カテゴリ:ぶらぶらアート観賞( 55 )

日曜日の午後は「Jasper Johns」を読み解いてみよう

昼前から市内の「安芸茶寮」で次男を交えランチする。
昨日は、一気に暑さが増した。梅雨空から一気に好天に変わり、2週間ぶりにロードバイクランを楽しむ。熱く噴き出す汗を風で吹き飛ばす夏特有の快感を堪能した。



さて、日曜の午後は昨日に続きポップアート「ジャスパー・ジョーンズ」の作品を観賞してみよう。

ロバート・ラウシェンバーグとともにアメリカにおけるネオダダやポップアートの先駆者とされる代表的な作家である。



c0352790_18183425.jpg





古代の絵画技法であるエンカウスティークというユニークな技法が用いられ独特のメチエが表出している。





c0352790_18190752.jpg





3年前、米ニューヨークで開催された競売大手サザビーズオークションで、代表作「Flag」が、3600万ドル(約41億6300万円)で落札されたことは記憶に新しい。





c0352790_18192438.jpg






米国旗をモチーフにした縦30センチ、橫45センチの1983年の作品である。







c0352790_18193769.jpg






予想落札価格の2000万ドル(約23億円)を大きく上回った。







c0352790_18195317.jpg





ジョーンズ作品でのこれまでの最高落札価格は2010年の2860万ドル(約33億1000万円)で、同じく旗をモチーフにした作品だった。







c0352790_18200868.jpg








☆☆☆GGのつぶやき
星条旗というアメリカのシンボルを平面的に物として淡々と描いた作品である。
アメリカの複雑な現実を「物」として平面に定着させた奥行のある作品といえよう。




























































[PR]

by my8686 | 2017-07-02 18:20 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

土曜休日は「Robert Milton Ernest Rauschenberg」を読み解いてみよう

ジョン・ケージに大きな影響を受けたとされるポップアーティスト。
ジャスパー・ジョーンズとともにアメリカでネオダダの代表的作家として活躍したロバート・ラウシェンバーグ。




c0352790_11231282.jpg





学生時代、彼の「コンバイン・ペインティング」に官能が疼いたことを思い出す。

抽象表現主義風の激しいタッチで塗られたキャンヴァスにケネディ大統領やアポロ宇宙船などのイメージを貼り付けた一連の作品群である。




c0352790_11233456.jpg





今風に解釈すれば、トランプ大統領や核ミサイルがコラージュされたことだろう。





c0352790_11234906.jpg





彼の言葉に・・・


「芸術作品をつくることではなく、芸術と生活の橋渡しをすることだ」






c0352790_11241550.jpg




「芸術も生活も作ることはできない。われわれは、その間の、定義しようのない空隙で仕事をしなければならない」






c0352790_11242830.jpg




彼の一連の作品を見ていると、約5年前に探訪したカトマンズのパシュパティナートを思い出していた。






c0352790_11244326.jpg





聖河バグマティのほとりにある寺院の丘で出会った観光客目当てのヒンドゥー教行者たち。






c0352790_11245871.jpg





川岸でながめた火葬場の火が今も残像として官能を震わせる。











☆☆☆GGのつぶやき
死を静かに受け入れ火葬される時を待つ人々。
死を予感した人々が自らこの地にある宿泊施設に入るという。
日本人はいつから無駄な延命治療と知りながら薬漬けの日々を悶々と続ける国民になってしまったのか。
行き過ぎた医療保険制度が見直される時でもあろう。
潔さがこの国の美徳であった日は、過去の遺産となってしまったのだろうか。









































































[PR]

by my8686 | 2017-07-01 11:25 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

世界最高の写真家集団マグナム・フォト創立70周年 パリ・マグナム写真展

京都文化博物館で7月から「世界最高の写真家集団マグナム・フォト創立70周年 パリ・マグナム写真展」が開催される。
本展は、2014年12月から翌年4月までパリ市庁舎で開催され、大きな反響を呼んだ展覧会の海外巡回展として企画された。





c0352790_16131831.jpg


1947年、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアによって「写真家自身によってその権利と自由を守り、主張すること」を目的として写真家集団・マグナムは結成された。




c0352790_16133306.jpg



以後、マグナムは20世紀写真史に大きな足跡を残す多くの写真家を輩出し、世界最高の写真家集団として今も常に地球規模で新しい写真表現を発信し続けている。





c0352790_16134235.jpg



マグナム・フォト設立70周年にあたり、60万点に及ぶ所属写真家の作品の中から、パリをテーマにした作品約130点あまりを選び展観するもの。
芸術の都・パリは多くの歴史的事件の舞台でもあり、かつ、写真術発明以来、常に「写真の首都」でもあった。





c0352790_16135399.jpg




20世紀の激動を最前線で見つめ続け、現代においても現在進行形の歴史をとらえ続けるマグナムの写真家たちが提示する豊穣なイメージは、都市とそこに生きる人々の歴史にとどまらず、写真表現の豊かさをも我々に提示してくれる。

