<   2017年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」を読み解く

三越伊勢丹ホールディングスとクールジャパン機構の合弁会社ICJ Department Store(Malaysia)が昨年10月末、マレーシアの首都クアラルンプールの「クアラルンプール伊勢丹LOT10店」を「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」としてリニューアルオープンした。




c0352790_08444069.jpg




あらためて、その内容をみてみよう。





<1階THE STUDIO>

店舗面積は約1万1000m2で、地下1階~地上5階全フロアで本物の日本を伝え、新しいコンセプトのスペシャリティストアとして展開する。


c0352790_08450333.jpg



合弁会社は資本金約16億7000万円で設立。出資比率は三越伊勢丹HD51%、クールジャパン機構49%。目標年商は約35億円、年間来客数は約140万人、平均客単価は約6000円を想定する。




c0352790_08455208.jpg






<店舗概要>

2011年から経済産業省が推進する、日本の地方産品やファッションなどのコンテンツを世界に発信する「クールジャパン」の一環。



c0352790_08461490.jpg


商品だけでなく、日本のおもてなしも提案する。店舗環境、空間、おもてなしをあわせ、さすがと言われる店を目指すという。






<2階THE ROOM>

日本の美意識を伝えるプラットフォーム。



c0352790_08463949.jpg



90%以上(輸入制限で扱えない商品を除く)の商品が、made in japan、made by japanの商品となる。地方の作り手も紹介し、日本の地方から4分の1以上の商品を集め、クールジャパンの活動を地方活性化にもつなげていくという。







<商品分類の考え方>

日本人の持つ美意識を、雅・粋・繊(細)・素(材)の4つの漢字で表し、それぞれの漢字のテーマに沿った商品を選定。



c0352790_08470053.jpg





<3階THE CUBE>

総ブランド数は819。うちマレーシア初進出497、世界初進出21(地方初は10)ブランドを展開する。総アイテム数のうち、約20%は三越伊勢丹のオリジナルブランドを提案。


c0352790_08472278.jpg






<4階THE TABLES>

三越伊勢丹が持つ既存の仕入先とクールジャパン機構に相談にきた新たな取引先から、出店ブランドを選定。



c0352790_08474573.jpg


クールジャパン機構から新たに40社の推薦を受け、うち7社を新規採用し、三越伊勢丹としての仕入先も拡大している。






<フロア構成>

世界に通用する新しい商品構成を考える視点として、「生きる」を軸に5つのシーンを想定。
食べる、暮らす、過ごす、楽しむ、学ぶ、5つのシーンと4つの美意識を掛け合わせ、商品分類を作り直した。

フロア構成は、経験を軸に展開。地下1階(LGF)は、「食べる」THE MARKET(experience the seasonal flavors)のフロア。デパ地下でもスーパーでもないフロアで、すべてのゾーンにイートインスペースを設置。



c0352790_08481284.jpg






<地下1階THE MARKET>

メインエントランスのある1階(グランドフロア)は、「楽しむ」THE MUSEUM(experience th
e ultimate japan)のフロア。

建築家の田根剛氏と京都・千總のコラボレーションによる日本の四季をイメージしたインスタレーションや、全館の品ぞろえを4つの美意識で紹介する「美意識INDEX」を配置して紹介している。



c0352790_08483311.jpg






<グランドフロアTHE MUSEUM>

環境デザインは、伊勢丹新宿店の再開発で、環境デザインを行った建築家の丹下憲孝氏とGLAMOROUS co.,itd.の森田恭通氏が担当。

従来の百貨店型から脱却し、フロア全体を回遊式日本提案に見立て「東屋」を配置し、そこでクローズアップする商品を展開。フロア内の回遊性を高める。



c0352790_08485118.jpg






<環境デザインのコンセプト>

おもてなしの施策として、6人で構成する「チームなでしこ」を結成。
米国三越の有期契約社員としてフロリダ・ディズニーワールドで働きながら、世界中のゲストに日本文化を紹介する文化交流勤務制度を終了した女性社員を、各フロアに配置する。

