「リヒターとフッサール現象学と差延の関係」を読み解く

明治安田生命保険は2019年4月からの定年延長に伴い、60歳以上の給与水準を60歳前の7~8割程度に維持するという。
ホンダも60歳以上の給与を59歳時点の半分から約8割に引き上げた。

25年までに厚生年金の支給開始が男性で65歳に引き上げられ、定年や再雇用で収入が減る「60歳の崖」が課題となっている。
人手不足が続くなか、経験豊かなシニアの士気低下を防ぎながら、雇用を維持する動きが広がってきているという。

大いに賛成である。60歳という年齢でバッサリ一刀両断されてしまうことに、違和感を感じた世代である。
これも人生100年時代に向けての、働き方改革であろう。






それはさておき、リヒターの作品と対峙することで、現代西洋哲学や大乗仏教思想、さらに現代物理学から相対性理論、さらにさらに、宇宙論からフッサール現象学にまで思いが及んでこようとは、予期せぬ展開に官能がふつふつと沸騰してきてしまっている。



あらためて、その内容をじっくりと読み解いてみよう。


フッサール現象学は、経験される現象を、純粋に意識に直接与えられている。
いわば疑いようのない確実なものだけにいったん還元して、そこから現象を再構成することで、認識の不確実性やそれにまつわる哲学的問題を克服しようという、デカルト的な試みであった。




c0352790_09095649.jpg






そのためには、そこからすべての現象が構成される「根源」として、純粋かつ直接的に意識に与えられた現在(現前 present)というものが考えられなければならない。
ここで、現象学にとって、時間性というものがアポリアとして現れる。






c0352790_09102308.jpg






意識に直接与えられているのは、あくまでも現在の瞬間であって、そこから他の時間を引き出すことはできない。
そこでフッサールは過去と未来は独立した、現在と対等の何かではなく、唯一存在する「現在」が持っているひとつのモードであるとした。







c0352790_09155928.jpg






こうしてフッサール現象学において、根源的かつ自己充足した現在の、意識への純粋な自己現前という、絶対的な位置づけが成立する。
このような現在のあり方は他を必要とせず自らを、余すところなく提示するということであり、デリダは「声」がそのようなありようのモデルとしてフッサールだけでなく過去の形而上学を規定してきたと批判する。






c0352790_09161360.jpg





音声中心主義。声は直接的に意味を伝え、文書はそうした生き生きとした「声」の間接的な反響に過ぎないとされてきた。
これに対して提出されるのがエクリチュールの概念である。


差延 (différance)は、デリダによるこの絶対的な現在への批判に関係する。




c0352790_09163270.jpg





彼の批判によれば、意識は現在を純粋かつ直接的に経験することはない。
デリダはこうした、自己自身に直接的に、何ら媒介をともなわず、明晰に意味が現前( present )する、届くという想定を指して『自分が-話すのを-聞く』と表現する。

「直観」や「明証」、また透明な理想的コミュニケーションとは、『自分が-話すのを-聞く』かのごとき概念なのである。
しかし、聞く自己と話す自己の差異=差延が、またそれに加えて話される言葉の話されなかった他の言葉との差異=差延が、聞くことの条件である限りで、この直接性も実際には汚染されている。





c0352790_09164657.jpg






つねにすでに現在は、過去によって不在の形で、つまりその痕跡の形で取りつかれており、過去に間接的に媒介されない直接的な現在というものはない。
現在は不可避的にすでに過去によって痕跡という形で汚染されている。






c0352790_09170056.jpg





言い換えると、過去の痕跡との関係によってはじめて現在は意味を為すことができる。痕跡の形で現在と関係している当の過去は、あくまでも痕跡の形でしか現在に含まれていない。そのため現在にとっては不在であり、フッサールの受動的総合のように、現在にその一部として所有されているわけではない。

こうして、現在はその自己充足性を失い、つねに欠如をはらんだ動的な時間性を帯びることとなる。
現在は独立して存在することができず、その外部である過去とのひらかれた関係を必要とする。






c0352790_09171953.jpg






現在を構成する記号や表現は、それが意味を成すためには、それ自身とは別の記号や表現を指し示すことが必要であるが、この参照は無時間的なものではなく、必然的に時間的な「遅れ」を伴う。

