LEXUS LC Structural Blue

春雨の土曜日。寒さが3月なみにもどった感じである。


それはさておき、レクサスは4月5日、同ブランドの国内累計販売台数が3月末時点で50万台となることを発表した。



c0352790_16543373.jpg




これを記念し、ラグジュアリークーペ「LC」に特別仕様車「ストラクチュラルブルー」を設定、同日から販売を開始した。





c0352790_16545054.jpg




モルフォ蝶の羽から着想した外板色「ストラクチュラルブルー」を採用。





c0352790_16553041.jpg




2005年に国内販売を開始したトヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」は、2017年にはフラッグシップクーペ「LC」の発売や、フラッグシップセダン「LS」のフルモデルチェンジを行い、現在では11車種を展開。新世代レクサスへの変革を進めてきた。





c0352790_16555824.jpg





今回LCに設定される、レクサスの国内累計販売台数50万台達成を記念したLC特別仕様車は、車名のとおり「ストラクチュラルブルー」と呼ばれる独自の鮮やかなボディカラーをまとうのが特徴だという。





c0352790_16561546.jpg





この青色は、南米に生息するモルフォ蝶の羽から着想を得た「構造発色」という原理を応用したのだという。






c0352790_16563044.jpg





モルフォ蝶の羽は無色だが、光を受けると特定の波長だけが反射・強調される構造になっており、人の目には青く輝いて見える。






c0352790_16570148.jpg





レクサスでは15年をかけてこの原理を再現した自動車用構造発色顔料を開発。光の反射で圧倒的な鮮やかさと強い輝き、深みのある陰影を実現し、ボディの抑揚を美しく際立たせるという。





c0352790_16572771.jpg




またインテリアは、日の出や日の入りのわずかな時間に現れる幻想的な空の風景をモチーフとした専用カラーの「ブルーモーメント」と「ブリージーブルー」の2色展開とし、特別なボディカラーと調和させている。





c0352790_16574320.jpg




特別仕様のストラクチュラルブルーは、8GR-FXS型3.5リッターV6エンジン+マルチステージ ハイブリッドの「LC500h」と、2UR-GSE型5.0リッターV8+10ATの「LC500」の両モデルに設定。価格はそれぞれ1,525万円、1,475万円となる。





c0352790_16575977.jpg







☆☆☆GGのつぶやき
モルフォ蝶の羽から着想を得た「構造発色」とはいかほどのものなのか。
大いに興味の湧くカラーである。












































[PR]

# by my8686 | 2018-04-07 16:58 | 気になるクルマの話題 | Trackback | Comments(0)

丹下都市建築設計「Extension 1 by 橘色」

口腔小手術後の抜糸のため有休をとる。経過は順調。2週間後と1か月後の2回再検査し、異常がなければ被治療に入る予定となる。
胃カメラ検査の結果も特に異常は見つからなかった。ピロリ菌も全滅菌状態であった。ひとまず、確認できたことで一安心である。





それはさておき、丹下都市建築設計の商店建築最新作を読み解いてみよう。

台湾台北市にある「Japanese Restaurant EXTENSION 1 BY ORANGE SHABU, Taipei」である。




c0352790_14504404.jpg





所在地は、台湾台北市内湖区瑞光路 631。





c0352790_14512506.jpg




丹下都市建築設計の公式設計コンセプトと並行して見てみよう。


大切にしているのは伝統と創造。日本の建築には昔からの様式、形態、伝統があります。片や時代は前進していきます。





c0352790_14514455.jpg





父の時代には鉄筋コンクリートなどが登場してきました。モダニズムとよく言われますが、私たちは伝統を理解した上で現代に置き換えたらどうなるのかをずっと考えて設計にあたっています。





c0352790_14515801.jpg




伝統、あるいは古典を理解した上でモダンを求めていく。





c0352790_14521892.jpg




モダニストは本来歴史に詳しい人のことです。これまでを壊すにしろ、超えていくにしろ、熟知していなければできません。





c0352790_14523161.jpg





丹下都市建築設計の歴史は、日本の伝統的なものを大切にしながら、どうやって新しい社会、新しい生活空間のなかで融合させていくか、その挑戦の歴史です。





c0352790_14524609.jpg





あるときはコンクリートという新しい材料を使ってみたり、あるときは鉄骨を使ってみたり、あるときはガラスを使ってみたり、それでいながら日本的な繊細さを失わない建築をめざしてきました。

