「沖縄復帰、きょう45年」を読み解く

沖縄が日本に復帰して15日で45年を迎えた。

県内最大の米軍専用施設だった北部訓練場の過半が昨年12月に返還されたが、国土面積の0・6%の沖縄に、米軍専用施設の7割が集中する構図は変わっていない。一方、県内は観光業が絶好調で、復帰後最高の好景気に沸いているという。



c0352790_13533542.jpg



あらためて、この内容を読み解いてみよう。

防衛省によると、県内の米軍専用施設は復帰以降約35%が返還されたが、今も全国の米軍専用施設の70・6%が沖縄にある。

米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐっては、政府が4月25日に埋め立ての第1段階となる護岸の造成を始めた。

県は、近く工事差し止め訴訟を起こす構えで、両者の対立は激化している。一方、2016年度の観光客数は876万人と4年連続で最高を更新。5年間の人口増加率(15年国勢調査)は2・9%と全国1位に。日銀調べで県内景気は44カ月連続で拡大している。



c0352790_13541921.jpg



翁長雄志知事は復帰の日にあたり「県民は米軍基地から派生する事件事故、環境問題などに苦しめられ続け、米軍基地の存在はさらなる振興発展の最大の阻害要因となっている」とのコメントを出した。
14日には辺野古近くの海岸で、抗議集会があった。県内外から約2200人(主催者発表)が集まった。



沖縄決戦の残酷すぎる歴史が風化しつつある。
あらためて、その歴史の概要を見てみよう。


1945年の第二次世界大戦には『唯一の地上戦』と呼ばれる沖縄戦の舞台となり県民の4人に1人が犠牲になり、土地は荒廃し、首里城も焼け落ちた。
戦後、沖縄県は消滅しアメリカの占領統治下におかれ、米軍主導のもと新たに『琉球政府』が誕生。



c0352790_13544562.jpg


米軍は基地建設のため集落や農地を大規模に強制接収し、右側通行の道路を整備し、通貨としてB円、後に米ドルを使用させ、日本本土への渡航にパスポートが必要になるなど、米国流のやり方で戦後復興が進められていった。

1952年に本土が主権回復した後も引き続き沖縄は米軍統治下におかれ続けた。1950年代半ばから朝鮮戦争やベトナム戦争の前線基地として沖縄の米軍基地は重要度を増し、多数の爆撃機や核兵器が配備された。

しかし強権的・差別的なアメリカの施政に島民は強い反感を抱き、本土復帰運動を加速させ大規模な反基地運動が展開されていった。



c0352790_13551537.jpg


そして1971年に当時の佐藤栄作首相とリチャード・ニクソン大統領により沖縄返還協定が締結され、1972年に沖縄が日本に返還が実現され、沖縄県が復活した。

なお復帰の際して日本は米国に対し総額3億2000万ドルを支払っている(現在の為替レート(2016年10月時点)で約5000億円)。



c0352790_13554025.jpg




以降、米軍統治時代から続く基地問題は当県の主要な政治問題となっている。
その歴史的経緯・文化・風習・習慣・苗字・方言・制度的にも本土とは大きく異なり、俗に県外のことを「内地(ナイチ)」、県民以外の人を「内地人(ナイチャー)」と呼び分ける場合がある。





c0352790_13555555.jpg

c0352790_13560637.jpg







☆☆☆やんジーのつぶやき
改めて、岡本喜八監督作品『激動の昭和史 沖縄決戦』を観てみたいと思った。
沖縄で何があったのか。無名の人物の描きこみの緻密さでは「日本のいちばん長い日」以上だという。
軍司令部の動きから一庶民まで、それぞれの沖縄戦が実に細かく描かれており、そのエピソードの豊富さにおいては他の戦争映画を凌駕する。
自分を含め、戦争を知らない世代が今一度観るべき映画だと思うのである。






















































































[PR]

# by my8686 | 2017-05-15 13:56 | ヘビーな話は、謹んで | Trackback | Comments(0)

いつものウォーキングルートで観た夕陽

母の日の日曜日。
午前中、母に会いバラのアレンジギフトと入浴剤をプレゼントする。

午後からは定例のロードバイク練習コースを約2時間ばかり走り、いつものスパで汗を流す。
サウナルームに入った時は、カープが巨人に2連勝したあとのようだった。
ヒーローインタビューを横目に観ながら快汗を流す。


