石亭「あずまや遊びプラン」に舌鼓

8.22 ワイフの誕生祝いに石亭「あずまや遊びプラン」を堪能する。

「居中庵」にて日帰りランチを愉しむ。



c0352790_12470837.jpg





1日限定1組。 予約のコースで緑に囲まれたツリーハウス風の木製風呂のある隠れ家的二階建ての「あずまや」で静かに祝う。

特別なひととき・・・。





c0352790_12472555.jpg





バースデーサービスに冷やしたシャンパンミニボトルをいただく。


c0352790_12474227.jpg





乾杯!!


c0352790_12475820.jpg





先付の穴子黒米寿司笹包みが一段とうまい。



c0352790_12481697.jpg






椀物のあとの造里に日本酒をあわせる。



c0352790_12483087.jpg





いろどりも夏らしい八寸である。

鬼灯盛り 南京寄せのフォアグラ
夏貝の真薯絹皮巻き
無花果ワイン煮 くこの実
福子塩煮 山葵ジュレ掛け
 パプリカ二種 花穂散らし
地鮎西京味味噌焼き 蓼葉
蒸鮑と蒪菜の吸酢
赤鶏のブルスケッタ
鯛と蔓紫のおひたし


c0352790_12485621.jpg






熱々

夏鴨と彩野菜の飯蒸し


c0352790_12491214.jpg







焼物

穴子二味焼
 

c0352790_12492583.jpg






酢物

焼目蛇腹蛸と白茎芋の梅酢
防風




c0352790_12494574.jpg






食事

穴子釜炊きご飯



c0352790_12500002.jpg






 赤出し 香の物




c0352790_12502076.jpg





水菓子
 氷菓子



c0352790_12503438.jpg






御献立 葉月



c0352790_12504950.jpg







☆☆☆GGのつぶやき
食事の前に一風呂あびて冷えたシャンパンで先付をいただく。
なんとも贅沢なひとときである。
造里にあわせて冷酒をいただく。
淡麗な可部の酒のあとは石亭限定酒を追加する。
心地よい酔いとともに官能の躍るままにひとときを祝う。




















































































































[PR]

by my8686 | 2017-08-22 18:22 | 今日はドライブ日和 | Trackback | Comments(0)

「ドルフィンファームしまなみ」に遊ぶ

ワイフのバースデー記念イベントに「ドルフィンファームしまなみ」を訪れる。



c0352790_21423790.jpg




毎年、新しいことにチャレンジしたい。
そんなワイフのリクエストは、「イルカと泳ぎたい」。






c0352790_21430452.jpg





イルカやクジラと触れ合う事のできる日本最大級の「ふれあい施設」。






c0352790_21431875.jpg





スイムコースでイルカの背びれにつかまって自由に泳ぐというプログラム。
この日は参加者が多く二組に分かれ、一緒に遊んだのは「れもん」ちゃん。






c0352790_21433316.jpg





そして、シュノーケルをつけて水中でのイルカの観察をすることに。

ギリシア神話では、アムピトリーテーの聖獣とされるイルカ。
人間にはないエコーロケーション能力を持ち合わせている。
水の中でなければ聴くことのできないパルス音を聴くプログラム。




c0352790_21435343.jpg




愛嬌のある泳ぎっぷりに観客の視線をとりこにする。





c0352790_21442607.jpg









☆☆☆GGのつぶやき
こうしたアクティビティに嬉嬉として興じるワイフの姿を観るのは、じつに愉快である。





















































































[PR]

by my8686 | 2017-08-21 21:21 | 今日はドライブ日和 | Trackback | Comments(0)

