商空間デザイン「炭火焼肉トラジ」を読み解く

晴れ間のなか、小雪がチラチラと舞う日曜日の朝。

デスクトップ上に置かれたままの画像ファイルの中から、以前から気になっていた「炭火焼肉トラジ」を見なおしてみよう。





c0352790_10215198.jpg




言わずと知れた橋本夕紀夫の代表作である。

2000年代後半、外資系高級ホテルが開業ラッシュを迎える中、ひと際大きな注目を集めた「ザ・ペニンシュラ東京」の日本上陸。
名門ペニンシュラが、世界で8番目にオープンするホテルのデザイナーとして白羽の矢を立てたのが、橋本夕紀夫だった。





c0352790_10221338.jpg




「デザイナーっていうのは、ゼロからつくるのではなく、いろいろな人と出会う中で発見、体験することを自分なりに解釈すればいいのだと体感的に分かった。デザインは自分で考えなくてもいいと思ったら、すごく楽になりました」。

そのため、人も物も自分で探すことを主義とする。





c0352790_10224132.jpg




「インテリアでも建築でも、材料は大手メーカーの品番から選ぶことが多い。しかし、それ以外に面白いものが世の中にはたくさんある。それはやはり自分で求めていかないと見つからない」。





c0352790_10225371.jpg





職人とのコミュニケーションから生まれるアイデアを形にするのが橋本の本領。

それを形成したスーパーポテトでの10年を、「あの時の経験がなかったら、今の自分は存在しない」。





c0352790_10231387.jpg





「デザインとは、何かしら最先端のものを取り込んでいくこと」。

橋本のデザイン流儀に触れたとき、過去の自分の思いが重なっていた。





c0352790_10232832.jpg





そして、2000年に入り、創作料理系の勢いは落ち着き、専門店へと流れが変わっていった。

橋本は焼肉チェーン店「トラジ」の内装も手掛ける。





c0352790_10234896.jpg




新店オープンの準備をしていたある日、外食産業に打撃を与えた狂牛病騒動に見舞われた。

「焼肉店がどんどん潰れる中、『トラジ』は予定通り新店をオープンさせた。






c0352790_10240760.jpg





ほとんどの店舗を閉めることなく、踏ん張った。売上が下がっても、それ以上に接客の向上を含め食の安全を確保する努力をし、その姿勢が結果的に今の業績につながっていた。

ペニンシュラも同じ。香港でSARSが猛威を振るった際、観光客がいなくなったが、人材を大切にし、スタッフを減らさなかった。
つまり、苦しい状況に直面しても瞬間的な判断ではなく、責任をもって乗り越える手段を考えることが大切だと感じたという。

「とにかく真面目が一番。21世紀に入って、さらに強く思うようになった」という。





c0352790_10242456.jpg





開業・廃業のサイクルが激しい日本の飲食店。3年以内の廃業率は約7割といわれている。
そんな厳しい業界において「自分がデザインした全ての店を老舗にしたい」と言う。






c0352790_10244039.jpg





「消費されるものではなく、時間が経つほどに味わいが増すものをつくりたい。1回つくったものは、20年、30年と建築と同じように残り続けてほしい」。

そのためには、新しさと普遍性の両方が必要だと指摘。

「長い歴史の中で構築された伝統スタイルを取り入れただけではつまらないし、我々がつくる意味がない。





c0352790_10245909.jpg





伝統と革新の融合に挑戦し続ける橋本は、日本の伝統文化の楽しさを伝える“ハイパージャパニーズスタイル”を提唱している。

「海外で日本文化を紹介するとき、侘や寂など、高尚なところから説明するから分かりづらくなる。祭りや縁日など、エンターテインメント的な側面から日本の楽しさを伝えたい。」

「雅の世界では色をたくさん使うし、派手なことが好き。漫才や落語も日本独特。やはり、人間の感覚で最上位にあるのは“笑い”です。日々過ごす中で笑いは不可欠です。笑いは難しい世界ですが、デザインにおける一つの表現の手段にしたい」と言う。






c0352790_10251809.jpg






「笑いとは、ある種の刺激から起きるもので、空間デザインにおいても訪れる人に、刺激を与える存在でありたい。居心地がいいというのも刺激だし、逆に使いづらいのも刺激。」

「色あせず、一つの環境として刺激を与え続けられるものが、結果的に魅力のある店舗として残っていくと考えている。」と言う。










☆☆☆GGのつぶやき
橋本の言う「ハイパージャパニーズスタイル」に官能が刺激されていく。
人間の感覚で最上位にあるのは“笑い”だと言い切る橋本の仕事に、これからも注目して行きたいと思った。


























































































[PR]

by my8686 | 2018-02-04 10:25 | 気になる建築&空間 | Trackback | Comments(0)