カテゴリ:メーク・イン・アメリカの行方( 40 )

「貿易戦争、価格に転嫁 関税上げの上乗せ相次ぐ」を読み解く

米中間で貿易戦争が激化するなか、関税引き上げによる負担分を価格転嫁する企業が相次いでいる。理由はただひとつ、時間とコストがかかるサプライチェーンの組み替えに比べ、価格転嫁の方が容易なためだ。
こうした動きが一段と広がれば、物価上昇圧力が高まって金融引き締めにつながり、米中景気の逆風となる恐れがある。

トランプの浅知恵による世界経済混乱に拍車がかかりそうな気配である。




c0352790_10591129.jpg





あらためて、この内容を読み解いてみよう。

江蘇省の自動車部品メーカー、昆山恵衆機電は米国向け輸出のうち25%の追加関税がかかった品目は「こちらが15%を負担、10%は米企業に転嫁」するように改めた。業績への打撃を見込み、政府からの支援金を受け取っているという。

 「お客さんはコスト増を受け入れてくれている」。

電子部品大手、TDKの山西哲司常務執行役員は中国から米国に輸出している電子部品の一部を値上げしたと明かす。自動車や産業機器に使うコンデンサーやトランスなどが制裁関税の対象となったため、納入先企業に価格転嫁を受け入れてもらった。

ある国内の樹脂加工メーカーも中国から米国に輸出する自動車部品の一部について、関税引き上げ分の価格上乗せで顧客企業と7月に妥結した。富士電機は中国で生産する電磁開閉器やブレーカーについて値上げも含めて対応を考慮している。





c0352790_10593606.jpg




サプライチェーンの見直しは時間とコストがかかる。品質管理が厳しい自動車関連などは特に手間がかかり、日立系の自動車部品メーカー、日立オートモティブシステムズは「(サプライチェーンの)切り替えには数年かかる」と米通商代表部(USTR)への意見書で主張している。

一方、価格転嫁は即効性のある対応策となる。特殊な機能があるなどの理由で他社製品への切り替えが困難な場合は価格転嫁を進めやすいためだ。ただ、一般的にはコスト増につながる価格転嫁は嫌気されやすい。中国の自動車部品メーカー、無錫市明達電器や浙江博門汽車零配件などは追加関税分を自社で負担しているもようで、「新たな販路を模索している」としている。

中国でも輸入自動車などに価格転嫁の動きがある。中国が制裁関税の対象としたためで、米テスラはセダン「モデルS」と、多目的スポーツ車(SUV)「モデルX」の販売価格をそれぞれ約2割引き上げた。




c0352790_10595621.jpg



独BMWや独ダイムラーも米国で生産しているSUVを数%値上げしている。独BMWは25日、貿易戦争などを理由に2018年12月通期の業績予想を下方修正すると発表した。

24日に米国は2000億ドル、中国は600億ドル規模の追加関税をそれぞれ発動。米国の追加分には消費財が多く含まれる。今後、企業による価格転嫁がさらに増えれば、米中で物価高圧力が強まる恐れがある。

米中のインフレ率は上昇傾向にある。米消費者物価指数(CPI)は6月に前年同月比2.9%の上昇と6年4カ月ぶりの高さとなり、その後も3%近くで高止まりする。中国も5月以降、上昇が顕著だ。足元では賃金や資源価格が上昇している要因が大きいが、貿易戦争が長引けば輸入品の値上がりの影響も加わってくる可能性がある。




c0352790_11001625.jpg






☆☆☆GGのつぶやき
インフレ率の上昇が続けば、米中ともに金融引き締めが必要になってくる。
そうなれば米中の景気を鈍化させる要因になるうえ、米金利が一段と上昇すれば新興国市場からの資金流出を加速させるといった副作用も生じかねない。
米国の金融引き締め政策はグローバル経済の安定を妨げること必至。
トランプ弾劾運動が起こることを祈ろう。
















































































[PR]

by my8686 | 2018-09-26 11:00 | メーク・イン・アメリカの行方 | Trackback | Comments(0)

「日本車に戦略転換迫る NAFTA見直しで米・メキシコ合意」を読み解く

北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しを巡る米国とメキシコの2国間協議が27日、大筋で妥結したという。

自動車関税ゼロを維持する条件として現地での部品調達比率を引き上げるほか、米国製部品の購入拡大を事実上義務付ける条項を新設する。カナダを含む3カ国で最終合意できるかが焦点となるが、米国市場への輸出にNAFTAを活用してきた日本の完成車メーカーは戦略の見直しを迫られそうだという。




c0352790_10555038.jpg





あらためて、この内容を読み解いてみよう。


1980~90年代の日米貿易摩擦や円高を受け、日系各社は米国での現地生産比率を5~6割程度に高めるとともに、NAFTAの下で自動車関税がかからないメキシコやカナダを米国向け輸出拠点に活用してきた。
2017年に米国で販売した670万台のうち69万台がメキシコ、77万台はカナダからの輸出だ。

