<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Geoffrey Bawa「HERITANCE AYURVEDA MAHAGEDARA」

10回目を迎えた国内最大規模の大会、東京マラソンが28日、都庁前をスタートし東京ビッグサイトをゴールとする42・195キロのコースで行われた。
好天の下、10キロレースを含め3万6647人が参加。
全体の完走率は96・0%だったという。

暖かくなれば、MTBで走りこんで汗したいものだ。


さて、本日もGeoffrey Bawa建築をみてみよう。



ジェフェリー・バワ設計のホテルをアーユルベーダ専門の施設として2011年7月にリニューアルオープンしたアーユルヴェーダ・リゾート。






c0352790_14570645.jpg




ホテルの目の前が黄金海岸のビーチで、バワ設計の“癒しの空間”至極の空間。




c0352790_14584187.jpg




リゾートホテルに滞在しながら、本格的なアーユルヴェーダで癒やされるホテル。





c0352790_14585519.jpg





朝7:00からは毎朝ヨガ・セッションも開催されており、週3日間は夕方のセッションもある。







c0352790_14590823.jpg






食事も全食アーユルヴェーダ・ミールという本格的な施設。








c0352790_14592601.jpg




最低6泊以上しないと宿泊できないことになっているが3泊からでもツアーで予約ができるという。
基本は6泊、治療を目的とした滞在は最低2週間が望ましい。





c0352790_14595244.jpg





ココロとカラダをリセットして、バワ建築のホテルでこもる。






c0352790_15000734.jpg




旅する観光というよりも、しばらく隠れ家に籠るという感覚。





c0352790_15002175.jpg





コロンボより南(2時間)の西海岸ベルワラに位置し、アーユルヴェーダ医師とセラピストが多数常駐する専門のアーユルヴェーダリゾート施設。





c0352790_15003476.jpg





ホテル内にはプール、工芸品工房などアクティビィティも充実している。






c0352790_15004800.jpg







☆☆☆やんジーのつぶやき
バワ建築のホテルにこもりて本格的なアーユルヴェーダで癒やされるひと時は至極の極みであろう。





































































[PR]

by my8686 | 2016-02-29 14:14 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

Geoffrey Bawa「AVANI Bentota Resort & Spa」

中国・上海で開かれていた主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は27日、最近の金融市場の混乱に対し、「すべての政策手段を用いる」との文言を盛り込んだ共同声明を採択して閉幕した。
作業部会で検討することになった新興国からの資金流出を規制する仕組みづくりにはなお時間がかかり、G20での合意が市場の安定につながるかは見通せない。

一方、「金融政策のみでは、均衡ある成長につながらない」との認識で一致。
米国が提唱した財政出動による景気下支えについては、「機動的に実施する」としたものの、財政の健全性に配慮することが必要との認識も示した。
外国為替市場が不安定になっている点については、「通貨の競争的な切り下げを避ける」と確認。
為替政策の変更などを念頭に「緊密な協議をする」とした。


もつれあう経済環境ながらも、本日もGeoffrey Bawa建築をみてみよう。


フルサービス スパがある海辺の 4 つ星リゾート「AVANI Bentota Resort & Spa」。




c0352790_10402414.jpg




ベントータビーチエリア、中央駅の北側近くに位置するリゾートホテル。





c0352790_10403639.jpg




ビーチに直接アクセスできる、ベント-タに位置するリゾートは市内中心部にあり、ベントータ ビーチから 0.4 km、キャンデ ヴィハール テンプルから 3.6 km。
ベールワラ ハーバーおよびコスゴダ タートル ハッチャリーも 10 km 圏内。





c0352790_10405175.jpg





ビーチ近くで日差しを浴びたり、アバニ ベントータ リゾート & スパにある 2 つの屋外プールでリラックスしたり、フルサービス スパでゆったりくつろいだりできる。






