<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

「スティーブ・バノンの終末論的発言」を読み解く

26日(日本時間27日)に米ハリウッドで開かれた第89回アカデミー賞の授賞式は、トランプ米大統領の排外的な姿勢に抵抗するように、「多様性」が強調された。

外国語映画賞はイラン作品が受賞。最高峰の作品賞は、貧しい黒人青年の成長を描いた「ムーンライト」に贈られた。バリー・ジェンキンス監督自身が37歳の黒人男性だ。助演男優賞、助演女優賞も、黒人俳優が得た。

演技賞候補がすべて白人俳優だった昨年、一昨年とは様変わりした。様々な国から多様な人材が集うハリウッドは、時代ごとの政治状況と常に向き合ってきた。



本日はあらためて、歴史家デイビッド・カイザーの話に耳をかたむけてみよう。



2009年、当時ロードアイランド州ニューポートの海軍大学校の教授だった歴史家のデイビッド・カイザーは、スティーブ・バノンと名乗る男からの電話を受け取った。




c0352790_11090264.jpg



バノンは、自身が制作していたドキュメンタリー映画のため、カイザーにインタビューを求めた。ストラウスとハウを研究していたカイザーはバノンのことを全く知らなかったが、インタビューを受けることに同意した。
カイザーは保守派活動グループ「シティズン・ユナイテッド」のワシントン本社に出向き、インタビューを受けた。当時バノンは、そこで働いていた。

カイザーは、ストラウスとハウについてバノンが豊富な知識を持っていたことに感銘を受けた。
ストラウスとハウはアメリカの歴史は4つのサイクルを繰り返していて、重大危機から目覚めへ、そしてまた重大危機へとめぐっていると論じている。






c0352790_11094732.jpg




これらの危機は「第4の分岐点(フォース・ターニングス - Fouth Turnings)」と呼ばれ、バノンは、アメリカが2008年9月18日にこの分岐点に突入したと考えていた。

この日は、財務長官ヘンリー・ハンク・ポールソンとFRB議長ベン・バーナンキがキャピトル・ヒル(連邦議会)に出向き、金融危機の救済を働きかけた日だった。

「バノンは理論をよく理解していました」と、カイザーは語った。「明らかに私へのインタビューを楽しんでいました」

バノンはインタビューの中で、カイザーにあることを言わせようと執拗に尋ねた。
「彼は第4の分岐点にあたる戦争について話していました」。





c0352790_11101397.jpg






カイザーはその様子を回想した。「アメリカ独立戦争、南北戦争、そして第二次世界大戦……戦争の規模はどんどん拡大しています。明らかにバノンはこの第4の分岐点の中で次の戦争、最低でも第二次世界大戦規模の戦争が起こるだろうと予測していました。バノンは私にそのことをインタビューで言わせようと一生懸命だったことを覚えています」




c0352790_11103125.jpg





カイザーは世界大戦が定められた運命だとは考えていなかったので、反対意見を述べた。カイザーが問いかけたこの部分は、ドキュメンタリーではカットされていた。論争を呼んだ作品『ジェネレーション・ゼロ』は、2010年にリリースされた。

現在バノンは、ドナルド・トランプ大統領に最も近い上級顧問としてホワイトハウス西棟におさまり、トランプの主要なブレーンと見られている。
バノンはインタビューやスピーチ、執筆の中で、特にストラウスとハウへの信奉ぶりから、何よりもまず自分が黙示録信奉者であることを明らかにしている。





c0352790_11104923.jpg




バノンの視点では、私たちは国家存続にかかわる戦争の真っ只中にあり、すべてはその戦争の一部なのだ。条約を破棄し、敵を名指しし、文化を変えなければならない。世界大戦が起こるとすれば、この理論が正しかったと証明することに他ならない。バノンにとっては、第4の分岐点に入ったということだ。第4の分岐点に出てくるグレー・チャンピオン、救世主となる絶対的指導者はすでに現れたのかもしれない。黙示録はまさに今なのだ。

「私たちが目撃しているのは、新しい政治体制の誕生だ」、1月にバノンは、ワシントンポストにこう話した。






c0352790_11111398.jpg





ストラウスとハウの理論は一連の世代のアーキタイプに基づいている――芸術家、預言者、遊牧民、ヒーロ――――いずれもディストピア(反理想郷的な世界を描いた作品)のヤングアダルトシリーズから出てきたようなキャラクターだ。

4つに分かれたそれぞれのサイクル、または世紀は、ストラウスとハウの計算では80〜100年となる。
『ザ・フォース・ターニング(第4の分岐点)』は1997年に出版されサイクルの中の最終地点となる黙示録の部分に焦点を当てている。




c0352790_11112987.jpg





ストラウスとハウは、この第4の分岐点の期間に予期せぬ指導者が現れると主張している。それは国を率いる古い世代、そしていわゆる「ヒーロー」世代(この場合ミレニアル世代)から新秩序に至るまで、さまざまなところから現れるという。

この指導者は「グレー・チャンピオン」として知られる。選挙、またはその他の出来事 (戦争かもしれない)によってこの人物は力を与えられ、その政権が危機の間、統治することになる。






c0352790_11114404.jpg





「ここで勝ち抜いた者は、今までより強力に権力を追求し、斬新主義(社会変革、社会改革を行うにあたり、急進的、過激的方法を排除して一歩一歩前進する方法に立脚する思想や行動)と決別する力を手に入れる。それは、彼らが長年夢見てきたものであり、敵対者が警告してきたものだ」と、ストラウスとハウは『ザ・フォース・ターニング』の中で書いている。






c0352790_11115950.jpg




「この新しい体制は危機が続く間ずっと実権を握る。イデオロギーがなんであれ、この新しい政権は公権力を強く主張し、個人の犠牲を要求する。かつては指導者が社会的プレッシャーを緩和する方向に傾いていた同じ場所で、新しい指導者は国中から注目を集めるため、社会的プレッシャーを和らげようとする」





c0352790_11121510.jpg




「今のアメリカは、アメリカの歴史上第4の危機の中にある」と、バノン氏は2011年に、保守系非営利団体リバティ復興基金の集まりで聴衆に語った。

「独立戦争があった。南北戦争も経験した。そして世界恐慌と第二次世界大戦があった。アメリカの歴史において今、第4の分岐点にさしかかっている。そして私たちは、それを乗り越えた時に、何か違うものになっている」

「重大な危機は80年から100年の周期で起こる」。
同じ年にバノンは、共和党の女性団体「プロジェクト・ゴーピンク」が主催した協議会でこのように話した。






c0352790_11123705.jpg





「ここ10年か20年のうちにこうした危機を迎えることになる。その時、この国は後世に残せるものとなる。そうでなければ、それとは完全に違った、全く異なった形になる」

「ユダヤ教・キリスト教の西洋諸国は崩壊している」と、彼は続けた。「内側から崩壊している。我々の目の前で崩壊している。その後の反動は、とてつもなく大きいものになる」

「戦争はやってくる」と、バノンは警告した。実際に、戦争はやって来ている。

「イスラムに、そして中国に拡大主義者がいる」と、バノンは2016年に出演したラジオ番組で語っている。「彼らはやる気だ。傲慢だ。彼らは行動し続けている。そして彼らはユダヤ教・キリスト教の西欧は衰退していると考えている」