米国とメキシコの協議では関税ゼロの適用条件である「原産地規則」で、米国とメキシコでの部品調達比率を75%以上(現在はNAFTA域内で62.5%)とすることで合意した。

部品の40~45%について時給16ドル(約1800円)以上の地域での生産を義務付ける「賃金条項」も新設する。メキシコの自動車産業の時給は7ドル程度で、米国製部品の購入を強制する「バイ・アメリカン条項」に等しい。





c0352790_10561507.jpg




新協定は20年から段階適用され、23年に完全実施される見通し。トランプ米政権は今回の合意を受けて、メキシコからの輸入車には安全保障を名目とする25%の追加関税を棚上げするとみられる。

メキシコで生産する自動車メーカーにとっては最悪の事態が避けられたとの見方がある半面、賃金条項を満たすために米国製部品の購入を大幅に増やすなど、調達先の見直しを迫られる可能性がある。

メキシコへの進出が早かった日産自動車は、同国での調達比率も高い。米運輸当局の資料によると、メキシコで生産し米国に輸出する主力セダン「セントラ」は米国とカナダでの部品調達が計20%程度にとどまる。





c0352790_10563120.jpg





マツダの場合、メキシコから米国に輸出する小型車「マツダ3(日本名アクセラ)」の部品の大半をメキシコ製と日本製が占めるもよう。日産、マツダは米国販売の2割強をメキシコからの輸入でまかなう。





c0352790_10564623.jpg




メキシコには米欧大手も拠点を構え、賃金条項の影響を受ける可能性がある。米フォード・モーターの小型車ではメキシコでの部品調達比率が70%に達する車種もある。

米政府は今回の合意を基に28日からカナダとの交渉を再開するが、農畜産品の扱いなどをめぐり溝が残る。トランプ米大統領はカナダと協議がまとまらない場合、メキシコと2国間協定を目指す姿勢もちらつかせる。

カナダが協定から離脱した場合、影響を受けそうなのがトヨタ自動車である。
カナダでの生産規模は約57万台とメキシコの約4倍で、関税がかかれば「北米全体で生産や物流の抜本的な見直しを余儀なくされる」(トヨタ系部品メーカー)。

自動車各社は新型車の開発段階から品質や納期、コストなどを綿密に検討して部品の調達先を決めており、切り替えは容易ではない。賃金条項にあわせて米国での部品調達を増やせば「生産コストの上昇は避けられない」(クレディ・スイス証券)。

関税免除の条件を無理に追わず、乗用車の場合で2.5%の輸入関税を負担することも選択肢の一つとみられる。







☆☆☆GGのつぶやき
カナダが協定から離脱した場合のトヨタの動向が注目される。
製造にかんする大規模な戦略転換が求めらるのは必至。
米国市場を見限り、中国・アジア圏へのシフトも考えねばなるまい。




























































































[PR]

by my8686 | 2018-08-29 10:57 | メーク・イン・アメリカの行方 | Trackback | Comments(0)

アレサ・フランクリン追悼

ソウルの女王、アレサ・フランクリンが亡くなった。


学生時代にFMラジオから毎日のように流れていたソウル曲「リスペクト」。
時代を映し、時代に押し上げられた歌であった。





c0352790_15192507.jpg






気になる「天声人語」を読み解いてみよう。



もともとは男性歌手による曲で「ぼくが家に帰ったときには敬意を示してくれ」と女に語りかける内容だった。それをひっくり返し、女性の視点から歌った曲だという。

1967年、フェミニズム運動が盛んになっていた時。弾むような声に乗せた曲は大ヒットした。黒人の教会で神の教えを説きゴスペルを歌っていた父親から、大きな影響を受けた。
そんな彼女はやがて、黒人の権利を求める公民権運動のシンボルになっていった。





c0352790_15194607.jpg




暗殺されたキング牧師の葬儀でも追悼の歌を捧げた。グラミー賞を18回受け、「ソウルの女王」とも呼ばれた。
オバマ前大統領は「彼女の声に、私たちの歴史を感じることができた。力と痛み、闇と光も」と悼んだ。

60年代末には「シンク(考えて)」というヒット曲も生んでいる。ベトナム戦争に重ねて受け止められたとの見方が評伝にある。
自分が何をしているのか、米国政府はよく考えてみろと。歌はときに作り手や歌い手の意図を超え、力を持っていく。

彼女を惜しむ声が多いのは、人種や性をめぐる差別がまだまだなくならないためか。壁を築くのではなくリスペクトすることができると、歌が訴えている。





あらためて、英語原詞を読み解いてみよう。



「Respect」

What you want
Baby, I got it
What you need
Do you know I got it?
All I'm askin'
Is for a little respect when you get home (just a little bit)
Hey baby (just a little bit) when you get home
(just a little bit) mister (just a little bit)


あんたのほしいものは
ベイビー、あたしが持ってるよ。
あんたに必要なものも
わかってる?
あたしが持ってるんだよ。
あんたに言いたいのは
家に帰ってきた時には
ちょっとは敬意というものを
示してほしいということだけ。
(ちょっとは!)
ねえベイビー(ちょっとは!)
家に帰ってきた時ぐらい(ちょっとは!)
旦那さん(ちょっとは!)



