「ブラジルの隈研吾監修木組みゲート」を読み解く

ブラジル・サンパウロの目抜き通り「パウリスタ通り」に5月6日、「ジャパン・ハウス サンパウロ」が開館した。

隈研吾建築都市設計事務所がデザイン監修を務めた。約36mに渡って建物を覆うヒノキ材のゲートが特徴。木組みのゲートは既存建物に設置したものだが、全体として自立する構造体でもあるという。



c0352790_11404246.jpg







あらためて、その内容を読み解いてみよう。


 「ジャパン・ハウス」は、外務省が日本文化を発信する海外拠点として複数整備する施設で、サンパウロがその第1弾に当たる。サンパウロ以降は、2017年度中の開館を目指して英国・ロンドン、米国・ロサンゼルスでも同様の施設整備を予定している。隈研吾建築都市設計事務所は15年夏、創設・運営を担当する電通、設計・施工を担当するブラジル戸田建設などとチームを組んで参加したコンペで、サンパウロのプロジェクトを勝ち取った。

隈研吾氏は、「日本が発信できる一番強いものが、木材だと思った。日本の木材と言ったらヒノキ。質感や香りをブラジルの人に感じてもらいたい」と力を込める。
多目的ホールやセミナールームのほか、日本の伝統工芸品を扱うショップ、和菓子などを提供するカフェ、日本食レストランなどから成る。現地の銀行が所有するビルの地上1階から3階までの一部を改修し、木組みのゲートのほか1階に外土間や坪庭、3階にテラスなどを整備した。





c0352790_11411646.jpg



木組みのゲートは主に、30mm厚のヒノキの板材約620枚を組み上げたものだ。1カ所で地面に接地し、2階レベルの外壁の一部で建物の躯体と接続している。
板材の長さは主に3600mmで、幅は165mmと150mmの2種類を使った。板材が最も深く重なる箇所は、既存建物に向かって奥行き方向に37層にも及ぶ。縦材と水平材はすべて、斜めにかん合している。

 「既存の建物の前にかすみのようなスクリーンをつくるイメージで、薄い材を組み合わせていくことを考えた。繊細さと構造性が両立するという手法は、ほかの国にはない日本らしさだ」(隈氏)






c0352790_11412971.jpg




通りに向かって板材を斜めにかん合することは構造的には不利に働くが、隈氏は「薄い材1つひとつの粒感」を表現することにこだわった。通りからの見え方に加えて、開口部越しの内部からの見え方にも配慮し、意匠と構造の双方向から板材の重なり方を丹念に探っていった。

木組みのゲートの構造設計を担当した江尻建築構造設計事務所の江尻憲泰代表は、「何万m2もの建物と同じくらい解析を繰り返した」と振り返る。




c0352790_11415615.jpg


c0352790_11440831.jpg




内部から見た木組み。通りからの見え方に加えて、内部からの見通し具合も同時に検討した
検討が繰り返された理由の1つに、現地の風速の厳しさがあった。東京23区では基準風速34m/秒だが、ブラジル基準では40m/秒。現地の風速に対応するため、地面との接地部分はコンクリートスラブから鋼製板を立ち上げ、その上部に比重の高い南洋材のクマルをかん合して強度を高めた。クマル材は現地で調達した。

「意匠と構造、さらに施工を見越した検討を進めていくなかで、鉄、現地のクマル材、日本のヒノキ材という素材のグラデーションが生まれていった」(江尻代表)

木組みのゲートの足元。鉄製のアンカーボルトにクマル材をかん合し強度を持たせた。上にいくにつれヒノキ材を増やしている(資料:隈研吾建築都市設計事務所)

さらに炭素繊維ロッドの採用がプロジェクトを一気に動かした。片持ちになっている箇所などを中心に炭素繊維ロッドを架け渡し、変形を抑えている。




c0352790_11422180.jpg




意匠性と構造性を両立するデザインが決まった後、プレカットした板材をいったん日本で組み上げて最終確認した。ヒノキの板材1枚1枚に番号を振ってバラし、現地へ搬入。現地では、日本の職人が組み上げて完成させた。建て方には約2週間を要した。

隈氏は「大宰府のスターバックス(2011年竣工)もサニーヒルズ(2013年竣工)も60mm角の木組みだったが、今回は30mm厚に踏み込んだ。原理の感触もつかめた。次は、建築を丸々つくることに挑戦してみたい」と展望を語る。





c0352790_11423991.jpg



木組みのゲートをくぐった外土間の2階外壁は、ブラジル北東部で見られる「コボゴ」から着想を得たオリジナルのブロックで装飾した。隈氏は、「ブラジルの粗さを僕なりに解釈したうえで、日本の繊細さを付け加えた。日本とブラジルの技術の合作でもある」と説明する。

