映画「孤狼の血」を観る

父の日の日曜日は、映画「孤狼の血」を観る。




c0352790_21544790.jpg





広島の架空都市・呉原を舞台に「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された柚月裕子の同名小説を役所広司、松坂桃李、江口洋介らの出演で映画化された作品である。





c0352790_21550395.jpg





「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督がメガホンをとった。

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地場の暴力団・尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始める中、加古村組関連の金融会社社員が失踪する。






c0352790_21552259.jpg




所轄署に配属となった新人刑事・日岡秀一は、暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事・大上章吾とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件を契機に尾谷組と加古村組の抗争が激化していく。

ベテランのマル暴刑事・大上役を役所、日岡刑事役を松坂、尾谷組の若頭役を江口が演じるほか、真木よう子、中村獅童、ピエール瀧、竹野内豊、石橋蓮司ら豪華キャスト陣が脇を固める。





c0352790_21554733.jpg






☆☆☆GGのつぶやき
役所の広島弁にところどころ違和感を感じるが、映画としては及第点といったところか。
リアルさを追求した「仁義なき戦い」ですら広島人からすれば、やはり作り物っぽさが鼻をついたものである。































































[PR]

by my8686 | 2018-06-17 21:56 | たかが映画、されど映画 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://my8686.exblog.jp/tb/29572156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。