2018年 02月 03日 ( 1 )

「DINING & BAR TABLE 9 TOKYO」を読み解く

2月に入り、日に日に春に近づく気配を感じる土曜の昼。

仮想通貨取引所「コインチェック」の580億円分の巨額流出からわずか1週間。
監督する金融庁は同社の対応がもたつくのを見かねて立ち入り検査に踏み切った。

資料提出や事情聴取で強制力のある異例の措置をとる。問題をいったん沈静化させ、市場の混乱を防ぐ狙いとみられる。
しかし、不正の全容は見えず、返金や出金のめども立たないまま、顧客の不安は募っている。

予想以上に内部統制がなっていない「コインチェック」。
あの若社長の目の泳ぎぶりに、その裏側が透けて見えた顧客も多かろう。



それはさておき、土曜ランチのあとは、昨年12月に品プリ最上階にオープンした「DINING & BAR TABLE 9 TOKYO」を読み解いてみよう。




c0352790_14282049.jpg



品プリは、地上約140mの最上階約2,000平米に、創作西洋料理、グリル&ステーキ、DJブースを備えるバーなど9つのダイニングとバーが融合した「DINING & BAR TABLE 9 TOKYO」を2017年12月13日(水)にオープンした。


「DINING & BAR TABLE 9 TOKYO」は、これまで品プリのレストランで培ってきたノウハウを結集させ、東京の食のエンターテインメントを体感できる最先端スポットとしてオープン。
さらに、DJや世界のウイスキーなどが楽しめるバーを設け、東京の新たな玄関口として国内外のゲストを迎える。




c0352790_14284871.jpg



品川の街で、ナイトタイム需要の獲得を目指すという。


店舗名 / DINING & BAR TABLE 9 TOKYO
開業日 / 2017年12月13日(水)
場所 / 品川プリンスホテル メインタワー39F
席数 / 495席



多彩なシーンに合わせ利用できるよう、提供する料理やサービスの異なる9つのエリアを設定。

地上約140mの店内からは、東京湾、建設中の山手線新駅、東京タワー、東京スカイツリー、富士山など、エリアごとに異なる360°のパノラマが楽しめる。




c0352790_14293498.jpg






■TOKYO FUSION DINING

店内中央にショーキッチンを配した、創作西洋料理のダイニング。


c0352790_14295323.jpg



ディナータイムは、すき焼き、しゃぶしゃぶ、寿司、とんかつなど江戸から続く料理を現代風にアレンジして提供。
音響設備・プロジェクターを完備し、婚礼や貸し切りパーティーにも対応。








■GRILL & STEAK

きめ細かい霜降りと柔らかでとろけるような食感が特徴の黒毛和牛「飛騨牛」とドライエイジングビーフのグリルレストラン。



c0352790_14301805.jpg


店内のグリヤードでグリルした出来立てを堪能できね。
調味料にもこだわり、八丈島の海の恵みから作った自家製の塩を提供。






■AWA LOUNGE

東京湾を眺めるシャンパンラウンジ。



c0352790_14303682.jpg



空気に触れる面積が少ない分、より美味しく熟成するといわれるマグナムシャンパンをバイザグラスで提供。







■SHIZUKU LOUNGE

富士山を眺めながら、日本の酒が楽しめるラウンジ。




c0352790_14305965.jpg


日本酒、焼酎、日本産ワインに加え、日本産ジンを使用したカクテルや、富士山を模した豆腐など和のアレンジを加えたタパスも提供。








■NINE BAR

中央のDJブースを中心とした光の演出が印象的なバー。上質なラウンジミュージックを酒とともに堪能できる。




c0352790_14311806.jpg








■WHISKY BAR

世界のウイスキーを揃えたオーセンティックな雰囲気のバー。



c0352790_14313640.jpg








■COCKTAIL BAR

バーテンダーがすすめるオリジナルカクテルなどを提供。



c0352790_14315760.jpg






■CHEF’S TABLE



c0352790_14322006.jpg






■PRIVATE DINING

20~30名規模の個室。少人数婚礼や二次会などパーティー利用も可能。



c0352790_14323827.jpg











☆☆☆GGのつぶやき
東京での華やいだ特別な夜を過ごすならば、一度は使ってみたい場所でもある。
さて、誰を誘うか・・・。
ゲスト選びに躊躇するほどの輩ならば、最初からご遠慮願いたい。




















































































[PR]

by my8686 | 2018-02-03 14:33 | 気になる建築&空間 | Trackback | Comments(0)