愛車86と焚火とソロキャンプへの想い

今朝ふとガレージに「相棒86」の姿のないことに気がついて、奴といろんな「お気に入りの場所」に行ったことを思い出していた。回想していくと、ふと「焚火」や「ソロキャンプ」への欲求が湧いてきた。



そういえば、寺山修司の作品に「事物のフォークロア」という現代詩があったことを思い出す。

少し触れてみよう。





一本の樹にも
流れている血がある
樹の中では血は立ったまま眠っている





c0352790_13115860.jpg





どんな鳥だって
想像力より高く飛ぶことはできないだろう

世界が眠ると
言葉が目をさます

大鳥の来る日 甕の水がにごる
大鳥の来る日 書物が閉じられる
大鳥の来る日 まだ記述されていない歴史が立ちあがる
大鳥の来る日 名乗ることは武装することだ
大鳥の来る日 幸福は個人的だが不幸はしばしば社会的なのだった







c0352790_13130019.jpg







一八九五年六月のある晴れた日に
二十一才の学生グリエルモ・マルコニが
父親の別荘の庭ではじめて送信した
無線のモールス信号が
たった今 とどいた

ここへ来るまでにどれだけ多くの
死んだ世界をくぐりぬけてきたことだろう

無線電信の歴史のすべてに返信を打とうとして
少年はふと悲しみにくれてしまった

書くことは速度でしかなかった
追い抜かれたものだけが紙の上に存在した

読むことは悔誤でしかなかった
王国はまだまだ遠いのだ

今日の世界は演劇によって再現できるか
今日の演劇は世界によって再現できるか
今日の再現は世界によって演劇できるか







c0352790_13132284.jpg






そうそう 中学生の頃、公園でトカゲの子を拾ってきたことがあった。

コカコーラの壜に入れて育てていたらだんだん大きくなって出られなくなっちまった。
コカコーラの壜の中のトカゲ、コカコーラの壜の中のトカゲ
おまえにゃ壜を割って出てくる力なんかあるまい

日本問題にゃおさらばだ
歴史なんて所詮は作詞化された世界にすぎないのだ!
恨んでも恨んでも恨みたりないのだよ、祖国ということばよ!

「大事件は二度あらわれる」とマルクスは言った

一度目は悲劇として、二度目は喜劇としてだ!
だが真相はこうだ!一度目は事件として、二度目は言語として、だ
ブリュメールの十八日は言語だ!連合赤軍も言語だ!
そして俺自身の死だって言語化されてしまうのを拒むことが出来ないのだよ!

ああ、喜劇!







c0352790_13134463.jpg






まだ一度も作られたことのない国家をめざす
まだ一度も想像されたことのない武器を持つ
まだ一度も話されたことのない言語で戦略する
まだ一度も記述されたことのない歴史と出会う

たとえ
約束の場所で出会うための最後の橋が焼け落ちたとしても


(寺山修司「事物のフォークロア」)より









☆☆☆GGのつぶやき
寺山修司の詩集を持ってソロ・キャンプに行くも一興。
焚火の火をチラチラ眺めながらホットウィスキーでもやろう。





























































[PR]

# by my8686 | 2018-12-14 13:14 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

愛車86バルブスプリングリコール対応

昨日12/12は、午後から愛車86リコール対応のため「トヨタGR」に出向く。
元「AREA86」の時分からカスタムとメンテナンスを依頼している行き付けのトヨタディーラーである。

顔見知りのスタッフとは足かけ約5年のつきあいになる。
その中の女性スタッフは、レーサーとしてもCMに登場する根っからの86女子でもあるのだ。
気心のしれた信頼できるスタッフにお願いしたほうが、なにかと安心ではある。




c0352790_15091387.jpg




トヨタ本部から正式に「リコール案内」が届いたのが11月初旬。最短でのリコール対応の受付開始が昨日の12/12となる。

バルブスプリングの交換となるとエンジンを下しての作業となるため、約一週間愛車を預けることになる。
良い機会なので、プラグとベルトの交換を依頼する。





あらためて、今回の「バルブスプリング交換」について読み解いてみよう。
正式に国土交通省から発表になったのが今年11月2日。リコールNO.4361。



内容詳細を読んでみる。

「原動機の動弁機構部において、設計が不適切なため、バルブスプリングの設計条件 よりも過大な荷重及び一般的な製造ばらつきによる当該スプリング材料中の微小異物 によって、当該スプリングが折損することがある。そのため、エンジンから異音が発生し、 また、エンジン不調となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。」





