フッサールの「本質直観」を読み解く

その昔、お気に入りだった「ビジネススクール流知的武装講座」を読み返してみよう。


商品を開発したり、新たなビジネスを始めたりする際に、よく行われるのがマーケティング・リサーチである。

マーケティング・リサーチの基本は、顧客に「なぜ」と聞いて答えを出すことだが、マーケティングにおいて、顧客に「なぜ」と聞いてはいけない。




c0352790_13524536.jpg





それは、顧客に「なぜ」と聞いても、顧客が答えを持っているわけではない。合理的な理由づけを相手に強制することになりがちで、その答えは本心からのものとは言えない。
100人が「欲しい」と答えたからといって、その商品が売れるとは限らないのが現実である。

「なぜ」と聞くべき対象は顧客ではなく、「自分」である。顧客が「これが欲しい」と言っているからつくるのではなく、「これをつくろう」という自分の確信を問い直すことが寛容である。

ほかの人がどう思っているのか、本当のところはわからないのである。しかし、自分が何かを見て感じたことは、確かなことであり、確実なことを調べたほうが、より生産的なのである。





c0352790_13530205.jpg





このように、自分がなぜそのようなことを考えているのか、確信を持っているのかを、確かめ直すような思考を「本質直観」と呼ぶ。
本質直観は、もともと哲学者フッサールが生み出した考え方である。


これは、『はじめての哲学史』(竹田青嗣・西研編)に「直観補強型思考」と「直観検証型思考」という2つの思考法が紹介されている。




c0352790_13531864.jpg




直観補強型思考とは、我々が普段しているような、一般的な思考法。自分の何かしらの思いや考えを、関連する知識を手に入れることで、より強固にしていく思考法である。

一方、直観検証型思考は、哲学の思考法で、自分が何かしらの思いや考えを抱いていることに対して、そもそもどうしてそんなことを考えてしまったのかを考え、問い直す思考法である。

どちらも自分の抱く確信を出発点にするものの、そこから向かう方向は真逆である。

直観補強型は自分の外部に出ていくことを通じて、直観検証型は自分の内部に入っていくことを通じて、その正しさを確認しようとする。





c0352790_13533502.jpg




2つの思考法のうち、直観検証型思考を重視するのがフッサールの現象学である。
外に向かう思考は相手に到達しようがない(相手が何を考えているのかはどこまでいってもわからない)のだから失敗せざるをえない。

一方、我々が時に何かしらの確信を得ることがあるのは確かであり、そういう確信が得られたこと自体は疑いようがない。本質直観とは、この直観検証型思考を指している。


事例で探れば、古くはウォークマンの確信的アイデアやスティーブ・ジョブズの自己確実性が思い浮かぶ。

マーケティング・リサーチで得た結果を、直観視する「きっかけ」とし、「これは何だ」と感じた瞬間に、なぜ自分がそう感じたのかを読み解くことが寛容であろう。






☆☆☆GGのつぶやき
AIに教育するサンプル数は、多いほど精度があがるという。
フッサールの「本質直観」を凌駕する日も時間の問題なのだろうか。






























































[PR]

# by my8686 | 2018-04-17 13:57 | フッサールを読み解く | Trackback | Comments(0)

PLETHORA MAGAZINE

昨日は、午後から今年初のロードバイクランに興じる。距離にすれば、約25Kmほどの短距離ではある。
自宅からここ会社のパーキングまで緩やかな下りと平地を走る。
日差しを浴びながら春の冷たい風に吹かれるのも、気持ちのよいものである。


それはさておき、本日は伝統的な印刷技術に対する深い情熱から生まれたコペンハーゲン発の雑誌「PLETHORA MAGAZINE」を読み解いてみよう。




c0352790_14170154.jpg




2年前にもこのエキシビジョンが中目黒Gallery JIBで開催されている。





c0352790_14173085.jpg





最も芸術作品に近い雑誌と言われ、ポスターサイズという雑誌の概念を覆す大きさは記録文章から貴重に吟味されている。





c0352790_14174625.jpg





平凡な現在とは違った人生物語。






c0352790_14180332.jpg





Fine art、Contemporary artistを取り上げる異色の編集内容。





c0352790_14181934.jpg





そしてヒンズー寺院の僧侶による高度な印刷技術。






c0352790_14183455.jpg





さらに、デジタル化が急速に進む現代において、どれを取っても今までにはない全く新しい世界観や価値観を表出している。





c0352790_14184809.jpg




忘れかけていた情熱の結晶とも言える一冊と言ってよいであろう。






c0352790_14190430.jpg








☆☆☆GGのつぶやき
大型のポスター本の体裁に感動をおぼえる。
本好きにはたまらぬ不思議な魅力がある。

















































































[PR]

# by my8686 | 2018-04-16 14:19 | 気になる本 | Trackback | Comments(0)

スーパーGT第1戦 GT300クラス優勝「UPGARAGE 86 MC」

自動車レーススーパーGT第1戦が4月7、8日に岡山県美作市の岡山国際サーキットで行われた。



c0352790_10074881.jpg





公式予選、決勝を通じて冬に逆戻りしたかのような寒さと不安定な天候に見舞われ、各チームとも対応に苦心する2日間になったようだ。






c0352790_10081196.jpg




GT300クラスでは、予選9番手からスタートした#18 UPGARAGE 86 MC(中山友貴/小林崇志組)がチーム創設以来初の勝利を挙げている。





c0352790_10082745.jpg





GT300のQ1は、波乱ぶくみのレースだったようだ。





c0352790_10084271.jpg





2017年チャンピオンであるグッドスマイル 初音ミク AMGが、谷口信輝のドライブにもかかわらずQ1脱落。
また、富士での公式テストでも好タイムをマークし、岡山でも速さをみせてきたD’station Porscheもまさかの20番手という順位で予選終了。





c0352790_10090024.jpg





突然のレイン気温に対応できなかったチームも多く、午前はタイヤが温まりきらず、セットアップも進められなかったという。

D’station Porscheのスベン・ミューラーもアタックラップは良かったが、想定したタイムには到達できなかったという。コンパウンドが気温にマッチしていなかったことも要因のようだ。





c0352790_10092162.jpg



GT500クラスは#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/小暮卓史組)が予選でポールポジションを獲得、決勝でも元F1世界王者のジェンソン・バトンを新たに迎えた#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン組)との接戦を制し、チームにとって2010年7月の第5戦菅生以来の勝利をものにした。

