「SFガジェット」を読み解く

台風の影響で朝方は雨模様の日曜日。
太平洋側を北上したようである。午後からは、晴れ間がのぞく。

午後からは、近場のスポーツセンターのトレーニング室で汗を流す。
有酸素運動用バイクを約40分。腹筋と背筋を鍛えるウェイトマシーンを少々。程よいストレッチ効果が汗感を刺激する。





それはさておき、気になったSF感溢れるガジェット作品を見てみよう。
PCパーツやプラモデルのパーツなどを使って、独自のハードSF感溢れるガジェットを制作している造形作家・池内啓人の作品である。



c0352790_18385842.jpg



国内外を問わず、近年多くの注目を集め池内の個展「READYMADE」が、東京・中野のSF gallery.で10月初めに開催された。

池内は、多摩美術大学の卒業制作として発表したジオラマ作品『プラモデルによる空想具現化』が「文化庁メディア芸術祭 第17回(2013年)エンターテインメント部門 優秀賞」を受賞。

世界最高峰のメディアアートイベント「アルス・エレクトロニカ」に招待されるなど、着実にその注目度が上がっている造形作家である。




c0352790_18393013.jpg




最近では、メジャーデビューを果たしたアーティスト・TORIENAの最新MV「MELANCOZMO」やシンガーソングライター・ReNのMV「Life Saver」にプロップ(小道具)提供を行い、近未来的な世界観の表現に大きく貢献している。






c0352790_18395280.jpg




「KAI-YOU.net」では、そんな池内の作品を起用した写真作品が数点、特別公開された。
所収元となるのは、クリエイティブユニット・PLAMOVによる同人誌『PLAMOV vol.2』。
同誌では表紙も含め、“IKEUCHI products×流葉”と銘打ち、コスプレイヤー・流葉が池内の作品を身にまとっている。





c0352790_18401199.jpg



その世界観から湧き上がるイメージが拡散光として官能を刺激していく。




c0352790_18403113.jpg



「PLAMOV vol.2」では、“IKEUCHI products×流葉”の全カットに加え、オルタナティブ・アイドルグループ「ヤなことそっとミュート」の間宮まにや、COMPLExxx所属のまのみからのコンセプチュアルな撮り下ろし写真、そのほかオリジナルマンガやコラムといったさまざまなコンテンツも詰まっている点が興味深い。







☆☆☆GGのつぶやき
脳髄がハックされそうな池内啓人の作品群。
映画ブレードランナーの公開と共にコンセプチュアルなシーンが爆発しそうである。












































































[PR]

# by my8686 | 2017-10-29 18:41 | デザインに何ができるか | Trackback | Comments(0)

東京モーターショー2017 TOYOTA 「GR HV SPORTS concept」を初公開

10月25日から「東京モーターショー2017」が開催されている。

今回の注目は、なんといってもトヨタのコンセプトカー「GR HV SPORTS concept」である。

我愛車86の進化形を想起させる世界初披露のコンセプトカーである。



c0352790_19031086.jpg




あらためて、その内容を読み解いてみよう。


TOYOTAは、10月25日(水)から11月5日(日)までの12日間、東京ビッグサイトで「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに開催される第45回東京モーターショー2017において、スポーツカーと環境技術を融合した新たなクルマの楽しさを提案するコンセプトカー「GR HV SPORTS concept」を世界初披露する。



c0352790_19033081.jpg






■主な特徴

TOYOTA GAZOO Racingが世界耐久選手権(WEC)で戦うハイブリッドレーシングマシン「TS050 HYBRID」を想起させるデザイン。

トヨタ伝統のオープンスポーツ「トヨタスポーツ800」(通称・ヨタハチ)や、「スープラ」にも設定された「エアロトップ」スタイル。

「TS050 HYBRID」で鍛えたハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」を搭載。




c0352790_19034692.jpg






■デザイン

ピュアスポーツカーとして機能性を徹底的に追求すると同時に、TS050 HYBRIDをイメージさせるLEDヘッドランプやアルミホイール、リヤディフューザーを採用。トヨタモータースポーツとのつながりを感じさせるデザインとした。

力強さと迫力を感じさせるマットブラックをボディカラーに採用。




c0352790_19040156.jpg




■インテリア

センタークラスターにオートマチックのギアポジションスイッチを配置し、レーシーな雰囲気を演出。

プッシュ式のスタートスイッチを開閉式のシフトノブ内に設置し、遊び心を持たせている。




c0352790_19041701.jpg




■操る楽しさ

THS-Rによるピュアスポーツカーとしての走りと、エアロトップによるオープンエアの開放感を同時に満喫させる。

ボタンひとつでマニュアルモードへの切り替えが可能で、オートマチック車でありながら6速マニュアル車のような操作を楽しめるHパターンシフトを採用。

ハイブリッドバッテリーを車両中央付近に搭載。重量物である駆動用のバッテリーを中央に搭載することで、スポーツカーとして走りの性能向上にも貢献している。



c0352790_19043435.jpg






☆☆☆GGのつぶやき
豊田社長の熱き心が生み出した「GRガレージ」の存在。
我愛車86も車検から定期点検までお世話になっている。
「GR HV SPORTS concept」に官能が震え始めている。






































