三連休中日は蒲刈に遊ぶ

三連休中日は、今年5月に訪れた「蒲刈」へもう一度行きたくなった。
海の日を前に海に入りたくなったこともある。



c0352790_14151374.jpg




そして、前回半周で折り返した蒲刈島をロードバイクで一周する目的もあった。





c0352790_14155380.jpg




海沿いのコースは、いたって平坦で走りやすい。
車もほとんど走らない。まさに、プライベートコースである。
島に点在する小さな港町がまさに昭和の匂いを醸し出している。





c0352790_14161077.jpg




のどかな港町の風景である。
県民の浜から時計と逆回りに県道287号線を走る。
終点まじかに現われる原トンネル。





c0352790_14163174.jpg




これが映画「海猿」で仙崎大輔と伊沢環菜がバスの中でキスをしたロケ地のトンネルである。
カヤックツアーのインストラクターから聞いたなぜか印象に残る話である。
誰にもある「ファーストキス」の経験なのだが、いくつになっても不思議な感動が胸を昂ぶらせる。





c0352790_14164340.jpg




トンネルを抜けると下りに入る。
調子に乗ってスピードを上げ過ぎて右折コースで曲がりきれず、落車してしまいそうになる。
危うくリアタイヤをブレーキスピンさせて難を逃れる。
初めてのコースは用心に越したことはない。





c0352790_14165974.jpg




ロードバイクで走ったあとは海に入って「海の日」の儀式をすませる。
時間が余り気味で明日も休みということもあり、夕方からのサンセット・カヌー・ツアーに参加する。
5月の結婚記念日に参加したカヤック・ツアーの楽しさが思い出された。




c0352790_14171849.jpg



蒲刈で見る夕陽。





c0352790_14173457.jpg








☆☆☆GGのつぶやき
蒲刈島全周約24KMのロードバイクランを楽しむ。
夏の潮風に吹かれながらのランは、ほどよく快適に汗をかけるお気に入りのコースのひとつとなった。





































































[PR]

by my8686 | 2017-07-16 16:16 | 今日はドライブ日和 | Trackback | Comments(0)

ミシュラン広島ガイド2つ星 日本料理店「児玉」で祝う

久しぶりに次男を誘い日本料理「児玉」に行く。5月は次男と孫娘と自分の3人が誕生月である。
我家としては大変目出度い月でもある。



そして、土曜のランチをここ「児玉」で祝うことにする。





c0352790_10544733.jpg



ミシュラン広島ガイドで2つ星を獲得したこの店で味わえるのは、旬の地場食材を軸とした正統派の日本料理。




c0352790_10552568.jpg




ネットをググると、「四季の移ろいを切り取ったかのような華やかな逸品の数々を、店主の児玉氏の家族が切り盛りする温かな店内で気兼ねなく楽しめる。」とある。





c0352790_10554717.jpg





料理はおまかせのコースのみ。


丸二日かけて煮込んだ『子持ち鮎の甘露煮』や、仕上がりに3日かける『栗の渋皮煮』などの前菜からも、主人のきめ細やかな仕事ぶり、料理に対する真摯な姿勢が伺える。





c0352790_10561103.jpg





この料理にあわせた冷酒は、「雨後の月」。






c0352790_10562910.jpg




フルーティで料理を引き立てる品のよい酒であった。








☆☆☆やんジーのつぶやき
蒲刈でのみやげ話にいつになく盛り上がってしまい、ここでの精緻な料理を味わわなかったことに反省する。
場をひきたてる会話と料理。そして酒。すべてがバランスよく成立しなければなるまい。
話に酔い過ぎた昨日であった。








































































[PR]

by my8686 | 2017-06-03 19:00 | 今日はドライブ日和 | Trackback | Comments(0)