日本国内でも三越日本橋本店や伊勢丹新宿本店での店頭接客やさまざまな資格を取得。日本の礼儀作法や茶道などの研修も受け、日本流のおもてなしを海外で実践するとともに、クアラルンプールのスタイリスト(店舗スタッフ)の育成も担う。



c0352790_08491256.jpg







<チームなでしこ>

日本の伝統的な百貨店の商品分類が行き詰っていることは、誰もが認識している。新しい取り組みもすでに進めているが、今回は日本という分かりやすいキーワードで商品を再構成した。

新たなフロア構成を導入する取り組みは、マレーシアだけでなく、日本国内の店舗でも挑戦しなければならない取り組みだという。



c0352790_08493430.jpg







☆☆☆GGのつぶやき
少年の頃、デパートのあの煌びやかさに官能が沸騰したことを思い出す。
デパ食堂で食べたお子様ランチやホットケーキの文化の香りが、今では本当に懐かしい。
エレベーターの前で靴を脱ぎ、正座して乗ったおばあさんの伝説も今では遠い昔話である。
百貨店の栄枯趨勢の現状には目を塞ぎたくなる場面も多い。
伊勢丹のリニューアルの意気込みに声援を送りたい。


























































































































[PR]

by my8686 | 2017-08-31 08:31 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

「みちのきち」オープン

北朝鮮の弾道ミサイル騒動に沸いた昨日である。
それにしても、日本の無防備ぶりが露わになったことも事実。
どこに逃げればいいのか。戦時中の防空壕跡にでも逃げこめというのであろうか。


それはさておき、知の基地とでもいうべき場所がオープンした。




国学院大学渋谷キャンパス学術メディアセンター1階にオープンした「みちのきち」である。


c0352790_10434381.jpg




「みちのきち-Kokugakuin Book Project-」とは、たくさんの新たな本と出会える場所であり、好きなときに本を手にとることができる場所だという。





c0352790_10440289.jpg






あらためて、その内容をみてみよう。


デザインは、サポーズデザインオフィス。





c0352790_10441462.jpg




沢山の「本」に出会い、未知のことを既知に変える基地。

人生(道)の迷いに向き合う基地。






c0352790_10442682.jpg





機知に富んだ会話のできる大人になれるような本がある基地。

そんな想いでこの空間を作り上げたという。






c0352790_10443938.jpg





ぜひ「みちのきち」を訪れてみよう。

そこにはきっと、未知の出会いがあるはず、だという。






c0352790_10445201.jpg









☆☆☆GGのつぶやき
人生の岐路に立ったとき、いつも答えを出してくれたのは、愛読した本や雑誌だった。
あまり人の意見は聞かなかったように思う。
当時は、古本屋を彷徨し官能を刺激する芸術雑誌を探しまわっていた。
あの当時、こんな「みちのきち」があったならば、人生にどう影響していたのだろうか。
現代は、大量の情報が瞬時に手に入ってしまうだけに、運命の出会いに気付けないのであろうか。
















































































[PR]

by my8686 | 2017-08-30 10:45 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「北朝鮮弾道ミサイル発射」速報に揺れる

早朝、ラジオから繰り返される北朝鮮の弾道ミサイル発射速報で目が覚めた。





c0352790_20014610.jpg





ミサイルは、北海道上空を通過し、太平洋に落下。






c0352790_20020984.jpg






公表していた米領グアム島周辺へのミサイル発射計画に基づけば、島根、広島、愛媛、高知の4県上空を通過することになるが、計画とは異なる軌道をとった上、事前通告なしで発射した。

米に対する直接の軍事挑発は避ける一方、ミサイルの脅威を強く誇示する狙いがあるとみられる。





c0352790_20023672.jpg





韓国軍によれば、発射されたミサイルの飛行距離は約2700キロ。
日本全土に届く計算になり、在日米軍基地を含め、日本ならばいつでも、どこでも奇襲が可能な能力を見せつけたことになる。

北朝鮮の朝鮮平和擁護全国民族委員会報道官は6月に出した声明で、北朝鮮への圧力を強めていた日本政府を批判。その上で、「有事の際には米国よりも先に日本の領土が焦土化され得ることを知るべきだ」と警告していた。





c0352790_20025663.jpg






米国のこれからの動き次第では、日本領土がまず先に焦土化されてしまう覚悟が、いよいよいるようだ。






c0352790_20031367.jpg





それにしても、Jアラートは100億円以上を投じて整備され、それを伝達するEm-Net(エムネット。緊急情報ネットワークシステム)とセットで国が主導して導入を進めてきたが、“いざミサイルを撃たれたら、間に合わない”ことは当初から指摘されていた。