記号は別の記号への参照によってはじめて記号として機能するのだが、この参照に不可避的に孕まれる「遅れ」によって、指し示す記号と指し示される記号は、同一の現在の内部にあることができない。






c0352790_09174435.jpg





こうして、現在において不在の記号が過去として、現在の記号に痕跡として憑依するのである。






c0352790_09180058.jpg





デリダはこの事実から、根源的なものは、そもそも存在し得ない「意識に直接与えられた純粋な現在」ではなく、こうして不在の過去と現在とを引き裂きつつ関係付ける差異、記号参照において孕まれる「遅れ」「ずれ」としての痕跡の働きであるとみなし、これを、差延 (différance)と名づけた。












☆☆☆GGのつぶやき
リヒターの作品を読み解いているうちに、いつの間にか、フッサールにまで思考が及んでしまった。
リヒターの作品と対峙することで、フッサール現象学を思い起こすことは、あくまでも不在の過去の痕跡でしかない。
そもそも、相対性理論の四次元時空連続体としての宇宙は、フッサール現象学の「相互主観的世界」と同一の論理的存在構造であると認識している。
大乗仏教の思想も、現代物理学と対応させることにより、現代西洋哲学が取り組んでいる根本的な思想課題の解決に向かうための、過去の痕跡として憑依するのであろう。




































































































































[PR]

# by my8686 | 2018-02-14 09:18 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

zaha hadidの「大型複合施設'opus'」を読み解く

降雪の朝、早出の出勤となる。
新品スタッドレスのしっかりとしたグリップ力と安定した操舵感が、気持ちにゆとりを生む。

平昌冬季五輪第4日目の昨日12日は、日本勢のメダルラッシュに沸いた。
スピードスケート女子1500メートルで高木美帆が銀、ジャンプ女子で高梨沙羅が銅、フリースタイルスキーの男子モーグルで原大智が銅。
メダルをそれぞれ獲得した。




それはさておき、ドバイに今年完成するというzaha hadidがデザインを担当した「大型複合施設'opus'」を読み解いてみよう。



c0352790_08504056.jpg




'the building that never sleeps'と呼ばれるドバイ初のプロジェクトは、ドバイ市内のブルジュ・ハリファに位置する。

このプロジェクトは2016年3月にzaha hadidが亡くなった後に'permanent memorial'を設置することが報告された。





c0352790_08510110.jpg




ザハ・ハディッドは、現代建築における脱構築主義を代表する建築家の一人で、デザインが奇抜すぎてコンテストに優勝しても建築されなかったことも多く、アンビルトの女王の異名を持っていた。





c0352790_08511476.jpg




近年では、建築技術の進歩により建築可能物件が増えてきている。
3次元CADを用いコンピューテーショナルデザインやパラメトリックモデリングの手法を駆使し、従来にない曲線的なデザインを実現してきた。





c0352790_08513237.jpg





このプロジェクトは、'the building that never sleeps'と呼ばれている。

温水プールやフィットネスセンター、サウナなどの設備を備えた、1ベッドルームから3ベッドルームの住居がomniyatによって開発された。






c0352790_08514651.jpg






the on-site hotelは、ME by melia hotels internationalが運営し、ホテルの内装はzaha hadid自身がセレクトしたものが使われているという。

Omniyatは、「the opusは、hadidの大傑作への賛辞。我々は、ドバイのためにomniyatを選出したことを光栄に思います」と、語る。

the opusは、コンセプトからそれぞれの特徴的な細部に至るまで、すべて彼女自身が担当した。
景気の減速や複雑な設計によって遅れていた建設は、今年2018年に完成予定だという。


写真家のaldo amorettiが撮影した最新のthe opusの写真では、建築が進行していく様子が記録されている。




c0352790_08521422.jpg










☆☆☆GGのつぶやき
新国立競技場コンペのドタバタ劇は、ザハにとっても異常な事件であったろう。
日本政府の権力に翻弄された屈辱的な事件でもあった。
日本の公共事業という有象無象の手で100億円単位の公金が蠢いた事件でもあった。
どこかにかすめ盗られてしまった闇の構図が、透けてみえた事件でもあった。
ザハの突然の死を悼んでこうした'permanent memorial'が完成することは、意味深い。



















































































































[PR]