c0352790_10410280.jpg




全 75 室の客室には、 快適な滞在を約束するピローメニューおよびスリッパのほか、冷蔵庫ならびにコーヒー メーカーが備わっている。





c0352790_10420406.jpg





c0352790_10423541.jpg





c0352790_10425658.jpg





c0352790_10432022.jpg





スリランカ様式の建物。




c0352790_10433900.jpg




フローリングの床が心地よい客室は赤をアクセントカラーにした上品な内装。





c0352790_10435227.jpg





一部の部屋にはバルコニーかプライベートパティオが付いている。
会議室は最大60名まで収容可能。






c0352790_10440953.jpg






目の前にひろがるビーチではマリンスポーツを気軽に楽しめる好立地。







c0352790_10442717.jpg








バンダラナイケ国際空港から約96km。







c0352790_10444883.jpg







☆☆☆やんジーのつぶやき
フルサービス スパで英気を養うも一興。
この日、日曜日のランチはミシュラン2つ星の古民家レストランへ。
料理にあわせた巌流井戸仕込の熱燗酒に舌鼓をうつ。
























































































[PR]

by my8686 | 2016-02-28 08:06 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

Geoffrey Bawa「Bentota Beach by Cinnamon」

中国・上海で26日、主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が始まり、1日目の討議を終えた。
世界的な金融市場の混乱の「震源地」とも呼ばれた議長国・中国など、新興国からの急激な資金流出を抑えるため、規制する方策を作業部会で検討することで合意したという。
27日の土曜日に共同声明が取りまとめられる。


さて、本日のGeoffrey Bawa建築は、ベントータ川沿いに位置するBentota Beach Hotel。




c0352790_07064946.jpg




景色の良い客室、飲食店3軒、広々とした屋外プールを提供。





c0352790_07070313.jpg




象乗り、アーチェリー、ウォータースポーツなどのエキサイティングなアクティビティが楽しめる。






c0352790_07071702.jpg




Bentota Hotelはウミガメの孵化場やブリーフガーデン(Brief Garden)から車で10分、バンダラナイケ国際空港まで車で2時間30分の位置にある。





c0352790_07073239.jpg



カラフルな壁と寝具の広々とした豪華な客室には、専用バルコニー、ミニバー、セーフティボックス、ケーブルテレビが完備。





c0352790_07074388.jpg



レクリエーション施設が充実しており、夜間照明付きテニスコート、スカッシュコート、ビリヤード台、ウォータースポーツセンター(ウインドサーフィン、ジェットスキー、ダイビング可)を利用できる。





c0352790_07075756.jpg



Azmaara Spaでは、プロのセラピストが客に合わせてカスタマイズしたマッサージやトリートメントを提供。





c0352790_07081110.jpg



Peacock Restaurantは様々な各国料理と郷土料理を提供している。





c0352790_07082297.jpg




Araliya Restaurantは充実したワインメニューを用意しており、思い出に残る高級ダイニングが楽しめる。





c0352790_07083318.jpg



Soorya Pool Barは軽食を提供している。





c0352790_07084693.jpg













☆☆☆やんジーのつぶやき
クチコミで好評なベントータの人気エリアにあるホテル。
アクティブスポーツが楽しめるうちに行っておきたい場所だ。

















































[PR]

by my8686 | 2016-02-27 08:06 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

Geoffrey Bawa「Jetwing Lagoon」

シャープは25日、台湾の鴻海精密工業の傘下に入って、再建をめざすと正式に発表した。
鴻海グループはシャープが新たに発行する株式を4890億円で取得し、議決権ベースで66・07%を握る予定だという。
ほかにも銀行が持つ株式などを買い取るため、支援額は6千億円を超える見通し。
実現すれば、日本の大手電機メーカーが外資に買収される初の事例となる。

シャープは支援を受け入れる相手を、鴻海と政府系ファンドの産業革新機構に絞って交渉してきた。
革新機構はシャープの液晶や家電事業を他社と統合することを想定していた。
今回選ばれなかったことで、業界再編の将来像の見直しが迫られる。

世界の産業構造は、技術から生産まで自社で一貫して行うシャープのような垂直統合型から、鴻海のように世界市場から高品質で低価格の技術、部品を調達する水平分業型や、革新的なオープンイノベーション型へと大きく動いていると捉えるべきであろう。