「イスラム過激派に対抗するため、我々は今、100年戦争の最中にいる」と、バノンは2011年、ラジオの政治討論番組で発言している。






c0352790_11125754.jpg




「我々は、ジハーディストのイスラム・ファシズムと徹底的に戦う」と、2014年のバチカン市国で開かれた会議に参加したキリスト教保守派とのテレビ討論会でバノンは語った。

「そしてこの戦争は、各国政府が対応に追いつかないほど急速に広まっている」

2015年のラジオに出演したバノンは、会長を務めていた右翼系ニュースサイト「ブライトバート」の運営について語った。

「戦争だ」と、彼は言った。「戦争だ。毎日私たちは直面している。アメリカは戦っている。アメリカは戦争をしている。私たちは戦争をしているのだ」






c0352790_11131852.jpg




バノンはこの脅威に立ち向かうため、ユダヤ教・キリスト教の西欧諸国は戦わなければならないと主張する。戦わなければ、1453年にオスマン帝国がコンスタンチノープルを陥落させた時のように敗北してしまうという。2016年には、ジョージ・W・ブッシュ大統領が911同時多発テロ事件の後に「イスラム教は平和の宗教だ」と
発言したことに反論し、イスラム教は「服従の宗教」だと発言している。

2007年に、バノンはドキュメンタリー映画の原案を書いた。その原案は、イスラム教徒のコミュニティを支持する「第5列(スパイや対敵協力者)」は、メディア、ユダヤ教団体、政権転覆を図りイスラム法を押し付けようとする政府機関だ、というものだ。

トランプ大統領は2017年1月27日、外国からのテロリストがアメリカに入国することを防ぐために身元調査を強化することを課すという大統領令に署名した。





c0352790_11133956.jpg




「このアメリカ国内に、明らかに敵を支持するグループがいる」と、バノンは2016年7月に警告した。2015年11月には「ユダヤ教・キリスト教西欧諸国の中心に腐敗がある」と発言している。「ユダヤ教・キリスト教西欧諸国が理念を守ろうとする力を、世俗主義が奪ってしまった」と、バチカンでの討論会で演説した。「貴族階級
のワシントンとメディアが、イスラム全体や中国の拡大主義者と結束して、ユダヤ教・キリスト教のアメリカの土台を崩そうとしている」という。

この種の「存在を賭けた闘い」は、ストラウスとハウの主張の中核だ。第4の分岐点には4つの結末がある。ストラウスとハウが論じたのは、そのうちの3つは何からの大きな崩壊を伴っている。アメリカは「生まれ変わる」かもしれない。そして次の危機がピークに達するまで新しいサイクルを80〜100年待つことになる。

現代社会(ストラウスとハウが信じる西欧の歴史は15世紀に始まったが)は終末を迎えるかもしれない。現代的なものは残るかもしれないが、我々の国は終焉するかもしれない。あるいは、世界大戦の核兵器で皆殺しにされ、人類の滅亡に直面するかもしれない。

この曖昧で事実無根の予言を信じる人物が、ホワイトハウスの大統領のそばに座っている。

「アメリカで再び朝に青い空を見上げるためには、暗い日々を経験しなければならない」と、バノンは2010年に警告している。

「大きな痛みを受け入れなければならない。痛みを受け入れなくてもいいと考える人がいるなら、それは自分を欺いているだけだ」

「このムーブメントは、野球で言う1回表の攻撃だ」と、バノンは2016年11月に語ったという。






☆☆☆やんジーのつぶやき
スティーブ・バノンに操られるトランプ政権の本性が見え隠れする。
時代はどこに向かおうとしているのか。
最終戦争だけは、避けてほしい。

























































































[PR]

by my8686 | 2017-02-28 11:14 | ヘビーな話は、謹んで | Trackback | Comments(0)

「福島原発賠償費、電気代での負担額は 1世帯あたり試算」を読み解く

東京電力福島第一原発事故の損害賠償費用は、原発を持つ東電以外の電力会社も一部を負担している。
家庭の電気料金でまかなっている7社について、A新聞社が取材を元に国の家計調査を当てはめて試算したところ、1世帯(2人以上)あたり年約587~1484円を負担している概算となった。
家庭の負担額は料金内訳が書かれた検針票には示されておらず、利用者の目には届かない。





c0352790_10483027.jpg





■原発事故、見えない家計負担 検針票には記載されず

国の試算で、賠償費用は7・9兆円にのぼる。うち5・5兆円分について、東電の負担に加え、他の電力会社も「一般負担金」として、原発の出力などに応じて負担している。

7社は東京、北海道、東北、中部、関西、四国、九州の各電力。
A新聞の試算では、家庭向けの電気料金で回収している一般負担金は1キロワット時で約0・11~0・26円だった。

関電と中部電が取材に対し、家庭向けの1キロワット時の概算を出していることを明らかにした。この方法を元にA新聞が他社分も試算。全社がこの試算の考え方に誤りがないことを認めている。

これに各家庭の使用電力量をかければ負担額がわかる。国の家計調査を元に1世帯(2人以上)あたりを計算すると、最高は四電の1484円だった。
次いで関電が1212円、東電が1159円、九電が1127円、北電が1034円、東北電が774円、中部電が587円となった。





c0352790_10485874.jpg





電気料金は、電気をつくって届けるのに必要な費用をすべて回収できる仕組み(総括原価方式)になっている。7社が2012~14年度に値上げした際、一般負担金を料金算定に使う「原価」に盛り込んだ。このため家庭の電気料金に直接転嫁されることになった。

7社以外の北陸電力と中国電力も一般負担金を払っているが、福島の事故後に値上げしておらず原価に含んでいないため電気料金には直接反映されていない。





c0352790_10491747.jpg




政府は20年から送電線の利用料にも2・4兆円分の賠償費用を上乗せする方針だ。国の試算では、賠償費用を含め、廃炉や除染などといった事故対応費用は21・5兆円にのぼる。東電が負担する費用以外に、税金も投じられる見通しだという。




■一人一人の負担が見える形に

〈全国消費者団体連絡会の河野康子事務局長の話〉
福島第一原発事故後の混乱の中で深い議論がないまま制度ができて、本来は東電が負担するべき賠償費用について多くの消費者が自覚のないまま一般の電気料金から回収されている。
一方で、福島の事故で困っている人がいるのも事実。消費者が原発事故の問題に向き合うためにも、国や電力会社はもっと一人一人の負担が見える形にするべきだ。





c0352790_10493356.jpg




〈一般負担金〉
本来は原発事故全般の賠償に備えて事前に資金を積み立てるのが目的だが、現状では積み立てた資金は福島第一原発事故の賠償費用に使われている。
国が事故後の2011年に設立した認可法人「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」を通じて東電に賠償資金を貸し、原発を持つ大手電力9社と日本原子力発電、日本原燃の計11社が機構に払う形で返済している。