それと同時に、世界を発見する驚きに満ちた写真家たちの視線を追体験させてくれる良い機会となろう。



c0352790_16141334.jpg





<出品作家/30名>
ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、デビッド・シーモア、フィリップ・ハルスマン、ハーバート・リスト、エリオット・アーウィット、バート・グリン、エリック・レッシング、インゲ・モラス、マルク・リプー、ウェイン・ミラー、ルネ・ブリ、ブルース・デビッドソン、ニコラ・ティコミロフ、セルジオ・ラレイン、ブルーノ・バルベイ、レオナード・フリード、ジョセフ・クーデルカ、リチャード・カルバー、ギィ・ル=ケレック、レイモン・ドゥパルドン、マルティーヌ・フランク、アバス、ジャン・ゴーミー、ハリー・グリエール、パトリック・ザックマン、マーティン・パー、ゲオルギィ・ピンカソフ、アレックス・マヨーリ、クリストファー・アンダーソン





c0352790_16142769.jpg





会  期:
2017(平成29)年7月1日(土)~ 9月18日(月・祝) 69日間

会  場:
京都文化博物館 4階展示室









☆☆☆やんジーのつぶやき
アンリ・カルティエ=ブレッソンは、学生時代に共感した写真家のひとりである。
ロバート・キャパも写真を通して戦争の生々しい臨場感に官能が震えたことを思い出す。
インスタグラムなどお手軽に映像として切り取られ消費されてしまう今。
そんな今だからこそ、写真家集団・マグナムの足跡を真摯に辿ってみたいと思った。








































































[PR]

by my8686 | 2017-05-22 16:15 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

「伊藤若冲展」/相国寺承天閣美術館

いよいよGWに突入する。あいにく今日と明日は暦どうりの出勤となる。

今年のGWは、ワイフのリクエストで家のレイアウト変更に時間をさかれそうな気配濃厚。
大物の移動だけは早々と済ませ、ロードバイクで一汗流しつつスーパー銭湯三昧にあけくれるも一興か。

それはさておき、京都にある相国寺承天閣美術館で「伊藤若冲展」が開催されているという。




c0352790_17223304.jpg





あらためて、その内容をみてみよう。

生誕300年の去年、東京では長い行列ができた若冲。
信心深い彼は京都・相国寺の大典和尚と親しく交わり、禅の教えを乞うた。そのため、相国寺には若冲作品が多く残る。




c0352790_17225303.jpg




開催中の「伊藤若冲展」後期展示は酉年にちなんで若冲が特に愛した鶏を始め、鶴や鴨、叭々鳥などさまざまな鳥の豊かな表情を描いた作品を展示。
中でも初公開の《鸚鵡牡丹図》《岩上鷹図》が注目だという。




c0352790_17231789.jpg




鳥の他にも薄墨の間に白い線が浮き出る「筋目描き」が美しい《牡丹図 南海賛》などが初公開される。





c0352790_17233124.jpg




床の間など若冲の空間が見られる常設の重文《鹿苑寺大書院旧障壁画》も忘れずに見たい。





c0352790_17234358.jpg




さらに、若冲と相国寺との関係性を読み解いてみよう。



若冲の手になる鹿苑寺大書院襖絵全五十面のうち「葡萄小禽図」と「月夜芭蕉図」が、製作当時と同じ、床の間貼り付けの状態で常設展示されている。
この相国寺という寺なくしては、伊藤若冲という絵師の活躍はなかったと言われる。

鹿苑寺大書院襖絵は、若冲の知人であった相国寺僧・梅荘顕常が、鹿苑寺第七世住持入寺の記念として、当時四十四歳の若冲に書かせたもの。
ただこのときの若冲は、生家の家督を捨ててわずか四年目。画家としての公的なキャリアが皆無の男に、これほど大部の襖絵を依頼するのだから、梅荘顕常が若冲に寄せる信頼が、如何に大きかったかが知れる。