さて本日もGeoffrey Bawaの設計したホテルをみてみよう。



ラグーンにあるホテル「Jetwing Lagoon」。




c0352790_11110746.jpg





エレガントな環境に優しい客室(専用バルコニー、バスタブ付)を提供する4つ星リゾートホテルである。






c0352790_11112994.jpg





太陽光エネルギーを使用。






c0352790_11114585.jpg






長さ100mの屋外プール、ワインセラーを含む飲食施設5軒、スパなどの施設が利用できる。






c0352790_11120126.jpg





ラグーンを見渡すJetwing Lagoonからネゴンボ・シティセンターまで7km、コロンボ国際空港まで16kmの位置。






c0352790_11121838.jpg




各客室からプールまたは庭園の景色を望め、広々としたシーティングエリア、半屋外バスルーム、薄型ケーブルテレビ、ミニバー、アイロン設備、バスアメニティ、ヘアドライヤー、バスローブが完備している。





c0352790_11123286.jpg






一部の客室からはラグーンが一望できるという。






c0352790_11124692.jpg





滞在中は、敷地内のレストラン3軒で高級料理を楽しんだり、セラーで思い出に残るダイニングが体験できる。






c0352790_11125941.jpg




プールバーでは冷たいカクテル、メインバーでは軽食や各種ドリンクが用意される。





c0352790_11131288.jpg





ホテル客室数は 55。







c0352790_11132664.jpg






ホテルチェーンは、 ジェットウィング ホテル。







c0352790_11133991.jpg












☆☆☆やんジーのつぶやき
こんな庭園をながめつつプールに身体をあづけるも一興。
冷たいカクテルに官能もとろけそうだ。



































































[PR]

by my8686 | 2016-02-26 08:06 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

Geoffrey Bawa「Heritance Kandalama」

エジプトのシーシ大統領は今月末の初訪日を前に23日、大統領府で朝日新聞との単独会見に応じた。
過激派組織「イスラム国」(IS)などの過激主義が世界中に広がっていることについて「人類にとって最大の脅威だ。あらゆる面で安定化に向けた努力を続けることが必要だ」と力説した。
シリア内戦については「一人の人物の地位の問題ではない。政治的な解決を見いだすべきだ」と述べ、アサド政権の存続を容認する立場を示した。

エジプトでは2013年、イスラム組織「ムスリム同胞団」系のムルシ大統領が失脚。
同胞団はテロ組織に指定され、幹部らは死刑判決を受けている。
同胞団など、イスラム主義組織が再びエジプト政治に関わる可能性について大統領は「彼らは社会に害をもたらした。人々の怒りの気持ちを変えるのは難しい」と否定的な考えを示したという。