c0352790_15203845.jpg





I ain't gonna do you wrong while you're gone
Ain't gonna do you wrong 'cause I don't wanna
All I'm askin'
Is for a little respect when you come home (just a little bit)
Baby (just a little bit) when you get home (just a little bit)
Yeah (just a little bit)


あんたがいない時にも
あたしはあんたに対して何も
間違ったことはしないよ。
何も間違ったことはしない。
やりたいとも思わないもん。
あんたに言いたいのは
家に帰ってきた時には
ちょっとは敬意というものを
示してほしいということだけ。
(ちょっとは!)
ねえベイビー(ちょっとは!)
家に帰ってきた時ぐらい(ちょっとは!)
いえい(ちょっとは!)




c0352790_15211265.jpg




I'm about to give you all of my money
And all I'm askin' in return, honey
Is to give me my propers
When you get home (just a, just a, just a, just a)
Yeah baby (just a, just a, just a, just a)
When you get home (just a little bit)
Yeah (just a little bit)
Ooo, your kisses
Sweeter than honey
And guess what?
So is my money
All I want you to do for me
Is give it to me when you get home (re, re, re ,re)
Yeah baby (re, re, re ,re)
Whip it to me (respect, just a little bit)
When you get home, now (just a little bit)


あたしの持ってるお金は全部自由に
使ってくれていいと思ってるんだよ。
そのかわりあんたにお願いしたいのは
ハニーあたしのことを
正しく評価してほしいってこと。
家に帰ってきた時ぐらい
(ちょっとはちょっとはちょっとは)
いえいベイビー
(ちょっとはちょっとはちょっとは)
ああああんたのキスは
はちみつより甘いよ。
それで何が言いたいかわかる?
あたしのお金もそうなのよ。
あんたに言いたいのは
家に帰ってきた時には
ちょっとは敬意というものを
示してほしいということだけ。
(りーりーりーりー)
いえいベイビー(りーりーりーりー)
しゃんとしなさいよあたしのために。
(リスペクト、ちょっとは!)
家に帰ってきた時ぐらい(ちょっとは!)




c0352790_15220360.jpg



R-E-S-P-E-C-T
Find out what it means to me
R-E-S-P-E-C-T
Take care, TCB


RESPECTという言葉があたしにとって
何を意味しているかを考えなさい。
R-E-S-P-E-C-T 気をつけなさい。
自分のことは自分でやりなさい。



c0352790_15222238.jpg




Oh (sock it to me, sock it to me
Sock it to me, sock it to me)
A little respect (sock it to me, sock it to me
Sock it to me, sock it to me)
Whoa, babe (just a little bit)
A little respect (just a little bit)
I get tired (just a little bit)
Keep on tryin' (just a little bit)
You're runnin' out of fools (just a little bit)
And I ain't lyin' (just a little bit)
(re, re, re, re) When you come home
(re, re, re ,re) 'spect
Or you might walk in (respect, just a little bit)
And find out I'm gone (just a little bit)
I got to have (just a little bit)
A little respect (just a little bit)


あー!
(ズバッと言ってちょーだい
バシッと行ってちょーだい
ドカッとやってちょーだい
一発かましてちょーだい)
ちょっとぐらいは敬意というものを
(ズバッと言ってちょーだい
バシッと行ってちょーだい
ドカッとやってちょーだい
一発かましてちょーだい)
あたしゃ疲れたよ(ちょっとだけ)
がんばり続けてちょーだい(ちょっとだけ)
あんたは「runnin' out of fools」してるのね
(ちょっとだけ)
あたしはウソなんかつかないよ。
(ちょっとだけ)
帰ってきた時ぐらいは
(りーりーりー)すぺくとしてちょーだい。
そうでなければ家に入ってきても
(リスペクト、ちょっとは!)
あたしはいなくなってるから。
(ちょっとは!)
あたしには必要なんだな。(ちょっとは!)
ちょっとした敬意というものが。







☆☆☆GGのつぶやき
Oh (sock it to me, sock it to me Sock it to me, sock it to me)
A little respect (sock it to me, sock it to me Sock it to me, sock it to me)!!!

























































































[PR]

by my8686 | 2018-08-19 15:22 | メーク・イン・アメリカの行方 | Trackback | Comments(0)

「米中貿易戦争突入」を読み解く

トランプ政権は10日、中国から輸入する2000億ドル(約22兆円)相当の製品6031品目に10%の関税を上乗せする追加制裁を、9月にも発動させると発表した。

中国は「必要な反撃をせざるを得ない」(商務省)と対抗措置を取る方針を表明。




c0352790_09454817.jpg




熱を帯びる関税合戦の警戒感から、11日の東京株式市場は、日経平均株価の下げ幅が一時450円を超え、アジアの主要株式市場も軒並み値を下げた。





c0352790_09460827.jpg




うまく丸めこまれた日本とは違い、中国は国策として対米感情を露わにしつつある。

任期が無制限となった習国家主席の「核心体制」ならば、トランプ亡き後の世界制覇も夢ではあるまいが、このまま米中貿易戦争が激化すれば、世界経済へのダメージも計り知れない。