それなのに政府が『国民の生命と財産を守るため』と導入をゴリ推ししてきたのである。
過去には2008年6月に福井県美浜町で誤作動を起こして『ミサイルが着弾するおそれあり』という誤報を流して住民をパニックに陥れさせたこともあるという代物である。






c0352790_20033178.jpg









☆☆☆GGのつぶやき
72年前、焦土と化した広島・長崎の被爆映像が残像をかすめた。
たった一発の原子爆弾でどれだけの人々が焼け死んだのか。
戦争を知らない政治家たちの愚行蛮行で、この日本は耐えられるのか。






















































[PR]

by my8686 | 2017-08-29 20:04 | ヘビーな話は、謹んで | Trackback | Comments(0)

「企業とSDGs 業務を見直す機会に」を読み解く

朝晩やっと涼しさを感じる時期となった。
そんな中、今朝の社説のなかの「SDGs」の略号が気になった。


あらためて、その内容を読み解いてみよう。



2030年に向け、国連が全会一致で採択した目標がある。「持続可能な開発目標」(SDGs)と呼ばれ、貧困や福祉、教育、雇用、気候変動など17の分野で課題の解決をめざす。

採択からまもなく2年。日本の企業も対応を急ぎ始めた。



c0352790_11492443.jpg


市民団体への寄付など、かねて社会貢献をしてきた企業は少なくない。自社の活動が17のどの分野にあてはまるかを判断し、SDGsへの取り組みとして説明する例がめだつ。

しかし欧州などでは、自社の業務が社会に及ぼす負の影響を減らし、さらには本業の強みを生かして課題解決に役立つことが、企業の社会的責任だとする考えが広がっている。

そんな姿勢が新たな市場の開拓や消費者からの支持につながるという経営戦略でもある。



c0352790_11495222.jpg





企業が「経済」と「社会」の両立をめざす動きは、ますます強まるだろう。SDGsを、業務の見直しと企業の将来像を描く格好の手がかりにしたい。

SDGsで企業の取り組みが先行するのは、「パリ協定」が発効した気候変動分野だ。会社が使う電気などを再生エネルギーでまかなう。温室効果ガスについて業務で出した分を帳消しにする対策も合わせてとる。そんな宣言が相次ぐ。





c0352790_11500934.jpg




人権も重要なテーマだ。児童労働の根絶など働く人の権利を守ることは、下請け工場や原料、商品の取引先を含む課題になりつつある。

そうした傾向を後押しするのが、企業に資金を提供する機関投資家の意識の変化だ。環境、社会、企業統治の英単語の頭文字を取った「ESG投資」が急速に拡大している。





c0352790_11502399.jpg




国連が2000年代半ばにまとめた原則で示した考えで、投資先の分析と決定でこの三つの要素を重視するよう求めた。
日本でも、世界最大級の年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が原則に署名し、資金の一部を具体的にESG投資に振り向け始めた。企業が投資を受けられるかどうか、3分野への取り組みで左右される時代を迎えている。






c0352790_11503852.jpg




本業を生かした貢献では、日本企業にも国際的に注目される例がある。アフリカなどを舞台にした、マラリア防止の効果が長続きする蚊帳の供給(住友化学)や、栄養を補う食品の開発(味の素)だ。生産や販売を通じて雇用を生み、教育関連の事業や啓発活動にも力を注ぐ。

社会とともに発展するという意識は、日本の企業文化にも深く根ざしている。SDGsで再確認し、磨き直してほしい。




c0352790_11505554.jpg






☆☆☆GGのつぶやき
最近の異常気象の動きをみていると「持続可能な開発目標SDGs」という国連決議の重要性を意識せざるをえない。
気候変動だけではなく、貧困や福祉、教育、雇用という問題も重要である。
「経済」と「社会」の共存共栄こそあらためて再認識する時である。



























































































[PR]

by my8686 | 2017-08-28 12:00 | ヘビーな話は、謹んで | Trackback | Comments(0)