そして実際に承天閣美術館で「葡萄小禽図」と「月夜芭蕉図」の前に立ったとき、我々は梅荘顕常の慧眼とそれに全力で応じた若冲の筆力に、感嘆せずにはいられない。
自由奔放にしなう葡萄の蔓は、息を呑むほど美しい弧を描き、巨大な月は我々の前に澄み切った夜気を突如、現出させる。




c0352790_17240101.jpg




この作品を若冲の水墨画の最高傑作と考えることに異論はない。
さらに水墨画のみならず、若冲の彩色画の最高傑作たる「動植綵絵」三十幅もが、完成後、相国寺に奉献された事実を考え合わせると、この寺が如何に若冲の画業と不可分の存在であるかを、改めて考えずにはいられぬ。

明治期の廃仏毀釈の際、相国寺は「動植綵絵」を皇室に献上するのと引き換えに一万円を下賜され、それによって現在の寺地を守った。いわば相国寺なくしては若冲ありえず、若冲なくしては相国寺はありえない。
現在、我々が目にする相国寺の威容と鹿苑寺大書院襖絵は、両者の深い紐帯のシンボルとも言える存在といえよう。





DATA
京都市上京区今出川通烏丸東入ル
Tel. 075-241-0423
~5月21日 
10:00~17:00 会期中無休
一般¥800
www.shokoku-ji.jp









☆☆☆やんジーのつぶやき
長男の大阪転勤にともない関西方面へのドライブも増えてこよう。
大阪~京都へは、またじっくりと探訪してみたいものである。



























































































[PR]

by my8686 | 2017-05-01 17:24 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

「グラナダ 魂の画譜 戸嶋靖昌 孤高のリアリズム」に触れる

予報どうり雨の日曜日となった。映画から帰宅後、先週気になった画家の戸嶋靖昌を特集していたTV番組のことを思い起こしていた。

スペイン・グラナダで生涯、独自のリアリズムを追求した知られざる日本人画家、戸嶋靖昌。





c0352790_18550900.jpg




清貧な生活の中で人間の魂を描き続けた戸嶋芸術に迫った放送である。






c0352790_18552190.jpg





その絵画には人間の魂を強く感じさせる圧倒的な存在感がある。





c0352790_18553452.jpg




戸嶋は40歳の時、スペインに渡る。





c0352790_18554536.jpg




プラド美術館のベラスケスの芸術に出会い、人間の生命感あふれる絵画はいかにすれば描けるのかを探求。





c0352790_18555711.jpg




グラナダの人々との交流の中から、魂の気迫に満ちた作品を生み出した。






c0352790_18561084.jpg



圧巻の戸嶋芸術の魅力に迫る。








☆☆☆やんジーのつぶやき
映画「スノーデン」を観終わったあと、無性に戸嶋靖昌の絵画が観たくなった。
なんら因果関係はない。なにか魂を揺さぶる気迫に触れたくなったのだろうか。
後日、このことを読み解いてみたいと思った。

































































[PR]

by my8686 | 2017-02-05 18:56 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

北斎の肉筆画「鶏竹図」発見を読み解く

12月30日。午後から大掃除をする。
あらかたワイフが年末から数日をさいて掃除をすすめてくれていたおかげで数か所ですむ。

電気炬燵本体の分解掃除をすませ、包丁を砥ぐ。
そのあとは、台所壁面に固定した扇風機の配線処理。さらに、スチームクリーナーを使って風呂の洗浄。

こうした掃除は、やりだすと切りがないのであるが、夕刻までしっかりと作業に没頭する。


さて、ひといき入れて新聞に目をうつすと、葛飾北斎の肉筆画「鶏竹図」が見つかったという記事が気にかかる。





c0352790_11013249.jpg




あらためて、その内容をみてみよう。

来年のえとでもある鶏が描かれており、東京の美術商が11月末、デンマークでの競売で落札した。
鹿鳴館を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドルの旧蔵品とされ、日本では存在がほとんど知られていなかった。