それはさておき、昨日穏やかな土曜日の夕刻に観た夕陽をみてみよう。



c0352790_23181709.jpg





いつものウォーキングルートの帰路。





c0352790_23184122.jpg





なだらかな登り坂ながら心拍数をあげるには適度な傾斜である。





c0352790_23185575.jpg




紅く染まる夕陽。
紅く染まる夕陽。





c0352790_23191561.jpg









☆☆☆やんジーのつぷやき
5月の太陽の力強さに皮膚がチリチリと燃えそうに熱い。
しかし、乾いた風が頬を涼しくなでる。
心地よい季節になってきた。




































































[PR]

# by my8686 | 2017-05-14 23:19 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

映画「メッセ―ジ」を読み解く

エイミー・アダムス主演『ブレードランナー 2049』の監督も務める奇才ドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンをとる『メッセージ』。

巨大な“謎の飛行体”が話題となっている。その内部に初潜入するシーンの本編映像が解禁となった。



c0352790_16120668.jpg




あらためて、その内容を読み解いてみよう。



突如、世界12都市に降り立った巨大な球体型飛行体。




c0352790_16122761.jpg



米軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、謎の知的生命体と意志の疎通をはかるため、“彼ら”が人類に<何>を伝えようとしているのかを物理学者イアン(ジェレミー・レナー)らとともに探っていくが――。

“映像化不可能”といわれた傑作SF短編小説を、ヴィルヌーヴ監督が独創的な映像美と世界観で表現した本作。


巨大飛行体から受け取った美しくも哀しいメッセージと、“娘を亡くした母”ルイーズの切なすぎる決断に、すでに公開された世界各国で称賛が続出。



c0352790_16124649.jpg



今回解禁となったのは、そんな“世界絶賛の感動作”とは信じ難いようなビジュアルの飛行体に、ルイーズたちが初潜入する瞬間の本編映像。

冒頭は“彼ら”との対面におびえるルイーズの不安な表情が映し出され、飛行体にゆっくりと近づく様子からは静かな緊張感が伝わってくる。

そして、ついに“飛行体の内部”へ進んでいくのだが、驚きなのはその潜入の仕方。工事現場で見かけるようなリフトに乗り込み、奇妙な四角いトンネルに向かって上昇していくのだ。飛行体の内部に入ると、その先からは重力がなくなり、人は“側面”に立ちながら天に向かって歩き出すことに。異彩を放つ飛行体の存在感と、摩訶不思議な現象には思わず圧倒されてしまう。



c0352790_16130530.jpg



このシーンは、実際にセットを制作して撮影されていたという。
監督は、「ルイーズたち人類が“彼ら”と接触するためのツールは、現実社会にある技術を使わせたかったんだ」と語り、観客たちに共感を呼ぶ工夫があると明かしている。

そんな監督のこだわりに、ジェレミー・レナーは「僕らはリフトに乗り、約10mも昇って巨大なトンネルに入っていった。こんなリアルな環境があったからこそ、その不思議な体験を肌で感じられたんだ」と明かし、役者たちの演技にも影響を与えてくれたと語る。




c0352790_16132531.jpg




さらに、主演のエイミーは「この映画で起こったことは、もしかすると私たちの世界で明日、起こることかもしれない。世界がどう反応するのかを描いているのよ」と語り、非現実的な題材でありながらリアリティが追求されていることに言及した。

こうしてルイーズたちは飛行体の中へ入っていき、先に待ち受ける“彼ら”との初対面を果たす。そして、“彼ら”と対話を繰り返すことで、ルイーズは“美しくも哀しいメッセージ”の真相にたどり着く。




c0352790_16135184.jpg



監督は、「“彼ら”は心を開いているルイーズに言語を解読する鍵を垣間見せ、彼女は間違いを何度も重ねながらその言語に迫っていく。実はその間違いの1つからドラマが生まれるんだ」とも語り、ラストに繋がるキーワードも明かしている。

飛行体の内部で待ち受ける驚きの展開は、まさにこの映像から始まっていく。









☆☆☆やんジーのつぶやき
少年時代に観た映画「猿の惑星」の衝撃的ラストシーンが今も残像として残る。
優れたSF映画は、欠かさず観て行きたいものである。



























































































[PR]

