蔡國強による個展『帰去来』

中国出身で、現在はニューヨークを拠点に活動する現代美術家、蔡國強による個展『帰去来』が横浜美術館で開かれている。
かつて日本で活動していた蔡國強の“里帰り展”ともいうべき展覧会だという。


c0352790_08300056.jpg



あらためて、その内容をみてみよう。


火薬を爆発させ、そこから生み出される予想だにできない火薬の美しさを作品として発表してきたことで知られる蔡國強は、1957年、中国福建省生まれ。
上海で舞台美術を学んだ後、1986年末から1995年まで日本でも活動を展開し、火薬によるアートを成熟させてきた。
以降、ニューヨークを拠点に活動をつづけ、世界を股に掛けて活躍する現代アーティストの一人として数えられる。



c0352790_08302127.jpg


そんな蔡國強の7年ぶりとなる日本での個展が実現。
「行って、戻ってきた」という意味の『帰去来』と題し、開催されている。

日本との強いつながりをもつ蔡國強は本展のために市民ボランティアらの協力を得ながら6点の大型作品を滞在制作。
ひとつは縦8×横24メートルの和紙に描かれた『夜桜』で、彼にとって過去最大サイズの火薬を使った平面作品となる。




c0352790_08304012.jpg


いっぽうは、カンヴァスに描かれた4点の作品からなる連作『人生四季』。



c0352790_08305275.jpg


江戸時代の浮世絵師、月岡雪鼎の描いた肉筆春画にインスピレーションを得た作品で、彼が長年研さんを重ねてきた新境地でもある色付きの火薬絵画となっている。



c0352790_08310763.jpg



また会場では蔡が長年にわたり構想してきた、教育的なオンラインゲーム「アートアイランド」を世界初ローンチ。



c0352790_08311824.jpg


オンラインゲーム上のワークショップ内で協力することで、相互理解を図ることを目的に開発されてきた。

「ひとりの学徒の芸術上の帰郷でもあり、また当時の純粋な気持ちを取り戻し、原点にさかのぼりたいという願いを込めた」と本展への想いを語る蔡國強。
本展は、火薬を使い、圧倒的な美しさを生み出してきた蔡の世界のひとつの完成形といえるものだろう。



c0352790_08313390.jpg







☆☆☆やんジーのつぶやき
爆発するエネルギーが好きだ。
漲る力強さのなかに漂うエロスが官能を刺激する。

















































[PR]

# by my8686 | 2015-08-30 08:06 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

ALEXANDER WANG × Poltrona Frau

アレキサンダー ワンにとって初となるファニチャーコレクションが誕生した。
ポルトローナ・フラウとのコラボから生まれたラグジュアリーで上質な家具たち。
デザインは、アレキサンダー ワンならではの洗練されたリラックス感がうまく表現された逸品となっている。



c0352790_17391689.jpg



あらためて、その内容をみてみよう。

コレクションは、ビーンバッグからインスパイアされたチェア「Bean sofa」が素材違いで2スタイル。
そして、サイドテーブルとしても使用できるキャビネット「Trunk Bar」の3型で構成されている。



c0352790_17393170.jpg


“カジュアルな快適さと洗練されたエレガンスの共存”という「アレキサンダー ワン」のものづくりへのアプローチから生まれた「仲間とのハングアウト スペース」をコンセプトにしている。



c0352790_17394593.jpg


デザイナーのアレキサンダー・ワンは、「地下の溜まり場でビーンバッグに座って若者がダラダラしている感じが昔からすごく好きで、よくアイディアとして使っていた。今回はこの若さを贅沢な素材とクオリティで再解釈することに挑戦したいと思った。」
「ポルトローナ・フラウは伝統的なブランドで、彼らのもつ技能のレベルはトップクラス。彼らとコラボレートすることで、本当に自分が興奮できるような作品を作ることができた」とコメント。