c0352790_15095461.jpg





対策方法としては、「全車両バルブスプリング対策品に交換」。
不具合件数は94件。この94台に同様の故障が起こったためリコールに踏み切ったということらしい。

車種は86やBRZだけではなくインプレッサなども対象となっている。



我愛車86は、下記に該当する。

■車名 型式通称名 リコール対象車の車台番号の範囲及び製作期間

トヨタ DBA-ZN6 「86」 ZN6-002028 ~ ZN6-031766
平成24年3月12日 ~ 平成25年7月2日  26,804台。



さらに気になるのは、今回のリコール対応に関する「作業指数」である。

・シリンダーヘッドのヘッドガスケット交換、作業指数19.6時間。
・1台分のカムシャフト交換、16.5時間。
・シリンダーヘッドOH、25.1時間。
・バルブクリアランス調整、16.2時間。
・エンジン脱着、6.8時間~8.2時間(AT車)。

次に問題になるのはシリンダーヘッドを外すかどうかだ。

ヘッドは下ろさずにエンジンが降りていれば作業スペースの問題はない。
シリンダーヘッドをエンジンにつけた状態でバルブスプリングの交換をするとなると、プラグを外してプラグの穴から圧縮エアを燃焼室に入れて機密性を保持する必要がある。

カムシャフトを取り外している状態であれば、それぞれの気筒を圧縮上死点に合わせるのはクランクシャフト側だけで済む。

バルブはカムシャフトを外していれば全て閉じてる状態になるから、作業するシリンダーのピストントップだけ出しておけばリスクは少なくなる。
あとは圧縮のエアを入れてバルブを燃焼室側から空気で保持しておきながら順番に交換できる。

バルブスプリングコンプレッサはエンジンが降りていれば修正と調整はやりやすい。これだけの台数であれば専用治具を作製して対応するであろう。
ざっと全ての作業指数を合計すると85.6時間。工賃だと10万円以上はオーバーするコースとなる。

「正式なリコール案内には、所要時間約8時間40分~10時間30分を要します。」とある。

他車の修理・検査作業との並行作業となれば、余裕をみて約1週間は妥当な時間であろう。レンタカーの代車サービスを受けているので焦ることはない。とにかく不具合が再発しないように対応願いたい。





c0352790_15105255.jpg





次は、86の「点火プラグ」について見てみよう。


86/BRZ(ZN6/ZC6)の純正プラグはDENSO製プラグ「熱価9番」である。

トヨタ純正部品の品番:SU003-04931
DENSO IRIDIUM型式:ZXE27HBR8





c0352790_15110899.jpg





水平対向エンジンの悩みと言えば、プラグ交換の面倒くささである。

ECUセッティングの場合もこのプラグとタイヤの新品交換による現車合わせが基本となる。水平対向はプラグ交換費用がプラスされるためECUまで書き換えとなると割高になる。

86/BRZ(ZN6/ZC6)のプラグ電極は、走行距離1万㎞でおよそ0.005mm削れていくという。
イリジウムプラグは、メーカー推奨が10万km交換であるから、電極が0.05mm削れると交換した方が良いということになる。








☆☆☆GGのつぶやき
幸か不幸か、今回のリコール交換作業時にこの点火プラグ交換を依頼した。もちろん、作業代はサービスとなる。
プラグ電極の消耗は、微妙な点火タイミングのずれが燃費にも影響しエンジンの吹け上がりにも影響してくる。
リコール対応後の燃費改善とボクサーエンジンの吹け上がりを期待したい。

































































[PR]

# by my8686 | 2018-12-13 15:11 | やんちゃな愛車86GT | Trackback | Comments(0)

DVD映画「15時17分、パリ行き」を観る

昨夕は、レンタルしたDVD映画「15時17分、パリ行き」を観る。




c0352790_11594922.jpg




レンタル理由は、クリント・イーストウッド監督の2018年作品という理由のみ。
予備知識はいっさいなにもない。

映画前半は、三人の少年時代のエピソードを絡めた主人公たちの生い立ちが克明に描かれて行く。
校長室に事あるごとに呼び出されてしまう、要領の悪い少年たち。

そして、成人した二人は軍隊に入隊し、黒人青年は大学に進学。
その三人の極日常がここでも細かく描かれて行く。決して飛びぬけて優秀な兵士と言うわけでもなく、要領を得ないどこにでもいそうな青年たちが描かれて行く。