[PR]

# by my8686 | 2017-10-28 19:04 | スポーツカーが、やっぱり好きだ。 | Trackback | Comments(0)

「神鋼不正、新たに4件 子会社銅管ではJIS取り消し」を読み解く

日本の品質管理が揺らいでいる。

100年以上にわたり日本のインフラを支えてきた歴史を持つ「神戸製鋼所」。
東証一部上場の大手メーカーにあってはならない不祥事である。

いつから、どうして箍がはずれてしまったのか。



あらためて、この内容を読み解いてみよう。

神戸製鋼所は26日、子会社で生産する鋳物の検査データ改ざんなど新たに4件の不正が見つかったと発表した。
子会社の製品が日本工業規格(JIS)の認証を取り消されたことも公表した。



c0352790_14315867.jpg



これまで不正が判明していた製品の出荷先525社のうち、約8割にあたる437社で安全確認が進んだことも明らかにしたが、安全性の検証は道半ばだ。

新たな不正のうち3件は、子会社の神鋼造機(岐阜県大垣市)がつくる「鋳物」「減速機」と、子会社のコベルコ科研(神戸市)が試作した「合金」。データ改ざんや捏造がおこなわれた。

もう一つは、神鋼の機械事業部門による金属部材の表面加工処理で、加工品の測定データを改ざんした。
出荷先は計約10社。安全性はこれから確認する。さらにこれらとは別に、海外工場が出荷する建材向け鉄鋼製品で不正の疑いが浮上している。



c0352790_14340348.jpg


JIS認証取り消しとなったのは、子会社コベルコマテリアル銅管の秦野工場(神奈川県秦野市)がつくる銅管。
JIS認証を受けた国内外の工場のうち、秦野工場を除く19工場でも認証機関による調査が始まる。





c0352790_14341559.jpg


川崎博也会長兼社長は「(新たな取り消しは)100%ないとは言い切れない」という。
神鋼は昨年、グループ会社の製品でJIS認証を取り消されたばかり。同じグループで2年連続取り消しは初めてだ。

一方、神鋼は、不正製品の出荷先の約8割で、一定の安全性を確認したと発表。製品回収が必要なケースはないという。
だが、製品には出荷先から転売されたものも多い。追跡して確認を急ぐが、完了時期は見通せていない。さらに、確認対象は昨年9月から今年8月に出荷されたものにすぎない。

神鋼は26日付で、松井巌・元福岡高検検事長ら弁護士3人でつくる外部調査委員会を設置した。



さらに、近年の社歴をみてみよう。


2001年(平成13年)に新日本製鐵と鉄鋼事業で包括提携を結び、2002年(平成14年)からは住友金属工業を加えた三社提携戦略を取っている(前述2社は2012年10月に合併し、新日鐵住金となった)。
トップリーグ参加のラグビーチーム・コベルコスティーラーズは国内で屈指の強豪として知られる。



c0352790_14342800.jpg




さらに、社訓をみてみよう。


KOBELCOの3つの約束

神戸製鋼グループの社会に対する約束事であり、グループで共有する価値観。
①信頼される技術、製品、サービスを提供します。
②社員一人ひとりを活かし、グループの和を尊びます。
③たゆまぬ変革により、新たな価値を創造します。



c0352790_14344471.jpg



KOBELCOの6つの誓い

神戸製鋼グループに属する全社員がKOBELCOの3つの約束を果たすための誓い。
①高い倫理観とプロ意識の徹底
②優れた製品・サービスの提供
③働きやすい職場環境の実現
④地域社会との共生
⑤環境への貢献
⑥ステークホルダーの尊重







☆☆☆GGのつぶやき
りっぱな社訓をかかげながら、やっていることは三流以下である。
驕りなのか、隙なのか、箍が外れてしまったことは事実。
データ改ざんや捏造を漫然と繰り返していたことは、驚愕するとともに非常に悪質である。

























































































[PR]

# by my8686 | 2017-10-27 14:35 | ヘビーな話は、謹んで | Trackback | Comments(0)

「独裁者とスズメ」を読み解く

日本の安倍一強政治継続が決定した。
中国においても2期目の習近平指導部が25日、発足した。



c0352790_11061812.jpg




中国共産党最高指導部の政治局常務委員(7人)には、これまでの5年間、習体制を支えてきた5人が新たに加わった。
政治局も含めた全体(25人)でみれば「習派」の存在が一層強まり、習氏の意向を反映しやすい態勢が着実に進んだといえる。