c0352790_17395898.jpg



■「ラウンジチェア」の素材は、レザーとシアリングの2種類

ビーンバッグを再解釈したスラウチなシェイプにどっしりとしたモノリス形状の構造をくわえたラウンジチェア「Bean sofa」は、磨きのかかったブロンズプレートのスチールベースにブラックの上質なアップホルスタリーを使用。
素材や細部へのこだわりを大切にする両ブランドのおもいから、椅子のカバーにはポルトローナ・フラウのなかでも最高級のペレフラウ ソウルのマットブラックのレザーとシアリングの2種類を使用している。



c0352790_17402096.jpg



素材本来の美しさをもった上質な部分のみのレザーを厳選し、十分な手間をかけてなめし加工をおこなったもっとも品質の高いフルグレインレザーは、ベルベットのようなしなやかな質感とリッチなカラーリングが特徴となっている。



c0352790_17404406.jpg




■ミニバーとして使用できる「トランク バー」

キャビネット「Trunk Bar」は、シックなマットブラックのシャークスキンを使用し、ポリッシュスチールのエッジングとカスタムヒンジ、そして容易に可動できるように小さなスチール製の車輪付き。



c0352790_17410535.jpg


インテリアは洗練された鋼製のエッジングと黒のスエードで裏打ちされ、バーとして使用できるようさまざまなサイズのグラス、ボトル、カクテルアクセサリーなどを収納できる棚が備えられている。
閉じたときにはサイドテーブルとして、扉を開けてミニバーを見せて使用することもできる。



c0352790_17412216.jpg





販売店舗|Alexander Wang 青山
東京都港区南青山5-3-18 Blue cinq point C2





☆☆☆やんジーのつぶやき
CDFA/ヴォーグファッション基金アワードでグランプリを受賞してから花々しく活躍するワン。
こんな鋼製のエッジングと黒のスエードで裏打ちされたミニバーで一杯やりたいものだ。




























[PR]

# by my8686 | 2015-08-29 17:42 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

ザハ事務所が新国立で警告、「なぜリスクを冒すのか」

すべての見通しが不確かななか、なぜ全てにおいてリスクを冒そうとしているのか――。


c0352790_13002567.jpg



政府が進める新国立競技場の整備計画見直しを巡り、デザイン原案を手掛けた英国の設計事務所、ザハ・ハディド・アーキテクツが8月25日、過去2年間で検討した設計概要についてのビデオ・プレゼンテーションやレポートを公表した。
原案を有効に活用すれば、2019年に完成可能だと主張した。



c0352790_13004171.jpg


ビデオに登場したザハ・ハディド氏は、「チームはエンジニアと建築家による真剣なもので、2年から3年間の大変多くの時間が費やされた。オリンピック後もレガシー(遺産)として残るものなので、このプロジェクトはとても重要だ」と語った。



c0352790_13005566.jpg



ザハ事務所は「工事費を抑え、価格に見合った質、耐久性を持ち、サステナブル(持続可能)な建物にするための新しい入札方式を喜んで受け入れる」との声明を発表。
「白紙撤回の目的が2520億円より安い価格を得るためだけだとすれば、一からデザインをやり直すことは不必要なリスクを招くだけ」と警告し、「政府は撤回を再検討する価値がある」と訴えた。

レポートでは、整備計画の見直しについて、「敷地が複雑で、調達や入札方式が限られ、建設物価が高騰するなか、今は現在のデザインを使わずに良い結果を得る可能性の希望的な利点ばかり誇張されて述べられ、リスクが軽視されている」と指摘した。



c0352790_13011183.jpg


さらに、政府が検討中の設計・施工一体での発注方式について、「デザインの権限を施工者に与えてしまうと、価格と工期以外の本質的な価値や品質が分からなくなる。新整備計画のたった5カ月間の作業ではじき出された価格を信頼することはできない」と批判。
「日本の国民は支払う価格に対して少ない見返りしか得ることができない」と警告した。



