「BASELWORLD 2018」を読み解く

久しぶりのロードバイクランを楽しむ。連日の猛暑に怖気づき、早朝の空気の澄んだうちにスタートする。
午前中の9時頃までは風も涼しさを感じられる。山影に入れば汗ばんだ身体が冷却されるのがわかる。
途中、コンビニでトイレ休憩し、ミルクとスポーツドリンクを補給する。
ミルクは、水分の吸収力を高めるのだそうだ。ワイフからのメールに素直にしたがう。
約4時間のバイクランのあとは、いつものスーパー銭湯で汗を流す。サウナと水風呂がアドレナリンを心地よく制御してくれる。
風呂あがりには、ランチに食べたくなっていた「四国の素麺」と「4点盛り刺身」と「大の瓶ビール」を買って帰る。


ランチあとの午睡のあとは、オメガがバーゼルワールド2018で披露した新作「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号」を読み解いてみよう。





c0352790_16051602.jpg




月の軌道を初めて周回したアポロ8号のミッションから50周年という節目に登場した記念すべきモデルである。





c0352790_16053870.jpg





満を持して登場した「ダーク サイド オブ ザ ムーン」の最新作。そのムーブメントには、ブラック仕上げで特別に装飾された手巻きキャリバー1869が新たに採用された。






c0352790_16055244.jpg




ダイアルは内部の動きが見えるスケルトン仕上げ。レーザー加工を施したブラックカラーのムーブメントブリッジ、そしてメインプレートを緻密に組み合わせ、月面をリアルに表現している。





c0352790_16060800.jpg





ケースバックではサファイアガラス越しに、宇宙飛行士だけが目にすることができる月の裏側(=ダーク サイド)を描写。
さらにアポロ8号の乗組員たちが初めて月の軌道に乗って月の裏側に行った際、司令船操縦士ジム・ラヴェルが地上管制センターに送った「We’ll see you on the other side(あちらで会おう)」の言葉も記されている。





c0352790_16063516.jpg




カラーはブラックセラミックをベースにイエローのアクセントカラーを追加。クロノグラフ針やレザーストラップの間からイエローが見えるよう配され、スポーティな存在感を発揮している。





c0352790_16065032.jpg







☆☆☆GGのつぶやき
時計を嵌める習慣がなくなって久しい。
オフィスではPC、86ではメーターパネル。ロードバイクラン中はガラケーで用はすんでしまう。
だから、オメガは鑑賞するのには丁度良いのである。




















































































[PR]

by my8686 | 2018-08-05 16:07 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://my8686.exblog.jp/tb/29671762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。