たとえば香川県庁舎ではコンクリートで軒や柱梁の伝統的な日本建築を表現して繊細さを出しています。





c0352790_14531183.jpg




ただ、社会全体が成長しようと躍動していた丹下健三の時代と違い、現在は社会よりも個人に重きがおかれている時代です。
丹下健三から受け継いでいることは大きく変わっていませんが、建築を取り巻く環境や人の志向は変わっています。





c0352790_14533830.jpg





DNAに+という言葉を足している意味はそんなところにあります。
原点を忘れず、根底や根幹を担う部分は受け継ぎながらも、時代に応じたアウトプットを行う。

伝統を大切にしながら現代的創造に取り組む。それがTANGE DNA+なのです。
根底や根幹を熟知した上で、時代に応じたアウトプットをめざしていきます。




MEMO
Japanese Restaurant EXTENSION 1 BY ORANGE SHABU, Taipei
Designer Noritaka Tange / TANGE ASSOCIATES
設計/丹下都市建築設計 丹下憲孝 石田和也
協力/実施設計 PROJECT ATELIER Karen Lin Naomi Weng 照明計画 UNITY
施工/PROJECT ATELIER
所在地:台湾台北市内湖区瑞光路 631 1階
開店:2017年8月8日
営業時間:午前11時30分~午後3時 午後5時~午後10時
定休日:なし
電話:+886-2-2657-1237
経営者:橘色グループ/Orange Co.








☆☆☆GGのつぶやき
根底や根幹を熟知すること。
TANGE DNA+ の感性にも、注目して行きたいと思うのである。





















































































[PR]

# by my8686 | 2018-04-06 14:54 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

隈研吾「桐朋学園音楽部門仙川新キャンパス」

著名な音楽家を多く輩出し、世界の音楽界をリードする桐朋学園音楽部門の木の新校舎を読み解いてみよう。



c0352790_09411577.jpg




メンブレン型耐火構造の採用により、四階建ての耐火構造という、国内では稀有な大型木造建築を実現している。




c0352790_09413146.jpg




木軸には強度のある松と檜を、外装には耐候性に優れた能登ヒバ材を使用し、内装には木の質感が豊かなラーチ合板を多用し、「木の文化」を再現している。

前面の大庇と外壁は羽目板を用いている。 





c0352790_09415597.jpg





ひとつの折り紙状の面としてデザインし、大庇の下に、キャンパスと校舎をつなぐ、コミュニケーションスペースを作っている。






c0352790_09420941.jpg





練習室をつなぐ幅の広いコリドーは、個人練習用のスペースとしても使われ、従来の校舎建築にはない、多目的な交流空間が生まれている。





c0352790_09422369.jpg





さらに、設計過程でのポイントを読み解いてみよう。


古い建物を壊して新しいものに建替える場合、すべてを新しくするのではなく、それまで流れていたものを伝統として残していくことも設計の大事な役割である。

桐朋学園では学生たちが廊下のいたるところで楽器の練習をしており、その風景が非常に印象的だった。
このような伝統を新しい建物でも残していけるように、地下階空間の廊下、そして2階から4階まではロッカーの形状を工夫することで大小異なるスペースを確保して、これまでと同じように廊下で練習が行えるよう設計したという。





c0352790_09424359.jpg





この建物の主役はあくまでも学生である。したがって、デザインもさることながら学生たちの学ぶ意欲を刺激するものでなくてはなりない。

隈研吾のデザインに感銘を受けたのは、そこに人がいることを意識してデザインされていたこと。
海外での音楽学校の実績と桐朋学園様の学びの伝統の双方から、全体のデザインを導きだされている。いわば「人がいる建物」を最初から強調されていたという。