国民の休日は、ONOMICHI を訪れた。 

9.22の国民の休日。
帰省していた長男夫婦を見送って、正午前に尾道を目指す。

海が見たくなり、愛車86を駆る。
当然、下道峠をひた走る。

目的地は、3度目となる尾道U2。




c0352790_19551700.jpg




海の香りと潮風が心地よい。


c0352790_19553517.jpg





スタッフ専用バスのロゴもシャレている。


c0352790_19555228.jpg





U2隣のART BASE CROSSRAOD。


c0352790_19560643.jpg





アートシーンを告げる壁面ポスターもいい感じだ。



c0352790_19561905.jpg





隣接した波止場のロープ止めも洒落たオブジェに見えてくる。


c0352790_19563555.jpg




空の雲も秋を告げるかのようだ。



c0352790_19565068.jpg





お目当ては、U2内のジャイアントショップ。
いいクロスバイクもほしいなぁ。



c0352790_19570585.jpg




U2をあとにして、向かったのは尾道の夕陽スポットへ。


c0352790_19572260.jpg





千光寺山、西國寺山、と並び尾道三山に数えられる標高178.8mの浄土寺山頂上にある展望台。



c0352790_19574085.jpg





尾道市内と眼下を斜めに横切る尾道水道、向島にある造船所、しまなみ海道沿線の島々を眺めることができる。



c0352790_19575617.jpg






頂上付近には展望台のほか、浄土寺奥の院や巨石群、不動岩などもある。



c0352790_19580976.jpg


夕日スポットとして知られる場所。
キラキラと金色に輝く尾道水道は絶景だ。








☆☆☆やんジーのつぶやき
尾道は戦火を逃れた奇跡の街。
日本遺産だという。
海をみたくなったらまた訪れよう。































































[PR]

by my8686 | 2015-09-23 19:58 | 今日はドライブ日和 | Trackback | Comments(0)

四国カルスト台地をめざす

昨年の四月、86TOUGEに導かれ愛車86を駆る。
行先は、四国カルスト台地。


c0352790_09304195.jpg



脳裏に流れるのは、8ビートのリズム。


c0352790_09310777.jpg


Pharaoh's Dance

c0352790_09312669.jpg


Spanish Key


c0352790_09314048.jpg


Bitches Brew


c0352790_09315424.jpg



愛媛県と高知県との県境にある標高が約1,400m、東西に約25kmに広がるカルスト台地。





c0352790_09323271.jpg


So What

c0352790_09324915.jpg



Walkin'



c0352790_15413064.jpg




Joshua





c0352790_15415846.jpg



Go-Go


c0352790_09333583.jpg



日本三大カルスト(四国カルスト、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台)のひとつ。


c0352790_09335699.jpg


その中でも最も高い標高からは石鎚山などの周辺の山々が一望できる。


c0352790_09341268.jpg


西から大野ヶ原、姫鶴平、五段高原、天狗高原(標高1485m)まで。


c0352790_09342863.jpg



なだらかな山肌には、夏は草に覆われた緑のじゅうたん、秋はススキが一面に広がり、一年を通して四季を楽しむことができる。

浸食作用で地表に露出した石灰岩が点在。


c0352790_09344419.jpg


MILES


c0352790_09345889.jpg




乳牛の放牧地帯としても有名で、多くの牛が放牧され、カルスト特有の風景をさらに牧歌的にしている。


c0352790_09351874.jpg


On Green Dolphin Street


c0352790_09353363.jpg


Fran-Dance

c0352790_09354873.jpg


Stella By Starlight


c0352790_09360327.jpg



1958マイルス

c0352790_09361482.jpg



愛媛県では1964年(昭和39年)3月21日に四国カルスト県立自然公園として指定された。


c0352790_09363777.jpg



IT’S ONLY A PAPER MOON


c0352790_09365084.jpg


DENIAL


c0352790_09370265.jpg


BLUING


c0352790_09371493.jpg


DIG


c0352790_09372829.jpg






☆☆☆やんジーのつぷやき
「峠」の意味を変えた愛車86。
86をもつことで、自由時間の使い方が劇的に変わった。
顔つきも、ファッションも変わった。
生きることの実感をより濃いものにしてくれる愛車86。
これからも、ずっとこいつと旅をして行こう。









[PR]

by my8686 | 2015-04-12 08:06 | 今日はドライブ日和 | Trackback | Comments(0)