額は原発の出力などで決まり、11~15年度で計約6713億円。
東電は別に特別負担金(15年度までに計1800億円)も払っている。



■事故重大度の評価

国際原子力機関 (IAEA) が定める原子力事故または事象の深刻度である国際原子力事象評価尺度 (INES) について、原子力安全・保安院は2011年4月12日、暫定的ながらレベル7(深刻な事故)と評価した。

「7」はINESの最高レベルであり、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故もこれにあたる。

1979年のスリーマイル島原子力発電所事故は「5」(施設外へのリスクを伴う事故)、1999年の東海村JCO臨界事故は「4」である。





c0352790_10495594.jpg





■事故後の原子炉の状態

2015年、宇宙線ミュー粒子を利用して原子炉内部を透視した結果、1号機の核燃料はほぼ全量が熔融落下していることが分かった。
核燃料は圧力容器の底から格納容器へ漏れ出たとみられる。

また2号機では7割以上が熔融落下していることが分かり、2016年7月、落下した燃料の大部分が圧力容器の底に残っているとみられると分かった。
また2014年の東電の解析によると、3号機では核燃料の大部分が圧力容器の底を突き破って格納容器へ落下したとみられる。

2011年5月24日に、東京電力は、計測された圧力データを基に、1号機は圧力容器の外側にある格納容器に直径7 cm相当の穴が1箇所、2号機では格納容器に直径10 cm相当の穴が2箇所開いていると見ていることを発表した。
これは事故が炉心溶融だけでなく、さらに進んだ炉心溶融貫通(メルトスルー)に至っている可能性を示唆している。

東京電力の5月26日の発表では、崩壊熱は5月20日時点で1〜3号機でそれぞれ1000 kW〜2000 kW、地震から半年後時点で1000 kW前後としている。






c0352790_10501898.jpg



いずれにしてもウラン燃料が被覆管を溶融し、圧力容器、格納容器、そして配管の破れや2号機圧力抑制プールの破れから、放射性物質として外部環境に漏れ続けている。

3号機の炉心にはプルサーマル利用としてMOX燃料が使われ、ウランのほかにプルトニウムが含まれているので、特に大気、海水および地下水への漏洩が心配されている。










☆☆☆やんジーのつぶやき
「線量評価結果について」を今一度読み返してみよう。
水素爆発が発生したとしても半径20 km圏内という避難区域を変える必要はないが、4号機の使用済み燃料プールの燃料損傷が発生し、そこから複数の号機の使用済み燃料プールでコアコンクリート相互作用(溶融燃料コンクリート相互作用、MFCI)が発生した場合、もしくは原子炉自体が爆発した場合は170 km以遠から250km圏の東京都を含む首都圏にも強制移転および避難を求めることが必要になる大事故の可能性があるということを述べている。
この「レベル7」の意味をもういちど認識せねばなるまい。























































































[PR]

by my8686 | 2017-02-27 10:51 | ヘビーな話は、謹んで | Trackback | Comments(0)

「アストンマーティンAM-RB 001主要テクニカルパートナー発表」を読み解く

アストンマーティンは英国時間2月15日、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズと開発を進めている公道走行可能なハイパーカー「AM-RB 001」の主要テクニカルパートナーを発表したという



c0352790_10552405.jpg






昨日に続き日曜の朝は、この記事を読み解いてみよう。



■コスワースが「AM-RB 001」専用の6.5リッターV12エンジンを製作

昨年、発表されたアストンマーティンとF1チームのレッドブルレーシングとのコラボレーションによる「AM-RB 001」。
1,000kgのボディに最高出力1,000psを発生するV12エンジンを搭載し、パワーウエイトレシオは1.0kg/psを実現する公道走行可能な“ハイパーカー”を生み出すプロジェクトだ。





c0352790_10554221.jpg





今回、生産に向けて主要なテクニカルパートナーが発表された。

心臓部である「AM-RB 001」専用の自然吸気6.5リッターV12エンジンを手がけるのは、英国企業のコスワース。
F1などモータースポーツではもちろんのこと、量産用ハイパフォーマンスエンジンの製作でも長い経験をもつ。





c0352790_10555825.jpg




さらに、AM-RB 001は、ブレーキングパワーを回生するハイブリッド機能を搭載することも今回新たに発表。
クロアチアに本拠を置き、昨年には自社製作したEVハイパーカー「コンセプト ワン」を発表したリマック社のハイブリッドバッテリーシステムが採用されることとなった。




c0352790_10561164.jpg




トランスミッションにはリカルドが専用設計を施した7段パドルシフトトランスミッションを搭載。





c0352790_10562789.jpg




ボディは、カーボンファイバーモノセルでつくられ、これまでもアストンマーティンの「One-77」「ヴァルカン」などでもパートナーを務めたマルチマティックが担当する。






c0352790_10564241.jpg





ブレーキングシステムには、アルコンとアーフェス・トランスフォームズがタッグを組み、軽量ハイパフォーマンスキャリパーとカーボンディスクを供給。






c0352790_10565971.jpg





専用エンジンコントロールユニットやトラクションコントロールユニット、電気系統の開発には、ボッシュが指名されたという。





c0352790_10571230.jpg




このように開発された「AM-RB 001」は、公道走行可能なモデルを150台限定で、サーキット走行専用モデルを25台限定で生産。
2019年からデリバリーを開始する予定だという。









☆☆☆やんジーのつぶやき
1,000kgのボディに最高出力1,000psを発生するV12エンジンとはいかほどのものなのか。
公道走行可能な150台限定モデルを手に入れた人物は、はたしていづこのロードを爆走するのか。
官能を揺るがす休日に乾杯!!





























































































[PR]

by my8686 | 2017-02-26 10:57 | スポーツカーが、やっぱり好きだ。 | Trackback | Comments(0)

「レトロモビル2017 秘蔵のボンドカー登場」を読み解く

欧州を代表するヒストリックカー・ショーのひとつ、「レトロモビル」が2月8日から12日まで、パリで開催された。
フランスのメディアが最も報じたのは、映画007「ゴールドフィンガー」(1964年)の撮影に用いられたアストン・マーティンDB5だという。




c0352790_15074263.jpg





1964年に公開された3作目「007 ゴールドフィンガー」は、中学生時代に映画館で固唾をのんで観た映画である。
ボンドカーとしてのアストンマーチンDB5を羨望の眼差しで眺め、オナー・ブラックマン扮するプッシー・ガロア空中サーカス団長のセクシーさにメロメロになったことを憶えている。





c0352790_15081092.jpg




あらためて、映画007に登場した歴代のアストン・マーティンを見てみよう。



DB5は、アストンマーティン・ラゴンダが1963年7月-1965年9月に製造したスポーツカーであり、DB4の後継車種である。
1964年秋から高性能版のヴァンテージ仕様も設定されたが、DB4GTより少ない65台の製造にとどまった。
またドロップヘッドクーペは、123台が製造され、その他に12台がハロルド・ラドフォードの架装によりシューティングブレークに改造された。





c0352790_15083046.jpg





2年余りの間に1,023台が製造された後、後継モデルのDB6にバトンタッチした。
映画007シリーズの3作目『ゴールドフィンガー』、続く4作目『サンダーボール作戦』において、様々なギミックを搭載した改造車として登場し、その後の映画シリーズの特徴となったことから、ボンドカーの代表的な車種として知られる。17作目『ゴールデンアイ』で再登場すると、その後のシリーズでも、メインのボンドカーとは別に、しばしばボンドの愛車として作中に登場している。






c0352790_15085736.jpg



エンジンは、シリンダー内径をDB4のものから4mm拡大した、内径φ96mm×行程92mmの3,995cc水冷直列6気筒全軽合金製DOHCエンジンを搭載。標準型は3基のSU製キャブレターから282hpを、高性能版のヴァンテージ仕様は3基のウェーバー製キャブレターから314hpを出力する。