コボゴとは、沖縄の「花ブロック」のように日射を遮りながら風を通すブロックのことだ。オリジナルのブロックは超高強度繊維補強コンクリート製で、700mm角のユニットの端部を隣のユニットの上に重なるパターンとすることで継ぎ目を感じさせずに“面”をつくり出すよう工夫した。

内装の間仕切りや化粧天井には、エキスパンドメタルで和紙をすいたスクリーンを使用した。



c0352790_11430975.jpg




内部の建具などにも日本らしさをちりばめた。エキスパンドメタルで和紙をすき上げ、その質感を残したまま乾燥させた材料を間仕切りや化粧天井材に採用している。「陽の楽屋」(新潟県柏崎市、2000年竣工)などでコラボレーションしてきた和紙職人の小林康生氏が現地入りし、現地の職人とワークショップを開くなどして製作。

「金属が和紙をまとうことで突然、柔らかくて人に優しい質感になるのが面白いと思った」(隈氏)

ジャパン・ハウスの総合プロデューサーは日本デザインセンターの原研哉氏が担当している。
今年度中の開館を予定しているロンドンはワンダーウォールの片山正道氏、ロサンゼルスは乃村工芸社の小坂竜氏、SANDWICHの名和晃平氏がそれぞれデザインを担当する。ロサンゼルスの事業プロデュースにはJTQの谷川じゅんじ氏が参画している。





c0352790_11435099.jpg







☆☆☆やんジーのつぶやき
大宰府のスタバに代表される木組みされた集積のボリューム感とリズム感に官能が酔った記憶がある。研ぎ澄まされたコンクリート打放の無機質な壁に羨望したあの時期から、時は大きく様変わりしたようだ。



























































































[PR]

# by my8686 | 2017-05-10 11:45 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

「マクロン新大統領に身構えるゴーンCEO」を読み解く

7日行われたフランス大統領選は中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が勝利した。対抗馬が掲げた反欧州連合(EU)の動きに歯止めがかかり、市場は株高やユーロ高で歓迎したが、複雑な思いで結果を眺めている経営者がいたという。

その名は、仏政府が約20%を出資する仏ルノーのカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)だという。




c0352790_13423892.jpg




あらためて、その内容を読み解いてみよう。


ルノーや提携先の日産自動車は8日現在、大統領選の結果に関しコメントを出していない。
ただ、ゴーン氏は選挙戦さなかの2月、ルノーの決算説明会で「仏政府がルノーの株主にとどまり続ける限り、日産はいかなる資本構成の移動も受け入れない」と語っていた。

「仏政府が出て行く決断をすれば、全てはオープンだ」と政府の関与をあからさまに嫌う発言もした。名指しはしなかったものの、将来の「マクロン大統領」による経営介入をけん制した発言だと受け止められた。





c0352790_13430123.jpg




ゴーン氏とマクロン氏の因縁は2015年に遡る。オランド政権は当時、14年に制定され、株式を長期保有する株主の議決権を2倍にできる「フロランジュ法」を盾に取り、ルノーへの経営関与を強めようとした。





c0352790_13431319.jpg





「政府は自らを安売りする株主ではない」。こう言って旗を振ったのが、担当の経済産業デジタル相だったマクロン氏。
議決権が16年4月に28%程度に高まるよう道筋をつけたうえで、ルノーと日産に仏政府が強い影響力を持つ形で経営統合するように求めた。

ゴーン氏は経済合理性に反する経営を迫られかねないと反発。日産がルノー株を追加取得すれば、ルノーの日産に対する議決権自体が無くなる日本の会社法の仕組みまで選択肢とし、仏政府の介入を遮断しようとした。
投資銀行仕込みの交渉術を振りかざすマクロン氏を政権首脳が公の場でいさめるまで対立は激化。15年末に日産の経営に仏政府が介入しないことで合意したが、両者にはわだかまりが残った。

ゴーン流経営は出資先の経営権を握る「支配」ではなく、独立した企業が分野ごとに経営資源を補い合う「緩やかな連携」が哲学だ。マクロン氏の強引な手法が「なじまなかったのも無理はない」。
マクロン氏勝利で日本株の上昇が加速した8日、日産株は小幅高にとどまった。当面は「議会対策の優先順位が高く、ルノー株問題は現状維持が続く」(ナカニシ自動車産業リサーチ)とみられるが、潜在的なリスクはくすぶる。





c0352790_13432697.jpg




次の焦点は6月中旬に開くルノーの株主総会で、16年の総会ではゴーン氏の報酬を約725万ユーロ(約9億円)とする議案に筆頭株主の仏政府など54%が反対した。

採決に拘束力はなかったものの、その後、ルノーはゴーン氏の報酬減額に追い込まれた。マクロン次期政権が対決姿勢を鮮明にすれば、資本構成の見直し論議が再燃する可能性もあるという。