スーパーGT第2戦は5月3、4両日に静岡県の富士スピードウェイで行われる。








☆☆☆GGのつぶやき
タイヤコンパウンドの重要性をあらためて教えられたレースとなった。
しかし、我愛車86と同じベースマシーンがチーム創設以来初の勝利を飾ったことに、祝杯をあげたい。












































































[PR]

# by my8686 | 2018-04-15 10:09 | スポーツカーが、やっぱり好きだ。 | Trackback | Comments(0)

湯河原温泉 ふきや旅館

午後から生憎の雨となった土曜午後。


首都圏に近い、由緒ある湯の里、湯河原。その、ゆかしい落ち着きを今に伝える、「ふきや」を見てみよう。
訪れる人の心を和ませる閑雅な眺望、四季の風情、こじんまりとした宿の佇まいが心を癒す。




c0352790_17553041.jpg





部屋で、湯の中で、旅の寛ぎと、憩いを心ゆくまで満喫できる宿だという。
貸切露天風呂など七つの湯巡りと数寄屋の和のしつらいに快適さを兼ね備えた客室、湯河原近海の相模湾の海の幸を使った日本料理が楽しめる。





c0352790_17524823.jpg





相模湾に面し、一年を通じて温暖で風光明媚な地。

「湯河原」は、かの万葉集にも詠まれ、古くから万病に効くと評判の良質な温泉で有名。
特に明治時代中頃からは、秘湯の趣きと閑雅な風情をもとめて文人墨客が数多く訪れ、この地で執筆している。





c0352790_17530404.jpg





閑静で眺望の良い高台に建つ、日本の様式美にこだわりをもつ宿「ふきや」。
広々とした窓から覗く開放的な日本庭園、建築家「二村和幸」設計の数寄屋造りの部屋。数寄造りの部屋は日本旅館の真髄を感じることのできる和室である。




c0352790_17531788.jpg





山間の自然の景観と湯河原近海の相模湾の海の幸に恵まれ、行楽・静養に最適の地として多くの人々に親しまれてきた。
町並みを散策していると、そこかしこに偉大な文士たちの足跡と歴史の残り香を感じることができる。

「ふきや」の風呂は、3つの貸切風呂と岩造りの露天風呂を備えた男女別の大浴場がある。
大浴場は時間による女湯と男湯の入れ替えがあり、合わせて7つの湯巡りが楽しめる。

「ふきや」の客室は、数寄屋の和のしつらいに快適さを兼ね備えた部屋で、日本旅館の真髄を感じることのできる和室になっている。畳にベッドを配した客室など、全6タイプに分かれている。





c0352790_17533500.jpg




毎月替わる旬の食材を使用した日本料理。目にも鮮やかな新鮮な海の幸。吟味された四季の食材。伝統と新興が織りなす味の宴。
一品ごとに手をかけ、温かいものは温かいうちに提供し、夕・朝食ともに、部屋で食することができる。



さらに、隈研吾によるこの旅館のためのリブランディングを見てみよう。

屋号である「ふき」の葉をデザインし、その葉を単体、三つ巴、唐草模様など様々なパターンに展開し、プロダクトデザイン、インテリアへと、トータルにりブランディングを行ったという。




c0352790_17535307.jpg



ふきの粒子の大きさ、茎の繊細さを生かしながら、柿渋染め抜きのれん、浴衣染め、ウィルトン織カーペットなど、様々な素材へと展開している。







☆☆☆GGのつぶやき
隈らしいリブランディングである。
こんな鄙びた湯場でひと夏を過ごすもまた一興なり。














































































[PR]

# by my8686 | 2018-04-14 17:54 | デザインに何ができるか | Trackback | Comments(0)

The Living Room with SKY BAR

桜散り、若葉が芽吹き始めた。
朝はまだ肌寒いが、昼間は初夏を思わせる日差しが眩しい。




それはさておき、本日は「三井ガーデンホテル名古屋プレミア」のメインダイニングを見てみよう。



名古屋の街並みを一望するホテルの高層階に位置する「The Living Room with SKY BAR」である。



c0352790_14285395.jpg





アクティブな一日を始めるブレックファーストから心をほぐすディナーまで、旬の食材を活かした料理とシーンに合った時間が演出されている。





c0352790_14291886.jpg




地上80メートルの高さから見下ろす、表情豊かな名古屋の街並みはさぞかし絶景であろう。





c0352790_14293273.jpg





三井ガーデンホテル名古屋プレミアの18階に位置するダイニングから眺める景色は、鮮明に記憶に残るであろう。





c0352790_14294614.jpg





上質な時間を演出するダイニング。






c0352790_14300281.jpg




併設のバーでは夜景を眺めながら、旅の疲れやビジネスの緊張を解きほぐす、特別な時間を過ごすことができるであろう。





c0352790_14301993.jpg









☆☆☆GGのつぶやき
名古屋に行く機会はあまりない。
日本一周の旅に出たおり、立ち寄ることがあれば、私の記憶の中にとどめておこう。






































































































[PR]

# by my8686 | 2018-04-13 14:31 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)