隈研吾設計「The Odunpazari Moderm Art Museum」を読み解く

昨晩は、後輩の送別会。40年以上共に働いてきた同じ大学の後輩である。
カープの応援グッズを送って励ます。おそらく最後のカラオケになるであろう二次会にも最後までつきあう。
久しぶりに酔い、歌い、笑った。

今日は午後からロードバイクを駆り、会社の立体Pに停めた愛車86を引き取りに行く。
陽射しの強い夏日ではあるが風が涼しく頬をなでる。

飲んだ翌日にかく汗もまたよし。


それはさておき、トルコのエスキシェヒル市に計画されている隈研吾設計の「The Odunpazari Moderm Art Museum」を見てみよう。




c0352790_18171806.jpg



ここは、クライアントでオーナーのトルコ現代美術のコレクションを展示するための美術館である。
生まれ育ったエスキシェヒルで美術館をつくり、トルコの現代美術と市に貢献することがオーナーの長年の夢であったという。

エスキシェヒルは学園都市として知られていて学生や若い世代が多い活気のある町である。



c0352790_18174339.jpg




美術館が計画されている敷地はOdunpazariというエリアの中のアーバンスケールとオスマン帝国時代に見られた伝統的な形式の木造住宅エリアの間に位置する。





c0352790_18175927.jpg




2階部分がはねだしている構造が特徴的な住宅は曲がりくねった細いでこぼこした道沿いに立ち並び、ユニークなストリートスケープを形成している。
新しい美術館は住宅の小さいスケールを反映させつつ、アーバンスケールに埋もれないような設計を試みたという。





c0352790_18181705.jpg




大きさの異なる箱を積み上げて中央に向けて高くなる構成とし、ストリートスケープの連続性が保たれている。
大きさの異なるボリュームは展示室に多様性をもたせている。
地上階の展示室はラージスケールインスタレーションやイベント、企画展に対応できるようにゆったりとした空間とし、上階はオーナーのコレクションに合わせたスケールの展示室になっている。

建物の一番高い中央にアトリウムを設け、スカイライトから自然光を各階へ取り込んでいる。





c0352790_18185363.jpg




Odunpazari という地名はトルコ語でウッドマーケットという意味があり過去に木材を売り買いしていた事から由来している。
この土地の歴史とリンクするように美術館の外壁は全面木材で構成されている。




c0352790_18191295.jpg






☆☆☆やんジーのつぶやき
その土地の歴史とリンクさせた隈研吾の発想にいつも驚かされる。
表面的に綺麗に処理されたものからは感じない蠢きのようなもの。
丸っこい棘のような心にひっかかる不思議な感覚である。





































































[PR]

by my8686 | 2017-05-20 18:19 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)