☆☆☆やんジーのつぶやき
2年越しの因縁がらみの再燃は必至。
ゴーンCEOの報酬約725万ユーロ(約9億円)を安いとみるか高いとみるか、さて判定はいかに。










































































[PR]

# by my8686 | 2017-05-09 13:44 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

マクロン氏、仏大統領就任へ 仏首相が勝利を宣言

GW明けの月曜日。7日実施したフランス大統領選の決選投票は、午後8時(日本時間8日午前3時)に全国で投票を締め切った。カズヌーブ首相は同日、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相(39)が勝利したと宣言。
仏史上最年少で大統領に就任することになる。仏メディアによると、マクロン氏の得票率は65~66%程度で、結果の大勢は7日深夜に判明する見通しだという。





c0352790_13272206.jpg




初の女性大統領を目指した極右・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補(48)の得票率は34~35%割程度にとどまった。マクロン氏は二大政党による既存の政治体制からの脱却や親欧州連合(EU)の政策を掲げ、幅広い支持を集めた。
反EUや移民流入規制などの保護主義的な政策を主張したルペン氏は支持を伸ばせなかった。





c0352790_13273690.jpg




今回の大統領選の有権者数は約4700万人。調査会社Ipsosの予測によると、投票を棄権した有権者の割合は25.3%と4月23日の第1回投票の22.2%を大きく上回り、決選投票としては1969年以来の高水準になったもよう。正式な最終結果は10日に発表される。

フランスでは60年近くにわたり二大政党が大統領の座を占めてきた。だが4月23日に実施した1回目の投票では二大政党の候補がともに落選。決選投票は「親欧州」を唱えるマクロン氏と、「反欧州」を訴えるルペン氏の戦いになった。





c0352790_13275432.jpg




欧州では英国が2016年6月の国民投票でEUからの離脱を決定。仏大統領選は、ルペン氏が勝利すればEU崩壊の決定打になる可能性があることから世界の注目を集めていた。
米国で保護主義的な通商政策を掲げるトランプ政権が誕生したこともあり、反グローバル化の波が加速するかどうかを占う選挙とも位置づけられていた。

マクロン候補は仏国立行政学院(ENA)を卒業後、ロスチャイルド家のフランス部門で投資銀行家として頭角を現した。オランド政権で経済産業デジタル相を務めたが、議員の経験はない。大統領選ではEU統合の推進や経済改革による景気の活性化を訴えた。

ルペン候補はFNの創設者ジャンマリー・ルペン氏の娘。弁護士でもある。高止まりする失業率の原因がEUや移民の流入にあると主張し、EUからの離脱を問う国民投票の実施を求めていた。

反ユダヤ主義などFNの過激路線を修正し、厳しい移民規制などを提唱して台頭した。





c0352790_13281135.jpg







☆☆☆やんジーのつぶやき
マクロン候補の当確で欧州投資にも拍車がかかりそうだ。
ある筋によれば「ドイツ銀行」も狙い目だという。
欲の皮の張り過ぎには注意が寛容。








































































[PR]

# by my8686 | 2017-05-08 13:28 | Trackback | Comments(0)

GW最終日は阪神戦に燃えよう

昨日の阪神戦には驚きを隠し切れなかった。球史に残るミラクル逆転劇と呼んでいいだろう。

5回表を終え0―9と防戦一方だったが、8点を追う6回に打者一巡11人の猛攻で一挙7得点。1点差に迫った7回に糸原の同点打、続く梅野の勝ち越し打で逆転。今季最多タイの4連勝で、昨年4月8日以来393日ぶりとなる単独首位に浮上した。