c0352790_13012335.jpg


新整備計画を進めて施工者を募った場合、結局、日本の大手建設会社5社のうち1社が勝ち取ることになると予測。
限られた競争しかないことが根本的な問題だと指摘したうえで、「デザインの積み重ねを失うことなく、施工者の間に競争力を生み出すことが問題解決への解答であると確信している」と言及した。



c0352790_13013613.jpg




■「ロンドン五輪スタジアムの教訓に学べ」

さらに、白紙撤回された新国立競技場のデザイン原案について、「敷地特性に合わせて最適化している」などとして、技術上の利点を様々な角度から説明。
「キールアーチは効率が高く、コスト効果などの多くの利点がある解決方法」などと主張した。
コスト増加はあくまでも資材費や労務費の高騰が原因だと強調した。



c0352790_13015192.jpg


実施設計段階で公表された2520億円の建設費については、開閉式屋根や可動式屋根が含まれておらず、「東京でベーシックな8万席の陸上スタジアムをこの敷地につくるときの価格だ」と説明。建築費が高騰する環境下では、デザインこそが価値を生み出す唯一のものだと主張した。



c0352790_13021379.jpg



そのうえで、より低い予算に合わせて再デザインすることは可能だと訴えた。
座席空調やスカイブリッジの中止など対応の余地があると説明している。
一方で、スタジアムの設計はコンパクトで効率的なものにしているため、収容座席数の大幅な変更や、競争力の高い入札方式の導入がなければ、大幅なコスト削減は難しいとの認識も示した。



c0352790_13022419.jpg



ロンドン五輪スタジアムの教訓に学ぶべきだとも主張した。
設計・施工一括方式で、五輪後の改築費も含めて日本円で2180億円かかったと説明。
五輪開催時には陸上競技専用として建設されたが、五輪開催後にフットボール用に転用することになり、妥協が多く使い勝手が悪いものになったと指摘した。
「東京は間違いを繰り返さないようにすべきだ。効率が高くて変化に対応し、長期的に持続可能で投資価値の高い現在のデザインを用いるべきだ」と訴えた。



c0352790_13024202.jpg


(2015/08/27http://kenplatz.nikkeibp.co.jpより抜粋)







☆☆☆やんジーのつぶやき
デザインにかかわる者として、ザハ氏の言い分に共感する。
過去、白紙撤回後の代案に初回案を凌駕したものは存在しない。
審査員の官能を震わせたその「熱さ」こそが、本物の遺産としての品格と品位が存在する。
工費を削減する妥協案に日本人の魂を預けられるのか。


















































[PR]

# by my8686 | 2015-08-28 13:03 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

世界景気判断3年ぶり下げ 8月月例報告「アジアに弱さ」

政府は26日発表した8月の月例経済報告で、世界景気の基調判断を3年ぶりに引き下げた。


c0352790_12564154.jpg



あらためて、その関連記事をみてみよう。


「アジア新興国に弱さがみられる」とし、中国経済の減速が周辺国に波及していると指摘した。
日本の基調判断は「緩やかな回復基調」との表現を維持したが、個人消費や輸出の判断を下げ「改善テンポにばらつきもみられる」としている。




c0352790_12570611.jpg



世界景気の判断下げは、欧州債務危機の懸念が強かった2012年8月以来だ。
7月の「一部に弱さがみられるものの緩やかに回復している」から「アジア新興国において弱さがみられるものの全体としては緩やかに回復している」に改めた。




c0352790_12571886.jpg



金融市場の混乱が続く中国は7月に「緩やかに減速している」と判断を下げており8月は据え置いた。
一方、電子・自動車部品の対中輸出が多い台湾の判断を「弱い動き」に、タイを「減速している」にそれぞれ下げた。