単純に建物の器をデザインしているのではなく、使われている様をイメージすることが、この仕事をする上で大事なことだと改めて教えらたという。

そこにいるのは、学ぶ人なのか、働く人なのか、暮らす人なのかなど、それは建物の性質によって異なる。

建物の主役が違えば当然器の形も違ってくる。一番肝心なのは、まずそこを徹底的に考えること。その上で、器となる建物をデザインにブレイクダウンすることが肝心である。





c0352790_09430435.jpg





設計時に作成したBIMをデジタルモックアップとして施工時に用いることにより、デザインや納まり等を関係者全員で共有しながら施工を進めていくことができたという。木造特有の接合部取り合いや金物の検討を3次元で行うことで高品質な施工を実現できる。

BIMデータを利用し、従来は竣工しなければわからなかった光や熱や空気の流れを事前に予測し視覚化。必要な室内外環境を最も効率よく実現する。また災害時の避難シミュレーションを行い安全性の確認も行えるという。

桐朋学園音楽部門の新キャンパス建設は、地上4階の大規模木造建築故に、地震時の耐久性を考慮した木材の選定が行われている。強度の面から、柱には高軸力を保有するサザンイエローパインと欧州赤松といった寒冷地で育った木材を採用。

梁については国内産の唐松を使用して、耐震基準値Ⅱ(1.25)を実現させている。
さらに、外観メインとなるファサードを形成する外装材には、風雨や紫外線による劣化防止、無垢な外観イメージを表現したいという意匠設計からの要望を実現させるため能登ヒバ材を使用。材質の特性を考えて、適材適所で木材を使い分けているという。

また、木造建築の品質担保の上で最も留意すべき耐火性能については、石膏ボードを耐火被覆材として使用するメンブレン工法を採用して1時間耐火を実現している。

鉄骨造建物建築の場合であれば、ロックウールの施工には、複合耐火工法が標準的な手法だが、木造においてはまだ「複合」という考え方が存在しておらず、従来の方法で構成しても耐火認定を受けることができないため、各部分ごとに施工上の工夫が求められたという。





c0352790_09433061.jpg





木軸建て方は余裕が1㎜もない製作誤差なしのゼロタッチであることが要求される。柱が立って、そこに梁をつける場合には、わずかな誤差があっても収まらない。面と面がしっかり接していて、建てた時にはゆがみ直しをしなくても水平に部材が収まるようになっていなくてはならない。

今回の新キャンパス建設では、柱が240角あり、梁幅が120㎜で高さが600㎜、この梁面が全体で柱と接するよう、極めて高精度な構成条件となっている。その精度の土台を成すのがアンカーボルトの設置。今回は1800本のアンカーボルトを設置しており、鉄骨造でいうスーパーハイベース工法と同等以上の精度が要求された。ただしここの精度さえ確保できれば、施工はスムーズに進捗する。

ゆえに、木軸の建て方を行う前のアンカーボルトの設置時が最も神経を使う作業となったという。

さらに構造上の特徴としては、施工開始後のプラン変更が一切不可が条件となる。大規模木造建築の場合、地震に対する強度は耐力壁の量で決まる。したがって開口位置(設備貫通なども含む)が制限されるため、細部に渡って構造設計の計算通りに施工を進めていくことが要求された。





c0352790_09435438.jpg





新キャンパス新築事業は、一昨年の12月にコンペ参加を表明し、その3ヵ月後にはプレゼンテーションが行われた。他社も同じ条件であったにも関わらず、短期間でより完成度が高く、説得力のある提案が行えた背景にはBIMの活用があったという。