あらためて、経済ジャーナリストのコメントを読み解いてみよう。

「秋の米中間選挙が終われば、トランプ大統領は“折れる”との見方もありますが、最悪のケースとしてリーマン・ショック級の危機も起こり得ます。自由貿易が阻害されるだけではありません。すでに中国では株安、債券安、通貨安で金融不安リスクが高まっている。米国も関税による物価高で、金利上昇、ドル高が進めば、新興国の通貨が急落する。世界的な金融危機が起きれば、日本経済も大打撃です」





c0352790_09462735.jpg




ところが、意外なところに商機があったという。

日本にとって米中貿易戦争は、マイナス面だけではない。中国は昨年、米国から約1300億ドルの物品を輸入したが、中国が対抗措置で関税を課せば、米製品の価格は跳ね上がる。ここに日本企業の千載一遇のチャンスがあるというのだ。

「米国が中国から輸入するのは価格が安いから。一方、中国の米国からの輸入は事情が違います。わざわざ遠方から持ってくるのは、国内で同レベルの品が製造できないためです。つまり、高度な技術が必要な高付加価値品というわけですが、日本企業の技術なら代替可能です。輸入関税による米製品の価格高騰を機に日本製にシフトする動きは十分考えられます。そのことを声高に喧伝しても米国ににらまれるだけなので、日本政府は何も言いませんがね」

米中が首を絞め合うのを尻目に、日本企業は“漁夫の利”を狙うべきだという意見もある。




c0352790_09464944.jpg








☆☆☆GGのつぶやき
加熱する米中貿易戦争を尻目に日本企業は思わぬ“漁夫の利”を得ることができるか。
日本人のルーツを辿れば、静観しつつ千載一遇のチャンスを狙うしかあるまい。






































































[PR]

by my8686 | 2018-07-13 09:47 | メーク・イン・アメリカの行方 | Trackback | Comments(0)

「米朝首脳会談中止」を読み解く

6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談が中止された。
トランプ米大統領が24日、「いまは不適切だ」として中止を表明したという。



c0352790_10404130.jpg


チキンレース再燃か。トランプvs金正恩の腹のさぐりあいに付き合わされる国民も、たまったものではない。


あらためてその内容を読み解いてみよう。


米ホワイトハウスが、トランプ氏から北朝鮮の金正恩委員長にあてた書簡の中の記述として発表された。最大の焦点である非核化の手法で溝が埋まらなかったためとみられている。

東西冷戦時代から約70年間にわたる米朝の敵対関係の転換点となる可能性があった初の首脳会談が見送りとなり、朝鮮半島情勢が再び緊迫するおそれもある。

トランプ氏はなお将来の会談に意欲を示しているが、「最大限の圧力」は維持する方針。北朝鮮が反発を強める展開も予想される。




c0352790_10411711.jpg



トランプ氏は書簡で、会えることを「楽しみにしていた」としながらも、会談中止の理由を「直近のあなた方の声明に表れた激しい怒りとあらわな敵意に鑑み、私は現時点ではこの長く計画してきた会談を実施するのは不適切だと感じる」と説明。

北朝鮮がここにきてペンス副大統領やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)らを名指しで批判し、一方的な核放棄に応じないなどと表明していることが念頭にある。




c0352790_10413267.jpg



トランプ氏は北朝鮮に拘束されていた3人の米国人の解放に謝意を改めて示すとともに「いつの日か、私はあなたと会うことを非常に楽しみにしている」と表明。

「この最も重要な首脳会談について考え直すことがあったら、遠慮なく私に電話するか手紙を書いてほしい」ともつづり、将来、首脳会談を実現させる可能性を排除しなかった。

ただ、トランプ氏は「あなたは自分の核戦力について語るが、米国の核兵力はあまりにも大規模で強力で、私はそれが決して使われずに済むことを神に祈っている」とも表明。金委員長に自制を促すとともに米国の核能力を誇示した。

米ホワイトハウス当局者は24日、北朝鮮との交渉を今後も排除しない考えを示したが、北朝鮮はまず言動を変えるべきだと訴えたという。

米朝は水面下で首脳会談に向けた調整を進めてきたが、非核化の具体的な手法を巡って対立。

米国は「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」に向けて短期間で一気に非核化を進め、それまでは見返りを与えない方法を主張していた。北朝鮮は非核化に向けて段階的な措置をとり、そのたびに見返りを受ける方法を訴えていた。




c0352790_10415679.jpg



米朝は今週末、シンガポールで実務者協議を予定していた。ただ、ポンペオ国務長官は24日の上院外交委員会で「この数週間の北朝鮮の声明はとても残念だ。我々の事務レベルの準備もできなくなっていた」と述べ、交渉が難航していたことを認めた。最大限の圧力を継続する考えも明らかにした。




c0352790_10421278.jpg



トランプ氏は韓国の文在寅大統領の特使を通じ、核・ミサイル実験の凍結を約束した金委員長からの直接会談の申し出を受け入れた。

ポンペオ氏を2回、北朝鮮に派遣し、米国人3人が解放されたのを受けて、10日に開催地と日程をツイッターで明らかにしていたという。








☆☆☆GGのつぶやき
北朝鮮が根本的に変わったのだろうか。
変わらざるをえない経済状況であることには、間違いはない。
ただ、金正恩が核放棄について公の場で話すことに前向きな姿勢を見せてはいるが、その真意は誰にもまだわからない。
北朝鮮の戦術が本当に変化したのかどうか、疑心暗鬼である。
アメリカも同盟国と連携し、今の脅威を抑止し、着実に封じ込めていくことが必要であるのだが。




















































