# by my8686 | 2018-02-13 08:52 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

「Gerhard Richter&différance」を読み解く

明け方から降り積もった雪も一時休止し、太陽の日差しに路面の雪は融け始めている。
振替休日の昼前、昨日に続いてリヒターの語る「無」について読み解いてみよう。



どの色をどの位置に塗るかは偶然に任せ、主観的決定を下さない。
自己を超越するものとしての「無」という概念をリヒターは説く。



c0352790_12095389.jpg





哲学者ジャック・デリダの説いた差延(différance)に通じる概念であろうか。

「語でも概念でもない」

およそ何者かとして同定されうるものや、そのものの自己同一性が成り立つためには、必ずそれ自身との完全な一致からのずれや、違い、逸脱といった、つねにすでにそれ自身に先立っている他者との関係が必要である。

このことを示すために、「差延」という概念が導入された。




c0352790_11114410.jpg





論理を簡略に述べれば、同定や自己同一性は、主語になるものと述語になるものの二つの項を前提とする。

「AはAである」

そのため、主体や対象は、反復され得なければならない。

「同じである」ということは、二つの項の間の関係であり、自己同一性においてもその事情は変わらない。
自己自身が差異化することによって、そこで初めてそれが複数の「同じ」であるが「別の」項として二重化しうる。


そして、そうなってはじめて、同定や自己同一性が可能となる。




c0352790_11120889.jpg





このことは、それ自身に完全に一致し、他を成立のために必要とせず、他に制約されておらず、自己充足した、根本的で特権的なもの、「他のもののうちにあり、他のものによって考えられるのではないもの(スピノザ『エチカ』 実体の定義)」というのは、たとえ概念の世界だけであっても、副次的に構築された名目的概念としてよりほかにはありえない、ということを意味する。






c0352790_11122800.jpg





差延は、再帰的な性質を持つが、このとき、この再帰を媒介する他の項は、あくまでも不在の形で、自己の側に残された、自己の側の対応する痕跡から遡及的に確認されるにすぎない。

しかし他方で、こうした痕跡は、あくまでもそうした不在の媒介項を前提とし、痕跡が刻まれたその項が自己充足することを許さない。
原・痕跡、あるいは原・エクリチュールとも表現される。





c0352790_11124703.jpg





ものが存在するという出来事をハイデッガーは、存在する対象として語りうるものとは、どうあっても異なるものであると考え、この違いを存在論的差異(Ontologische Differenz)と呼んだ。

この還元できない根源的な違いにこだわる限り、「ものが存在するということは、そのもののこれこれこういう性質である」という形式の説明は一切できない。





c0352790_11130978.jpg




性質や属性は、「これこれの性質が存在する」という形で語りうる対象だからである。

存在することは、ものの属性ではない。また「ものが存在するということは、より基本的な何かの在り方のモードや振る舞いである」という形の説明も解決にならない。

その基本的な何かは、依然として存在する何かなので、その存在がやはり問題として残るからである。









☆☆☆GGのつぶやき
ドゥルーズはヘーゲル的な差異への批判をニーチェとアンリ・ベルクソンを範例としてデリダとは異なる形で遂行した。
そこでは差異は微分(differenciation)と関係付けられ、自らを自己差異化する生産的な力、充溢した多様な強度として把握された。
とうぶん、Gerhard Richterから眼が離せそうにない。









































































































[PR]

# by my8686 | 2018-02-12 11:13 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

「Gerhard Richter:Color chart vs Eight Gray」を読み解く

小雪がちらちらと舞っている日曜の朝。



昨日に続き、ゲルハルト・リヒターのカラーチャートとグレイ・ペインティングを読み解いてみよう。





c0352790_10323432.jpg





「カラーチャート」は、正方形や長方形の色彩鮮やかなカラーチップを配列した幾何学的な絵画である。






c0352790_10325576.jpg





工業製品の色見本として売られているカラーチャートを利用して、一枚の画面に色彩を表示している。






c0352790_10332055.jpg






どの色をどの位置に塗るかは偶然に任せ、主観的決定を下さない。






c0352790_10334112.jpg






リヒターは、絵画上におけるこの試みをケルン大聖堂の南側の窓のステンドグラス制作にも展開した。
アンティーク・グラスの手法をとり、その色彩は、光によって繊細な色を放つ。