擦れあう中東情勢ながら、気を静めつつ、本日もGeoffrey Bawaの設計ホテルをみてみよう。




シギリヤにあるホテル「Heritance Kandalama」。





c0352790_15231136.jpg





丘の上の静かな場所にある。





c0352790_15232667.jpg





Sigiriya Rocksのすばらしいパノラマ景色が楽しめる。





c0352790_15234082.jpg






素晴らしい建築物が自慢のユニークなデザインのホテルでは、印象的なプール3つ、バードウォッチングなどのエキゾチックなアクティビティが楽しめる。






c0352790_15235494.jpg





ユネスコ世界遺産の2000年の歴史あるダンブッラの黄金寺院や、シギリヤの岩の要塞へは車で20分の場所にある5つ星ホテル。
空港からは車で3.5時間。





c0352790_15241419.jpg





広々とした客室には籐の家具や木材のパネルが装備。
各客室には、自然光が多く射し込む大型ガラスの壁が付く専用バスルームがある。






c0352790_15242731.jpg





ホテルは、テニスコート、設備の整ったジム、有名なSix Senses Spaを併設。





c0352790_15244205.jpg






スリランカの素晴らしい自然景観を楽しめるこのホテルでは、マウンテンサイクリングツアーや湖サファリのような様々なツアーを提供している。






c0352790_15250030.jpg






1日の始まりには湖で朝食を楽しめ、また、近くの洞窟で思い出に残る食事ができる。







c0352790_15255336.jpg





KanchanaRestaurantでは、毎日テーマのある夜を提供しており、世界各国の料理を満喫できる。







c0352790_15260521.jpg





シギリヤの城塞とKandalama湖の景色を眺めながら食事を楽しむことができる。







c0352790_15262257.jpg




ホテルの客室数: 152





c0352790_15264323.jpg






ホテルチェーン: ヘリタンス ホテル












c0352790_15270414.jpg













☆☆☆やんジーのつぶやき
ネパールのリゾート地「ポカラ」を思い出す。
早朝暗い登山路を登ってサランコットの展望台へ向かったあの日の記憶がよみがえる。
そこからヒマラヤを紅く染めはじめる朝日の素晴らしさは一生の思い出となった。
下山して観光客の集まるレイクサイドの商店街を馬でトレッキングしたことも忘れがたい。
筏で湖の中にあるホテルまで送迎してくれるサービスにも異郷でのいい思い出となった。















































































[PR]

by my8686 | 2016-02-25 15:15 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

Geoffrey Bawa「Jetwing Lighthouse」

原油価格の急落につられて石炭や銅、ニッケルなどの資源価格がほぼ全面安になっているという。
世界の資源大手や日本の商社などは決算で大きな損失を出し、事業のリストラに乗り出した。
資源の輸出に頼る国で経済の混乱が強まれば、世界経済のリスクになる恐れもある。

国際商品市況の動きを示す代表指数は2月中旬、2002年3月以来の安値水準をつけた。
原油は1月中旬、一時1バレル=26ドル台となり、約12年8カ月ぶりの安値水準を記録。
ニッケルも今月、一時1トン=8千ドルを下回り、約12年10カ月ぶりの安値を更新した。
ほぼ全面安の状況だ。

資源安は日本企業にも影響し、住友商事は今月5日、マダガスカルのニッケル、チリの銅など資源事業での損失が2016年3月期に約1700億円になりそうだと発表。
鉄鉱石などを運ぶ船の運賃の歴史的な低迷にあえぐ海運では、商船三井が余った船のリース契約のキャンセルで16年3月期に約1800億円の特別損失を出すという。

資源安は、資源を輸入する国にとっては消費を刺激するプラス面もある一方、ブラジルなど資源輸出に頼る新興国は苦しい。
世界銀行は1月、「主要新興国の経済の減速が想定より早まれば、資源価格をさらに下げ、資源輸出国や世界経済の成長を後退させうる」と警告した。


世界経済バランスも波乱含みのようだが、本日からすこしGeoffrey Bawaの建築を勉強して行こう。



本日は、インド洋に面したホテル「Jetwing Lighthouse」をみてみよう。




c0352790_11180719.jpg





インド洋の美しい景色を望む。





c0352790_11182250.jpg





ゴールの中心部から2kmの丘の上に位置する。







c0352790_11183526.jpg




豪華なコロニアルスタイルのホテルは、シンプル且つエレガントで、4軒の飲食店、2つの屋外プール、スパを併設。





c0352790_11185254.jpg





広々とした客室は、専用バルコニー、ドレッシングル​​ーム、ケーブルテレビ、DVDプレーヤー、紅茶/コーヒーメーカー、専用バスルーム(バスタブ、シャワー付)が備わる。