施工計画を進めていく上でも、早い段階で具体性を持って検討できる材料が揃うBIMの機動力は大きな武器になった。





c0352790_09441200.jpg




当然ながら受注後も、意匠、構造、設備の図面検討は幾度となく行われたが、最初の段階で実現性の高いプランがあったからこそ、細部に渡る検討がスムーズに行えたという。

木造であるがゆえに自由に設備貫通ができず、設備のスペースを別に設けなくてはならない。しかも制約がある中でいかにコンパクトに設備を収めていくことができるか。それらの検討もBIMの図面があってこそ早い段階での検討着手を可能にした。

木軸とBIM、そして施工の親和性を考えるならば、制約が多い中で、今まで以上に短い期間で、より多くの検証ができることが最大のメリットと言える。

今回の木軸建て方におけるBIM活用は、大きなノウハウの蓄積になり、今回の施工協力会社やメーカーなどもBIMの活用を大いに取り組むことを表明されているという。








☆☆☆GGのつぶやき
施工中の部材に時間軸を与えて、工事プロセスを可視化することで、より手順が明確化されたことであろう。学生たちや、学校関係者の動線と工事関係者の区画を明示する他に、近隣への最終配工慮区にも役立ったという。建築現場における進化の一端であろう。

















































































 

[PR]

# by my8686 | 2018-04-05 09:44 | 挑発する建築&空間 | Trackback | Comments(0)

「異次元緩和」を読み解く

日本銀行が2013年4月に大規模な金融緩和を始めて、4日で5年がたつ。大量の国債買い入れが柱だった政策は、物価上昇率2%の目標が達成できない中、マイナス金利や長期金利操作も加わり、複雑さを極めている。

緩和による市場や金融機関への「副作用」は膨らみ、課題が山積みの中で異次元緩和は6年目に入る。



c0352790_10173737.jpg




あらためて、この内容を読み解いてみよう。


2月の消費者物価指数の上昇率は、生鮮食品を除くと前年同月比1・0%で、2014年8月以来の伸びになった。ただ、これは原油価格上昇の影響が大きい。日銀が目指したのは、金融緩和で企業の業績が上がり、賃金も上がって消費が活発になり、モノの価格も上がる好循環だった。

しかし実際は人手不足なのに賃上げの動きは鈍く、原油高や原材料高、円安による輸入物価の上昇に暮らしが左右されている。物価の影響を差し引いた実質賃金は、物価が下落した16年をのぞき減少傾向だ。日銀の描く好循環は見えてこない。




c0352790_10180685.jpg





一方、緩和の長期化で副作用は想定外に膨らんでいる。日銀の国債保有量は緩和前の約4倍に増え、国債の取引量は大幅に縮小。年金や保険は資金運用が難しくなり、収益を奪われたメガバンクは従業員規模や国内店舗の削減、手数料値上げを迫られている。





c0352790_10182024.jpg





黒田東彦総裁は3日の衆院財務金融委員会でも「引き続き現在の緩和を粘り強く進めることが日本経済に必要だ」と述べ、2%にこだわる姿勢を強調した。





c0352790_10183683.jpg




だが、市場では「日銀は円高を是正する役割を十分果たした。物価目標は柔軟化すべきだという世論を高め、政策修正を促すほうがよい」といった声も出ている。




この動向についての立正大教授のコメントを読んでみよう。

貨幣の量を増やせば物価は上がる、という議論は単純でわかりやすいが、現実はそれほど単純ではない。金融政策で物価を決められるという考えは傲慢で間違いだったと、この5年で改めてはっきりした。

私は異次元緩和にはずっと反対だが、民主主義社会は経験からしか学べない以上、大規模緩和を一度やってみたのは仕方なかったかもしれない。だが、やったからには結果を真摯に総括して次にいかすべきだ。