c0352790_10335563.jpg





「グレイ・ペインティング」は、グレイという色のみからなる絵画である。





c0352790_10341529.jpg






カラーチャートが色の細分化であれば、グレイ・ペインティングはその対極にあり、全ての色の集積であるといえる。






c0352790_10343464.jpg





リヒターにとって、グレイという色は「無」を表している。






c0352790_10345508.jpg






自己を超越するものとしての「無」という概念は、現代音楽家ジョン・ケージの言葉「私にはなにもいうことはない、だからそのことを言う」の影響を受けているという。






c0352790_10350940.jpg









2年前の想いが脳裏をよぎる。



人間の構成要素を五蘊と分析する際には、識蘊としてその一つに数えられる。
この識は、色・受・想・行の四つの構成要素の作用を統一する意識作用をいう。
事物を了知・識別する人間の意識に属する。



c0352790_10353150.jpg







リヒターの言う、「虚が実になり、実が虚となる。」も同意であろう。



c0352790_10355084.jpg







また古い経典には、識住(vijJaanasthiti)と言われ「色受想行」の四識住が識の働くよりどころであるとされる。
分別意識が、色にかかわり、受にかかわり、想にかかわり、行にかかわりながら、分別的煩悩の生活を人間は営む。



c0352790_10360868.jpg






しかしながらいずれも、人間は「五蘊仮和合」といわれる。
物質的肉体的なものと精神的なものが、仮に和合し結合し形成されたものだと考え、固定的に人間という存在があるとは考えられていない。




c0352790_10362307.jpg







まさに、リヒターの絵画には「智慧の光」が耀き官能を煽る。



c0352790_10363956.jpg









☆☆☆GGのつぶやき
自己を超越するものとしての「無」。
「絵画とはあるいは、別の状態になっていくということです。そう、すでにアインシュタインのあのエネルギーと質量の公式です。質量、エネルギー、そうなのです。」
リヒターの言葉が、やはり官能を刺激して止まない。



























































































[PR]

# by my8686 | 2018-02-11 10:37 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

2018「Gerhard Richter」を読み解く

雪は、土曜朝に雨へと変わった。
近くのデンタルオフィスで抜髄し、まだ麻酔が抜けきらない。


それはさておき、昨日に続き「ゲルハルト・リヒター」を読み解いてみよう。



ゲルハルト・リヒターは、現代で最も重要な画家の一人といわれ、特に現代のドイツを代表する画家である。
ドイツは、20 世紀に入ってからでもバウハウスや表現主義といった芸術活動の中心である。




c0352790_12263741.jpg




さらに戦後は、ヨゼフ・ボイスやアンゼルム・キーファーといった重要な作家を世界へ送り出してきた。その流れの中に、リヒターも位置づけられている。

リヒターは東ドイツで生まれ、ベルリンの壁ができる直前に西ドイツへ移住、20世紀の歴史とともに芸術家としての画業も評価されている。




リヒターのことば

「絵を描くということは、一つの行動であり、行動は束縛されてはならない」。


c0352790_12270698.jpg




ゲルハルト・リヒターが追い求めてきた最大のテーマは、絵画を描くことそのものにほかならない。



c0352790_12272974.jpg





例えば60年代の写真をもとに描かれた絵画から、18世紀のドイツ・ロマン派を想起させるような風景画、1980、1990 年代の抽象的な絵画へと、その作風は常に変化し、新たなものへと変貌を遂げてきた。

多様な主題と様式の変化。彼の画業を振り帰ることで、様々な絵画に触れることが出来る。





c0352790_12274866.jpg





つまり彼の画業の中に、そのまま20世紀の絵画の歴史がつまっているといっても良い。

さらに彼は絵画の中に、新たな可能性を見いだし、様々な試みを加え、絵画の未来に目を向けている。




そんな中でも、官能を刺激して止まないのが「アブストラクト・ペインティング」である。




c0352790_12281415.jpg



リヒターの代表的スタイルとなったアート作品である。

画面の大きさをカバーする長いスキージで絵の具を引きずる行為を繰り返すことによって、色を重ねては、削り取る。

それは、筆触を消すとともに、色彩を多層化する。即興的で無意識的に色を組み合わせることにより偶然の映像を表出する。




c0352790_12283266.jpg








☆☆☆GGのつぶやき
感情をどこまで制御するのか、官能のおもむくまま、画像を多層化する。
即興的で無意識的に画像を組み合わせることで、偶然の映像を表出する。
まさに、己自身の衝動画像アートの感性に近い。



























































































[PR]

# by my8686 | 2018-02-10 12:29 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)