c0352790_12572941.jpg



日本の基調判断は5カ月連続据え置いたが、個別項目では変更が目立つ。
GDPの6割を占める個人消費は7月までの「持ち直しの兆しがみられる」から横ばいを意味する「底堅い動きとなっている」に引き下げた。
輸出・輸入も「このところ弱含んでいる」とした。




c0352790_12574024.jpg



先行きは「中国経済をはじめとした海外景気の下振れなど、景気を下押しするリスクや金融市場の変動に留意する必要がある」とした。
第一生命経済研究所の永浜利広主席エコノミストは、中国の実質成長率が1ポイント低下した場合、日本の成長率も0.2ポイント低下すると試算する。
円高により輸出企業の収益が鈍れば広く影響が及ぶ懸念がある。



c0352790_12575870.jpg


(2015.08.26 22:00 http://www.nikkei.comより抜粋)




☆☆☆やんジーのつぶやき
中国経済をはじめとした海外景気の下振れをどう読むか。
どうやら、一波も二波もありそうな気配である。










































[PR]

# by my8686 | 2015-08-27 12:58 | たまには気になる経済学 | Trackback | Comments(0)

株安 なぜ円買われるの 投資避け「安全資産」へ

25日の東京金融市場では、世界経済の減速への不安から株価や外国為替市場の円相場が乱高下した。
円相場は前日の欧米市場で一時、1ドル=116円台に急騰。

東京為替市場でも荒い値動きの後、前日比で円高が進んだ。
株価が下落する中で、なぜ円は買われるのか。 



c0352790_09085436.jpg



あらためて、その関連記事をみてみよう。


 Q 円高が進んでいる要因は何なのか。


c0352790_09092125.jpg

A 理由は大きく分けて二つある。
一つは中国発の世界的な株安の連鎖で投資資金が中国や日米の株式市場から逃げ「安全資産」とされる円を買う動きが進んだことだ。
日本国債は比較的、格付けが高い上に「日本の金融システムが他国に比べてしっかりしている」とみられており、海外で金融不安が起きると円は買われる傾向が強い。
   
さらに「早ければ九月」とみられていた米国の利上げが延期されるとの観測が広がり、高い金利で運用できることへの期待で買われていたドルが売られ、ドル安・円高が進んだという面もある。



c0352790_09101044.jpg





 Q 円以外の資産の値動きはどうなのか。



c0352790_09103488.jpg


A 円と同様、安全資産とされる先進国の国債や金などが買われている。
米国債や日本国債に資金が流れ両国債の金利は低下(価格は上昇)。
金の価格もこの十日間で3%以上も上昇している。
これに対し、中国の景気減速の影響が波及しやすい新興国や資源国の通貨は売られている。



c0352790_09110723.jpg



 Q 安倍政権は株高・円安で景気回復を図っていたはずでは。



c0352790_09112102.jpg





A その通り。
安倍政権のシナリオは「日銀による大規模な金融緩和の効果で円安が進行→輸出企業の業績が改善し賃上げが進む→消費は増加する」という好循環。
だが、円高が進むとこのシナリオが崩れかねない。
市場関係者からは、来年夏の参院選に向けて景気が悪化しないようにするため「政府による日銀への追加緩和圧力が強まる」との見方が出ている。



c0352790_09114259.jpg


2015.08.26http://www.tokyo-np.co.jpより抜粋






☆☆☆やんジーのつぶやき
25日の米株式相場は大幅に6日続落した。
中国人民銀行による追加の金融緩和決定や原油相場の反発で投資家心理が改善したかにみえる。
ダウ工業株30種平均は一時前日比400ドル超高まで買われた。
しかし取引終了にかけては一転して売りが優勢になり、204ドル安で終了。
底入れ感は出ずじまいで、相場の先行きは依然として闇の中だ。
こんな時は、静観するしかあるまい。























































[PR]

# by my8686 | 2015-08-26 09:12 | たまには気になる経済学 | Trackback | Comments(0)