2019年元旦に想う

謹賀新年。

今年も家族全員で無事新年を迎えることができたことに感謝したい。
大阪から帰省した長男夫婦とその長女、今年転居し新生活を始めた次男。そして、昨年46年間の勤務を終了し完全リタイア生活に入った自分。
大きな節目を迎えた昨年であったが、今年も健康で前向きに生活して行きたいと思う。


それはさておき、今年もアート・哲学への思いはあいかわらず続いて行くであろう。昨年の今頃に「リヒターとフッサール現象学と差延の関係」に想いをめぐらせていたことを思い出す。



静かな元旦に、もう一度「想い」をめぐらせてみよう。


リヒターの作品と対峙することで、現代西洋哲学や大乗仏教思想、さらに現代物理学から相対性理論、宇宙論からフッサール現象学にまで思いが及んでいた。




c0352790_17090198.jpg





フッサール現象学は、経験される現象を、純粋に意識に直接与えられている。
いわば疑いようのない確実なものだけにいったん還元して、そこから現象を再構成することで、認識の不確実性やそれにまつわる哲学的問題を克服しようという、デカルト的な試みであった。

そのためには、そこからすべての現象が構成される「根源」として、純粋かつ直接的に意識に与えられた現在(現前 present)というものが考えられなければならない。

ここで、現象学にとって、時間性というものがアポリアとして現れる。





c0352790_17441754.jpg






意識に直接与えられているのは、あくまでも現在の瞬間であって、そこから他の時間を引き出すことはできない。
そこでフッサールは過去と未来は独立した、現在と対等の何かではなく、唯一存在する「現在」が持っているひとつのモードであるとした。

こうしてフッサール現象学において、根源的かつ自己充足した現在の、意識への純粋な自己現前という、絶対的な位置づけが成立する。
このような現在のあり方は他を必要とせず自らを、余すところなく提示するということであり、デリダは「声」がそのようなありようのモデルとしてフッサールだけでなく過去の形而上学を規定してきたと批判する。






c0352790_17443792.jpg





音声中心主義。声は直接的に意味を伝え、文書はそうした生き生きとした「声」の間接的な反響に過ぎないとされてきた。
これに対して提出されるのがエクリチュールの概念である。






c0352790_17445322.jpg





差延 (différance)は、デリダによるこの絶対的な現在への批判に関係する。

彼の批判によれば、意識は現在を純粋かつ直接的に経験することはない。
デリダはこうした、自己自身に直接的に、何ら媒介をともなわず、明晰に意味が現前( present )する、届くという想定を指して『自分が-話すのを-聞く』と表現する。

「直観」や「明証」、また透明な理想的コミュニケーションとは、『自分が-話すのを-聞く』かのごとき概念なのである。
しかし、聞く自己と話す自己の差異=差延が、またそれに加えて話される言葉の話されなかった他の言葉との差異=差延が、聞くことの条件である限りで、この直接性も実際には汚染されている。





c0352790_17451192.jpg




つねにすでに現在は、過去によって不在の形で、つまりその痕跡の形で取りつかれており、過去に間接的に媒介されない直接的な現在というものはない。

現在は不可避的にすでに過去によって痕跡という形で汚染されている。

言い換えると、過去の痕跡との関係によってはじめて現在は意味を為すことができる。痕跡の形で現在と関係している当の過去は、あくまでも痕跡の形でしか現在に含まれていない。

そのため現在にとっては不在であり、フッサールの受動的総合のように、現在にその一部として所有されているわけではない。

こうして、現在はその自己充足性を失い、つねに欠如をはらんだ動的な時間性を帯びることとなる。
現在は独立して存在することができず、その外部である過去とのひらかれた関係を必要とする。





c0352790_17453802.jpg





現在を構成する記号や表現は、それが意味を成すためには、それ自身とは別の記号や表現を指し示すことが必要であるが、この参照は無時間的なものではなく、必然的に時間的な「遅れ」を伴う。

記号は別の記号への参照によってはじめて記号として機能するのだが、この参照に不可避的に孕まれる「遅れ」によって、指し示す記号と指し示される記号は、同一の現在の内部にあることができない。

こうして、現在において不在の記号が過去として、現在の記号に痕跡として憑依するのである。

デリダはこの事実から、根源的なものは、そもそも存在し得ない「意識に直接与えられた純粋な現在」ではなく、こうして不在の過去と現在とを引き裂きつつ関係付ける差異、記号参照において孕まれる「遅れ」「ずれ」としての痕跡の働きであるとみなし、これを、差延 (différance)と名づけられている。










☆☆☆GGのつぶやき
今年も「思考」遊びを深めて行くことになりそうである。
リヒターのアートと対峙しつつフッサール現象学を読み解いて行くことになるであろう。


















































































by my8686 | 2019-01-01 17:46 | 徒然なるままに | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://my8686.exblog.jp/tb/29928241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。