トランスミッションは当初は親会社のデヴィッド・ブラウン製のオーバードライブ付4速MT、後にはZF製5速MTが標準であり、ボルグワーナー製ATもオプション設定された。
外観はDB4Sr.5との差異は殆どないが、装備類の充実からか車重は116kg増の1,470kgとなった。





c0352790_15092685.jpg






オナー・ブラックマン(Honor Blackman、1925年8月22日 - )はイギリス・ロンドン出身の女優。





c0352790_15094324.jpg




ボンドガールを演じた『007 ゴールドフィンガー』のプッシー・ガロアー役で、彼女の魅力が全面に生かされ、日本でも注目された。
以後、007の歴代ボンド・ガールのなかでも屈指のセクシーさを持った女優として記憶される事になる。

当時中学生の少年には、鼻血が噴き出しそうな存在であった。





20作目「007 ダイ・アナザー・デイ」ではアストンマーチン V12ヴァンキッシュが使用された。




c0352790_15102236.jpg






2000年代に入ると、装備は一層ハイテクになっていき、劇画的誇張が007映画の特徴となっていく。





c0352790_15104095.jpg




特殊装備は光学迷彩装置、自動追尾する散弾砲、マシンガン、ミサイル、エジェクション・シート、遠隔操作装置、大型スパイク、熱センサーなど。
有名な氷上でのカーチェイスでは、一部の撮影車両を4WDに改造したという。





c0352790_15105992.jpg







ハル・マリア・ベリー粉するジンクス。



c0352790_15111610.jpg





最新作「007 スペクター」のボンドカーとして登場した「アストンマーチン DB10」。




c0352790_15113708.jpg





監督はサム・メンデスによるシリアス路線になった007映画。




c0352790_15115347.jpg




ダニエル・クレイグ版007シリーズではベストともいえる出来であり、大人もじっくりと堪能できるスパイ映画となった。





c0352790_15121107.jpg





内省的とも言えるサム・メンデス監督の筆致がつきぬけた作品。






c0352790_15122499.jpg





ボンドガール&レディーの二人。
イタリアの宝石とまで称えられた大人のセクシーさで官能を刺激するモニカ・ベルッチ。
そして、エヴァ・グリーンのような深い印象を残すレア・セドゥ。





c0352790_15123994.jpg





映画007シリーズ『スペクター』においてボンドカーとして特別に製造されたDB10。





c0352790_15125428.jpg







歴代の作品のように販売されている車ではなく、映画だけの特注品である。
その生産台数は撮影用にわずか10台が製造され、そのほとんどが映画のスタント撮影のためにスタッフによって改造されたという。
完全な形で残っているのは2台だけで、出品されたのはそのうちの1台。
DB10が公の場で販売されたのはこの一台が初めてで、このクルマは俳優ダニエル・クレイグのサイン入りとなっているという。

その一台がこの度、243万4,500ポンド(約3億9,000万円)で競り落とされた。
少なくとも100万ポンド(約1億6,000万円)からと見られていた落札予想価格をはるかに凌ぐ値段がついたことにどよめきが起きたという。

このオークションで得られた収益は、NGO「国境なき医師団」に寄付され、この映画に関連する記念の品々で得られたオークション収益も合わせて総額278万5,500ポンド(約4億5,000万円)が慈善活動に用いられるという。

DB10は、世界で最も有名なシークレット・エージェントに相応しいカーボンファイバー製のボディを持ち、その美しいデザインの下には、「V8 ヴァンテージ」のプラットフォームと4.7リッターV8エンジン、6速マニュアル・ギアボックスが流用されている。

市販車のパーツが使われているにも拘わらず、アストンマーティンはDB10で公道走行の承認を取得していない。しかし、このクルマのオーナーになった人物ならば、存分にドライブを楽しめる広大な私有地もあるにちがいない。







☆☆☆やんジーのつぷやき
DB10を走らせるためのプライベートコースには、大いに興味がわく。
土曜の午後、久しぶりにアストンマーチンのセクシーな肢体にくぎづけとなってしまった。
予定していたXバイクランは明日に変更し、早めに風呂に出かけよう。








































































[PR]

by my8686 | 2017-02-25 15:14 | スポーツカーが、やっぱり好きだ。 | Trackback | Comments(0)

「FIRST CABIN 築地」を読み解く

本日は、初のプレミアムフライデー、略して「プレ金」だという。午後3時退社を推奨するというのだが、まだ反応は鈍い。早帰りしてゆっくりと風呂にでもつかるか、借りたビデオでも観るか。

最近興味が湧いてきた「本格ミステリー」小説でも読むか。仕事もほどほどにして官能のおもむくまま、自分の時間を愉しむことは、大賛成である。


それはさておき、築地に今話題の安くてハイセンスなカプセルホテル「ファーストキャビン築地」なるものがオープンしているという。




c0352790_13291821.jpg





いかほどのものなのか、あらためて内容をみてみよう。



「ファーストキャビン」は、カプセルホテルなのにスタイリッシュでゆったり過ごせる宿泊施設だという。
場所は、築地市場まで歩いて行けるという好立地にある。早朝からマグロのせりや新鮮な寿司や海鮮丼を楽しむことが出来るという。





c0352790_13293625.jpg




訪日旅行客に大人気の築地市場。築地市場の見学の目玉といえばやはりマグロの競り。
早朝から築地市場に足を運び、競りを見るという人が連日絶えないという。

また、築地市場の寿司店や海鮮丼などの飲食店は早朝から営業し、昼過ぎには店を閉じるという店舗が多くある。築地市場を早朝から存分に楽しむには、周辺に宿泊することが必要になる。




c0352790_13295845.jpg





■飛行機のファーストクラスをイメージしたラグジュアリーな空間

2015年9月時点で全国に6施設を展開中だという。
カプセルホテルと聞くと、安く泊まれるけれども窮屈でくつろげない、というイメージを持つが、ファーストキャビンはそんなネガティブなイメージをガラッと変えた点が良い。





c0352790_13301303.jpg




というのも、航空機のファーストクラスのように、限られた空間を最大限リラックスできる空間にするというコンセプトのもと、カプセルホテルとは思えないほどスタイリッシュで高級感を追求しているからだ。