c0352790_11190646.jpg




滞在中はヨガクラスに参加したり、ジムでのエクササイズやテニスが楽しめる。





c0352790_11191742.jpg





ホテルでは鯨観察ツアー、市内観光の手配をしている。
ランドリー、レンタカー、外貨両替などのサービスもあり、館内全域で無料Wi-Fi回線を利用できる。






c0352790_11193046.jpg





24時間営業のCardamom Caféでは軽食やドリンク、Anchor Bar and Grillではサンドイッチやグリル料理が用意される。





c0352790_11194403.jpg





海を一望するCoats of Arm Barは、ビリヤード台、図書室がある。






c0352790_11195633.jpg





コロンボのバンダラナイケ国際空港から146km。
ゴールフォート、ゴールマーケット、ショッピング街などの観光スポットへのアクセスにも便利。






c0352790_11200965.jpg


チェックアウト開始は12:00。
コーヒーを飲んだりゆったりとくつろぐ時間がある。

ホテル客室数は85。
ホテルチェーンは、ジェットウィング ホテル。












☆☆☆やんジーのつぶやき
ネパールから帰国してはや4年がたつ。
インド国境のあの喧噪が今ではなつかしい。
Bawaの建築探訪の旅にいつかは訪れてみたいと思った。



















































































[PR]

by my8686 | 2016-02-24 08:06 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

オノマトペ 建築「IRORI & Paper Cocoon」

2、3、5、7、11……自分自身と1以外では割りきれない素数は無数にあるが、現れる順番はなぞに包まれている。
桁が増えると計算機でも難しい。
そんな「素数探し」に挑み続け、史上最大の2233万8618桁を発見したのは、米大のカーチス・クーパー教授。

大学内のパソコン約800台に専用ソフトを組み込み、空き時間にひたすら計算させる。
国際的なプロジェクト「GIMPS」の一員として、15万人以上の参加者と競い合う。
一つが数千万桁ある素数の候補を10万個近くも調べ上げ、自身が持つ記録を3年ぶりに塗り替えた。

素数は電子商取引などの暗号に応用される。
だが、大きな素数は何かの役に立つのか――そんな質問に「大学の宣伝」と笑う。
数学とプログラミングを教えるセントラルミズーリ大に2千人以上いる院生の9割以上がアジア系。
多くが、「素数発見」を進学の理由に挙げるという。

数の不思議に魅せられたのは高校時代。
職場に定年はなく、やる気と実績がある限り、探求を続けられそうだ。
「発見には興奮するが、プロセス全体が楽しい。次も狙います」という。



さて、本日で最後となる「オノマトペ建築」をみてみよう。




イタリアミラノで開催されたパビリオン「IRORI & Paper Cocoon」。




c0352790_10345204.jpg






イタリア、ミラノ
ミラノサローネ2015
キッチン、パビリオン
奥行5m 幅15m 高さ2.5m


オノマトペ「ふわふわ」。





c0352790_10350689.jpg





人は、「火」を囲んで暮らしてきた。






c0352790_10351872.jpg






「IRORI」は、「火」とともに暮らすための「自由なランドスケープ・キッチン」である。







c0352790_10353282.jpg





「IRORI」は、竹の板と鉄パイプで構成される。






c0352790_10354675.jpg




「火」を中心に、テーブル、ベンチ、棚を好きなように、足したり、引いたりできる。





c0352790_10355911.jpg






生活がのびちぢみすれば、キッチンものびちぢみする。






c0352790_10361177.jpg






「IRORI」を包み込む白い「繭」は、バルカナイズドペーパーという厚さ1㎜の特殊な紙で作られている。






c0352790_10362543.jpg






しなやかな紙の帯を捻りながら織ることで「繭」が生まれる。







c0352790_10363882.jpg







柔らかな「繭」の中で、「火」を中心とした新しい生活がはじまる。







c0352790_10365076.jpg









☆☆☆やんジーのつぶやき
囲炉裏のある生活には憧れる。
火で炙って食べる肴はうまい。
酒がすすむ。
人は「火」の炎をみつめながらさまざまな思いに耽る。























































[PR]

by my8686 | 2016-02-23 10:10 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

オノマトペ 建築「メム・メドウズ」

内戦が続くシリアの第3の都市ホムスで21日朝、2度の爆発があり、AFP通信などによると57人が死亡したという。
首都ダマスカス郊外でも同日午後、3回の爆発があり、30人が死亡。
相次ぐ爆発による死者は少なくとも87人に達した。
いずれも過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