# by my8686 | 2017-05-13 16:15 | たかが映画、されど映画 | Trackback | Comments(0)

「暗殺計画、ドイツ兵ら逮捕 難民に寛容な政治家狙う?」を読み解く

ドイツの捜査当局は11日までに、ガウク前大統領やマース法相の暗殺を企てたとして、連邦軍兵士ら男3人を逮捕した。
ドイツメディアによると、3人は極右思想の持ち主で、難民受け入れに寛容な政治家を暗殺する狙いだったとみられ、衝撃が広がっているという。



c0352790_17563774.jpg





あらためて、この内容を読み解いてみよう。



逮捕されたのは連邦軍兵士2人と大学生1人。兵士のうち1人はシリアからの難民を装って難民申請をしており、暗殺実行で反難民感情を高める狙いだったとみられる。また、この兵士は以前に人種差別をうかがわせる内容の論文を執筆していたことも判明し、連邦軍は「危険信号を見落とした」と非難されている。




c0352790_17565777.jpg




今回の逮捕を受けて、ドイツ政府は連邦軍兵士を対象に、極右思想の広がりについて調査に乗り出した。
メルケル首相は「十分な調査が行われると信じている」と話した。





c0352790_17570816.jpg




ドイツ連邦軍(独: Bundeswehr ブンデスヴェーア)は、ドイツ連邦共和国の陸軍、海軍、空軍および戦力基盤軍、救護業務軍の総体を指す。

かつてドイツには、ヴァイマル共和政下のライヒスヴェーアやナチス・ドイツ時代のヴェーアマハトなどの軍隊があった。

しかし、ドイツ連邦軍は自らをこれらの後継組織とはみなしておらず、プロイセン軍など以前のあらゆるドイツの軍隊の伝統も引き継いでいない。現在のドイツ連邦軍の公式な「伝統」は、大きく次の3つに基づいている。

 ①19世紀初頭の軍隊の改革者(ゲルハルト・フォン・シャルンホルスト、アウグスト・フォン・グナイゼナウ、カール・フォン・クラウゼヴィッツら)


c0352790_17574343.jpg





 ②アドルフ・ヒトラーの支配に対し暗殺計画などで抵抗した軍人たち(クラウス・フォン・シュタウフェンベルク、ヘニング・フォン・トレスコウら)



c0352790_17580013.jpg






 ③1955年の創設以来の独自の伝統



c0352790_17581352.jpg





ドイツ連邦軍の国籍マーク(主権紋章)としては、ナチス時代の旧国防軍が採用していた幅が同じのバルケンクロイツではなく、黒十字の先端が末広がりになっているドイツの伝統的なタッツェンクロイツを採用した。



c0352790_17583319.jpg



第二次大戦で「人道に反する犯罪行為」を拒否しえなかった理由として挙げられた、上官の命令に絶対服従(忠誠宣誓)という伝統は否定された。

戦後のドイツ基本法及び軍人法には“軍人もまた市民であり基本権を保持する”という規定(軍人法第17条)、「抗命権」及び発動された場合の不利益処分(降格など懲戒)禁止が明文規定されている(軍人法第11条)。




c0352790_17584324.jpg


また労働組合的性格も持つ職場団体「軍人連盟」、反戦軍人の会「ダルムシュタット・シグナル」(日本でいえば反戦自衛官)が構成されている。

1990年のドイツ再統一後、東西ドイツ政府と米英仏ソ連合国との2プラス4条約により、ドイツ連邦軍は37万人まで削減された。かつての東ドイツ軍である国家人民軍は解散し、その兵員の一部と軍備のごく一部が連邦軍に引き取られた過去がある。

ドイツ連邦軍は、その国家の人口と経済力を反映し、NATO内のみならず世界でも有数の先進的な技術力や確固たる補給力を誇っているが、冷戦終結後の西側諸国の例に漏れず、統一ドイツの国防予算は削減傾向にある。
国防費のGDP比は1%台前半で推移しており、日本やスペインおよびカナダよりは高いが、オランダなどと並んでNATOでも低めである。

