可能性は残る」(大手証券)との声は根強い。




c0352790_13345990.jpg




96年12月は、バブル崩壊後、金融危機に向かう中だった。野村証券の伊藤高志氏は「20年前は、バブル崩壊の90年ごろから始まった株安局面の通過点だった」と話す。

日経平均はその後の上昇とリーマン・ショック、東日本大震災や超円高での低迷を経て、日銀の異次元緩和の効果などで再び上がってきた。

しかし国内外の政治情勢が不安定で、緩和効果にも限界が出てきた中、上昇が続くかどうかは見通せない。





さらに、21年ぶりの高値となった主要因を読み解いてみよう。


「ファーストリテイリングなどの大型株に海外勢の買いが入った」。国内証券トレーダーは強調する。
外国為替市場では対ドルでの円安の勢いこそ一服したが、前日の米株高を背景に投資家心理が強気に傾いて幅広い銘柄が買われた。11日前場終値は前日比0.2%高の2万870円だった。




c0352790_13353084.jpg



9月中旬以降、日経平均の上昇ピッチが速まった理由は大きく3つある。


1つ目は、世界経済の順調な成長。

国際通貨基金(IMF)は10日公表の世界経済見通しで2017年の経済成長率を上方修正した。日本も国内景気の拡大が8月で57カ月間となり、長さは1965年から70年までの「いざなぎ景気」に並んだ。
内閣府が11日朝に発表した8月の機械受注統計も好調な内容だった。企業の収益力向上への期待が高まっており、「10月下旬以降の決算シーズンを控えて物色が活発化している」。

日経平均の構成銘柄で昨年末比の騰落率を見ると、上昇率上位にはタイヤ原料を手掛ける東海カーボンや産業用ロボットの安川電機、半導体製造装置の東京エレクトロンなどが並ぶ。
市場の拡大に乗って稼ぐ力を高めてきた成長銘柄に国内外の投資マネーが集まっている。



c0352790_13355019.jpg




2つ目は、日米の政治動向。

22日投開票の衆院選では自民党が優勢を保っており、海外投資家の多くはアベノミクスが続くと予想している。日銀による大規模な金融緩和の継続が見込まれ、円安期待が膨らんでいることも株価を下支えしている。
米国では連邦法人税の税率を引き下げる議論が進む。減税による景気回復期待で米金利が上昇しており、日本株に追い風となっている。



c0352790_13361796.jpg




3つ目は、北朝鮮リスクが後退していること。

10日の朝鮮労働党の創建記念日に合わせて北朝鮮は新たな挑発行動に出る可能性があった。ただ、今のところ目立った行動はなく、投資家が運用リスクを取りやすくなっている。

ただ、日経平均の2016年末からの上昇率は約9%にすぎない。米国やドイツ、インド、台湾など世界の主要市場に比べると見劣りする。市場では一段と上値を追うためには「消費増税撤回や金融所得課税などの減税が求められる」(JPモルガン証券の阪上亮太チーフ株式ストラテジスト)との指摘がある。




c0352790_13363825.jpg







☆☆☆GGのつぶやき
消費増税撤回や金融所得課税などの減税を新政党がどこまで実現できるのか。
お手並み拝見といこう。


















































































[PR]

by my8686 | 2017-10-12 13:37 | たまには気になる経済学 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://my8686.exblog.jp/tb/27959030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。