「アマゾンジャパン、NITEと協定」を読み解く

アマゾンジャパンは13日、顧客から受け取った製品の誤使用情報などを、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)と共有する協定を結んだ。

提供を受けた情報をNITEが分析することで、通販利用者がより安全に製品を使える環境を整えようとの取り組みだという。





c0352790_09571115.jpg






両者が共有するのは、事故一歩手前の「ヒヤリハット」事案など。

製品の誤った使用で事故につながるおそれのある情報がアマゾン利用者から寄せられると、NITEが分析し、使用方法を助言。それをもとにアマゾンは、製品の購入履歴のある利用者らにメールなどで注意を促す。NITEも必要に応じて、ホームページなどで広報する。






c0352790_09573870.jpg






アマゾンによると、製品に関する情報は毎月数十~100件程度寄せられるといい、NITEには毎月1回程度、個人を特定する情報を除いて共有する予定という。


NITEとは、 National Institute of Technology and Evaluationの略称である。




c0352790_09575719.jpg





1984年、当時の通商産業省の製品検査機関が統合され、通商産業検査所から製品評価技術センターに改称し、さらに独立行政法人製品評価技術基盤機構として改組された経緯がある。





あらためてその内容を読み解いてみよう。


工業製品などに関する技術上の評価や品質に関する情報の収集・提供などをその主たる業務としており、以下の各分野に関わる業務を行っている。





c0352790_09581730.jpg




■バイオテクノロジー分野

■化学物質管理分野

■適合性認定分野

■製品安全分野




「製品安全分野長期ビジョン2030」


【めざす社会像】
安全で健やかな社会
事業者が意識をもって製品安全に取り組んでいる社会
事業者自身が使命をもって製品安全に取り組む社会、環境、仕組作り
製品安全を通じた、生産活動に対する課題解決支援
消費者が製品安全の意識を育む社会


【2030年の象徴的な課題への取組】
環境・エネルギー、ソフトウエア・ネットワーク化された社会、製品への対応
製品ライフサイクル全般への取組


【めざす社会像を実現すためのNITE製品安全部門の取組】
最新技術情報の収集、技術的知見の維持、向上
分かり易く、広く確実な情報提供
海外危害情報の収集、提供とそれを支えるための、海外機関との連携
人材教育、人的資源の確保






☆☆☆GGのつぶやき
ワンクリックで何でも手に入る便利さの裏に隠れた「危険因子」。
やっと取り組み始めたようである。
事故が起きてからでは、何事も遅いのである。



























































































[PR]

by my8686 | 2018-06-14 09:58 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://my8686.exblog.jp/tb/29554646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。