カテゴリ:徒然なるままに( 218 )

「ドイツ車日本快走、アメ車は苦戦」を読み解く

米トランプ政権が「閉鎖的」と指摘して注目される日本の輸入車市場。確かに米メーカーは苦戦しているが、独ダイムラーの「メルセデス・ベンツ」は2016年度、4年連続で過去最高の販売台数を更新した。

消費者のニーズをうまくくみ取った外国メーカーは存在感を高めている。


c0352790_15355524.jpg




あらためて、この内容を読み解いてみよう。


■脱「高級」イメージ
カフェを併設した東京・六本木の店舗に登場した小型SUV。降り立ったメルセデス日本法人の上野金太郎社長の横には、小型犬を乗せたカートも現れた。「30~40代のファミリー層に乗ってもらいたい」というメッセージを込めた演出だ。




c0352790_15362086.jpg



4月に全面改良した「GLA」で、税込み398万円からとメルセデスのSUVで最も安い価格帯になる。




c0352790_15363366.jpg



メルセデスは最近、「金持ちの高級外車」というイメージから脱皮を図り、親しみやすさを前面に出す日本向けの戦略を打ち出す。六本木の店は、車を直接売らないブランド発信拠点として2011年に開設。13年には大阪にも作り、計580万人が訪れた。

日本で選べる車種も5年前の1・5倍に増やした。特に低価格帯の小型車を13年以降、次々と投入し、14年に発売したGLAでは、初めてメルセデスを選んだ購入者が7割に上った。
これらの工夫が功を奏し、メルセデスの販売は好調が続く。日本自動車輸入組合によると、16年度の販売は6万7485台で2年連続の輸入車首位。7年連続で前年度を上回る。
日本市場が外国車に不公平、というトランプ氏の指摘について、上野社長は「特に感じない」と断言する。




c0352790_15364876.jpg



独アウディ日本法人が4月に予約を始めた「Q2」も日本人好みの小型SUVだ。高さを約1・5メートルに抑え、日本の標準的な立体駐車場に入れられる。




c0352790_15371973.jpg





16年度の輸入車市場で5位まで独占するドイツ勢では、2位のBMWも3年ぶりに過去最高を更新。排ガス不正のイメージ悪化が尾を引く3位のフォルクスワーゲンを除き、主なブランドは全て前年を上回った。


■米国車、個性派は好評
一方、米国メーカーは存在感が薄い。16年度の輸入車に占める割合は4%しかなく、日本市場全体でみると0・3%にすぎない。
ただ、背景にあるのは、「不公平」ではない。伸び悩む日本市場にあえて注力するよりも、得意とする米国、中国の世界2大市場に経営資源を割く米大手の合理的な判断もうかがえる。




c0352790_15373716.jpg



米フォード・モーターは16年末で日本から撤退。東京モーターショーをみても、最大手ゼネラル・モーターズ(GM)とフォードは09年以来、不参加が続く。


実際、米国車でも売る努力をしたものは売れている。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の代表的な米ブランド「ジープ」は16年度、9742台を売った。前年度から34%増え、6年連続で過去最高を更新。輸入車7位に入った。右ハンドルをそろえるなど日本市場を意識した策が当たっている。




c0352790_15375033.jpg



主力SUV「ラングラー」は、武骨なデザインが日本の消費者に受けた。販売店数は15年の67店から17年には80店に増やし、流行に敏感な層にアピールする。自動車評論家の国沢光宏氏は「高性能なものや個性的なものなら、日本人は見逃さない」と話す。



c0352790_15380300.jpg








☆☆☆やんジーのつぶやき
日本市場をキメ細かく調査しているメルセデスやBMW、VWを見習うべきであろう。
ドイツメーカーの凄いところは、日本人以上の繊細さの上に欧州流の合理性を持っているところであろう。トランプ流のがさつなものづくりではたして世界制覇ができるであろうか。

































































































[PR]

by my8686 | 2017-05-25 15:45 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