[PR]

by my8686 | 2018-05-25 10:42 | メーク・イン・アメリカの行方 | Trackback | Comments(0)

新たな標的「アマゾン・ドット・コム」

にわかに春めき、夏日の様相を呈してきた。

しかし、米国の投資家たちの間で、新たなトランプ旋風が吹き荒れているという。




c0352790_15011920.jpg




フェイスブックの次に標的にされたのが、「FAANG」銘柄の中で見いだした「アマゾン・ドット・コム」だという。




c0352790_15013594.jpg





フェイスブックに代わって先月28日、アマゾンが最大の敗者の座に就いたという。
アマゾンはトランプ米大統領が同社の規制に「固執」しているとのアクシオスの報道を受け、時価総額が530億ドル(約5兆7000億円)が吹き飛んだ。

フェイスブックはその前に、個人情報の取り扱い巡る懸念から大型テクノロジー株の中で不振が目立っていた。





c0352790_15015112.jpg




「FAANG」と称される大型テクノロジー株はかつて、高パフォーマンス銘柄の一枚岩と受け止められていたが、ネットフリックスが今年に入ってアウトパフォームするなど、このところ分断の動きが目立つという。

アマゾンは28日、一時7.4%安まで売られた後、4.4%安で終了。スティーフル・ニコラウスのアナリストは押し目買いの好機と指摘した。

フェイスブックは早い時間の取引で同グループに逆行。ユーザーデータの取り扱いへの一般大衆の怒りに対応し、プライバシー設定メニューの変更を発表したことから、0.5%高となった。





c0352790_15020613.jpg




一方、ネットフリックスは5%下落し、FAANG銘柄で下落率2番目。ブラジルでの「#DeleteNetflix(ネットフリックス削除せよ)」キャンペーンが嫌気された。

ロバート・W・ベアードの機関投資家株式セールストレーダー兼マネジングディレクターのマイケル・アントネリ氏は「ネットフリックスとアマゾンは、フェイスブックほど強烈な売りをあまり経験していなかった」と述べ、「フェイスブックがかかった『インフルエンザ』が今、他の銘柄に広がりつつある」と指摘したという。







☆☆☆GGのつぶやき
トランプの矛先が「アマゾン・ドット・コム」に向いたとは、いささか驚きである。
出る杭は打たれるとは、よく言ったものである。























































































[PR]

by my8686 | 2018-04-03 15:02 | メーク・イン・アメリカの行方 | Trackback | Comments(0)

「あの宣言が暴力を呼んだ」を読み解く 

トランプ米大統領が6日にエルサレムをイスラエルの首都と宣言して以降、イスラエルとパレスチナの暴力の応酬が止まらない。これまでにパレスチナ人4人が死亡し、同1600人超が負傷。

トランプは宣言は和平につながると強調するが、パレスチナ側は米高官との会談を拒否。イスラエルとパレスチナの対立は決定的となり、中東和平はさらに遠のいたという。




c0352790_11352992.jpg





あらためて、この内容を読み解いてみよう。


8日夜、イスラエル軍はガザ市を空爆し、砲弾がイスラム組織ハマスの軍事施設に命中。施設は粉々になり、倒れたコンクリート柱が市民が暮らすアパートを直撃した。子供が半壊したアパートから救出された。母親も重傷を負った。

トランプ米大統領が6日にエルサレムをイスラエルの首都と宣言して以降、ガザ地区の武装組織はイスラエルへロケット弾攻撃を続け、イスラエル軍は報復空爆を重ねる。同地区ではこれまで4人が死亡し、200人以上が負傷した。





c0352790_11355408.jpg



直撃をうけた市民は、
「家族が暴力の応酬の巻き添えになった。あまりにも理不尽で、あまりにもひどい。引き金を引いたトランプを許せない」と憤った。


パレスチナ自治区などで混乱が拡大するなか、トランプ米政権は10日、あくまでもエルサレムをイスラエルの首都と宣言したことが、結果的に和平につながると正当性を強調した。




c0352790_11361360.jpg




ペンス副大統領が近く中東各国を訪問し、パレスチナ自治政府のアッバス議長とも会談する予定だった。だが、東エルサレムを将来の独立国家の首都と位置付けるパレスチナ側は拒否した。

そもそもパレスチナの態度を硬化させる原因を作ったのは米国にもかかわらず、ペンス氏の報道担当者は10日、「地域の未来を議論する機会から去るのは不幸なことだ」とパレスチナ側を非難した。

