「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018」から「ジャン=ポール・グード」を読み解く

三連休中日は、『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2018』から「ジャン=ポール・グード」を読み解いてみよう。




c0352790_11425359.jpg




ジャン=ポール・グードと言えば、グレース・ジョーンズとの一連のコラボ作品が思い起こされる。





c0352790_11431615.jpg





グレース・ジョーンズ(Grace Jones)が音楽界に残した功績は、その革新的な音と挑発的な歌詞、そして攻撃的な実験性にある。
しかし、彼女をミュージシャンからアイコンにまで押し上げるのに、アルバムのアートワークが果たした役割も忘れてはなるまい。






c0352790_11472352.jpg






吠えるジョーンズの顔が縦に引き伸ばされた『Slave to the Rhythm』から、優雅にポーズを決める『Island Life』のアートワークまで、ジョーンズの視覚的インパクトは現代のポップカルチャーにも影響を残している。





c0352790_11434440.jpg





それらビジュアルは、ジャン=ポール・グード(Jean-Paul Goude)なくしては生まれえなかったであろう。

フランス人アーティストでグラフィックデザイナーでもあるジャン=ポール・グードは、70年代後期のニューヨークで、ジョーンズとの運命的な出会いを果たし、ふたりの共作関係は、音楽史に残る影響力をもつに至った。





c0352790_11440551.jpg





その彼の展覧会『So Far So Goude』が、ミラノの現代美術館「Padiglione d'Arte Contemporanea」で開催されたことも記憶に新しい。






c0352790_11442779.jpg









☆☆☆GGのつぶやき
グレース・ジョーンズのジャケデザインには確かに覚えがある。
新手のPOP系のそれらとしか見ていなかった。












































































[PR]

by my8686 | 2018-07-15 11:46 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://my8686.exblog.jp/tb/29633491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。