ポスト・トゥルース の深層

オックスフォード英語辞典が2016年の言葉として選んだ「ポスト・トゥルース」が、いまや現代を象徴する言葉になってきている。
正確な情報より感情が優先し、為政者がうそを交えてまで聴衆を扇動する。一方、マスメディアの信頼が揺らいでいる表れとの指摘もある。





c0352790_18550182.jpg




この混沌とした時代をどう読み解くか、水島治郎氏(千葉大学法政経学部教授)のコメントをみてみよう。


2017年2月に死去したフランスの思想家、ツヴェタン・トドロフは、ポピュリズムについて、「右」や「左」である以上に「下」に属する運動である、としている。

既成政党は右も左もひっくるめて「上」の存在であり、その「上」に対する「下」の対抗運動がポピュリズムである、というのである。




c0352790_18552004.jpg




政治的対立といえば「右」対「左」というのがこれまでの常識であったが、それは20世紀型政治における常識であって、21世紀においては、「右」と「左」という軸に、「上」と「下」という新たな次元が加わったということなのかもしれない。

有力政党が左右を問わず国民投票に及び腰であり、ポピュリズム政党が国民投票によるエリート支配の打破を主張するとすれば、「上」対「下」という対抗関係は、確かにヨーロッパ各国であらわになりつつある対立の構図といえる。




c0352790_18553728.jpg



また同様の構図は、2016年のアメリカ大統領選挙についてもあてはめることもできよう。すなわち、「右」の「上」に属するのがジェブ・ブッシュら共和党主流派であり、「左」の「上」にはヒラリー・クリントンら民主党主流派が位置する。

これに対し「右」の「下」には、ラストベルト(さびついた地域)の労働者層などから強い支持を得たドナルド・トランプ、そして「左」の「下」には、公立大学の授業料無償化など、社会的平等の実現を重視したバーニー・サンダースが位置づけられよう。

トランプ現象とサンダース現象は、いわば合わせ鏡のように、グローバリゼーションを容認する既成政治に対するアンチテーゼとして支持を集めた。

それは共和党・民主党それぞれの従来の路線から大きく外れるものであることから、いずれも主流派からは批判されたが、両者はともに、「下」の支持を得ることで主流派を脅かす候補者に勝ち上がることとなった。




c0352790_18555979.jpg




ただ、このようにポピュリズムという語の扱いを検討してみると、そこから透けて見えるのは、やはり既存のメディアは「人々」(大衆、人民、民衆……)に信を置いていないのではないか、ということである。

特にその「人々」がメディアの基準に比べてアンチ・リベラルであり、グローバルな世界に背を向け、権威主義になびきやすいというのであれば、なおさらそうであろう。





c0352790_18561627.jpg




しかし、メディアが「人々」に批判を向け、むしろ既成の権力を擁護する側に回るのであれば、メディアと「人々」との乖離は決定的になるのではないか。

そして「上から目線」の既成メディアに対する不信が強まれば強まるほど、メディア批判を叫ぶポピュリスト指導者の発信する、「ポスト真実」も含んだメッセージへの依存がますます深まるのではないか。「自分の気持ちをわかってくれる」と人々が思える言葉は、どちらが発する言葉だろうか。

近年のポピュリズムをめぐる展開とメディアの対応は、はからずも21世紀におけるデモクラシーの直面する問題性、そしてメディアの立ち位置の抱えるジレンマを、如実に示すものになったといえるだろう。







☆☆☆やんジーのつぶやき
既存のメディアは「人々」(大衆、人民、民衆……)に信を置いていないという発言には頷ける部分がある。アンチ・リベラルであり、グローバルな世界に背を向け、権威主義になびきやすい民衆。日本人は、いつからそうなってしまったのだろうか。



































































[PR]

by my8686 | 2017-05-23 18:56 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

ミスUSA決勝大会

今月14日、ミスUSA決勝大会が米国ネバダ州のラスベガスで開催された。



c0352790_10204917.jpg



優勝したのは、コロンビア特別区代表のカーラ・マカラー(25)。
彼女は米原子力規制委員会(NSR)に勤務するイタリア生まれの黒人の科学者。




c0352790_10210814.jpg



米国人の多様性が評価されたといえよう。





c0352790_10212522.jpg



美の基準は、時代とともに移りゆく。

逞しく鍛えられたアスリート的プロポーションも今の時代を象徴しているかのようである。




c0352790_10213913.jpg


c0352790_10215205.jpg



c0352790_10220689.jpg




c0352790_10221991.jpg



c0352790_10222708.jpg



米国代表として、マカラーさんはミス・ユニバース世界大会に出場する。






☆☆☆やんジーのつぶやき
美女の基準も時代とともに多様化して当然なのである。
心技体美。
美しい人を観賞できる今の時代に感謝したい。



































































[PR]

by my8686 | 2017-05-21 10:23 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「グーグルホーム」年内上陸