その上で「トランプ政権がイスラエルとパレスチナの和平達成を助ける努力は妨げられない。我々の和平チームは(和平)計画立案に努める」とした。




c0352790_11363198.jpg




ヘイリー米国連大使も10日、米テレビに出演し、首都承認や大使館移転が「和平プロセスのボールを前に進めることになると強く信じる」と強弁。しかし、どう和平を進めるのかの具体策は示さずじまいだった。





c0352790_11364568.jpg





そもそも極度に敏感な聖地エルサレムの帰属は和平交渉によって決定するとの国際社会の共通認識を、一方的に転換すれば、激しい衝突や反発を引き起こすのは予想された事態だった。



イスラエルのネタニヤフ首相はトランプ氏の首都承認宣言について「歴史的な演説。和平を前進させるものだ。エルサレムをイスラエルの首都と認めない和平はありえない」と称賛するが、8日の国連安全保障理事会の緊急会合では、15理事国のうち米国を除く14カ国から批判や懸念が相次ぐなど、米国は孤立し、和平を目指す国際社会の協調に亀裂をもたらしている。







c0352790_11370016.jpg




米国の行動は、「エルサレムの地位と帰属の変更を主張するイスラエルの行動は無効」と明記した1980年の国連安保理決議に反しているとの指摘もある。








☆☆☆GGのつぶやき
パンドラの箱を開けてしまった米国政府。
何をそんなに急ぎすぎてしまったのか。
日本政府にはあまりにも情報が不足している今、地球的規模で静観するしか道はあるまい。







































































[PR]

by my8686 | 2017-12-12 11:38 | メーク・イン・アメリカの行方 | Trackback | Comments(0)

「首都宣言しパンドラの箱を開けてしまったトランプ」を読み解く

トランプ米大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と宣言する「パンドラの箱」を開けてしまった。




c0352790_11285998.jpg



パレスチナとの和平進展に向けた新たなアプローチだと主張するも、その道筋や具体策は一切示さずじまい。イスラエル寄りの姿勢は鮮明で、パレスチナ側は6~8日を「怒りの日」に設定し、住民の怒りに火がつきつつあるという。


「エルサレムはパレスチナの永遠の首都だ! イスラエルとの和平交渉はこれで終わりだ!」


7日午後、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸の中心都市ラマラ。トランプのエルサレム「首都」宣言に憤るパレスチナ人1千人以上が市中心部に集まり、米国旗を燃やして抗議した。




c0352790_11292724.jpg



「米国が宣言を撤回しなければ、我々の怒りが爆発し、対イスラエル民衆蜂起が起きる」。


パレスチナ自治政府のアッバス議長は6日、「和平達成への全ての努力を台無しにした」とトランプを非難した。
パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの最高幹部、ハニヤ政治局長は7日、対イスラエル民衆蜂起を呼びかけた。





c0352790_13141171.jpg





パレスチナ各派は6~8日、パレスチナ全域で抗議行動を呼びかけている。
8日の金曜日は、エルサレムや西岸各地でイスラム教礼拝所(モスク)礼拝後に大規模抗議デモが予定されており、治安当局との激しい衝突が懸念される。

一方、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地が集中するエルサレムの旧市街では、小銃を携えた警官が厳戒態勢を敷いていた。





c0352790_11300350.jpg




イスラエルは67年以降、パレスチナ人が将来の独立国家の首都と主張する東エルサレムへの入植を進め、現在の入植者は約21万人に上る。同地でパン屋を営むパレスチナ人民は、40年以上前、ユダヤ人入植者に家を追われた。

「エルサレムは神がパレスチナ人に与えた土地だ。トランプはイスラエルだけを代弁しており、もう中東和平を仲介できない」




さらに、ニューズウィークの見解を読み解いてみよう。


今回の発表で、選挙公約を本気で実現するトランプの真摯さと信頼感をアピールできると、トランプ政権の関係者は主張した。まったくの見当違いだ。

国際社会から見れば、トランプが公約に掲げたエルサレムへの米大使館移転は、もともとアメリカ国内向けの票稼ぎにしか映っていなかったからだ。




c0352790_11302510.jpg




残念だが、トランプ政権は目の前にあったチャンスを逃した。一度限りの爆弾発表をして中東和平交渉の再開を不可能にするくらいなら、きちんとした手順を踏んでエルサレムをイスラエルの首都と認め、広範な和平プロセスの一環として大使館を移転することが、トランプにはできたはずだ。和平の条件とその範囲を提示し、和平交渉再開の土台にする方法もあった。

イスラエルとパレスチナの双方がそれらを受け入れるよう説得していれば、和平実現に近づく大胆で有意義な一歩だったろう。その過程で大使館移転も実現できたはずだ。
また、双方の首都にもできたはずである。