建物内に入ってすぐ左側にバーがある。このバーは宿泊客はもちろん、宿泊しない人でも利用できる。築地の観光帰りにふらっと立ち寄って一杯飲むのも良い。



c0352790_13302871.jpg




フロントもまるで高級ホテルの感覚。キャビンアテンダントのようにスカーフを巻いた女性スタッフが、航空機をイメージさせる演出。フロントのスタッフは英語での対応が可能で、中にはフランス語、中国語、韓国語に対応できるスタッフもいるので、海外からの宿泊客も安心して利用できる。





c0352790_13304500.jpg




チェックインを済ませると、各部屋にあるロッカーの鍵とカードが渡される。宿泊エリアへと向かうエレベーターは、このカードでタッチしないと動かないようになっている。宿泊エリアは、2Fから6Fが男性専用フロア、7Fから8Fが女性専用エリア、と分かれている。

混雑状況によっては、5Fが女性フロアになる場合もあるというから注意がいる。
また、女性エリアへ降りる際には再度エレベーター内でカードをタッチする必要があり、男性の宿泊客に渡されるカードをタッチしても扉は開かないシステムなので女性でも安心して宿泊できるようセキュリティはしっかりとなされている。




c0352790_13310442.jpg





女性エリアも男性エリアもキャビン(客室)の造りは同じ。フロアは重厚な赤い扉とガラスで厳重に守られている。ここでもカードでのタッチをしないと中に入ることはできない。
ファーストキャビンの各施設ではその店舗ごとのコンセプトに合わせて、フロアのインテリアが施されており、ファーストキャビン築地では、このように伝統的な日本をイメージしたインテリアとなっているという。





c0352790_13311941.jpg




フロア内はキャビンが並んでおり、種類はファーストクラスキャビンとビジネスクラスキャビンの2種類がある。



ファーストクラスキャビンの部屋。ベッドはセミダブルサイズ、ベッド脇にもテーブルが置けるほどのスペースがあり、カプセルホテルとは思えないほど広くてゆったりしている。内装が赤と白できれいにまとめられている。




c0352790_13313769.jpg




32インチのテレビが全キャビンに備えられている。



c0352790_13315152.jpg




ベッド横の壁には、一番右の小さな穴にイヤホン・ヘッドホンを挿すことができ、これで他の宿泊者に気兼ねなくテレビを鑑賞することができる。
フロントでヘッドホンの貸し出しを行っているので、忘れてしまった場合はスタッフに聞いてみるとよい。電源も2つある。

ベッドと反対側の壁にも電源が1つある。携帯電話やタブレット、パソコンなどを複数持ち歩いている人にはありがたい。




c0352790_13321129.jpg




キャビン自体に鍵はかけられないので、ベッド下にあるセーフティーボックスに貴重品を入れる。こちらはフロントで受け取った鍵で施錠することができ、容量はかなりあるので、スーツケースの中身も多く入れらる。

また、キャビンウェア、使い捨てスリッパ、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシ、シャンプーなどアメニティも充実している。

ファーストクラスキャビンは宿泊¥6,800、ショートステイは¥1,000/1時間(※2時間から利用可)で利用できる。




c0352790_13322776.jpg




ビジネスクラスキャビン

ベッドはシングルサイズで、ファーストクラスと比べると狭くなるが、一般的なカプセルホテルと違い天井が高いため、ゆったりと過ごすことができる。
ビジネスクラスのキャビンにもセキュリティーボックスを完備。また、テレビも32インチとファーストクラスと同じサイズのものが完備されている。ファーストクラスキャビンとビジネスクラスキャビンの違いは、ベッドの大きさとキャビンの広さのみで、他の設備はすべて同じとなっている。
ビジネスクラスの利用料金は、宿泊¥5,800、ショートステイ¥900/1時間(※2時間から利用可)。





c0352790_13324091.jpg



ファーストキャビンには、大浴場が設置されており、足を伸ばしてゆっくりとバスタブに浸かれば、旅の疲れをリフレッシュさせることができる。


大浴場が苦手だという人のために、シャワールームもある。女性客を意識したパウダールームもある。
大浴場の隣には、パウダールームが設置され、清潔感のある快適に利用することができる。またパウダールームには、洗顔料、メイク落とし、化粧水、乳液などのアメニティが準備してあり、無料で利用することができる。女性にはありがたいサービスといえる。
化粧台の横には、コインランドリーも設置されている。





c0352790_13331464.jpg







ファーストキャビン築地

住所   :東京都中央区築地2-11-10
営業時間 :チェックイン 17:00〜 チェックアウト 〜10:00
定休日  :なし
Wi-Fi環境:あり
クレジットカードの有無と種類:VISA,Master,JCB,AMEX,Diners,Nicos,UC,SAISON CARD,Cedyna FC,AEON
言語対応レベル:英語、中国語、韓国語、フランス語
他言語メニューの有無:日本語、英語、中国語(簡体字/繁体字)、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語
最寄り駅 :築地駅(東京メトロ日比谷線)

アクセス :
東京メトロ日比谷線「築地駅」2番、4番出口より徒歩約1分
東京メトロ有楽町線「新富町駅」4番出口より徒歩約5分
東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」5番出口より徒歩6分
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」徒歩約10分
価格帯  :宿泊 5,800円〜 ※季節や曜日によって変動あり。
宗教情報 :なし
電話番号 :03-5148-1130
公式HP  :ファーストキャビン築地








☆☆☆やんジーのつぶやき
コスパのよいハイセンスなカプセルホテルの発想がいい。
飛行機のファーストクラスをイメージしたラグジュアリー空間と割り切れば、官能も鎮まるであろう。
なによりも、早朝の築地市場に歩いて行けるのがうれしい。






























































































[PR]

by my8686 | 2017-02-24 13:33 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

「映画監督鈴木清順死去」を読み解く

「けんかえれじい」「ツィゴイネルワイゼン」など個性的な美学に貫かれた作品で知られる映画監督の鈴木清順氏が13日午後7時32分、慢性閉塞性肺疾患のため、東京都内の病院で死去した。享年93歳。




c0352790_14202253.jpg




謹んで哀悼の意を表し、鈴木清順監督の足跡を読み解いてみよう。


東京生まれ。学徒出陣で応召。復員後の48年、旧制弘前高校を卒業し、松竹に入社。54年、製作を再開した日活に移籍する。
赤木圭一郎や和田浩治、宍戸錠ら人気男優を起用した娯楽アクション映画の中で、大胆な色遣いや斬新なアングルなどの映像美を見せた。





c0352790_14203315.jpg




「けんかえれじい」(66年)では、高橋英樹を主演にケンカに明け暮れる旧制中学生の青春を、痛快かつユーモラスに描いた。





c0352790_14204694.jpg





翌年の「殺しの烙印」を巡り、当時の社長から「わけが分からない」と言われ、日活との契約が解除される。
これに反対する映画人が「鈴木清順問題共闘会議」を設立し、裁判に発展。77年の「悲愁物語」まで映画が撮れない時期が続いた。





c0352790_14205659.jpg





1968年、シネクラブが企画していた「鈴木清順作品三十七本連続上映会」へのフィルム貸出を日活が拒否したことに端を発し、鈴木は日活から解雇された。両者の争いとなり、川喜多和子などが「鈴木清順問題共闘会議」を結成して鈴木を支援し、1971年12月に和解した。





c0352790_14211874.jpg





1980年(昭和55年)には内田百間の「サラサーテの盤」を原作とした「ツィゴイネルワイゼン」を完成させ、新方式のテント興行で上映した。
十年間の鬱屈を全て晴らすように、一切妥協しないという創作態度で挑んだこの作品は、キネマ旬報ベストワン(これが初のベストテン入賞でもある)、芸術選奨文部大臣賞、日本アカデミー賞最優秀賞作品賞及び監督賞を獲得。