c0352790_12001275.jpg





そんなある日、休暇を利用して欧州にやってきた三人がバカンス旅行を楽しんで行くうちに、運命の「15時17分、パリ行き」の高速列車に乗り合わせる。

2015年8月21日。アムステルダムからパリに向けて高速列車タリスが発車。列車は順調に走行を続け、やがてフランス国内へ。





c0352790_12003281.jpg





ところが、そこで事件が発生する。

乗客に紛れ込んでいたイスラム過激派の男が、自動小銃を発砲したのだ。突然の事態に怯え、混乱をきたす500名以上の乗客たち。

その時、犯人に立ち向かったのが、彼等三人組だった。
なぜ彼らは、死の恐怖に直面しながらも、困難な事態に立ち向かうことができたのか……?






c0352790_12005762.jpg





2015年に起きたパリ行きの特急列車内で起きた無差別テロ襲撃事件、通称「タリス銃乱射事件」。
偶然居合わせた3人の若者は、なぜ死の危険に直面しながらも、犯人に立ち向かうことができたのか。

その真実を当事者本人が演じ、乗客までもが出演。実際起きた場所で撮影に望んだ究極のリアリティ映画を追求している。






c0352790_12030890.jpg





まだ誰も踏み込んだことのない新しい映画の可能性を、87歳になってもなお挑戦し追及し続けるクリント・イーストウッド監督が、今を生きる我々にこの映画を通じて問いかけようとしているのであろう。






c0352790_12033471.jpg





監督は、原作を読んでこの構想を思いつき、「彼らの持つリアリティをそのまま映画に採り入れたら面白いんじゃないか、彼らがリラックスして、映画で描かれる出来事を追体験すれば、プロの役者に負けないリアリティを再現してくれるんじゃないかと思った。」と言う。

究極のリアリティを出すためにその効果はあったようである。







☆☆☆GGのつぶやき
「名もなきヒーロー」を描くことで日常性の中にある「重要性」を教えてくれる映画である。
映画終了後に観た「特別映像」で実際の本人や乗客が出演していることを知る。
役者の演技では表現できない「リアリティ」の意味を垣間見れた映画でもある。





















































































[PR]

# by my8686 | 2018-12-12 12:12 | たかが映画、されど映画 | Trackback | Comments(0)

「ゴーン容疑者ら再逮捕とフランスデモ騒動」を読み解く

昨日は午後から愛車86の冬タイヤ交換をおこなう。晴れた暖かい日なのでついでに洗車もすませる。
有給消化からすでに4週間が経過し、「休み」という特別な意識はない。静かな時間の流れを愉しむ気持ちのゆとりも出てきた。



それはさておき、12/11(火)本日は社会面を賑わせているゴーン再逮捕とフランスでのデモ騒動について読み解いてみよう。

カルロス・ゴーン容疑者が予測どうり再逮捕され、さらに20日間勾留される見通しだという。
法曹関係者の間では「国際的な理解を得られにくい」との批判がある一方で「当然の捜査手法」と理解を示す見方もある。

しかし問題なのは、日産と仏ルノーの20年近くにわたるアライアンス維持の方が、それを率いてきた人物よりも重要だという点であろう。日本とフランスの主要プレーヤーは少なくともその点で合意ができているという。




c0352790_14531854.jpg



フランス側は現実的な姿勢を示しており、ゴーン容疑者がアライアンスの要であったことを認めながらも、ルノーとフランスの産業にとっては同容疑者の個人的状況よりもアライアンスの方が重要性が高いとの立場を取っている。ただ、仏政府は19日以来勾留されているゴーン容疑者と駐日大使を面会させるなど、同容疑者への通常以上のサポートも行っており、今回の事態を巡る政治的な利害関係の大きさを物語る動きとも言える。