具体的にはこうだ。まずどんな和平合意もイスラエルの国家安全保障上の懸念に配慮し、パレスチナ難民の大量流入を招く解決策にはしないと、和平条件に明記する。

パレスチナに対しては、1967年の第3次中東戦争前にヨルダンとエジプトが支配していた領土を割譲し、その代わりにヨルダン川西岸のユダヤ人入植者が集中する土地をイスラエルに併合する「土地交換」で合意を図る。





c0352790_11305213.jpg



エルサレムは、パレスチナとイスラエル双方の首都だと認める。和平に向けた外交努力の一環として、アメリカはエルサレムを双方の首都として承認すると発表することもトランプにはできた。

そうすればアメリカはエルサレムにイスラエル大使館を新設し、現在エルサレムにある米総領事館(これまではパレスチナ人向けの大使館のような役割を担ってきた)を在イスラエルの大使館に格上げできただろう。

こうした微妙なバランス感覚のあるアプローチを追求するどころか、トランプは火に油を注いでしまった。現時点で、誰も今後の見通しは分からない。

クシュナーが準備を進めていた和平交渉再開が吹き飛ぶにしても、最良のシナリオは、数日間の抗議デモが終わった後、中東諸国の怒りの嵐が収まることだ。
最悪のシナリオは、中東で新たな紛争の火の手が上がることだ。





☆☆☆GGのつぶやき
トランプの新たな首都宣言に状況がどう変化していくのか。
遅々としてすすまなかった中東紛争に光が射すのか、新たな火の手があがるのか。
怒りの嵐の行方を冷静に見て行こう。
























































































[PR]

by my8686 | 2017-12-08 11:31 | メーク・イン・アメリカの行方 | Trackback | Comments(0)

「トランプ米大統領 初のアジア歴訪」を読み解く

トランプ米大統領のアジア歴訪が決まった。
その一番目が日本である。



c0352790_11510665.jpg



これに関して、新アメリカ安全保障センター・アジア太平洋安全保障プログラム上級部長、パトリック・クローニン氏のインタヴューを読み解いてみよう。
 

トランプ米大統領のアジア歴訪は、政権として地域政策を打ち出す絶好の機会となるだろう。

トランプ氏は、インド洋と太平洋の重要性を強調している。将来にわたり地域の貿易と開かれた海洋を促進していくため、日本やインドなどとの関係強化をアピールする考えだろう。

米国はこの地域から手を引くことはありえず、同盟国との連携をより深めていく考えだ。




c0352790_11513087.jpg



政権が掲げる「米国第一」に反するわけではない。あくまで安全保障や貿易、投資において米国の利益となるかを考えることだ。トランプ氏はむしろ同盟国と、二国間の貿易や投資の協定を結びたいと考えている。

中国が将来、この地域における米国の経済や安全保障に対して挑戦してくることをトランプ政権は意識している。これに対抗して力の均衡を維持したいのだ。




c0352790_11515857.jpg



また、中国は極めて野心的な「一帯一路」構想を進めている。中国からの融資が返済できなくなったスリランカは港湾を中国に長期貸与せざるを得なくなり、脅威が現実となっている。

ただ最近、海外への人民元を使った直接投資を規制するようになった。米国や日本が取って代わりインフラ投資を進める好機でもある。

私は、習近平総書記が24日に閉幕した共産党大会を経て、毛沢東以来の最強の指導者となったとみている。
中国が政治・経済改革に消極的になることを心配している。自由への抑圧を強め、国有企業以外の民間部門への圧力を続けていくとみられるからだ。




c0352790_11521707.jpg




中国は対外的により強硬姿勢を打ち出すようになり、地域や世界との緊張を高めかねない。熱狂的な愛国主義によって、台湾や東シナ海などの問題で攻勢に出ることを懸念している。

中国は今後、より強大な独裁国家になると同時に、世界経済にも大きな影響力を持つようになる。戦後秩序に挑戦する一方で、世界経済に欠かせない存在になる。この複雑な状況に我々はうまく対処していかなければならない。



c0352790_11523351.jpg




中国との首脳会談では北朝鮮問題が主な議題となるだろう。
中国は、北朝鮮との取引を大幅に制限し、より圧力をかけなければならない。



c0352790_11524662.jpg



米国は中国に対し、北朝鮮の核・ミサイル問題では協力はするが、必要な抑止力の維持や同盟国との協力をさらに進めていくという意思表示をすることが重要だ。









☆☆☆GGのつぶやき
日本マスメディアの偏った報道に愕然とする昨今である。
安倍批判のみに始終し、北朝鮮の脅威を暈してしまった衆院選。
中国のさらなる強硬姿勢も視野に入れ、想定外の国難に対処していかねばなるまい。














































































[PR]

by my8686 | 2017-10-31 11:53 | メーク・イン・アメリカの行方 | Trackback | Comments(0)

「ウォルマート去り、取り残された街 米南東部、買い物の場も雇用も消えた」を読み解く

全米に5千を超える店舗ネットワークを持つ小売り最大手ウォルマート・ストアーズの不採算店の撤退が進んでいるという。




c0352790_16591647.jpg




あらためて、その内容を読み解いてみよう。


規模の大きさから「巨人」とも呼ばれるが、急拡大が続くネット通販に押され、不採算店の撤退が進む。商店街が廃れた地方での存在感は大きく、ウォルマートが去った街は大きく揺れている。