米グーグルは17日、人工知能(AI)を搭載した音声認識のスピーカー「グーグルホーム」を今年中に日本でも発売すると発表した。




c0352790_10464391.jpg



リビングなどに置かれたスピーカーに話しかけるだけでネットの検索結果を教えてくれたり、レストランの予約をしたりできる。




c0352790_10465946.jpg



グーグルホームは円筒形で、声で操作するため、スマートフォンやパソコンを開く必要はない。





c0352790_10471350.jpg




最大6人の声を聞き分け、「私の今日の予定を教えて」「母に電話して」などと話しかければ、「私」や「母」がだれかも認識して対応する。





c0352790_10472734.jpg




さらに、「搭乗予定の飛行機が遅れています」など、スピーカーの側から必要な情報を伝えてくれる機能もついた。





c0352790_10473885.jpg



米国では129ドル(約1万4千円)で販売されているが、日本での価格は未発表。




c0352790_10475042.jpg





AIを搭載した音声認識のスピーカーはアマゾンが「アマゾンエコー」でいち早く参入。




c0352790_10480374.jpg




c0352790_10481631.jpg





マイクロソフトも秋の発売を発表している。





c0352790_10482719.jpg







☆☆☆やんジーのつぶやき
音声AIアシスタントハードウェア業界の熾烈な戦いが始まったようだ。
新たな「エコシステム」の縄張り争いといってよかろう。
音声AI認識ではアマゾン、言語認識ではグーグル。
互いに討論させて遊ぶも一興。

















































































[PR]

by my8686 | 2017-05-19 10:48 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

いつものウォーキングルートで観た夕陽

母の日の日曜日。
午前中、母に会いバラのアレンジギフトと入浴剤をプレゼントする。

午後からは定例のロードバイク練習コースを約2時間ばかり走り、いつものスパで汗を流す。
サウナルームに入った時は、カープが巨人に2連勝したあとのようだった。
ヒーローインタビューを横目に観ながら快汗を流す。


それはさておき、昨日穏やかな土曜日の夕刻に観た夕陽をみてみよう。



c0352790_23181709.jpg





いつものウォーキングルートの帰路。





c0352790_23184122.jpg





なだらかな登り坂ながら心拍数をあげるには適度な傾斜である。





c0352790_23185575.jpg




紅く染まる夕陽。
紅く染まる夕陽。





c0352790_23191561.jpg









☆☆☆やんジーのつぷやき
5月の太陽の力強さに皮膚がチリチリと燃えそうに熱い。
しかし、乾いた風が頬を涼しくなでる。
心地よい季節になってきた。




































































[PR]

by my8686 | 2017-05-14 23:19 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「マクロン新大統領に身構えるゴーンCEO」を読み解く

7日行われたフランス大統領選は中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が勝利した。対抗馬が掲げた反欧州連合(EU)の動きに歯止めがかかり、市場は株高やユーロ高で歓迎したが、複雑な思いで結果を眺めている経営者がいたという。

その名は、仏政府が約20%を出資する仏ルノーのカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)だという。




c0352790_13423892.jpg




あらためて、その内容を読み解いてみよう。


ルノーや提携先の日産自動車は8日現在、大統領選の結果に関しコメントを出していない。
ただ、ゴーン氏は選挙戦さなかの2月、ルノーの決算説明会で「仏政府がルノーの株主にとどまり続ける限り、日産はいかなる資本構成の移動も受け入れない」と語っていた。

「仏政府が出て行く決断をすれば、全てはオープンだ」と政府の関与をあからさまに嫌う発言もした。名指しはしなかったものの、将来の「マクロン大統領」による経営介入をけん制した発言だと受け止められた。





c0352790_13430123.jpg




ゴーン氏とマクロン氏の因縁は2015年に遡る。オランド政権は当時、14年に制定され、株式を長期保有する株主の議決権を2倍にできる「フロランジュ法」を盾に取り、ルノーへの経営関与を強めようとした。





c0352790_13431319.jpg





「政府は自らを安売りする株主ではない」。こう言って旗を振ったのが、担当の経済産業デジタル相だったマクロン氏。
議決権が16年4月に28%程度に高まるよう道筋をつけたうえで、ルノーと日産に仏政府が強い影響力を持つ形で経営統合するように求めた。

