「西野嘉章の実験展示」を読み解く

BS放映で興味を抱いた西野嘉章氏の研究活動を、あらためて個々に見ていこう。




c0352790_11134195.jpg




1)実験展示の推進

学内に蓄積されている様々な学術標本を、従来の専門分野と異なる角度から眺めることで、個々の標本に内在された潜在的な価値を掘り起こすことを狙った、各種の特別展示の企画立案とその実現を行っている。





c0352790_11140072.jpg





①モノ世界と情報世界が程好く調和する空間の構築





c0352790_11141134.jpg





②展示における機能的・審美的な伝達の可能性の探究






c0352790_11142465.jpg





③展示手法の21世紀的なあり方の創造







c0352790_11143714.jpg







☆☆☆GGのつぶやき
従来の専門分野と異なる角度から眺めるというその視点に興味が湧いた。
種の多様性が唱えらる今、動物生命だけに限らず博物学の展示方法の視点にもその多様性は意義あると感じる。












































































[PR]

by my8686 | 2018-05-08 11:15 | ぶらぶらアート観賞 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://my8686.exblog.jp/tb/29481414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。