アメリカ合衆国とニュークリア・シェアリングを行っているため、自国領土が核戦争の舞台になるリスクと引き換えに、核開発に予算をかけることなく核抑止を可能としている。





☆☆☆やんジーのつぶやき
核開発に予算をかけることなく核抑止を可能としているドイツ流のやり方は、一目置く必要があろう。
自国の治安レベルをどこまで引き上げるべきなのか。
今一度真剣に議論すべき時であろう。






































































































[PR]

# by my8686 | 2017-05-12 17:59 | ヘビーな話は、謹んで | Trackback | Comments(0)

「トヨタ、2年連続減益へ 純利益1.5兆円予想 18年3月期」を読み解く

トヨタ自動車は10日、2017年3月期決算(米国会計基準)が5年ぶりの減益となり、18年3月期も2年連続で減益になりそうだと発表した。
連続減益は同じ基準で比べられる1998年3月期以降は前例がない。円高がさらに進み、主力の米国市場で苦戦すると見込んだという。




c0352790_15281546.jpg




あらためて、この内容を読み解いてみよう。


2017年3月期決算は、売上高が前年比2・8%減の27兆5971億円、営業利益は30・1%減の1兆9943億円、純利益が20・8%減の1兆8311億円。減収も減益も5年ぶり。東日本大震災が響いた12年3月期以来。

販売台数は1・6%増の1025万台で過去最高を2年ぶりに更新したが、為替が前年より1ドルあたり12円円高の108円になったのが響いた。海外での稼ぎが円ベースで減り、輸出採算も悪化。





c0352790_15284801.jpg




あわせて発表した18年3月期の業績予想は、売上高を前年比0・4%減の27兆5千億円、営業利益を19・8%減の1兆6千億円、純利益を18・1%減の1兆5千億円と見込んだ。

為替は、さらに3円円高の1ドル=105円を想定した。販売台数は前年とほぼ同じ水準を計画するが、市場が頭打ちの米国で、店頭での値引きの原資となる販売奨励金などの費用増が避けられないとみた。




■円高、米国販売に黄信号
トヨタ自動車が2年連続の減益予想を発表し、円高がさらに進むと判断。
伸ばしてきた米国販売には黄信号がともる。日本からの輸出はトランプ政権の保護主義にも直面しており、米国での存在感がリスクになっている。

「自分たちの等身大の姿を真正面から見据え、徹底的に競争力を磨いていくことに尽きる」

円安という追い風がなくなったことを踏まえ、豊田章男社長は10日の記者会見でそう語った。




c0352790_15290431.jpg




トヨタ車は販売の8割が海外で、うち3割が米国。その4分の1強は、日本からの輸出だ。このため対米ドルで1円円高になれば営業利益が400億円減る。17年3月期は前年より12円円高が進み、18年3月期はさらに3円円高を見込んだ。

もう一つの懸念は、米国販売の減速だ。米国の新車市場は16年まで7年連続で成長してきた。
しかし、米調査会社オートデータによると17年1~4月の米市場は前年同期に比べ2・4%減。トヨタの販売は5・9%も少なかった。

原油安を背景に、売れ筋は乗用車から大型SUVやピックアップトラックにシフト。乗用車を得意とするトヨタは、その波をもろにかぶった。

「ワオ! 1500ドル引き」。米ペンシルベニア州のトヨタ販売店は新車の窓にそんな宣伝を書いた。
一部車種では今春から、6年間金利ゼロのローンと1千ドルの現金還元のセットを掲げた。「効果は抜群」(店の販売責任者)というが、1台あたりのトヨタの利幅は縮む。




c0352790_15291867.jpg



一方、米政権からの圧力はやんでいない。3月、トランプ大統領は自動車大手の幹部たちを集め、米経済への貢献を要求。
トヨタのジム・レンツ専務役員にとりわけ強く迫った。

「ここに工場をつくらなければ、ダメだ」





☆☆☆やんジーのつぶやき
5年ぶりの減益。今までがあまりにも儲け過ぎた感は否めまい。
独り勝ちがいつまでも続くわけがない。
トヨタが今後こうした軋轢にどう対応していくのか。
トヨタの真骨頂を期待したい。
















































































[PR]

# by my8686 | 2017-05-11 15:29 | たまには気になる経済学 | Trackback | Comments(0)