あらためて、本日の天声人語「独裁者とスズメ」を読み解いてみよう。


1950年代、中国の全土でスズメ撲滅運動が起きた。



c0352790_11063685.jpg




当時の指導者だった毛沢東の指示により、ネズミ、ハエ、カと並ぶ「四害」とされた。

穀物をついばみ、人間の食糧を減らすというのが理由。
人海戦術で追い回し、殺していった。





c0352790_11065314.jpg



スズメは害虫も退治してくれると、分かっていた科学者はいただろうに。

理不尽な指示でも歯止めがきかなかったのは毛沢東の個人独裁ゆえか。
害虫が大量に発生し、収穫を減らしてしまったという。

同じく毛沢東が率いた文化大革命も人々を混乱に陥れた。個人独裁、個人崇拝の反省の上に、その後の集団指導体制がある。




c0352790_11070529.jpg



そう思っていたら、どうも雲行きが怪しい。

共産党の憲法にあたる規約に、習近平総書記の名を冠した思想が盛り込まれた。
存命中の指導者としては毛沢東以来という。




c0352790_11071837.jpg




腐敗撲滅で人気を得たのは分からぬでもないが、習氏を礼賛する歌が街角で歌われるとなると異様である。
そんな指導者の下、経済も軍事も強国になるという。

昨年の中国出張の際、経済学者に取材を申し込んだが断られた。どうも経済情勢が思わしくないので話をしたくないらしい。

不調の時こそ彼らの出番なのに。外国人記者を避けるだけならまだしも、提言やチェックが全く機能しない社会だとすれば、強さは生まれない。





c0352790_11073044.jpg




貧富の差は米国以上という不思議な社会主義国である。体制維持のために強いリーダーを演出し、強国という愛国心に訴える。隣にいるのは、どこか危うさをはらむ指導者である。








☆☆☆GGのつぶやき
どこか危うさをはらむ指導者は、中国ばかりではあるまい。
安倍政権も毛沢東が歩んだ箍の外れた愚行だけは、避けてもらいたい。

























































































[PR]

# by my8686 | 2017-10-26 11:13 | ヘビーな話は、謹んで | Trackback | Comments(0)

「iPhone 8/iPhone Xでラインアップが30種から半減」を読み解く

米アップルは2017年9月に発表イベントを開催し、iPhoneシリーズを刷新した。



c0352790_10344815.jpg




あらためて、その状況を読み解いてみよう。


今回「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の3機種をラインアップに追加した。それぞれ699ドル、799ドル、999ドルからという価格設定。iPhone 8とiPhone 8 Plusは、従来のiPhone 7シリーズよりもそれぞれ50ドル、30ドルの値上げとなった。

過去のモデルで残されるのは4インチの低価格モデルiPhone SEで349ドル~に値下げとなる。2015年モデルのiPhone 6s/6s Plusは449ドル~に値下げ。そして2017年モデルのiPhone 7/7 Plusは549ドル~に値下げされた。



c0352790_10351288.jpg




■ラインアップは全てARKit対応

iPhone SEとiPhone 6s以降のモデルをラインアップは残されている。この基準の1つが、搭載プロセッサ「A9」だ。

新しいiOS 11で、AR用のAPIである「ARKit」を提供する。ARKitを使用するアプリは、A9プロセッサ以降でなければならない。そのため、1世代古いA8プロセッサを搭載するiPhone 6を残すことは、「世界最大の拡張現実プラットフォーム」を掲げるアップルの方針に合致しない。

もう1つの注目ポイントは、iPhone SEの価格の値下げ。これまで399ドル~だったiPhone SEは、349ドル~と50ドルの値下げとなった。これは先進国における子供や格安SIMユーザーの取り込みに有効であると同時に、インドや東南アジアなどの急成長している地域でユーザーの裾野を広げることができるという。



c0352790_10353117.jpg




■色と容量の選択肢は減る

iPhone 7シリーズではこれまで6色展開だったが、最新モデルのiPhone 8シリーズでは3色に、iPhone Xでは2色に減らした。

iPhone 7ではシルバー、ブラック、ゴールド、ローズゴールド、ジェットブラック、PRODUCT(RED) Special Edition(赤)の6色のラインアップがあった。しかしiPhone 8では、シルバー、ゴールド、スペースグレーの3色に絞られた。