ゴーン氏は経済合理性に反する経営を迫られかねないと反発。日産がルノー株を追加取得すれば、ルノーの日産に対する議決権自体が無くなる日本の会社法の仕組みまで選択肢とし、仏政府の介入を遮断しようとした。
投資銀行仕込みの交渉術を振りかざすマクロン氏を政権首脳が公の場でいさめるまで対立は激化。15年末に日産の経営に仏政府が介入しないことで合意したが、両者にはわだかまりが残った。

ゴーン流経営は出資先の経営権を握る「支配」ではなく、独立した企業が分野ごとに経営資源を補い合う「緩やかな連携」が哲学だ。マクロン氏の強引な手法が「なじまなかったのも無理はない」。
マクロン氏勝利で日本株の上昇が加速した8日、日産株は小幅高にとどまった。当面は「議会対策の優先順位が高く、ルノー株問題は現状維持が続く」(ナカニシ自動車産業リサーチ)とみられるが、潜在的なリスクはくすぶる。





c0352790_13432697.jpg




次の焦点は6月中旬に開くルノーの株主総会で、16年の総会ではゴーン氏の報酬を約725万ユーロ(約9億円)とする議案に筆頭株主の仏政府など54%が反対した。

採決に拘束力はなかったものの、その後、ルノーはゴーン氏の報酬減額に追い込まれた。マクロン次期政権が対決姿勢を鮮明にすれば、資本構成の見直し論議が再燃する可能性もあるという。








☆☆☆やんジーのつぶやき
2年越しの因縁がらみの再燃は必至。
ゴーンCEOの報酬約725万ユーロ(約9億円)を安いとみるか高いとみるか、さて判定はいかに。










































































[PR]

by my8686 | 2017-05-09 13:44 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

GW最終日は阪神戦に燃えよう

昨日の阪神戦には驚きを隠し切れなかった。球史に残るミラクル逆転劇と呼んでいいだろう。

5回表を終え0―9と防戦一方だったが、8点を追う6回に打者一巡11人の猛攻で一挙7得点。1点差に迫った7回に糸原の同点打、続く梅野の勝ち越し打で逆転。今季最多タイの4連勝で、昨年4月8日以来393日ぶりとなる単独首位に浮上した。

9点差の逆転は球団史上初という歴史的1勝で、金本阪神がさらに勢いを増した。



c0352790_11395600.jpg





あらためて、勝負の怖さを思い知らされた試合となった。

ビデオ判定中にTV放送が突然終了してしまうのも・・・いかがなものかと思ったが・・この後、阪神打線が爆発してしまった。




c0352790_11422958.jpg





85年バックスクリーン3連発級の衝撃! まさに球史に残る大逆転劇だった。球団史上初となる9点差をひっくり返しての逆転勝利。4時間19分に及んだ激闘を執念の采配で制した金本監督は珍しく興奮していた。






c0352790_11424204.jpg




「お客さんに、申し訳ない気持ちでいっぱいで。最初はお客さんのためにも“少しでも沸かせてやれ”という気持ちだったんですが、まさか…」

点差もさることながら、内容も散々だった。6回表の時点で3失策。記録に残らない失策を加えると、数多くのミスがあった。だが、勝負は最後まで分からない。いや、ナインの誰もが、あきらめてはいなかった。金本監督が勝敗の分岐点に挙げたのは、4点を返してなおも6回2死満塁から飛び出した、高山の走者一掃となる右翼線3点三塁打だった。





c0352790_11434666.jpg





逆境をはねのけてつかんだミラクル逆転劇。今季初、昨年4月8日以来393日ぶりとなる単独首位は、猛虎にとってこれ以上ない筋書きとなった。
それでも金本監督に油断はない。「慢心することなく、おごることなくやっていきたい」。今年は違う。底知れぬ脅威を強敵・広島に見せつけた。





c0352790_11440651.jpg








☆☆☆やんジーのつぶやき
今日の試合も大いに見ものとなる。
カ舞吼フェイスシールで燃え上がろう!!


































































[PR]

by my8686 | 2017-05-07 11:44 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「セスティナ・アルタフォルテ」を詠む

GW4日目。連日真夏日のようなGWのなか、今朝は曇り空となった。
黄砂で喉に違和感をおぼえていただけに、今朝の湿り加減がありがたい。

昨日は、噂の「LECT」見学。本好きにはありがたいスポットができた。
蔦谷書店の文化複合施設「T-SITE」。選りすぐったライフスタイルを中心にショップと融合した書店という立ち位置。
神社のお祭りで賑わう出店的雰囲気もある。