シリア国営通信や在英の反体制派NGO「シリア人権監視団」によると、ホムスの爆発現場は中心部のザフラー地区周辺。
自動車2台が相次いで爆発。死傷者の大半は民間人だという。

ザフラー地区は、アサド大統領と同じイスラム教少数派のアラウィ派の住民が多い。先月26日にも軍検問所を狙った爆発があり、少なくとも29人が死亡。

ダマスカスの現場は南郊サイイダ・ザイナブ地区。
シーア派の聖廟を中心にアサド政権支持派の住宅地が広がっている。同地区では1月31日にも自爆テロが起き、約70人が死亡。

ケリー米国務長官は20日、ロシアのラブロフ外相と電話会談。
ケリー氏はヨルダンで会見し、「停戦実現に近づいた」と語ったが実現は依然困難とみられている。




さて気分を鎮めつつ本日も「オノマトペ建築」をみてみよう。


シリアの擦れあう激戦地がまるで信じられないような長閑な北海道大樹町にある研究施設「メム メドウズ」内のシンボル的施設。



c0352790_19395132.jpg





オノマトペ「ふわふわ」。






c0352790_19401599.jpg





第一号の“寒冷地実験住宅”「メーム(Même)」は、北海道古来の住宅をモチーフに、光を透過する白い膜材を二重構造(ダブルスキン構造)で壁と床が仕上げられている。






c0352790_19403071.jpg




ダブルスキン構造による高い断熱性や、地熱を利用した蓄熱式床暖房など、両者の先進のアイデアを取り入れている。
デザイン性にも優れた「メーム」は、温熱環境の変化や、地震発生時のデータ計測など、長期的なデータ収集が可能な実験住宅でもある。




c0352790_19404794.jpg






■環境技術研究機構「メムメドウズ」

省エネルギー、バイオマス、低炭素社会の実現、室内温熱環境のコントロール、耐震構造の検証など実にさまざまである。





c0352790_19410099.jpg




これら住宅をとりまく多様な実験に取り組める施設として、冬季には外気温が約マイナス30℃に達する気象条件の厳しい北海道大樹町に、LIXIL住生活財団が2011年4月に設立した。






c0352790_19411387.jpg






牧場跡地にもとから在った住宅や施設を取り壊さず、土地の持つ記憶をそのまま風情として残しながら改修して、資源も有効に活用している。






c0352790_19412639.jpg






北海道大樹町は、冬季は厳しい寒さにも見舞われるが、その反面、季節が美しく移ろう豊饒の大地。







c0352790_19413869.jpg





土地の名前「芽武(メム)」には「泉の湧き出るところ」という美しい意味がある。





c0352790_19415187.jpg






この地で、住まい手にとって真に快適な住環境とは何かを、利用者と一緒に追求していきたいと願っている。






c0352790_19420509.jpg











☆☆☆やんジーのつぶやき
馬との生活には憧れる。
早朝のウォーミングアップラン、昼間の山岳ラン、夕刻の海辺ウォーク。
歩き、走り、駆ける。
暑い夏の昼下がり、1鞍でTシャツを滝のような汗で濡らす快感は筆舌につくしがたい。
完全リタイアした夏には、我愛車86を駆り、この場所をめざそうか。







































































[PR]

by my8686 | 2016-02-22 08:06 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

Geoffrey Bawa

先週の休日、書店を散策中に見つけた本「熱帯建築家: ジェフリー・バワの冒険」。
著者名に隈研吾の文字をみつけて中をチョイ見。




c0352790_15443847.jpg





バワって、何者? アジアにこんなすごい建物を作ったなんて!
海へとつながっていくプール、山に抱かれる建物、巨岩がめり込むロビー、森の庭に開かれたテラス、樹木が突き出た屋根……。
〝モンスーンアジア〞を舞台に築かれた、自然と一体化する独自の建築世界を読み解き、14のホテルとヴィラを徹底取材。
スリランカが生んだ今注目の建築家、バワ作品を楽しむための初のガイドブック誕生!・・・とある。