しかし、フランスのデモ騒動で足元に火がついたマクロン大統領としては、「レバノン系のゴーン事件」どころではないというのが、本音のようだ。

このデモ騒動は収まりそうもなく、フランス内務省は9日、国内各地で8日に行われたマクロン政権に抗議する「黄色いベスト運動」のデモに伴い全国で約2000人を拘束し、負傷者は全国で約200人にのぼるという。デモ参加者は全国で約13万6000人となり、今月1日と同じ規模。パリ市内では共和国広場周辺で8日夜まで混乱が続いたほか、南西部ボルドーや南部トゥールーズなど地方都市でも衝突が相次いだという。





c0352790_14535696.jpg





8日にはパリで路上の車などが放火され、装甲車や消防隊が急行し対応。国内各地で店舗の破壊、略奪も起きている。カスタネール内相は8日の記者会見で、暴力行為はデモに乗じた過激派らの仕業だと指摘し「全く受け入れられない」と強調。被害は1日より大きいとの指摘もある。

マクロン大統領の燃料税増税、社会保障費負担増の一方で、富裕層を優遇する政策をとっているとして、抗議行動は仏国全体にまでおよびかねない様相のようだ。





c0352790_15140795.jpg







歴史は再び繰り返されるのであろうか。フランスの二月革命など欧州各地で起きた1848年革命を想起する。


マルクスとエンゲルスが1848年に刊行した『共産党宣言』の中で、「今日まであらゆる社会の歴史は、階級闘争の歴史である」という歴史観を述べている。その上で、近代ブルジョワ社会においては全社会がブルジョワジーとプロレタリアートに分かれていくこと、そして最終的にはプロレタリア革命によってプロレタリアートが勝利し、階級対立の歴史が終わることを予言したことを思い起こす。





c0352790_15142835.jpg






1895年にエンゲルスが死んだ後、マルクス主義政党として急速に勢力を拡大していたドイツ社会民主党において修正主義論争が起こり、エドゥアルト・ベルンシュタインは株式会社制度のためイギリスやフランスにおいて有産層はむしろ増えていることを指摘して『共産党宣言』の両極分解論を否定した。事実、西欧先進国においてはプロレタリア政党は権力を獲得できず、むしろプロレタリアートが多数を占めていないロシアや中国においては革命が起こった。





c0352790_15144011.jpg







しかし今、新自由主義的な経済政策のもと、正規雇用にありつけず安定した生活が送れない多くの人々が生み出され、経済先進国に出現した新たな貧困層をプロレタリアートになぞらえて不安定なプロレタリアート=プレカリアートと呼ぶようになり、この概念は姿を変えて今「黄色いベスト運動」となっているとも理解できる。






c0352790_14555219.jpg










☆☆☆GGのつぶやき
「共産党宣言」の中でマルクスが最後に締めくくった章句が脳裏に浮かぶ。
「共産主義者は自らの意図や信条を隠すことを軽蔑する。プロレタリアはこの革命において鉄鎖のほかに失う何ものをも持たない。彼らが獲得するものは世界である。万国の労働者、団結せよ」
































































































































[PR]

# by my8686 | 2018-12-11 14:56 | たまには気になる経済学 | Trackback | Comments(0)

「アンダルシアの犬」を読み解く

数日前、蔦谷家電を散策するなか、「勉強の哲学」を基点にジル・ドゥルーズとフェリックス・ガタリを経てアントナン・アルトーを知る。

そのアルトーを回帰するなか、シュールレアリスム運動に至る。その当時の傑作と評された実験的ショート・フィルム「アンダルシアの犬」に昔の懐かしい記憶が甦ってきた。この映画は、アナキズムに心酔していたブニュエルによる「映画の機能を否定した映画」として、当時の文化人から大絶賛された問題作である。




c0352790_14075644.jpg





あらためて、この内容を読み解いてみよう。

大筋で男性と女性の情のもつれを描くものの明快なストーリーはなく、冒頭の女性が剃刀で眼球を真二つにされるシーンに始まり、切断され路上に転がった右腕を杖でつつく青年、手のひらに群がる蟻など、脈略のない、だが衝撃的な謎めいたイメージ映像が断片的に描かれる。




c0352790_14081397.jpg





これらはブニュエルとダリが互いに出し合ったイメージ群であり、観客はそれらのイメージから、何かしらを感じ取る事を要求された。
初めて上映された時、ブニュエルは観客の抗議を予想してポケットに投石用の小石を詰め込んでいたという。

しかし、パブロ・ピカソ、アンドレ・ブルトン、ジャン・コクトー、マックス・エルンスト、ル・コルビュジエ、ルネ・マグリット、ポール・エリュアール、ルイ・アラゴン、マン・レイ、トリスタン・ツァラらを含む観客は拍手喝采で映画を迎え、ブニュエルはシュルレアリスト・グループへの参加が許された。