それはさておき、昨日気になったエズラ・パウンドの詩を詠んでみよう。



エズラ・パウンドの詩集「ペルソナ」から「セスティナ・アルタフォルテ(Sestina: Altaforte)」(壺齋散人訳)より



  くそ! ここはなにもかも平和の臭いがするぞ
  出て来いパピオール 音楽だ!
  俺がよみがえるのは戦いを見るときだ
  数々の軍旗が黄色や紫にはためき
  その下に広がる野原が血の色に染まる
  そんなとき心は半ば狂乱し 俺は喜びの雄たけびをあげるのだ





c0352790_12132373.jpg






  灼熱の夏が俺は好きだ
  嵐が地上に吹き荒れ
  イナビカリが暗黒の空を赤く染め
  雷鳴が轟々たる唸り声をあげ
  雲を吹き飛ばす風が気違いじみた声を立て
  空一面に神の剣が打ち合う そんな季節が好きだ





c0352790_12134916.jpg






  さあ 剣を振りかざせ 戦いが始まったぞ
  軍馬のいななきが戦場にひびき
  兵士らの鎧と鎧がぶつかり合う
  一年の平和より一時間の戦いがどれほど充実していることか
  売春宿のワインもか弱い音楽もくそ食らえ
  真っ赤な血に勝るワインはない







c0352790_12134209.jpg







  俺は太陽が血のように赤く昇るのを見るのが好きだ
  その光線は闇を貫き
  俺の心を喜びで満たしてくれる
  俺は音楽に酔いしれて口を大きく開き
  太陽がこの世の平和を嘲笑するところを見る
  俺は孤独な力が闇と戦うところを見るのが好きだ







c0352790_12142157.jpg






  戦いを恐れてしゃがみこむような奴は
  赤い血など流れておらず
  勝者の栄光や剣のきらめきとは無縁な
  女々しい平和が似合っている
  そんな奴はさっさとくたばるがいい
  俺の音楽で空気を満たしてやるから








c0352790_12135455.jpg







  パピオル パピオル 音楽だ!
  剣同士がかちあう音ほどいい音はない
  戦場の雄たけびほど心ときめく音はない
  俺たちの剣先から赤い血を滴らせ
  豹のようにしなやかに駆け回ろう
  平和を称える奴などくそ食らえだ








c0352790_12145119.jpg






  剣の奏でる音楽で大地を赤く染めろ!
  剣と剣がかち合う音を聞け!
  平和を称える奴などくそ食らえだ!








c0352790_12141928.jpg














☆☆☆やんジーのつぶやき
エズラ・パウンドがアメリカ軍にとらえられ、ピサの収容所に入れられていた時期に書かれた「ピサ詩編」を詠んでみたいと思った。
キャントーズの中でももっとも迫力あるものだという。






































































































[PR]

by my8686 | 2017-05-06 12:15 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

こどもの日に「北園克衛の現代詩」を詠む

GW3日目。こどもの日の休日。
昨日は、昼前から太田川沿いをロードバイクラン。自転車専用道路が整備された範囲内で折り返す。
約2時間の軽快なロードバイクランを楽しむ。程よく汗をかいた後はいつものスパ三昧。

しかし、杉花粉のせいか鼻水と咳が昨夜からひどい。空気が乾燥しているせいもありコップに氷水をいれ定期的に喉を湿らす。


それはさておき、休日の朝は北園克衛の現代詩を詠んでみよう。



c0352790_11483975.jpg





新しい自転車に乗ってプラカアトを振り回し乍らサボテン村から飛び出して来たがイキナリ芥だらけのMarks河に飛びこんでしまったpoetesを連れて来い。




c0352790_11485443.jpg





二つの目的を一時に解決するとき透明な思考が産れる。







c0352790_11491399.jpg








エズラ・パウンドの世界が矩形になり螺旋形になり遠ざかる。
するとウインダム・ルイスの世界が廻転しながら傾斜しながら太鼓の音とともに近づいて来た。







c0352790_11493078.jpg








花園の花。貝殻。動物。噴水。
Wyndham Lewisそしてやっぱりウインダム・ルイス。


今日はすくなくもルイス的である。
ヘチマの上衣を着て腰にシャアプな斧を吊り下げる。






c0352790_11494716.jpg










☆☆☆やんジーのつぶやき
イマジズムとヴォーティシズムの登場を引き起こした主要人物であるパウンドの存在が気になった。
特に『ピザン・キャントウズ』は、今の時代にこそ読み返されるべき作品と思えた。












































































