「コルビュジエの休暇小屋」を読み解く

8/17金曜日、今日から出勤となる。日曜日をはさんでの雑務処理的なスタンスである。

盆休中、カーポート下に新しく購入したテント小屋を設営した。
目的は、孫が喜ぶ恒例の「ソーメン流し」のための日除けであるのだが、これがなかなか居心地がよい。
日除けの効果と基地的囲まれ感。ここに入るだけで、孫のハシャギぶりのテンションが上がる。



そんなこんなで、居心地の良い理想の小屋について考えてみた。

理想は、やはり巨匠ル・コルビュジエが南仏の小さな村に建てた「カップ・マルタンの休暇小屋」である。



c0352790_13442669.jpg



縦横366センチ四方の部屋。左奥の服入れの裏側に、入り口に通じる廊下がある。右奥には極小のトイレ。その手前が木製ベッド。台所や浴室はなく、食事は隣の食堂で、風呂は外にある簡易シャワーで済ませていたという。

世界遺産に認定された彼の作品のうち7カ国17施設のなかには、夫人と2人で最小限の暮らしを営むために建てた簡素なこの小屋も選定されている。

南仏の小さな村にある「カップ・マルタンの休暇小屋」である。この小宇宙に凝縮された、コルビュジエの思いを読み解いてみよう。




c0352790_13451571.jpg



■8畳の1R まるで茶室

質素な材料を使い、一見するとログハウスのようである。海水浴を愛したコルビュジエは、小屋付近の海岸で水泳中に心臓発作を起こし、77歳で永眠した。

有名建築を数多く手掛けた巨匠ル・コルビュジエの、加えて「風光明媚なコート・ダ・ジュールに立つ別荘」といえば、さぞや豪華な建造物を連想するであろうが、その素朴で小さな小屋にまず驚く。

夫人と2人で過ごすために設計した「カップ・マルタンの休暇小屋」は、なんとわずか8畳ほどのワンルームなのである。



c0352790_13453791.jpg



左隅にステンレス製の洗面器、窓の折戸には、鏡が付いている。地中海の強い光とは対照的に、内部はベニア合板張りのほの暗い空間。目が慣れるのにしばらく時間がかかるほど、外光との差がある。

驚くほど小さく、簡素。まるで茶室のようだという。 休暇小屋は、コルビュジエが人間にとって「極小の住居空間」とはどのようなものかを構想し、実験的に作ったものだという。

天井の高さを一部変えて収納にしたり、彩色したりして空間に変化をつけている。木製ベッドの下部には収納用の引き出しも。コルビュジエは家具デザインの名手でもあった。

 「日本には、人が生活するのに最低限必要なスペースは『立って半畳、寝て一畳』、という考え方がある。それに似た発想がコルビュジエにもあったといえよう。





c0352790_13455799.jpg



この休暇小屋には、コルビュジエ自身が人体の寸法と黄金比をベースにして作った基準寸法、「モデュロール」が当てはめられている。

例えば、天井高の226センチは身長182.9センチのおとなが立って手を上に伸ばしたときの寸法。

内部は薄暗く洞窟のよう。竪穴式住居的な住まいの原型を感じさせ、巣にこもっているような居心地の良さがあるという。実際に、コルビュジエは「住み心地が最高のここで一生を終えるであろう」と語ったほど気に入っていたという。




c0352790_13471130.jpg




集合住宅や美術館など、巨大な建築を多く手掛けたコルビュジエにとって、この小屋は「飛び抜けて異質」だという。20世紀を代表する建築家が「人が住む家」のあるべき姿を考え抜いた結果が、この小屋だというのは興味深い。










☆☆☆GGのつぶやき
小屋には心をくすぐる魔力がある。終生憧れ続けた地中海に面することも大きいが、無駄がなく機能的なこの小屋に帰ってくると、コルビュジエは人間本来の暮らしに立ち返ることができたのであろう。一丈四方の庵を結び、「方丈記」を著した鴨長明の「立ち返る原点」とでもいえよう。























































[PR]

by my8686 | 2018-08-17 13:48 | 気になる建築&空間 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://my8686.exblog.jp/tb/29692356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。