女性が目を剃刀で切られるシーンでは、ブニュエルによれば死んだ子牛の目を用いたそうである。その事実が世間に広まるまでは、豚や馬の目、もしくは死体やスタッフの手作りによるものなど様々な憶測が飛び交っていたという。




c0352790_14083353.jpg





従来の映画とはまったく異なり、原因と結果、因果関係をあらわす「プロット」というものがないのが特徴である。
「むかしむかし」というシーンから、間にあるはずの出来事やキャラクターの変化など、後につながる要素が一切ないまま、唐突に「8年後」の世界へ移動する。

鑑賞者が混乱してしまうため通常の映画ではありえないが、この映画では意図的にプロットを省いている。
その理由は、ダリとブニュエルは当時の芸術ムーブメントだったシュルレアリスム芸術の映画版を作ろうとしたからだという。

シュルレアリスムとは簡単にいえば、寝ているときに見る夢の世界を描いた表現である。夢日記を視覚化したものだといってよいだろう。そのため、この映画の構造は“物語の論理で”はなく“夢の論理”に従って制作されている。





c0352790_14090030.jpg




夢の論理を用いて映画制作する際に二人が参考にしていたのが、当時、大人気だった精神医学者ジークムント・フロイトの自由連想法やシュルレアリム表現のひとつオートマティスムである。

自由連想法とは、人が無意識下に抑圧している事をあぶりだすための精神分析治療方法の1つで、自分でも意識できない無意識の世界を表面化(意識化)することによって、心の病気の根っこを探るというもの。

自由連想法方法とはいたって単純で、特定の人物に対して心に浮かんだこと、たとえ、それが相手にとっては「全く関係のないこと」や「意味の無いこと」であっても、隠さずどんどん話すようにする。それもなるべく、考える間を与えないぐらい連続で早く告げさせる。

こうすることで、その人が無意識に抑圧されている過去のトラウマ経験や認めがたい感情、自分が隠している欲望などの断片が現れるようになる。現れたさまざまな言葉をパズルのようにつなぎあわせることによって、少しずつ意識化させていき、自分でさえ知らなかったことが分かるようになるという。

この精神分析手法を芸術の世界に持ち込んだのがシュルレアリスムの「オートマティスム」だった。ブニュエルとダリは自由連想法を使って映画の脚本を作った。そのため、映画で現れるさまざまなシンボル、たとえば「蟻」「ロバ」など、1つ1つのシンボルそのものには意味はほとんどない。





c0352790_14091955.jpg




ブニュエルによれば、映画の意味を調べる唯一の方法は、映画内に現れるシンボルをもとに精神分析を試みることだという。

冒頭の自転車のシーンで椅子に座っている女性が脇に本を投げるシーンがある。床に落ちたときに開くページの絵はフェルメールの《レースを編む女》だが、これはダリが元々フェルメールの大ファンであった理由だけで挿入されている。絵画作品でもダリはよくフェルメールに対して言及することがあったという。

ただ何を意味しているかまでは分からない。ダリの無意識の世界に沈殿しているものなのであろう。《レースを編む女》の絵が、映画全体に直接関わる伏線ということは特にない。




c0352790_14093266.jpg





同じようにロバの死骸のシーンも、ブニュエルとダリが嫌っていた児童小説作家フアン・ラモン・ヒメネスのロバの小説に言及しているものだといわれている。これも映画全体には何の関係もない。

ブニュエルの脚本では、ラストシーンでは大量のハエが群がる男女のシーンになる予定だったが、予算の都合で男性と女性のカップルがビーチを歩いたあとに、砂の中に埋もれて射殺されるシーンに変更されている。








☆☆☆GGのつぶやき
ルイス・ブニュエル監督作品で鮮明に記憶しているのは、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の『昼顔』のみである。
しかし、濃密なエロティシズムから正統文芸作、冒険、社会主義リアリズム、コメディ、ドキュメントにいたるフェティシズムの濃い多くの作品群があることを再認識する。あらためて、1950年代からカンヌ、ヴェネツィア、ベルリン、アカデミー、ゴールデングローブ等々にいたる受賞作及びノミネート作を丁寧に見直してみたいと思うのである。











































































[PR]

# by my8686 | 2018-12-10 10:10 | たかが映画、されど映画 | Trackback | Comments(0)