理性の仮面をつけた狂気 アウディR8スパイダーV10

「理性の仮面」に官能が反応していた。
仮面を脱いだ野生、それも狂気的とは穏やかではない。

いかほどのものなのか、あらためて試乗記を読み解いてみよう。



フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンカーである。



c0352790_14172357.jpg





■様変わりしたスパイダー

ベガスイエローのアウディR8スパイダーV10。
ヴァフォンッ! と5.2リッターV10の咆哮がとどろく。
その数秒後、野獣が息をひそめて獲物を待つように静かにアイドルしはじめる。




c0352790_14173919.jpg



新世代のASF(アウディスペースフレーム)によって、ボディーのねじり剛性は先代より50%も向上しているという。
いや、先代だって別にヤワだった印象を持った記憶はない。さりとて、過度なガチンゴチンの合金っぽさもない。

「ランボルギーニ・ウラカン」と共通の、フォルクスワーゲングループの精華と呼ぶべきアルミとCFRPのハイブリッドスペースフレームを実現。

技術による先進。アウディの掲げる標語テクノロジーに対する信奉というものを感ぜずにはいられない。
オープン化に当たっては、サイドシル、Aピラー、ウインドシールドフレームが強化され、全自動ソフトトップ機構の分だけ重くなっている。
クーペに比して重量増は80kgにとどまる。マグネシウム等の軽量素材で骨組みがつくられたソフトトップの重量は44kg。




c0352790_14180968.jpg




車重1770kgに対して5.2リッターV10の最高出力540psと最大トルク540Nmは、もちろん十分以上のパフォーマンスを秘めている。

0-100km/h加速は3.6秒、最高速度は318km/hというスーパーカーであることをしばし忘れそうになる。
フツウに走っていると2000rpm以下でこと足りる。そのとき、V10の片バンクは休憩しているかもしれない。

そこから右足にそっと力を込めてアクセルを開ける。エンジン回転が3000rpmから4000rpmを超えるとカミナリが落ちたような、あるいは砲撃が始まったかのようなごう音をリアから発し、場合によっては鎌首をグイッと持ち上げるようにしてR8スパイダーはダッシュする。




c0352790_14182819.jpg



電子制御の電動油圧多板クラッチによって前後トルクを自動的に最適配分し、極限状況ではフロント、またリアに100%、トルクを伝達する。
ステアリングを真っすぐにしている状況では後輪駆動的な動きを見せる。

ロングストロークのV10は先代より全体に軽やかになったとはいえ、筆者の感覚では依然、重々しい。
といって回りたがらないわけではない。重厚な演技というような感じで重々しいのである。

液晶のタコメーターが6000rpmを超えるとグリーンに光り、さらにガスペダルを開け続けると、ニードルが8000を超え、一瞬目の前が真っ赤になる。
液晶画面全体が真っ赤に光るのである。





c0352790_14184681.jpg




腰から回り込んでいくようなミドシップ特有のコーナリング感覚は格別の魅力だ。

アウディの皮をかぶったランボルギーニである。
理性の仮面をつけた狂気、二重人格。




c0352790_14190018.jpg



一見、顔の似ていない双子のモンスター。R8スパイダーは610psの「ウラカン スパイダー」よりちょっぴり控えめで、それでいて価格は2618万円と、500万円以上も求めやすい。R8スパイダーを選ぶその理性を装った狂気がコワイ。









☆☆☆GGのつぶやき
「理性を装った狂気」という言葉に官能が鋭く反応していた。
愛車86GTの2リッターV4の最高出力200psと最大トルク205Nmのやんちゃぶりとは次元が異なることは百も承知。
しかし、その似た素性に官能が身震いしていたのである。












































































[PR]

by my8686 | 2017-08-27 14:19 | スポーツカーが、やっぱり好きだ。 | Trackback | Comments(0)

京都の「利き酒処336」を読み解く

8世紀の頃、奈良時代の僧「行基」によって清閑寺村茶碗坂で製陶されたのが始まりといわれる茶碗坂。
京都の「利き酒処336」では、この茶碗坂の作家をはじめとして京焼の作家作品の酒器で利き酒ができるという。