人口3300人の南東部サウスカロライナ州ウィンズボロ。1年半ほど前、この街が揺れた。住民が毎日の買い物で使うウォルマート店舗が突然、閉鎖されたからだ。

 「子ども服や学校用品、私の母が服用している薬もすべてウォルマートで買っていた。それができず毎日困っている」と住人のひとりが話す。一番近い食料雑貨店は車で20分ほど離れた場所にあり、買い物自体が負担になった。

小規模の雑貨店からスタートしたウォルマートは、1962年に創業地である南部アーカンソー州に大型店の「1号店」を開いてから、ブルドーザーのような勢いで全米展開した。「毎日安売り」という宣伝文句を掲げて米国の消費行動を大きく変え、米小売業界のトップに立った。
ウィンズボロにウォルマートが開店したのは約20年前。「とうとうウォルマートが来た」と住民の間で話題を呼んだ。「一つの店で欲しいモノが全部そろう大きさに驚かされた」と住民は話す。




c0352790_16593578.jpg



出店は、地元経済にじわりと変化をもたらした。
街の中心部には数百メートルの大通りがある。50店舗以上の個人商店が軒を連ねていたが、品ぞろえが豊富で価格が安いウォルマートに客が流れた。
その結果、半分ほどの店が閉店。ウォルマート進出から1年後には、地元で70年間愛されたデパートも店じまいを決めた。当時、デパートで勤務していた女性は「客足が遠のくのがはっきりと分かった」。

しかし、ウォルマートは地元で嫌われたわけではなかった。

店舗では150人以上の地元住民が雇われ、「地域最大の雇用主」になった。多額の税金もウォルマート関連が多く、ウィンズボロ地域の売上税の3分の2はウォルマートからもたらされた。

地元の61歳の住人は「仕事が少なく、若い人がどんどん街を離れるなか、進出したウォルマートが雇用の支えだった」と振り返る。「それだけに、撤退は街にとって痛手だった」

地元育ちの前州上院議員は、地域の住民が必要なモノをどう手に入れるか心配している。「私の母親は89歳。30マイル(約48キロ)離れた別のウォルマートまで車で出かければよい、とは言えない」




c0352790_16595516.jpg




■「不便」見限る富裕層 アマゾン攻勢、異例の撤退 

ウォルマートの撤退は、ウィンズボロに限らない。昨年1月、全米154店を一気に閉じる計画を発表。同社の本拠地である米国で大規模閉店を断行するのは極めて異例だ。

「巨人」をここまで追い詰めたのは、ネット通販最大手アマゾン。
急成長が続き、ウォルマートの客を確実に奪っている。ウォルマートの年間売上高はアマゾンの4倍近く。会社規模でみれば、ウォルマートは米小売業界トップの座を譲っていない。

しかし、問題は売上高の伸び率だ。過去5年ほど、アマゾンは毎年2けたの伸びをみせているが、ウォルマートは数%にとどまる。2015年には企業価値を示す株式時価総額でウォルマートはアマゾンに逆転された。投資家はネット通販の成長性に軍配を上げ、実店舗の販売が中心のウォルマートの成長性に疑問を抱いている。

ウォルマートのウィンズボロ店が去った跡地は別の小売店が入る予定もない。大通りの商店街では割れたショーウィンドーに壊れたマネキンが放置され、色あせたカーテンが汚れた床に落ちたまま。営業するのは一部の飲食店と地元の金融機関だけだ。「さびれるだけで明るい話題はない」と軽食店経営者は話す。

買い物にも困るため、裕福な白人層は街を見限るようになった。ウィンズボロと周辺地域では、裕福な人々が去ることで黒人の貧困層の割合が徐々に高まっている。黒人の比率は約6割にのぼり、州全体の2倍以上だ。





c0352790_17001311.jpg






■小規模店に客、かすかな希望

一方で、かすかな希望も見える。地元の小規模店に少しずつ客が戻ってきているのだ。
20年以上、地元で薬局を営む72歳の経営者は「ウォルマートが閉店して客が増え、売り上げが伸びている。大規模店が去り、私たちのような小さな家族経営の店を改めて大事にしようという思いが、お客に生まれたのでしょうか」。

危機感を抱いた地元商工会議所も商店街への出店を呼びかける。まだ成果は出ておらず、通りが活気を取り戻したとは言い難い。ただ、オフィス用品や食品スーパーなどの出店計画の話が持ち上がるようになってきた。
その薬局に来ていた客は、「ウォルマート撤退はたしかに打撃だったが、地元の商店街が活気を取り戻すきっかけになると信じたい」と話した。





☆☆☆やんジーのつぶやき
米国の深刻な負の部分を垣間見た気のした衝撃的なニュースである。
栄枯趨勢は世の習いとはいえ、取り残される世代はたまったものではあるまい。

































































































[PR]

by my8686 | 2017-06-01 17:01 | メーク・イン・アメリカの行方 | Trackback | Comments(0)