「中性子星の合体、重力波で観測に成功」を読み解く

地球から1・3億光年離れた二つの「中性子星」が合体した様子を、重力波と光で観測することに成功したと、米欧の研究グループが16日、発表した。
宇宙のかなたからやってくる重力波を手がかりに、発生源からの光をとらえたのは世界で初めてだという。



c0352790_10360732.jpg




天文観測の手法がこれで一歩前進したことになる。大いに期待しよう!!


あらめたて、その内容を読み解いてみよう。

重力波は、ブラックホールのような重い天体が動いた際に生じる時空のゆがみ。光速でさざ波のように広がるとされる。2015年に初検出された。

観測への応用も期待されたが、過去4回検出された重力波は、光を吸収するブラックホール同士の合体で生じたため観測できなかった。

今回とらえた重力波は、地球から約1億3千万光年離れたところで、お互いに引き合っていた二つの中性子星(質量は太陽の1・2倍~1・6倍)が一つに合体した際に生じた。




c0352790_10363263.jpg




この重力波は8月17日、米の観測施設「LIGO(ライゴ)」とイタリアの「Virgo(バーゴ)」で検出。可視光やガンマ線など従来の方法でも観測できる中性子星から発せられた可能性があるため、研究チームは世界の天文台に観測を呼びかけた。




c0352790_10370065.jpg




日本を含む約70カ所で望遠鏡などを使い、重力波がやってきた方向を調べたところ、重力波の検出から約11時間後、南米チリの望遠鏡で中性子星からの光をとらえた。

光は弱まりながら約3週間観測できた。このデータをもとに試算したところ、中性子星の合体によって、鉄より重い元素が生成されるというこれまでの理論と一致した。

広島大宇宙科学センターの内海特任助教は「重力波も使って観測する新たな天文学の幕開けだ」と話した。




■宇宙を探る新たな手段

地球に届いた重力波を手がかりに、発生源の中性子星の合体を望遠鏡で初めて観測した。
従来は偶然に頼るしかなかった未知の天体現象を、重力波という「音」が聞こえてくる方向に望遠鏡を向けて「目」を凝らすことで効率よく観測できた。人類が宇宙を探る新たな手段を手にしたことを示す画期的な成果だ。

中性子星の実態はまだなぞだらけだが、今回の観測で、鉄よりも重い元素のうち、金やプラチナ、レアアースなどの生成に深く関わっている可能性が高まった。
重力波による観測が進めば、こうした元素の起源にも迫れると期待される。




c0352790_10373495.jpg




今年のノーベル物理学賞の受賞が決まった米国のチームは、世界90以上の観測チームに重力波の検出を知らせる態勢を整えており、今回は日本を含む70以上の天文台が観測に参加した。

重力波を併用した観測の登場で、宇宙物理学の新たな時代が始まった。




c0352790_10375182.jpg




◆キーワード<中性子星> 
原子核を構成する基本粒子の「中性子」がぎっしり詰まった天体。質量が大きい恒星が一生を終える際、原子が強く圧縮されてできる。

理論的には、茶さじ1杯分の質量が10億トン程度になっている。中性子星よりさらに質量が大きい天体は、光さえも外に出られないブラックホールとされる。




c0352790_10380520.jpg







☆☆☆GGのつぶやき
宇宙への興味はつきない。
宇宙の成り立ちとその不思議さは神憑り的であり、人類のロマンでもある。
しかし、宇宙物理の深淵なる世界は、核エネルギーの発見と同様に人類が踏み込んではいけない聖域のようにも感じる。








































































[PR]

by my8686 | 2017-10-17 10:38 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://my8686.exblog.jp/tb/28028844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。