京都伏見の蔵元「キンシ正宗」の全面バックアップのもと鮮度抜群の「生酒」や京都の地下天然水で醸造した「京都町屋ビール」樽生三種などが楽しめる。






c0352790_11121355.jpg






あらためて、その内容をみてみよう。



336は、三叉路と読む。
三叉路に出店なので、さん(3)さ(3)ろ(6)というわけか。




c0352790_11123547.jpg






五条坂とちゃわん坂の分岐するところに店はある。






c0352790_11124942.jpg





清酒や地ビールを造るキンシ正宗の特約店でもある。






c0352790_11130190.jpg






経営は、この界隈で一番の店舗数を構える陶磁器販売会社「朝日堂」。







c0352790_11131462.jpg






好みの作家ものの酒器を選ぶことができるのも嬉しい。







c0352790_11132811.jpg









☆☆☆GGのつぶやき
酒は、やはり肴に合わせて選びたい。
夏は、白味魚の刺身に淡麗な冷酒。
冬は、湯豆腐に濃厚な熱燗。
量は、少しで良い。
お気に入りの酒器で、無心で飲みたい。

































































































[PR]

by my8686 | 2017-08-25 11:14 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

「国内、31億円申告漏れ パナマ文書、国税当局の調査」を読み解く

「パナマ文書」に名前があがった日本関連法人や個人に総額31億円の申告漏れがあったという。

いかがなものか!
あらためて、その内容を読み解いてみよう。



世界の富裕層によるタックスヘイブン(租税回避地)の利用実態などを明らかにした「パナマ文書」に名前があった日本関連の個人や法人について、日本の国税当局が調査を行い、今年6月までに所得税など総額31億円の申告漏れがあったことがわかった。

ほかに自主的に数億円規模の修正申告をした個人も複数いたとされ、パナマ文書をきっかけに把握した申告漏れは少なくとも40億円弱に上るとみられるという。




c0352790_11283000.jpg




この中には、携帯電話・OA機器販売会社「光通信」の重田康光会長が、パナマ文書に記載された英領バージン諸島の法人の株式譲渡をめぐって約3億7千万円の申告漏れを指摘された事案も含まれているとされる。

パナマ文書は世界各国で税務調査などの端緒になったが、国内で具体的な課税事案が明らかになるのは初めてである。



c0352790_11291768.jpg




関係者によると、国税当局は昨夏以降、パナマ文書に絡む税務調査に本格的に着手。
今年6月までに関連する個人や法人について、全国で数十件の調査を行った模様だ。

調査対象は個人だけでなく、その個人が代表となっていた関連法人なども含まれているという。



c0352790_11293404.jpg



国税当局は複数の事案で申告漏れを指摘。個人が中心で、海外投資で得たもうけが申告から漏れていたケースなどがあった。タックスヘイブンとは関係のない国内取引に関する申告漏れも見つかったとされる。

海外取引が絡む税務調査は一般的に、現地の税務当局などに情報を照会して回答を得るのに時間がかかるなど、調査が長期化するケースもある。





c0352790_11294744.jpg


パナマ文書関連の調査は7月以降も続いているとみられ、申告漏れの指摘額は増える可能性があるという。






☆☆☆GGのつぶやき
TVドラマ「黒革の手帳」を毎週楽しみに観ている。
この「パナマ文書」を基にしたピカレスク・サスペンス劇が誕生してもおかしくはなかろう。




































































































[PR]

by my8686 | 2017-08-24 11:30 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

米の皆既日食、観測衛星「ひので」が撮影

ワイフのバースデー記念プチ旅行明けの水曜日。
米国で21日、皆既日食が観測された。北米大陸を皆既日食が完全に横断したのは99年ぶりだという。




c0352790_22473618.jpg






あらためて、その内容をみてみよう。


全米が見上げた 皆既日食に歓声「すごーい!」




c0352790_22475673.jpg





太陽観測衛星「ひので」も、X線望遠鏡で日食をとらえた。






c0352790_22480985.jpg






宇宙航空研究開発機構によると、米西海岸沖の上空を通過中の約15分間に撮影。黒い新月が、最大で太陽の約6割を覆う様子をとらえた。





c0352790_22482656.jpg







ひのでによる観測は、米国で起きた皆既日食で集まったデータと組み合わせ、太陽のメカニズムの研究に使われる。






c0352790_22484372.jpg








地上の電子機器にも影響する太陽風の発生予測につながるという。





c0352790_22490561.jpg









☆☆☆GGのつぶやき
少年の頃、小学校でガラスに墨を塗って皆既日食を眺めたことがある。
しかし、その太陽のメカニズムの神秘性にまでは、考えはおよばなかった。
ましてや太陽観測衛星「ひので」の誕生など、想像だにすることはできなかった。









































