またストレージ容量のバリエーションも、それまでの32GB・128GB・256GBから、64GBと256GBの2種類に変更した。これに伴い、今まで100ドル刻みだった容量別の価格も、150ドル差に拡大した。例えばiPhone 8 256GBモデルを選ぶと、以前のiPhone 7の256GBモデルと同じ価格になり、結果的には値上げとは言えないのかもしれない。

なお、継続販売となったiPhone 7は32GBと128GBの2つのストレージ容量の展開となり、それまで128GBモデル以上でしか選べなかった光沢のあるアルミニウム、ジェットブラックのiPhone 7を32GBモデルでも選択できるようになった。



c0352790_10354762.jpg





■年々深刻化していた品薄状態

iPhoneは発売直後の品薄状態が年々深刻になっている。ほとんどの場合、年末までには手元に届くことが多いが、人気色のiPhone 7のジェットブラックなどは、思うように手に入らない期間が長かった。

これまでのiPhoneの顧客は、予約して手元に届くのを辛抱強く待ってくれたかもしれない。しかし度が過ぎれば、待つのを諦めて、別のスマートフォンの登場やキャンペーンなどに流れてしまう可能性が高まる。

もし最後まで顧客が待ってくれたとしても、早期に販売できなければ、当該期の決算の販売台数に反映されない。iPhoneを屋台骨にしているアップルにとって、投資家へ大きなマイナスイメージを与えることになる。



c0352790_10360156.jpg




■マーケティングと製造のバランスを取る

これを回避するには、順調にiPhoneが製造され、顧客の手元に渡っていくこと、その体制をいかに作り上げるかということが重要だというわけだ。そのためにアップルは、色数を絞り、ストレージ容量のバリエーションも減らした。

iPhone 7とiPhone 8のラインアップを比べてみる。日本の場合、iPhone 8発表直前のiPhone 7/7 Plusは6色展開、3種類のストレージ容量、2種類のサイズで、合計30種類が存在していた。正確には国や地域ごとの違いもあるのでそれ以上になる。

一方のiPhone 8/8 Plusは、3色展開、2種類の容量、2種類のサイズで、合計12種類にとどまる。iPhone Xを加えても2色×2種類の容量で4種類となり、これを加算しても16種類だ。最新モデルのラインアップ数を半減させることで、より安定した供給を目指したと考えられる。

ただし、iPhoneの色数の減少は、顧客にとってネガティブに映るかもしれない。特にゴールドとローズゴールドが統合され1つのゴールドとなったことは、ゴールドのiPhoneのファンにとって選択肢が狭まることになってしまう。

実際にゴールドのiPhone 8を見てみると、光の当たり方によってはゴールドにも、ローズゴールドにも見えるような、そんな絶妙な色味に調整されていた。この色味であれば、ゴールド1色でも顧客に満足してもらえると考えたのであろう。




c0352790_10361684.jpg





■新要素は次のスタンダードに

iPhone Xに搭載された新しいハードウエアは有機ELディスプレイと、TureDepthカメラ、そして背面の望遠カメラの光学手ぶれ補正機能だ。実は、iPhone 8との差異はさほど大きくない。

iPhone Xに搭載された有機ELディスプレイは、現在韓国サムスン電子の1社が供給しているとみられている。韓国LG電子やジャパンディスプレイが供給に乗り出すのは2018年以降になる可能性が高い。

iPhone 8とiPhone Xの違いはディスプレイを含むフロント側の仕様に集中している。iPhoneの全ての需要を満たすだけのディスプレイパネルが用意できず、iPhone 8とは別にiPhone Xを投入せざるを得なかったという見方もできる。ホームボタンがあるiPhone 8にはTure Depthカメラによる生体認証を載せないことにし、iPhone Xの特別さをアピールしたと考えられる。




c0352790_10363058.jpg




アップルは早ければ2018年のiPhoneシリーズから、より広範に有機EL化を進めていくことになるであろう。例えば現在4.7インチのiPhone 8のディスプレイを5インチに大型化しつつ、ボディサイズはそのままか、さらに小型化することも考えられる。

サムスン以外の各社によるアップルへの有機ELディスプレイパネルの供給合戦で、どれだけ価格が下がってくるか。そして小型のiPhoneへの有機EL採用が進んでいくのかどうか。今後はこのあたりに注目すべきだろう。



c0352790_10364497.jpg










☆☆☆GGのつぶやき
未だにガラパゴス携帯しか持たない主義のGGである。
しかし、愛用していたiPodがショートしてしまい、音楽専用端末がわりに格安iPhoneを2台持ちしてみるかと思考中の昨今である。
はたして、何がベストなのであろうか。贅沢な悩みがまたひとつ増えそうである。























































































[PR]

# by my8686 | 2017-10-25 10:37 | デザインに何ができるか | Trackback | Comments(0)