c0352790_11015015.jpg




竹を背景に石灯籠の上に止まる2羽の鶏を、縦110センチ、横51センチの絹本に写実的に描いた掛け軸。
左下に「歩月老人 北斎」の落款と印がある。





c0352790_17173775.jpg






専門家は、「落款、印、画風、どれも北斎作と疑う余地はない」という。
40代の作品とみる。

「鶏と竹を描いた北斎の肉筆画は初めて見た。竹の葉の色の変化などは浮世絵にはないもので、中国系の(花鳥画を得意とする)南蘋派の描写を消化した写生画といえる。」



c0352790_11022287.jpg




「新鮮な作風で、まさに鳥の飛躍のごとく上向きに脂の乗っている時期。できは非常によく、貴重な発見だ」と評価する。





c0352790_11023726.jpg





コンドルは明治期に来日。設計活動のほか、辰野金吾ら日本人建築家を育てた。






c0352790_11025252.jpg









☆☆☆やんジーのつぶやき
鳥の飛躍のごとく上向きに来年も挑戦していきたいものである。
生きることの実感をより濃いものにする官能的な「カルチャー」、上質な「ソサエティ」をもとめて。






























































[PR]

by my8686 | 2016-12-30 18:00 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

文化の日は「ミケランジェロ展」を味わう

文化の日は、夫婦そろって無料開放される美術館めぐりをするのが常。今年は福山の美術館で開催されている「ミケランジェロ展」に出向く。

全国巡回展、最後の展覧会である。
ミケランジェロの真筆である素描を直に見れるまたとない機会でもある。




c0352790_22054489.jpg





あらためて、展覧会の案内文を読んでみよう。


イタリア・ルネサンスの巨匠ミケランジェロ・ブオナローティ(1475‐1564)は、彫刻、絵画、建築という視覚芸術の3つの領域において、他の追随をゆるさぬ卓越した人体表現と深い精神性を示した。

人々は彼を「神のごときミケランジェロ」と称えた。ダヴィデ像に代表されるような、石の塊のなかから彫り出された完璧なまでの造形、そしてヴァチカン宮殿のなかのシスティーナ礼拝堂に描いた史上最大の天井画は、まさに超人技といえよう。

その葛藤に満ちた活躍の舞台となったフィレンツェとローマには彼が手がけた建築が、今も都市の景観を形作っている。

フィレンツェのサン・ロレンツォ聖堂新聖具室や附属のラウレンツィアーナ図書館、ローマのカンピドリオ広場やサン・ピエトロ大聖堂ドームの設計の仕事には、同時代の人々を驚嘆させた、新しい装飾の表現形式や空間の取り扱いが不滅の輝きを放っている。

本展はカーサ・ブオナローティの所蔵する作品を中心に、ミケランジェロ本人による真筆の素描および書簡約35点を含めた作品およそ70点を展観する。加えて建築模型や写真、映像も用いながらミケランジェロの建築に光をあてる。

そして、特別コーナーでは日本を代表する建築家たちが、この巨匠に寄せた畏敬の念を、400年後に自らの作品のなかでどのように展開したかごらんいただこう。





c0352790_22061325.jpg





1.システィーナ礼拝堂の下絵を始め、ミケランジェロの真筆の素描35点が出品。
自らの家柄に誇りを持っていたミケランジェロの邸宅は子孫に受け継がれ、現在はゆかりの資料を公開する美術館となっている。そのカーサ・ブオナローティが所蔵する真筆の素描が多数展示された。





c0352790_22063816.jpg





2.建築家としてのミケランジェロの全貌を紹介!
ミケランジェロの建築的偉業を本格的に紹介する展覧会は日本で初めて。






c0352790_22065868.jpg




3.ルネサンス期イタリアの建築が分かる
フィリッポ・ブルネレスキに始まり、ドナート・ブラマンテ、ラファエロ、アントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ ジョーヴァネといったミケランジェロの作品とかかわりのあったルネサンス期イタリアの建築家たちを通して、ルネサンス期の建築が分かる。





c0352790_22072759.jpg




第1章 ミケランジェロ・ブオナローティ

マルチェッロ・ヴェヌスティに帰属
《ミケランジェロの肖像》 1535年以降
カーサ・ブオナローティ蔵

彫刻、絵画、建築、また詩作においても類まれな才能を発揮した「万能の天才」としてミケランジェロを称揚する肖像画は後世、様々なヴァージョンで描かれてき。
この章で紹介する肖像画のひとつは、彫刻家レオーネ・レオーニがミケランジェロへの贈り物として制作した、ミケランジェロの横顔を彫りこんだメダルの試作品である。

もう一点は豪華なバロック様式の額縁に額装された肖像画で、こちらは後世の画家たちがしばしば手本としたフィレンツェの画家ヤコピーノ・デル・コンテが1535年頃ローマで描いた有名なミケランジェロの肖像画に基づくもの。