ベルリン国際映画祭に出品されるや、国外の映画関係者に激賞され、ベルリン国際映画祭審査員特別賞を受賞する快挙を成し遂げ、国内外で高く評価された。またこの受賞を機に清順が世界的に知られるきっかけとなった。






c0352790_14213693.jpg





続く翌年の「陽炎座」もキネマ旬報ベストテン3位に入賞するが、以降、作品発表間隔が大きく開くようになり、この両年に大きく盛り上がった再評価ブームは維持できなかった。






c0352790_14220176.jpg





1984年(昭和59年)、「カポネ大いに泣く」で一般劇場映画に復帰。
また、1985年(昭和60年)に公開されたルパンシリーズの劇場映画第3作『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』では監督を務めた。






c0352790_14221304.jpg






1986年(昭和61年)「鈴木清順全映画」が刊行され、今まで清順を知らなかった人にまで話題を呼ぶ。
1990年(平成2年)「夢二」で「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」と続く大正三部作が完成。





c0352790_14222777.jpg




その後、しばらく監督業から遠ざかるが、2001年(平成13年)に10年ぶりに再びメガホンを取った「ピストルオペラ」はヴェネツィア国際映画祭で「偉大なる巨匠に捧げるオマージュの盾」を受賞し、清順の作品が特別上映されるなど話題を呼んだ。

この間1997年に47年間連れ添った妻と死別。
2004年ごろ、48歳年下の女性と再婚。

2005年(平成17年)には構想20年の大作「オペレッタ狸御殿」を監督、カンヌ国際映画祭で栄誉上映特別招待作品として招待された。





c0352790_14234918.jpg




また山羊ひげの洒脱な風貌で、俳優としても「ムー一族」「美少女仮面ポワトリン」「みちしるべ」「ひまわり」などのテレビドラマや、「ヒポクラテスたち」「不夜城」などの映画にも出演している。

2006年(平成18年)に第24回川喜多賞受賞。










☆☆☆やんジーのつぶやき
今思えば不思議だが、ヨーロッパ映画に夢中になっていた学生時代には、あえて避けてきた感のある鈴木清順作品。
その悍ましさと芝居じみた演技が、今では懐かしい清順流映画の記憶となった。
大正三部作「夢二」「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」は、あらためて見直してみたいと思った。























































































[PR]

by my8686 | 2017-02-23 14:24 | たかが映画、されど映画 | Trackback | Comments(0)

「ホテル カンラ 京都 リニューアルオープン」を読み解く

昨年10月に「ホテル カンラ 京都」がリニューアルオープンして話題になっているという。





c0352790_17435356.jpg





あらためて、その内容をみてみよう。



“日本が育んできた美・知恵・おもてなしが息づく「洛=京都」でその心を「感」じてお過ごしいただきたい”そんな想いを込めて2010年、京都・五条に誕生したホテル カンラ 京都が6年目に大きなリニューアルをした。






c0352790_17441140.jpg





既存の吹き抜けを利用し、白い大きな暖簾と、木を削いでつくる独特の彫り痕を残した「なぐり加工」の外構が印象的なエントランス。
ホテルエントランス、カフェ&ショップ、地下1階ダイニングへとつながる3つの入り口がある。






c0352790_17442526.jpg






エントランスに下りる階段左手には、作庭家 野村勘治氏が手掛ける坪庭。
その先にはカフェ&ショップが広がる。天気の良い日は縁側的に利用できるベンチもある。








c0352790_17443724.jpg






フロント・ロビーは、広々とした空間とゆとりある配置で、ゆったりとした安らぎ感が堪能できる。
フロントデスクの後ろの壁は菱形のオリジナル京焼タイルを1,000枚以上敷き詰めたもの。






c0352790_17445366.jpg






エントランス右手にはカフェ&ショップkanra laungeがある。空間の美しさを引き立てる藍色のラグは、秋田産のオリジナルの藍染。床は檜のフローリングと銅を組み合わせたものでテーブルの上にあるのは60年ものの盆栽である。
違い棚をモチーフにしたカウンターを照らすのは和傘をイメージしたオリジナル照明。






c0352790_17450846.jpg





カフェではコーヒーやドリンクはもちろん、和のスイーツによるアフタヌーンティが楽しめる。
毎日数量限定で用意される西陣の和菓子の老舗「塩芳軒」の生菓子、実はイートインできるのは、現在kanra loungeだけとなっているという。

夜は、国産ウィスキーや京都のクラフトビールを中心としたBARがある。訪れる時間によって異なった表情を楽しむことができる。





c0352790_17452872.jpg





国内の多くのものづくりプロジェクトに参画している永田宙郷氏がディレクションを手掛けるラウンジ右手ショップには、日本全国から職人の技が光る手工芸品が集められている。

ショップの右手には本物の職人技を間近で見学することができる、金継ぎ工房がある。
金継ぎが施された器を購入できるほか、家庭で使える器の金継ぎもある。





c0352790_17455190.jpg





客室は、4 タイプ39室を新たに増室。コンパクトなダブルルームから、家族旅行やグループで利用できるスーペリアツインルームとデラックスツインルーム、さらに坪庭に開放的なアウトバスを設けたザ・カンラスイートの4タイプがある。

カンラならではの細長い”マチヤスタイル”の客室デザインを継承しながら、日本の伝統的な素材を随所に忍ばせているという。





c0352790_17460965.jpg





手洗いの洗面ボウルは、 高島慎一氏が手掛けたオリジナルの京焼。
リビング洗面台には、天然の杉と日本古来の素材である銅を使用。素材の良さをそのまま活かすことで、「本物感」を演出している。






c0352790_17462342.jpg






ザ・カンラスイートの外にある風呂。





c0352790_17464197.jpg





新しく追加になった客室のうち、南側にある部屋からは、京都タワーと東本願寺が並ぶ眺望も楽しむこともできる。





c0352790_17465546.jpg







新たに2つのレストランが新設されている。
地下1階が鉄板料理 花六(はなろく)。花屋街通りと六条通りの間にあるのが名前の由来という。

京都牛などの国産和牛などの鉄板料理を京都の小規模酒蔵の日本酒。カウンターの他にテーブル席や半個室もある。





c0352790_17471328.jpg






もうひとつ新たなホテル カンラ 京都に楽しみを添えるのは、SPA。

これまでの既存カンラ棟「別邸」1 階部分にkanra spaが誕生した。
日本の原材料や植物を使用し、日本の伝統や文化のエッセンスを織りなした京都ならではのスパ体験ができるという。






c0352790_17472562.jpg












☆☆☆やんジーのつぶやき
美・知恵・おもてなしが息づく「洛=京都」。
やはり、京都の雅やかな時を過すには、贅沢な場所選びが寛容である。


































































































[PR]

by my8686 | 2017-02-22 17:48 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