[PR]

by my8686 | 2017-08-23 22:49 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

石亭「あずまや遊びプラン」に舌鼓

8.22 ワイフの誕生祝いに石亭「あずまや遊びプラン」を堪能する。

「居中庵」にて日帰りランチを愉しむ。



c0352790_12470837.jpg





1日限定1組。 予約のコースで緑に囲まれたツリーハウス風の木製風呂のある隠れ家的二階建ての「あずまや」で静かに祝う。

特別なひととき・・・。





c0352790_12472555.jpg





バースデーサービスに冷やしたシャンパンミニボトルをいただく。


c0352790_12474227.jpg





乾杯!!


c0352790_12475820.jpg





先付の穴子黒米寿司笹包みが一段とうまい。



c0352790_12481697.jpg






椀物のあとの造里に日本酒をあわせる。



c0352790_12483087.jpg





いろどりも夏らしい八寸である。

鬼灯盛り 南京寄せのフォアグラ
夏貝の真薯絹皮巻き
無花果ワイン煮 くこの実
福子塩煮 山葵ジュレ掛け
 パプリカ二種 花穂散らし
地鮎西京味味噌焼き 蓼葉
蒸鮑と蒪菜の吸酢
赤鶏のブルスケッタ
鯛と蔓紫のおひたし


c0352790_12485621.jpg






熱々

夏鴨と彩野菜の飯蒸し


c0352790_12491214.jpg







焼物

穴子二味焼
 

c0352790_12492583.jpg






酢物

焼目蛇腹蛸と白茎芋の梅酢
防風




c0352790_12494574.jpg






食事

穴子釜炊きご飯



c0352790_12500002.jpg






 赤出し 香の物




c0352790_12502076.jpg





水菓子
 氷菓子



c0352790_12503438.jpg






御献立 葉月



c0352790_12504950.jpg







☆☆☆GGのつぶやき
食事の前に一風呂あびて冷えたシャンパンで先付をいただく。
なんとも贅沢なひとときである。
造里にあわせて冷酒をいただく。
淡麗な可部の酒のあとは石亭限定酒を追加する。
心地よい酔いとともに官能の躍るままにひとときを祝う。




















































































































[PR]

by my8686 | 2017-08-22 18:22 | 今日はドライブ日和 | Trackback | Comments(0)

「ドルフィンファームしまなみ」に遊ぶ

ワイフのバースデー記念イベントに「ドルフィンファームしまなみ」を訪れる。



c0352790_21423790.jpg




毎年、新しいことにチャレンジしたい。
そんなワイフのリクエストは、「イルカと泳ぎたい」。






c0352790_21430452.jpg





イルカやクジラと触れ合う事のできる日本最大級の「ふれあい施設」。






c0352790_21431875.jpg





スイムコースでイルカの背びれにつかまって自由に泳ぐというプログラム。
この日は参加者が多く二組に分かれ、一緒に遊んだのは「れもん」ちゃん。






c0352790_21433316.jpg





そして、シュノーケルをつけて水中でのイルカの観察をすることに。

ギリシア神話では、アムピトリーテーの聖獣とされるイルカ。
人間にはないエコーロケーション能力を持ち合わせている。
水の中でなければ聴くことのできないパルス音を聴くプログラム。




c0352790_21435343.jpg




愛嬌のある泳ぎっぷりに観客の視線をとりこにする。





c0352790_21442607.jpg









☆☆☆GGのつぶやき
こうしたアクティビティに嬉嬉として興じるワイフの姿を観るのは、じつに愉快である。





















































































[PR]

by my8686 | 2017-08-21 21:21 | 今日はドライブ日和 | Trackback | Comments(0)