人気ブログランキング |

「自由の象徴、上海の書店閉店」を読み解く

寒波もひと段落した感のある月曜日。このまま、春に近づいてくれればよい。
昨夕は、次男の縁談の朗報の余韻を噛みしめながら、市内にあるお気に入りの温泉に入り、その後、夕餉をいただく。


さて今朝は、中国・上海に20年間続いた書店「季風書園」が閉店したニュースを読み解いてみよう。



1月31日夜、中国・上海の書店「季風書園」は、歌声に包まれていた。



c0352790_10073805.jpg




Do you hear the people sing?(人々の歌が聞こえるか?)
Singing a song of angry men?(怒れる者の歌が聞こえるか?)


ミュージカル「レ・ミゼラブル」で苦しい暮らしを強いられる民衆が歌う曲だ。店を埋めた約500人の客たちが声を合わせた。




c0352790_10080932.jpg




この数時間後、店は20年続いた営業を終えた。民主主義に関する本が充実していた。中国社会の問題を議論するサロンも名物で、上海文化の「象徴」と呼ばれた。

しかし、当局の圧力でサロンの中止が増え、店の賃貸契約更新は拒否された。新たに受け入れてくれる場所は、上海にはもうなかった。

2012年に発足した習近平指導部の下、言論の引き締めが強まる中国。多様な考え方を認め合ってきた文化の発信地が、街から姿を消した。




c0352790_10083335.jpg





「季風書園」がその歴史を閉じた日、多くの客たちが最後を見届けようと店にやって来た。上海市の会社員女性(26)は「別れを惜しむ人たちが次々とやって来て、ギターを弾いて歌ったり、踊ったり。まさに送別会だった」と話す。

女性は前日の30日夜も店を訪れた。人が集まり始めたころ、突然原因不明の停電が発生。客たちはスマートフォンのライトや、ろうそくの火で本を読み、語り合ったと言い、「暗闇に星々が光っているようだった」という。




c0352790_10085386.jpg



店が週末ごとに開いた「サロン」では政治制度をテーマにした討論によく参加した。
「前は政治には関心がなかったけど、本を読み、議論するのが楽しくなった。真理とは、自由とは何か、いろんな意見が飛び交う雰囲気が大好きだった」と話す。

閉店から2日後、店の入り口にはシャッターが下ろされ、店員たちが片づけに追われていた。

「今の心境は、店の本棚と同じ。空っぽで空虚な気持ちでいっぱいです」。がらんとした店内を見渡しながら、経営者はつぶやいた。


上海に季風書園が生まれたのは、1997年4月。
シンクタンク「上海社会科学院」で哲学や中国近代思想史を研究していた厳搏非が創設。
当時の中国は、92年のトウ小平氏の「南巡講話」を受けて改革・開放路線が加速していった時代。開店の年の7月には香港返還もあった。



c0352790_10091713.jpg



店の運営理念は「文化の独立、自由な思想の表現」。哲学や民主主義に関する本や、中国の貧困問題や労働問題を取り上げた本が充実していた。

学者や作家が読者と共に社会の様々な問題を議論するサロンには、若者から高齢者まで、多くの読者が参加した。

店は「独立書店」、「自由の風」と呼ばれるようになり、評判を聞きつけた客が全国各地から訪れた。40平方メートルでスタートした小さな店は、開店から10年後の2007年には上海市内に8店舗を構える「上海文化のランドマーク」となった。

だが、08年に1号店が閉店。地価の高騰により賃料は開店当時の10倍になり、インターネット通販や電子書籍の浸透で、店の売り上げは激減。経営は厳しく、10年、11年と1店1店閉店が続いた。

企業家でもある于氏が経営を引き継いだのは、12年。学生時代からの常連で、店の危機を救おうと手を挙げた。

その年の秋、北京で中国共産党大会が開かれ、習近平氏が共産党トップの総書記に就いた。習指導部は国家の秩序維持を重視し、言論の引き締めを強めた。

13年春、人権などの普遍的価値や、報道の自由といった内容を授業で禁じる「七不講(七つの語るべからず)」が各地の大学に通知され、17年6月にはネット上の言論統制を強化する「インターネット安全法」が施行。

「ネット上で誤った主張を流した」などとして、知識人が大学や職場から追われることも増えた。




c0352790_10100245.jpg



季風書園でも、当局によってサロンの開催が取りやめになることが徐々に増え、客足が遠のいた。最後に残った上海図書館地下の店も昨年1月、賃貸契約の延長を図書館に断られ、閉店を余儀なくされた。

「店を引き継いでからの日々は、多様な文化を抑制しようとする社会の圧力の強まりを感じる時間だった。季風書園が消えた根源的な理由は、賃料の問題でも本離れの影響でもなく、こうした社会の空気が背景にある」と于さんは話す。

それでも、経営を引き継いでからの5年間で店のサロンやイベントに参加した人は延べ10万人に上る。

「店は消えたが、店に来た一人ひとりの人生の中で、店の精神はずっと生き続けるはずだ」

「季風は永遠に私の心の中にある」「自由の風に感謝」……。閉店を迎えた時、店の壁には客が貼ったメッセージカードが幾層にも重なっていた。




■習近平指導部の下で強まる言論統制

<2012年11月> 習氏、党総書記に就任


c0352790_10103450.jpg






<2013年1月> 中国紙「南方週末」の新年特別号が当局の指示で改ざんされる。自由や平等を巡る文言を削除



c0352790_10104736.jpg






<春> 人権などの普遍的価値や報道の自由といった7項目を授業で禁じる「七不講」を各地の大学に通知



c0352790_10110205.jpg





<2016年7月> 改革派の月刊誌「炎黄春秋」が当局の圧力を受け、解任された社長が「停刊声明」



c0352790_10111595.jpg


<2017年6月> ネット上の言論統制を強化する「インターネット安全法」が施行











☆☆☆GGのつぶやき
「インターネット安全法」などという馬鹿げた政策がまかりとうる中国の今に、かつての不安が甦る。13億人を超えた国民を統治するには、やはり必要なことなのであろうか。
かつて、紅衛兵と呼ばれた学生運動を扇動し政敵を攻撃させ、失脚に追い込むための、中国共産党の権力闘争を思いおこす。
その残像が今ふたたび甦る。






























































































 




by my8686 | 2018-02-19 10:11 | ヘビーな話は、謹んで | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://my8686.exblog.jp/tb/29321046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。