c0352790_10435136.jpg



14のホテルとヴィラに興味が湧いた。
オノマトペ建築の勉強が終わったら、次はこのバワ建築を勉強してみよう。


ということで、日曜の朝はこのジェフリー・バワについて少し勉強してみよう。



ジェフリー・バワ(Geoffrey Bawa、1919年7月23日 – 2003年5月27日)は、スリランカのコロンボ出身の建築家。




c0352790_10440824.jpg




スリランカを代表する建築家で、トロピカル建築の第一人者として多くのホテル建設を手掛けた。





c0352790_10442335.jpg



c0352790_10443495.jpg





ヨーロッパ系の裕福な家庭に生まれ、19歳だった1938年にイギリスのケンブリッジ大学へと留学し英文学を専攻。
大学卒業後に弁護士となるが、1946年にスリランカへ帰国。





c0352790_10445321.jpg





帰国後すぐに1年半にも及ぶ世界旅行の後自分の理想郷をつくろうと、ベントータに土地を購入。





c0352790_10450894.jpg




しかし建築の知識に欠けていたことから、イギリスへと再び留学し、38歳となった1957年より建築家としての活動を始めた。






c0352790_10452555.jpg





彼がベントータに作り上げた理想郷は『ルヌガンガ』と呼ばれ、現在はホテルがそばに立っているほか、彼の墓も小高い丘の上にある。





c0352790_10454164.jpg





ベントータ郊外には彼の弟べヴィス・バワが手掛けた庭ブリーフ・ガーデンがある。





c0352790_10455372.jpg









☆☆☆やんジーのつぶやき
ネパールから帰ってすでに4年が過ぎようとしている。
海外の旅で味わうあの解放感がまた恋しくなってきた。
次の旅は、モンスーンアジアにしようか。







































































[PR]

by my8686 | 2016-02-21 08:06 | 気になる本 | Trackback | Comments(0)

OSAKA AUTO MESSE 2016

土曜休日の午後は、久しぶりにクルマの話題をおってみよう。


先週末、大阪で開催された「大阪オートメッセ2016」。

1997年(平成9年)から毎年開催の【CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW】として毎年20万人を超える来場者でにぎわう関西有数のビッグイベントだ。

もちろん、お目当てはトヨタブース。




TOYOTA FT-1



c0352790_18523181.jpg



トヨタの米国デザイン拠点Calty Design Research, Inc.がデザインを担当。
1967年発売の「トヨタ 2000GT」まで遡るトヨタのスポーツカーの歴史を紐解きながら、その情熱を注ぎ込んだ。





c0352790_18525316.jpg



全体的に曲線美を強調しながらレースカーらしい力強さを感じさせるデザインに仕上げている。







86 GRMN




c0352790_18531333.jpg



世界一過酷なコースと言われ、世界中の自動車メーカーが車両開発を競うドイツ・ニュルブルクリンクを舞台に「クルマの味づくり」を続けているTOYOTA GAZOO Racing が、クルマ好き、クルマファンに向けて「ニュルブルクリンクで鍛えた走りの味」を提案する台数限定商品。





c0352790_18533196.jpg




ワインディングからサーキットまで、「走る楽しさ」を追求したチューニングモデル。





c0352790_18534449.jpg








OTG DL 86




c0352790_18540394.jpg








c0352790_18541406.jpg





2015年度の86BRZ Race プロフェッショナルシリーズに参戦したOTG MOTOR SPORTSの車両。






c0352790_18543057.jpg







c0352790_18544456.jpg






服部 尚貴選手がドライブし、第3戦(富士スピードウェイ)でポール・トゥ・ウィン、年間ポイントランキング9位を獲得した。





c0352790_18550821.jpg











☆☆☆やんジーのつぶやき
走り出した瞬間から官能が反応しはじめる。
心が躍りだすその瞬間が好きだ。
































































































[PR]

by my8686 | 2016-02-20 18:18 | スポーツカーが、やっぱり好きだ。 | Trackback | Comments(0)