京都御所西「四季十楽」を読み解く

三井住友フィナンシャルグループ(FG)とりそなホールディングス(HD)の傘下にある関西地方の地方銀行3行が、経営統合を検討中だという。
人口減少やマイナス金利で地方銀行の経営の先行きは厳しくなっており、大手金融グループ系の地銀でも、生き残りに向けた再編の動きが活発になっている。

統合を検討しているのは、三井住友FG傘下の関西アーバン銀行(大阪市)とみなと銀行(神戸市)、りそなHD傘下の近畿大阪銀行(大阪市)。
いずれも関西圏が地盤の中堅地銀で、総資産は約3・5兆~4・5兆円ほど。統合が実現すれば、資産規模11兆円程度で、関西では京都銀行を抜きトップ、全国でも地銀上位行に匹敵する規模になる。

今後は、持ち株会社をつくり、その下に3行が入る形が検討される見通し。持ち株会社にはりそなが過半を出資し、残りを三井住友が出資する方向で、2月中の合意を目指すという。

関西地方に激震が走ったことは否めない。
そんな西の都に、気になる宿が出現した。



京都御所西の、閑静な佇まいの場所に京町家ホテル「四季十楽」が昨年12月に完成。
築100年近い歴史を持つ、10軒の町家の良さを引き継ぎながら、新しい京町家泊の楽しさを作り出したという。





c0352790_10511747.jpg





あらためて、その内容をみてみよう。



「四季十楽」には独自の十のおもてなしがあるという。
そして、それを才人たちが担うというのだが、はたしていかほどのものなのか。





c0352790_10513504.jpg






一◎味楽   朝食ディレクション/料理家/冷水希三子
旬の素材を使い、素材同士のバランスを取りシンプルに味わいある料理を心がける。




c0352790_10520594.jpg






二◎美楽   現代写真作品/写真家/小山泰介
生物学や自然環境について学んだ経験を背景に、実験的なアプローチによってポスト・デジタル時代におけるイメージ・メイキングの可能性を探究している。





c0352790_10522692.jpg







三◎花楽  四季の花/花屋「みたて」主人/西山隼人
山野草の苗もの切り花を中心に花生けに合う骨董や作家ものを取り扱う。






c0352790_10524323.jpg







四◎匠楽  門扉・サロンデザイン/建築家、門扉・サロンデザイン/田根剛
フランス文化庁新進建築家賞、ミラノ・デザイン・アワード2部門受賞。AFEX2016大賞、フランス建築アカデミー新人賞(2016)など多数受賞 。2012年よりコロンビア大学GSAPPで教鞭をとる。





c0352790_10530284.jpg







五◎室楽  家具セレクション/Roundabout 店主/小林和人
機能的で実用的な国内外の生活用品を扱う店 Roundabout(ラウンダバウト)店主。





c0352790_10531688.jpg







六◎画楽  暖簾・ロゴデザイン/アートディレクター/高岡一弥
資生堂、バーバリー、三越伊勢丹、イプサ、日本財団、TBS、フレンチ・ヴォーグ日本特集、等のアートディレクションや様々なグラフィックデザインの分野で活躍。




c0352790_10533177.jpg







七◎庭楽  庭木セレクション/そら植物園 代表、プラントハンター/西畠清順
幕末より150 年続く花と植木の卸問屋の五代目。日本全国、世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。日々集める植物素材で、国内はもとより海外からの依頼も含め年間2,000 件を超える案件に応える。






c0352790_10534413.jpg







八◎身楽  町家スパ・ディレクション/WHOLE TREAT SPA Inst. 代表、セラピスト/手島渚
ひとりひとりのからだにじっくりと向き合い、からだの声を聞き、寄り添うような施術に多くのファンを持つ。





c0352790_10535694.jpg








九◎装楽  草木染め座布団/染士/野村春花
「布を育てる」をコンセプトに、柿渋染や植物染によるプロダクトを制作発表している。





c0352790_10541285.jpg








十◎読楽  京の本セレクション/光村推古書院
明治20年、錦絵(木版多色刷絵)の版元として屋号・本田雲錦堂という名称で創業。





c0352790_10542519.jpg





「四季十楽」敷地面積約600平方メートル。
クリエーティブディレクター後藤繁雄によるキュレーション。
ホテルは10タイプをそろえ、1棟当たりの客単価は平均で5万円を想定。





■四季十楽ホテル概要
オープン日:2016年12月1日
住所:京都府京都市上京区油小路下立売上ル近衛町165
部屋数:10棟(全棟2階建)
敷地:595.83平方メートル(180.23坪)
客単価:1棟当たり平均5万円(各部屋による)










☆☆☆やんジーのつぶやき
一泊一棟あたり5万円にいかなる付加価値を見出すか。
特別な記念日に京都を訪れるならば、一度は泊まってみるのも一興か。
リピーターとなりたいと思わせる「心」に沁みるものが発見できれば嬉しい。










































































































































[PR]

by my8686 | 2017-02-21 10:55 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

Peter Zumthor著『空気感(アトモスフェア)』を読み解く

昨日の日曜日は、午後から映画『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』を観る。
自分の音楽は誰にも渡さない。マイルスの狂気じみた執念にあらためて魂が震えた。

小雨降る月曜日となった今朝、昨日ブログアップしたPeter Zumthorの「山里ヴァルス」が妙に気にかかった。
Peter Zumthorの人となり、さらに彼の「空気感」について触れてみたくなった。



あらためて、この本の訳者のコメントをみてみよう。


2012年に刊行したペーター・ツムトアの邦訳一冊目『建築を考える』から二冊目の著書『空気感(アトモスフェア)』までの間に、ツムトアの手になる新しい建築ヴェルクラウム工芸会館(Werkraumhaus)がオーストリアのブレゲンツヴァルド(Bregenzewald)に完成した。




c0352790_14243790.jpg



c0352790_14245615.jpg





ドイツ語Werkraumは直訳すると、「仕事空間」「ワークスペース」。
所在地のブレゲンツヴァルドは、ブレゲンツ美術館からほど近い森林(wald)の地域にある。
この建物は、伝統的手仕事から現代的なデザインまで多様なクラフトマンたちが集まり、交流するための施設である。





c0352790_14250808.jpg





ツムトアの建築には、ディテールの表情・素材感や仕上げの美しさの観点から職人の技術が不可欠である。
ブレゲンツ美術館(97年完成)の建設が始まった90年代から、この地域の職人たちとの交流が生まれ、ツムトア自身が積極的に関わって、伝統的な技術の展示・紹介や職人間の交流を促すプラットフォームとしての施設が実現した。





c0352790_14252173.jpg



c0352790_14253138.jpg






日が沈んで間もない時刻、人々が集うこの建物の外観の写真を初めて見たとき、『建築を考える』でツムトアが「私の見映えをよくする」建築、といっていたことを思い出した。建物の光の下に集う人、ひとりひとりが炎をゆらめかす蝋燭のように可憐に輝いている。





c0352790_14254549.jpg





かたや、実現しなかった建築もある。
ブレゲンツの近くにある小さな町isnyの企画として、町のシンボルとなる新しい塔の設計を依頼されていた。





c0352790_14260314.jpg





2010年、ツムトアが発表したデザイン案は、ガラス製の量感のあるレンガを積み上げた二本の脚から成る塊。
まるで地面からのび出てきた生命体のような外観。蛹の抜け殻を連想させる。上部の内側には、木製の大玉が収められ、下部の空間はちょっとしたホールになっている、というものだった。