このほか、ルネサンス期の芸術家の伝記として最もよく知られているジョルジョ・ヴァザーリによる『美術家列伝』(1568年の増補改訂版、『著名画家・彫刻家・建築家列伝』)も展示し、ミケランジェロの功績がどのように継承されてきたかが閲覧できる。





c0352790_22080415.jpg






第2章 ミケランジェロとシスティーナ礼拝堂


ミケランジェロ・ブオナローティ
《システィーナ礼拝堂天井画〈クマエの巫女〉のための頭部習作》
1508-1510年 トリノ王立図書館蔵 ©Torino, Biblioteca Reale

天井と側壁の間に配置されている《クマエの巫女》の頭部の下絵である。クマエの巫女は、神託を伝える巫女のひとりで託宣を持つ姿で描かれた。 本画では、この下絵に見られるとおりの年老いた老婆の顔と、ミケランジェロ特有の筋肉質の両性的な体格で描かれている。

世界最大の教会堂建築であり、今日、カトリック教会の総本山として知られるヴァチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂は、教皇の権力下で芸術家としての人生を送り、信仰心の篤いミケランジェロを語る上で最も重要な創作の舞台であった。
教皇ユリウス2世の依頼により、1508年から4年の歳月をかけて天井に描いた13×40メートルという世界最大規模のフレスコ画と、ローマに移住後の1536年から1541年にかけて描いた祭壇画《最後の審判》のあるシスティーナ礼拝堂は、この大聖堂に隣接している。

システィーナ礼拝堂では、顔面に絵具をしたたらせながら、のけぞるように立ったまま描くという至難の業の天井への描画を、旧約聖書から「創世記」の9つの場面と12人の預言者と巫女を建築的な枠組みのなかに、見事にひとつにまとめあげた。

本章では、天井画に描かれている旧約聖書の場面や預言者と巫女の姿の準備素描を中心に展示。また、ジョルジョ・ギージが《最後の審判》をうつした銅板画シリーズを展示し、賞賛と非難を巻き起こしつつも後世の芸術家たちに与えた多大な影響力がうかがえる。晩年のミケランジェロは、建築家としてサン・ピエトロ大聖堂の設計に挑んだ。





c0352790_22084730.jpg







第3章 建築家ミケランジェロ


ミケランジェロ・ブオナローティ
サン・ピエトロ大聖堂ドーム
ヴァチカン市国 1546-1564年


1504年に完成した《ダヴィデ》によって、彫刻家としての威名をとどろかせたミケランジェロは、その翌年同郷の建築家であるジュリアーノ・ダ・サンガッロの紹介により、教皇ユリウス2世から新しいサン・ピエトロ大聖堂内に自分の墓廟を制作するように依頼された。

当初の計画は変更を余儀なくされますが複数の彫刻で飾られる背景としての墓廟が空間を内包する建築的な発想へと展開し、ミケランジェロはその後、建築家としても類まれなる力量の持ち主であることを実証していく。

フィレンツェでは「サン・ロレンツォ聖堂ファサード計画」(1515‐1520年)、「メディチ邸外壁第一層の窓」(1517年頃)、ミケランジェロによるかの有名な彫刻《夜》《昼》《黄昏》《曙》の擬人像で知られるメディチ公の墓碑のある「サン・ロレンツォ聖堂新聖具室」(1520‐1534年)、「ラウレンツィアーナ図書館」(1524‐1559年)といった作品を紹介。

ラウレンツィアーナ図書館については、本展のために閲覧室と玄関室の模型をあらたに制作し、その独創的な空間構成の魅力も閲覧できる。

ローマでは政治の主要拠点としての「カンピドーリオの丘の広場と建築」(1538‐1564年)と対照的に宗教的拠点である「サン・ピエトロ大聖堂ドーム」(1546‐1564年)を中心に、1564年に亡くなるまで最晩年の仕事である「サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂スフォルツァ礼拝堂」(計画段階のみ。1560頃‐1564年)や「ピア門」(1561‐1564年)など12件の建築作品の紹介を中心に、建築作品の素描や関連資料を展示。





c0352790_22094073.jpg







☆☆☆やんジーのつぶやき
秋晴れのもと愛車86を駆り、福山まで赴く。
ミケランジェロのデッサン力の高さに、あらためて官能が沸騰してしまった。
さらに、システィーナ礼拝堂天井画の壮大なイメージの拡散に、しばし足が竦んでしまった。

























































[PR]

by my8686 | 2016-11-03 22:10 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

