人気ブログランキング |

2019年 05月 19日 ( 1 )

「RAKURO 京都-THE SHARE HOTELS」を読み解く

5/19(日) 京都・奈良・大阪の旅から戻って約二週間がたつ。巡り巡った様々な情景が残像として蘇る。
旅することで学んだことや貴重な経験。今回の旅がなければ出会えなかったヒト、モノ、コト。そして仏性への目覚め。

古希を前に、相棒86との卒業旅行のつもりでもあった。しかし、戻ってみれば、また86と旅に出たくなる。

とうぶん、この繰り返しは続きそうなのである。





それはさておき、京都の新しいシェアホテルを観てみよう。


京都の伝統工芸、デザイン、地域イベントの融合により、ローカルな京都の魅力を“体験“する場に。
3つのシェアスペースやオリジナルの街歩きコンテンツ等で、今までとは違う旅の楽しみ方を提案するという「RAKURO 京都-THE SHARE HOTELS」である。





c0352790_15400644.jpg




リノベーションホテル「HATCHi 金沢」や「LYURO 東京清澄」など、その場所にしかない新しい出会いと体験に溢れたホテルを展開する「THE SHARE HOTELS」の5店舗目。

場所は、京都御所や二条城にほど近い京都市営地下鉄「丸太町」駅徒歩 2分の場所。元オフィスビルをリノベーションしたものだという。

オープンは、昨年2018年4月。

「洛と人をむすぶ路」をコンセプトに、「街」をより深く知るきっかけを地域の人と共に提供し、今までとは違う旅の楽しみ方を見つける拠点にしたいという。



客室は、グループやファミリー、カップルなど複数名での旅行に最適な客室スタイルで構成。

宿泊客だけでなく地域の人々にも利用できるようライブラリー&ラウンジ、シェアキッチン、ルーフトップテラスの 3つのシェアスペースが設定されている。

居心地の良さだけでなくローカルな京都の発見や新たな出会いが期待できる場にしたいという。






c0352790_15410375.jpg






道案内付きオリジナルサイクリングツアーや、レンタサイクル、オリジナルセルフツアーマ ップなど、京都の魅力を感じられるコンテンツが多数用意されているという。

四季を通じて何度も訪れたくなる京都。

地域プレイヤーと連携した「京都の今」「身近な京都」を楽しめるオリジナルコンテンツを提供し、新しい京都の魅力を発信したいという。






客室スタイルは、標準的なツイン・ダブルタイプのほか、畳のあるジャパニーズスタイルの部屋も用意されている。
グループ、ファミリー、カップル、友人など最大4名まで利用可能。


部屋は、日本の住まいの持つ質感、やわらかさ、安らぎを上質に表現した客室。

「COZY」をキーワードに、小上がりの畳エリアなど和の心地よさを感じるコンテンポラリーなデザインに仕上っている。






c0352790_15415010.jpg





レストランは、地元飲食店が経営する、カフェキッチンバー「ツナグ」。





c0352790_15422417.jpg





「人と人を、時間を、幸せを、食を通してリンクする、つなげる。」がコンセプトの、フライドチキンとハイボールを看板メニューに京都で人気のお店「LINK」の3号店。

朝食からランチ、バータイムまで、地産地消にこだわった食材を使ったオリジナル料理と「リンク」定番の超炭酸メガハイボールや国産樽生ワインなど各種アルコールも用意されている。








☆☆☆GGのつぶやき
「京都」を旅して感じるのは、伝統文化の「重さ」と路地裏文化の「粋」と「庶民性」。
迷い込めば込むほどディープな京都の顔が現れてくる。
4人以上のルームシェアで長期滞在して京都彷徨を楽しむも一興。





























by my8686 | 2019-05-19 15:43 | 気になる建築&空間 | Trackback | Comments(0)