ツムトアから住民たちに向けて説明会が開かれた。その様子も動画で見ることができる。ツムトアも住民もまなざしは真剣、でもどこか和気藹々とした雰囲気に包まれている。




c0352790_14262437.jpg




ガラス素材を用いた、塔というにはあまりに詩的な佇まいのこの建物の姿は、地元の住民から「ガラスのズボン」とあだ名を付けられた。

住民からは反対の声がわき上がり、盛んに議論がなされたという。街角で反対を呼びかける人たち、地域の新聞紙上には、これからの町の担い手である若者たちこそこの建築をどう見るかと、意見を表わす場がもうけられた。そして2年余にわたる議論の末、住民投票が行われることになる。

結果は――反対72%で否決。ツムトアの作品が建つことで、町に来訪者が増え活性化につながることを期待していた企画者たちも断念せざるをえなかった。

2年間のこのプロセスは、住民たちにとって、町のいまと将来について町をあげて考え議論する、悩ましくも楽しい、充実した経験であったようだ。この門をめぐるプロジェクトの記録は、町の資料としてまとめられ、保管・公開されている。





c0352790_14265055.jpg





本書『空気感(アトモスフェア)』はこのように始められる――「少なくとも私にとって、良質の建築とは、建築のガイドブックに出てくるようなものでもなければ、建築史に登場するとか、あちこちで取り上げられるとかいうものではない。建築の質とは、私にとっては、建物が心に触れるということ、それだけに尽きます」






c0352790_14270499.jpg






建築とは、それが建てられるのは、本質的に建築家のためでも、企画者のためでもない。そこに住まい、その土地に暮らす人々が必要だからつくるのだ。




c0352790_14271797.jpg




その空間を使う人々の心になじまない建築をつくる意味を見つけることは、誰にもできない。





c0352790_14273420.jpg


c0352790_14275553.jpg


c0352790_14281091.jpg






ツムトアの建築に、沈着、重厚な雰囲気と同時に官能、繊細、あたたかみを感じるのは、その建物で過ごす人たちの気持ちや成長の姿に想いをめぐらせる時間が設計過程に織り込まれているからだろう。






c0352790_14282887.jpg



長い時間をかけて、自身のイメージを実在化・顕在化させる方法を探ってきたツムトアが「自分は何を感じ、見ているのか?」を示そうとしたこの本には、実現しなかったガラス塔のような未完の美をとどめる図版が大事そうに収められている。





c0352790_14283809.jpg













☆☆☆やんジーのつぶやき
「ガラスのズボン」とまで酷評され否決されてしまった未完の建築。
自分の存在感までもが全否定されてしまったかのような、まるで苦行にも似た挫折感であったに違いない。
ものごとすべからく、全てがうまく行くものではない。
ツムトアの言葉「建築の質とは、建物が心に触れるということ、それだけに尽きる」がやけに心に沁みた。


























































































[PR]

by my8686 | 2017-02-20 14:29 | 気になる本 | Trackback | Comments(0)

Peter Zumthor設計「Therme Vals」を読み解く

昨日は、昼前から晴天に変わる。満を期し、愛車86をシャンプー洗車。その後コンパウンド磨きから超撥水WAXまで無心にすすめる。
ランチをはさんで作業に集中し、気が付けば午後の4時半。右肩に違和感を覚えるも当然である。



それはさておき日曜休日の朝は、建築家Peter Zumthorがてがけた神秘的なスパで世界的に注目されている山里ヴァルスを再度見てみよう。





c0352790_09422306.jpg



c0352790_09355678.jpg





モダン建築を愛する人々が集まるメッカとなっているという。

ヴァルス出身の実業家で不動産会社の代表をつとめるレモ・シュトッフェルが、村の経営だったリゾートを買い取り、株式会社「7132(※ヴァルス村の郵便番号)」を設立。
スパと隣接するホテルの名前を「ホテル7132(旧・ホテル・テルメ)」と変更した。





c0352790_09361235.jpg





『山・石・水Berg, Stein, Wasser』をキーコンセプトに、全て地元産の石を使って設計。
中も外も計算されつくした隙のない美しさが随所に光るスパと隣接するホテルは、もともと古い団体用宿泊施設だったところを改修したものである。





c0352790_09362782.jpg





オープン当初にツントー建築事務所によるスタイリッシュなデザイン・ルームが数室つくられ、後にスタッコ・ルストロStucco Lustroという、古代ローマの貴族の邸宅を飾った艶のある(光沢のある)赤や黄色のフレスコの壁をイメージさせるデザインルームが追加された。





c0352790_09364784.jpg




石をテーマにした客室では、灰色の壁と床は色、切り口、質感の異なる地元の石で包まれている。




c0352790_09370651.jpg





木目をテーマにした客室のオークのパネルには、近くのグラウビュンデンの森林から収穫された樹木が使用された。





c0352790_09372538.jpg





客室デザインには、ヴァルセール渓谷にあるアルプスの岩、土、緑などの驚異的な塊からインスピレーションを得たという。





c0352790_09374486.jpg




その後、新しい経営チームのもと、国際的に知られる日本人建築家の安藤忠雄、隈研吾に客室デザインを依頼。

2014年8月1日に13室の隈研吾デザインルームと2015年7月24日に安藤忠雄ルームが誕生した。
このプロジェクトでは、それぞれが20平方メートルの20のゲストスイートの改装が行われた。




c0352790_09380541.jpg




さらに2015年8月15日には、メイン棟の最上階に隈研吾デザインの新スイートルームが3室オープン。





c0352790_09382965.jpg




c0352790_09383929.jpg








独立したヴィラは離れのようにつくられ、広々とした洗練された空間となっている。
地元の石と木をふんだんに使い、窓からは山々に囲まれた眺望が広がる、まさに自然に溶け込んだ上質の隠れ家といった趣である。




c0352790_09385757.jpg




スイートルームの宿泊料金には、スイスでも類をみないトップクラスのサービスとして、スイスのどこの場所(家や各地の空港)からホテルまで、また、スイス国内ならどこへでも、ヘリコプターまたはリムジンでの送迎サービスがついていることでも話題となっている。

各部屋の中心には、モルフォシス設計によるCricursa製造で鋳造ガラスから作られた照明シャワーが提供されている。 ガラスに埋め込まれた白いドットがプライバシーを守っている。





c0352790_09393086.jpg




c0352790_09393946.jpg





シャワールームは、自然の素材とは対照的に抽象的なオブジェとしてデザインされている。





c0352790_09395894.jpg








☆☆☆やんジーのつぶやき
谷奥にある秘境の村にある魅力的なスポットへと進化を続けるヴァルス。
いつか、この人気スパを体験するために、訪れたいと官能が疼いた。















































































[PR]

by my8686 | 2017-02-19 09:40 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)