[PR]

by my8686 | 2017-05-05 11:50 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「米新車販売、4カ月連続で前年割れ スバルは好調」を読み解く

GWウィーク2日目。昨年とはうってかわって晴天に恵まれた陽気となった。
昨日は2Fのレイアウト変更で終日片付けに追われる。


それはさておき、米オートデータが2日まとめた4月の米国の新車販売台数は142万6126台で、前年同月より4・7%減ったという。
前年割れは4カ月連続。新車販売は2016年まで7年連続で増えたが、今年に入って減速が鮮明になっている。



c0352790_10054036.jpg





車種別では、前月まで堅調だったSUVやピックアップトラックなどの「小型トラック」が0・1%減の86万8814台と減少。セダンなどの「乗用車」は11・1%減の55万7312台だった。

日本メーカーでは、スバルだけが3・9%増やした。トヨタ自動車は4・4%減、ホンダは7・0%減だった。GMなどの米大手3社も軒並み6~7%程度の減少になった。各メーカーは競うように「奨励金」を投入して販売店に値引きを促し、販売台数を下支えしようとしているが、息切れが目立つという。




c0352790_10055810.jpg






あらためて、独り勝ちのスバルについて読み解いてみよう。


スバルは、安全機能などを消費者にPRするブランド戦略が成功し、米国での販売は9年連続で過去最高を更新する。
ただ、米国市場は減速の兆しも見せており、不安もあるという。

フル操業が続く生産ラインでは、SUV「アウトバック」や新型「インプレッサ」が、次々と組み立てられている。
このラインでは、昨年5月までトヨタ自動車の「カムリ」を委託生産していたが、わずか3週間で組み替えた。





c0352790_10061689.jpg





スバルの米国販売は今年3月まで5年以上連続で前年同月を上回り、2017年はリーマン・ショック前の約3倍の67万台を見込む。
販売店の在庫は約1カ月分と業界水準の半分ほど。販売店からは工場を増強してもまだ足りないと言われている。

インディアナ州の工場に5億ドル(約550億円)を投じ、生産能力は年約40万台に倍増。エンジンの組み立てラインを延ばしたり、部品供給の方法を工夫したりと『ちょこっと能増』と呼ぶ努力を重ねてきた結果だという。18年までに、さらに年4万台分、生産能力を引き上げる。

米国では、原油安で消費者が燃費をあまり重視しなくなり、SUVなど大型車が人気。スバルは四輪駆動で悪路などに強い商品イメージを生かし、車体を大きくするなど米国市場に的を絞った戦略で成功した。

日本市場で人気を集めた衝突予防運転支援システムを米国でもPRし、ニッチ向けだったスバル車が今や市場の主流になりつつあるという。




c0352790_10063154.jpg





世界販売台数が年100万台規模で、経営資源が限られるスバルにとって、販売台数の6割を占める米国への集中戦略は、生き残りをかけた選択といえよう。
コストがかさむ環境技術では、出資を受けるトヨタ自動車の協力を仰ぎ、12年には国内市場の中心を占める軽自動車の生産から撤退した。

ただ、今年に入ると米新車販売は3カ月連続で前年を割り込み、減速傾向が鮮明になった。人気が落ちたセダンなどの比率が高い日系メーカーは、値引きの原資となる販売店への奨励金を1台2千~4千ドルまで積み増す。スバルの奨励金は今のところ業界最低水準の1千ドルほどだが、ライバルの値引き競争が激しくなれば、ブランド力がより厳しく問われることになる。

保護主義を掲げるトランプ政権の動向も見通せない。国内生産の5割を米国へ輸出するスバルにとって、政権が検討している「国境での課税調整」が実施され、日本からの輸出がしにくくなれば打撃は大きい。

海外での現地生産拠点は米インディアナ州の工場だけしかないため、国際情勢にあわせた為替の変動で収益が大きく左右される弱点も依然として残る。







☆☆☆やんジーのつぶやき
スバル製造「トヨタ86」オーナーとしては、スバルの動向も気にかかる。
86が教えてくれたスバリストのこだわり。
今あらためて86との出会いの喜びに官能が疼いている。





































































[PR]

by my8686 | 2017-05-04 10:07 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)