一柳慧「何にも属さないのがオノ・ヨーコ」を読み解く

昨日に続き一柳慧のインタヴュー記事を読み解いてみよう。


■多種多様な芸術ジャンルが互いの垣根なく、それぞれの「常識」を突き崩し、時代の表現を探していた50年代のアメリカ。その象徴的存在だったモダンダンスの巨匠、マース・カニングハム(1919~2009)の新作で、音楽をたびたび担当した。




c0352790_12554185.jpg




彼は、音楽には驚くほど注文をつけませんでした。こういうタイトルで、これぐらいの長さのものをつくるのでよろしく、という感じ。一緒に作品をつくるアーティストをコントロールしようという気が全くなかったんです。





c0352790_12555493.jpg




自分のダンスが音楽を従えるというのではなく、そこに集うすべての芸術を等価にするという感覚。これは新鮮でした。ニューヨークのアート界を牽引していた画家のジャスパー・ジョーンズ、ロバート・ラウシェンバーグに対しても、同じことを言っていましたね。観客にも、ひとりひとりが自分なりの見方で舞台を見ることを求めました。






c0352790_12560639.jpg




ラウシェンバーグは「禁じ手」で自己表現する人でした。最初から照明をつけないとか、光を横の同じ位置に固定して当て続けるとか。俳優やダンサーをスポットライトで追うだけという手法がいかにありきたりか、逆に鮮明になる。これは強烈でした。





c0352790_12561712.jpg






■様々な日本人芸術家との交流も盛んだった。中には後に結婚することになる、前衛芸術家のオノ・ヨーコも。



c0352790_12562999.jpg





内的な闘いを表現する彼女の作品は、アメリカのアートシーンでも特別な存在感がありました。彼女そのものがひとつのジャンルだった。もとは詩人ですが、何にも所属しないというのが彼女自身のアイデンティティーでした。






c0352790_12564600.jpg





一緒にやった仕事はあまりないのですが、社会通念にとらわれず、自分の胆力で本質を見いだしていく力は魅力的でした。私も参加した2001年の横浜トリエンナーレで、貨物列車を使った彼女の作品を見ました。






c0352790_12565947.jpg





人間を入れず、音だけを仕込んで、アウシュビッツに運ばれていく人たちが詰め込まれた風景を想起させた。いい発想だな、彼女らしいな、と思いました。





c0352790_12571218.jpg








☆☆☆やんジーのつぶやき
一柳は、1956年にオノ・ヨーコと結婚し1962年に離婚している。
学生時代、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの一連の平和運動パフォーマンスには辟易とさせられた記憶がある。
ビートルズを解散させ、ジョンを早死にさせた女性という悪いイメージが強いが、アートパフォーマンスの発想には瞠目させられた。
熱き時代の残像として今も棘のように記憶の壁に刺さっている。













































































[PR]

by my8686 | 2017-06-22 12:57 | 現代音楽のたしなみ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://my8686.exblog.jp/tb/26758735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。