9点差の逆転は球団史上初という歴史的1勝で、金本阪神がさらに勢いを増した。



c0352790_11395600.jpg





あらためて、勝負の怖さを思い知らされた試合となった。

ビデオ判定中にTV放送が突然終了してしまうのも・・・いかがなものかと思ったが・・この後、阪神打線が爆発してしまった。




c0352790_11422958.jpg





85年バックスクリーン3連発級の衝撃! まさに球史に残る大逆転劇だった。球団史上初となる9点差をひっくり返しての逆転勝利。4時間19分に及んだ激闘を執念の采配で制した金本監督は珍しく興奮していた。






c0352790_11424204.jpg




「お客さんに、申し訳ない気持ちでいっぱいで。最初はお客さんのためにも“少しでも沸かせてやれ”という気持ちだったんですが、まさか…」

点差もさることながら、内容も散々だった。6回表の時点で3失策。記録に残らない失策を加えると、数多くのミスがあった。だが、勝負は最後まで分からない。いや、ナインの誰もが、あきらめてはいなかった。金本監督が勝敗の分岐点に挙げたのは、4点を返してなおも6回2死満塁から飛び出した、高山の走者一掃となる右翼線3点三塁打だった。





c0352790_11434666.jpg





逆境をはねのけてつかんだミラクル逆転劇。今季初、昨年4月8日以来393日ぶりとなる単独首位は、猛虎にとってこれ以上ない筋書きとなった。
それでも金本監督に油断はない。「慢心することなく、おごることなくやっていきたい」。今年は違う。底知れぬ脅威を強敵・広島に見せつけた。





c0352790_11440651.jpg








☆☆☆やんジーのつぶやき
今日の試合も大いに見ものとなる。
カ舞吼フェイスシールで燃え上がろう!!


































































[PR]

# by my8686 | 2017-05-07 11:44 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

「セスティナ・アルタフォルテ」を詠む

GW4日目。連日真夏日のようなGWのなか、今朝は曇り空となった。
黄砂で喉に違和感をおぼえていただけに、今朝の湿り加減がありがたい。

昨日は、噂の「LECT」見学。本好きにはありがたいスポットができた。
蔦谷書店の文化複合施設「T-SITE」。選りすぐったライフスタイルを中心にショップと融合した書店という立ち位置。
神社のお祭りで賑わう出店的雰囲気もある。



それはさておき、昨日気になったエズラ・パウンドの詩を詠んでみよう。



エズラ・パウンドの詩集「ペルソナ」から「セスティナ・アルタフォルテ(Sestina: Altaforte)」(壺齋散人訳)より



  くそ! ここはなにもかも平和の臭いがするぞ
  出て来いパピオール 音楽だ!
  俺がよみがえるのは戦いを見るときだ
  数々の軍旗が黄色や紫にはためき
  その下に広がる野原が血の色に染まる
  そんなとき心は半ば狂乱し 俺は喜びの雄たけびをあげるのだ





c0352790_12132373.jpg






  灼熱の夏が俺は好きだ
  嵐が地上に吹き荒れ
  イナビカリが暗黒の空を赤く染め
  雷鳴が轟々たる唸り声をあげ
  雲を吹き飛ばす風が気違いじみた声を立て
  空一面に神の剣が打ち合う そんな季節が好きだ





c0352790_12134916.jpg






  さあ 剣を振りかざせ 戦いが始まったぞ
  軍馬のいななきが戦場にひびき
  兵士らの鎧と鎧がぶつかり合う
  一年の平和より一時間の戦いがどれほど充実していることか
  売春宿のワインもか弱い音楽もくそ食らえ
  真っ赤な血に勝るワインはない







c0352790_12134209.jpg







  俺は太陽が血のように赤く昇るのを見るのが好きだ
  その光線は闇を貫き
  俺の心を喜びで満たしてくれる
  俺は音楽に酔いしれて口を大きく開き
  太陽がこの世の平和を嘲笑するところを見る
  俺は孤独な力が闇と戦うところを見るのが好きだ







c0352790_12142157.jpg






  戦いを恐れてしゃがみこむような奴は
  赤い血など流れておらず
  勝者の栄光や剣のきらめきとは無縁な
  女々しい平和が似合っている
  そんな奴はさっさとくたばるがいい
  俺の音楽で空気を満たしてやるから








c0352790_12135455.jpg







  パピオル パピオル 音楽だ!
  剣同士がかちあう音ほどいい音はない
  戦場の雄たけびほど心ときめく音はない
  俺たちの剣先から赤い血を滴らせ
  豹のようにしなやかに駆け回ろう
  平和を称える奴などくそ食らえだ








c0352790_12145119.jpg






  剣の奏でる音楽で大地を赤く染めろ!
  剣と剣がかち合う音を聞け!
  平和を称える奴などくそ食らえだ!








c0352790_12141928.jpg














☆☆☆やんジーのつぶやき
エズラ・パウンドがアメリカ軍にとらえられ、ピサの収容所に入れられていた時期に書かれた「ピサ詩編」を詠んでみたいと思った。
キャントーズの中でももっとも迫力あるものだという。






































































































[PR]

# by my8686 | 2017-05-06 12:15 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)