Gerhard Richter’s+William John Evans

三連休の最後の日。台風16号が接近するなか、昨日に続きリヒターの作品と対峙する。聴くのは、ビル・エヴァンス「サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード」。

リヒターは、絵画を仮の存在、あるいは何かの代理と考えているのだろうか。言い換えれば、絵画が持つ、実体を伴わない疑似空間(もしくは絵画固有の空間性)こそが、絵画の存在意義であり、彼にとってそれを実現することが制作の主要なモチベーションであるということなのか。




c0352790_07473114.jpg



描く対象が何であれ、出来上がった絵画が「Schein(仮象)」として機能していること、これがリヒターの画家としての拘りである。





c0352790_07475702.jpg



この場合、絵画に求められるのは「見せかけ」の、「仮象」としての空間性である。




c0352790_07481300.jpg




この「Schein(仮象)」を求めて、彼は次々とスタイルを変えながら制作を続けてきたのかもしれない。このような「仮象」へのリヒターの意志は、彼の抽象での仕事において高められ、顕著になる。




c0352790_07483518.jpg



デュシャン的なニヒリズムと描くことへの絶望を抱えながらも、なおも絵画の空間性に魅せられ、絵画を描かずにいられない、絵画の可能性を探らずにいられない、このアンビバレントな葛藤が、リヒターの多様な表現と、それを支える制作エネルギーの源泉となっているのだろうか。





c0352790_07485508.jpg




モダニズム絵画を引用しながら、モダニズム絵画が陥った理論主導の袋小路を回避しつつ、絵画表現の豊かさを取り戻そうというのがリヒターの絵画である。





c0352790_07491180.jpg




リヒターのタイトル「味」と「未来」は、重層化された絵の具の痕跡が作り出す空間性を忠実に再現することに成功している。





c0352790_07492882.jpg




絵の具を何層も塗り重ねていると、各色が混ざりすぎ、鈍重で平板な画面になってしまうのだが、両者はその寸前を見切って、重厚な絵の具の重なり合いや混ざり合いと鮮やかな色彩の対比が空間の深さを感じさせる作品を創りだしている。





c0352790_07494803.jpg




タイトル「オーラ」と「光と闇」も、リヒターの画面を丁寧に観察した成果が表れている作品である。




c0352790_07500236.jpg




ワイパーの動きを生かした、スピード感とリズム感にあふれる表現が特徴的で、ワイパーで絵の具を伸ばす行為を上手くコントロールしながら、魅力ある表面を創りあげている。





c0352790_07502102.jpg




タイトル「思考」は、リヒターの絵画を再現する、というテーマを超えて、ワイパーを使った独自の表現に踏み込んでいる例である。





c0352790_07503578.jpg




ダイナミックなストロークが印象的な作品であり、タイトル「2つの私」は明暗のコントラストを生かした、エッジの効いた表現である。
そしてタイトル「日和」においては、薄く引き延ばされた絵の具の重なり合いが透明感を湛えた空間を表現している。





c0352790_07504772.jpg




3 作品ともリヒターの作品から離れて、自分の表現したいものを描こうという意思が感じられ、それが作品の魅力となっている。




c0352790_07510345.jpg




リヒターのアートと対峙しつつ、エヴァンスのインタープレイに耳を澄ましてみよう。





c0352790_07511804.jpg





1959年に、エヴァンスはドラマーのポール・モチアンとベーシストのスコット・ラファロをメンバーに迎え、歴史に残るピアノトリオ(ファーストトリオ)を結成する。




c0352790_07513220.jpg



このトリオは、スタンダードナンバーの独創的な解釈もさることながら、即興性に富んだメンバー間のインター・プレイが高く評価され、ピアノトリオの新しい方向性を世に示した。





c0352790_07515025.jpg





従来までピアノやベース・ドラムス、あるいはギターなどの楽器奏者は、ホーン奏者を支えるための「リズム・セクション(伴奏者)」としてリズムを刻む「道具」として扱われ、また、他の「ピアノ・トリオ」においても、主役はあくまでピアノでありベースやドラムスはリズムセクションの範疇をこえるものではなかった。





c0352790_07520947.jpg




ビル・エヴァンス・トリオにおいては、この旧来の慣習を打ち破り、テーマのコード進行をピアノ・ベース・ドラムスの3者が各自の独創的なインプロビゼーションを展開して干渉し合い、独特な演奏空間を演出した。