成果が乏しいことに向き合わず、間違いを認めない日銀の態度には失望している。

緩和が続く間、労働生産性向上など取り組むべき改革も進んでいない。今の社会保障制度では、高齢化が加速する2020年代に財政は厳しくなる。国民の貯蓄が減って財政赤字をまかないきれなくなる恐れもあるが、今はそういう時代に何の備えもせずに突き進んでいる。




c0352790_10191671.jpg






さらに、日銀の3月短観を整理してみよう。


■日銀3月短観のポイント

◆大企業・製造業の業況判断指数(DI)はプラス24で2016年3月以来2年ぶりに悪化。大企業・非製造業はプラス23で1年半ぶりに悪化。

◆全規模・全産業の雇用人員判断はマイナス34と、1991年11月調査以来の人手不足水準に。

◆大企業・製造業の18年度の想定為替レートは109円66銭。17年度から1円ほど円高ドル安に。最近の相場は1ドル=106円台とさらに円高で、輸出企業のリスク要因に。

◆大企業・製造業の18年度経常利益見通しは前年度比マイナス3.2%。17年度のプラス19.7%から慎重な見通しに。




c0352790_10193906.jpg








☆☆☆GGのつぶやき
海外経済主導の景気拡大は、様々な逆風にさらされ始めている。
国内消費は節約志向が強く、大幅な改善は見込めまい。企業は人手不足が解消されない一方、節約志向を受け値上げはしづらく、収益を圧迫されている。
牛丼チェーンの吉野家は「客離れにつながるため、値上げできない」(広報)と慎重だという。食品業界では、価格を上げずに内容量を減らす動きも相次いでいる。
さてさて、どう展開していくのか、静観しかあるまい。













































































[PR]

# by my8686 | 2018-04-04 10:20 | たまには気になる経済学 | Trackback | Comments(0)

新たな標的「アマゾン・ドット・コム」

にわかに春めき、夏日の様相を呈してきた。

しかし、米国の投資家たちの間で、新たなトランプ旋風が吹き荒れているという。




c0352790_15011920.jpg




フェイスブックの次に標的にされたのが、「FAANG」銘柄の中で見いだした「アマゾン・ドット・コム」だという。




c0352790_15013594.jpg





フェイスブックに代わって先月28日、アマゾンが最大の敗者の座に就いたという。
アマゾンはトランプ米大統領が同社の規制に「固執」しているとのアクシオスの報道を受け、時価総額が530億ドル(約5兆7000億円)が吹き飛んだ。

フェイスブックはその前に、個人情報の取り扱い巡る懸念から大型テクノロジー株の中で不振が目立っていた。





c0352790_15015112.jpg




「FAANG」と称される大型テクノロジー株はかつて、高パフォーマンス銘柄の一枚岩と受け止められていたが、ネットフリックスが今年に入ってアウトパフォームするなど、このところ分断の動きが目立つという。

アマゾンは28日、一時7.4%安まで売られた後、4.4%安で終了。スティーフル・ニコラウスのアナリストは押し目買いの好機と指摘した。

フェイスブックは早い時間の取引で同グループに逆行。ユーザーデータの取り扱いへの一般大衆の怒りに対応し、プライバシー設定メニューの変更を発表したことから、0.5%高となった。





c0352790_15020613.jpg




一方、ネットフリックスは5%下落し、FAANG銘柄で下落率2番目。ブラジルでの「#DeleteNetflix(ネットフリックス削除せよ)」キャンペーンが嫌気された。

ロバート・W・ベアードの機関投資家株式セールストレーダー兼マネジングディレクターのマイケル・アントネリ氏は「ネットフリックスとアマゾンは、フェイスブックほど強烈な売りをあまり経験していなかった」と述べ、「フェイスブックがかかった『インフルエンザ』が今、他の銘柄に広がりつつある」と指摘したという。







☆☆☆GGのつぶやき
トランプの矛先が「アマゾン・ドット・コム」に向いたとは、いささか驚きである。
出る杭は打たれるとは、よく言ったものである。























































































[PR]

# by my8686 | 2018-04-03 15:02 | メーク・イン・アメリカの行方 | Trackback | Comments(0)