c0352790_07522901.jpg




特筆すべきはベースのスコット・ラファロで、積極的にハイノート(高音域)で対位旋律を弾き、旧来のリズムセクションの枠にとどまらない新しいベースの演奏スタイルを形成した。





c0352790_07524632.jpg




また、ドラムスのポール・モチアンも単にリズムを刻むにとどまらずエヴァンスのインプロビゼーションに挑みかかるようなブラシ・ワークやシンバル・ワークを見せるなど、このトリオで収録した「ポートレイト・イン・ジャズ」・「エクスプロレイションズ」・「ワルツ・フォー・デビイ」および同日収録の「サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード」の4作は、「リバーサイド四部作」と呼ばれる。





c0352790_07531286.jpg




しかし、「ワルツ・フォー・デビイ」および「サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード」の収録からわずか11日後、ラファロは1961年7月6日に25歳の若さで交通事故死してしまった。





c0352790_07533792.jpg




エヴァンスはショックの余りしばらくの間ピアノに触れることすら出来ず、レギュラートリオ活動を停止することとなり、半年もの間シーンから遠ざかった。






c0352790_07535280.jpg









☆☆☆やんジーのつぶやき
休日の早朝は、決まってマイルスの「ジャックジョンソン」を聴きながら官能を刺激しつつPCにむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくる。
官能がひりひりと疲労しかけたころ、エヴァンスの「リバーサイド四部作」の中から気に入ったものに切り替えるというのが、いつものスタイルなのである。
なんでもない作業をする時は、FMラジオに切り替える時もあれど、文章を組み立てる時は、やはり会話が耳障りなってくるのである。























































































[PR]

by my8686 | 2016-09-19 07:07 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

Gerhard Richter+John Coltrane

三連休の中日。台風の影響で天候は雨。こんな日は、リヒターの作品と対峙してみる。聴くのはコルトレーンのマイ・フェイヴァリット・シングス。





c0352790_15402720.jpg






少し、トレーンの足跡を辿ってみよう。


1959年、マイルスの『カインド・オブ・ブルー』収録に参加。





c0352790_15404402.jpg





アトランティック・レコードに移籍し、中期の代表作『ジャイアント・ステップス』を録音。






c0352790_15405876.jpg




この頃から、単なるハード・バップ・テナー奏者から脱却すべく独自の音楽性を模索する試みが始まる。





c0352790_15440779.jpg




自作自演の曲が増え、また同じ曲の録音でありながら、異なるサイドメンを起用してテイクを重ねる実験を行っている。





c0352790_15443216.jpg





1960年春、マイルスバンドを脱退。その後マッコイ・タイナー、エルビン・ジョーンズを中心に自身のレギュラー・バンドを結成しツアーに出ている。





c0352790_15444794.jpg






この年10月には、自身のレギュラー・バンドで大規模なレコーディングを敢行。
このときのセッションからは『マイ・フェイヴァリット・シングス』、『プレイズ・ザ・ブルース』、『コルトレーンズ・サウンド(邦題:「夜は千の目を持つ」)』などのアルバムが発表されている。






c0352790_15450602.jpg




アルバム『マイ・フェイヴァリット・シングス』のタイトル曲「マイ・フェイヴァリット・シングス」は、コルトレーンの最初のヒット曲となった。





c0352790_15452217.jpg





この演奏に現れる「3拍子+マイナー・メロディ+ソプラノ・サックスという組み合わせは、以後コルトレーンの定型パターンとしてを繰り返し用いられている。





c0352790_15453546.jpg




またソプラノ・サックスは、コルトレーンに採り上げられたことを契機[注釈に楽器としての魅力が広く認知され、以後ジャズ・フュージョン系のサックス奏者達の"必修科目"として盛んに用いられるようになる。





c0352790_15455341.jpg





1961年、アトランティックを離れ、インパルス!レコードに移籍。






c0352790_15460954.jpg





3月にはマイルスのアルバム『サム・デイ・マイ・プリンス・ウィル・カム(邦題:「いつか王子様が」)』の録音にゲストとして参加。





c0352790_15462583.jpg




その後、新進気鋭のリード奏者エリック・ドルフィーを自己のバンドに加えるとともに、アレンジャーとしても起用し、大型ブラスセクションによる録音に取り組む。





c0352790_15463971.jpg





一方でその直後に、アルバム『オーレ!コルトレーン』も録音している。前者の録音からはインパルス最初のアルバムとして『アフリカ・ブラス』『アフリカ・ブラス・セッション vol. 2』の2枚が発売。





c0352790_15470066.jpg




後者はアトランティックから発売された。 また秋には、ニューヨークのライブハウス「ヴィレッジ・ヴァンガード」にほぼ連日出演したり、ヨーロッパツアーにも出ている。これらの演奏の様子は、後年『ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』を初めとする数多くのライブ・アルバムで聴くことができるようになってきている。











☆☆☆やんジーのつぷやき
トレーンの前にトレーンなく、トレーンの後にトレーンなし。
学生時代、駅前の小さなレコード店の店主に「デザインを志しているのなら、これを聴け!!」と半強制的に勧められたレコードがトレーン の「ブルーノート版 Blue Train」だった。
ブルーノート版唯一のトレーンリーダーアルバムであった。
生まれて初めて買ったジャズレコードでもあった。











































































[PR]

by my8686 | 2016-09-18 08:06 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

ZAZ

久しぶりにゲハルト・リヒターのアート作品をみていると、ZAZという素描シリーズが目にとまった。





c0352790_16305439.jpg



この素描を見ていると、マイルス・デイヴィスのハーマン・ミュートが脳裏に響いてきた。






c0352790_16311285.jpg





マイルスを聴き始めたのは、学生であった1970年代。ファンク色の強い、よりリズムを強調したスタイルへと進展し、ブームとなりつつあったフュージョンとは一線を画するハードな音楽を展開した。





c0352790_16312537.jpg





マイルスのエレクトリック期とは、この時期を指すことが多い。最初に学生寮の部屋で聴いたのが「ジャック・ジョンソン」だった。





c0352790_16314154.jpg





マイルスは、次々にスタイルを変えながらスタジオ録音とライヴを積極的に行った。






c0352790_16315366.jpg





公式に発表された音源は必ずしも多くはなく、後に未発表音源を収録した編集盤が多く発売されることになる。





c0352790_16320861.jpg




1972年に発表された公式アルバムである『オン・ザ・コーナー』は、現在でもその先進性が話題となる問題作であった。





c0352790_16322504.jpg




しかし、フュージョンブームでかつてのメンバーのハービー・ハンコックやチック・コリアなどがヒット作を連発する一方で、こういったマイルスの音楽はセールス的には成功とはいえなかった。





c0352790_16323772.jpg







1973年と1975年に来日。1975年の広島ライブ公演には、仕事を終えるや会場に向けて、猛ダッシュで飛び出した思い出がある。会場は、岩国基地の米兵たちと思われる黒人たちが沢山屯し、異様な雰囲気だった。
公演はなかなか始まらず、どうやらマイルスの体調と機嫌が悪化したのか、演奏の途中でステージを降りてしまう異例のハプニングエンドだった。それでも興奮覚めやらぬファンたちのアンコールとブーイングがない交ぜとなり、一時会場は騒然となりかけた。
帝王マイルスの異名どうりのスリリングな幕引きであった。そんな貴重なシーンに遭遇できたことを、今では自分の記憶遺産となっている。











c0352790_16324939.jpg





この頃から健康状態も悪化し、75年の大阪でのライブ録音『アガルタ』『パンゲア』を最後に、以降は長い休息期間となった。





c0352790_16331069.jpg




1967年頃マイルスはブルースが大好きでマディーウォーターズ、BBキングのボイシングをどう取り入れようかと考えていたという。
そしてジミ・ヘンドリックスやプリンス、ジェームス・ブラウンやスライ・ストーンを高く評価していた話はよく知られているが、ジミとの共演は非公式なセッションだけで終わり、プリンス作曲の「ジェイルバイト」の音源は、今も未発表のままとなっている。
ただし、ブートというかたちでプリンスと共演したもう一つの作品「キャン・アイ・プレイ・ウィズ・ユウ」は出回っている。
この曲は元々、アルバム『TUTU』に入る予定であったが、曲調が他の収録曲と合わないため外れた。
また、『ユア・アンダー・アレスト』では、スティングがナレーションでゲスト参加し、マイケル・ジャクソンやシンディ・ローパーのカバーも収録している。









☆☆☆やんジーのつぶやき
ゲハルト・リヒターといえば、抽象画「アプストラクテス・ビルト(809-4)」が約2132万ポンド(約26億9000万円)で落札されたことに官能が沸騰した。
マイルスもまた、2枚組のアルバム「Bitches Brew」の先進性に官能が沸騰してしまった。
あの時代のあの熱さが、今また甦る。


























































































[PR]

by my8686 | 2016-09-16 16:16 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)